「教えて!ピックアップ」リリース!

ブックオフで買い取ってもらえないCDとはどんなものでしょう。

以前、傷もなく比較的新しいものが買い取ってもらえなかったこと、やA店で買い取ってもらえなかったものをB店に行ったら買い取って貰えたこともあります。

傷、非売品などHPや店頭に明記されている事柄以外でなにか基準のようなものがあるのでしょうか?

A 回答 (4件)

こんばんわ。

私はブックオフでバイトしていた事があるのですが、CDは基本的に買取っていました。買い取れない(つまり売れない)CDは、

1.盤面の傷がひどい。
2.店にたくさん同じCDがあり、買っても売れない  もので、傷がほんの少しでもついていたり、ケー  スに破損やヒビ、歌詞に汚れがあった場合。
3.非売品
4.逆輸入品
5.旧シングルCD(昔型のマキシ、盤面が小さい  (3センチ)もの)
6.歌詞がない。又は破れ。
7.歌詞とCDがそれぞれ違うもの。

 などです。「違う支店で買取ってもらえるのに、ここでは無理」なんてことが起こるのは、それぞれ買取リストが違うためで、例えば上記の2などは、店舗によりそれぞれ事情が違います。そこの店で売れるものなら少々破損していても買取は行われるわけで、逆に売れないものは、少しでも何かアラがあれば、買取できないという事情が生じます。

 以上ですが、参考になれたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/01/08 14:25

CDの損傷以外で受け取ってもらえないとしたら、査定の価値も無い程のCDだったという可能性もあるかもしれないです。

実際、ブックオフ等で100円以下の投売りCDが売られているケースもよくありますが、それを買い取るならおそらく数十円の価値でしょう。利益を考えると受け取り拒否を生じる事もありえます。

大抵投売りされているCDは、過去ビッグヒットを記録したものの、後が続かなくすぐ消滅した歌手は大抵評価額は低い気がします。何年たっても現役で続けている歌手はヒットしたCDであろうがなかろうが評価額は高い気がします。サザンやミスチル、長渕等が代表的でしょうか?或いは、伝説的な歌手(尾崎・BOΦWYなど)は終幕を迎えても評価額は高いですし、時が流れてもお洒落と思える歌手も評価が高いです。その反対が受け入れられない程のCDという事ではないでしょうか?つまり「一発屋」「今みるとダサダサ」「今の音楽の流行と著しく離れている」がキーワードかと。でも、個人的に音楽特にCDは金額とクウォリティーが比例していない、寧ろ反比例していることが多いと常日頃感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブックオフは見た目の程度だけが査定条件だと思ってましたが違うのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/08 14:25

A店で在庫が大量にあって、売り切れる可能性が低いとか。

    • good
    • 0

新しすぎると買ってもらえないことがあるようです。


その理由は「万引きされたものである可能性があるから」。
店によってさまざまですが、買い取ってもらえるのは、
ある程度使われていて、傷が少なめのもの…ではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング