プロが教えるわが家の防犯対策術!

ヤフーの記事を読むとイタリアでは医療が崩壊しており、
60歳以上の患者には人工呼吸器を使わないという話がありますが本当でしょうか?
できれば、真偽のわかるソース情報がわかればありがたいです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200311 …

また、これは日本でも起こりますか?

A 回答 (3件)

真偽のほどは俺が確認することは出来ないけど・・・・



財政赤字削減のために、医療費をかなり強引に削減しているという事だからね
医療従事者も不足しているそうだ

となれば、優先順を付ける事も場合によってはあり得るのではないだろうか・・・・
    • good
    • 1

現時点で日本でも呼吸器管理が必要な患者さんを受け入れてくれる病院が見つからないという話は聞きました。



呼吸器の絶対数も、管理できる医療機関も病床数も全く足りません。
法定伝染病指定になったため、治癒するまで退院させられないとかいう事情がある様です。 一つ呼吸器が使えるようになった際に、同程度の重症患者が複数いる場合、誰に呼吸器を使うのかという選択をしなくてはいけなくなったら、誰がどう決めるんでしょうね。 90歳のかた、30歳のかたどちらか一人しか救えないとなったら、どうすればいいんでしょうね?
    • good
    • 0

> また、これは日本でも起こりますか?



パンデミックが起きて医療崩壊って状況になれば、トリアージが行われる可能性はあります。

神奈川県ホームページ - トリアージとは
https://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7304/p26916.html

| 最重症者から治療を始めた場合には、その治療だけで貴重な医療資源が使い尽くされてしまい、確実に救命可能なほかの重症者の治療ができなくなるといったことも考えられます。
| 救命の可能性が非常に低い者よりも、可能性の高い者から順に救護、搬送、治療にあたるべきであるという考え方です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
それであれば、寧ろ年配者に優先的に医療が提供されるのではないでしょうか?
確かに90過ぎで複数の疾病があり回復の見込みが絶望的ならら分かります。
しかし、60歳以上が治療を受けられないというのは意味が分からないと思うのです。
人工呼吸器があれば十二分に回復見込みがありますよね?

お礼日時:2020/03/11 14:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング