首のこりと腰痛で、1年ほど、リハビリと投薬治療を受けておりますが、調子が良かったり悪かったりです。ふと思ったのですが、リハビリや薬(特にリハビリに関して伺いたいのですが)は調子が良いときでも続けたほうが良いのでしょうか。それとも、調子が良いときに、牽引や電気等をやっても、意味ないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

頚椎にしろ腰椎にしろ牽引はそれほど効果が明確なものではありません。


牽引で認められる効果は血行改善や、短縮した筋肉を多少伸ばす程度のもので、自分でやるストレッチとさほど効果に差がありません。
もともと自分で改善するわけではありませんから持続性も疑問です。
病院のリハビリに長期間通う人が多いのは、こういう理由からだと思います。
電気(低周波、高周波、中周波、干渉波など)治療もしかりで、一部鎮痛効果や筋収縮による血行改善がみられるだけで、これといった効果はみられません。
これくらいのリハビリなら家庭で運動療法(ウォーキングやストレッチなど)を続けたほうが効果としては高いでしょう。
何よりも、自分で何か身体のためにしている、という意識が生まれます。
これは何物にも変えがたい利点です。
長期間リハビリに通う人の中には、医療機関に依存していく人が少なくありません。
ぜひご自分で健康づくりを始めることをお勧めします。
ただし首の状態、腰の状態は医師と相談してみて、ビタミン剤くらいのものなら、普段の食事に気をつければ済むことですから、もう一度担当医師と自分の体について話し合ってみてください。
1年もリハビリに行ってあなたの体の状態が分からないようでしたら、それ以上のリハビリはあまり効果がないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなってすみません。
確かに私も医療機関に依存している傾向があります。
専門的なアドバイスありがとうございました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/23 14:12

ごめんなさい。

追記です。

リハビリは一生ものでは無いです。

腰痛等の原因は、必ず生活の中にあります。
この生活の中での原因を見つければ、必ず直ります。

また、再発した場合は、また同じ状況が発生したか、別の原因によるものだと考えてください。
まずは、その生活の原因を改善して、それでダメならもう一度診察を受けるのが良いと思います。

私の場合は、姿勢が悪いので、血行が悪くなり腰が痛くなりました。
姿勢を直したら、1~2年は楽になりました。
まあ、また再発しましたが。。。これは年甲斐もなく自転車通勤をしてしまい、無理がたたり骨盤がずれてしまった為です。
これに関しても、治療とストレッチで、現在は状況が良くなってきています。

大丈夫です。
必ず直ります。
直すのには根気が必要かもしれませんが、努力すれば必ず良くなりますので、頑張ってくださいね。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなってすみません。
牽引はけっこう気持ちいいので、続けたいのですが、受付が6時までで、通いにくくて、それがちょとストレスです。ストレッチも大事ですよね。
根気にはあまり自信がありませんが、がんばります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/23 14:20

hikobaeさんの首のこりと腰痛の原因がなんなのかは解かりませんが、その原因となるものを完全に治療し終えるまでは、続けたほうが良いと思います。

リハビリというのは、悪い部分を良い方向へ持ってくものであるので、その治療段階において症状が軽減し、調子が良いと感じることは当然あると思います。しかし、調子が良いのと完治というのは、少し違う気がします。やはり、しっかりと診断してくれているDrやリハビリの先生に聞くのが一番いいと思いますよ。症状や原因も解からない僕にはこのぐらいのアドバイスしかできません。 すいませんあまり参考にならなかったですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなってすみません
原因って、わかるものなのか、わかったとしてそれが除けるものなのか・・・・という気もしますが。
いろいろありがとうございます。

お礼日時:2001/08/23 14:07

肩こり、腰痛ですか。


私も持病持ちで大変です。。。

さて、質問の件ですが、調子が良くなりかかってきた場合と調子が戻ったと思ったところでは、治療を止めない方が良いと思います。
すぐに再発してくると思います。
調子が良い時でも牽引とかは効果がありますが、調子が良くなったと思ったら、「調子が良くなりました」と診察してもらった方が良いかと思います。
そしてお医者さんの言う事をちゃんと実行するのが一番の良策かとおもいます、

私の場合は、調子が良くなった時点で、再度診察をしてもらい、今後どのような事をしていけば、再発しないかを聞いてみます。
(私の場合は、神経の場所もあるので、なかなか直らないですが。。。)

そこで聞いた再発防止のリハビリをやっていった方が良いかと思います。
このリハビリは、大体家庭でできるリハビリになると思います。

では、頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答、ありがとうございます。
リハビリは一生もんですかね・・・・・。

お礼日時:2001/08/07 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q睡眠不足の方が調子が良い??

商社で営業をしているのですが、たびたび睡眠不足(睡眠時間が3時間ぐらい)になることがあるのですが、睡眠不足の方が営業の調子が良いことが多々あります。
睡眠不足ですと、お客様との商談中には変な緊張感がなくなるので、お客様に対するアプローチが容易になります。
そのため、大事な商談の時にはわざと睡眠時間を短くする時があります。
ただ、身体のことを考えるときちんと寝たほうがいいのではないかと思います。
ご意見をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

睡眠不足は心や体にはストレスとなります。ストレスは交感神経を緊張させ心身を興奮状態にしますので余計な雑音、雑念がシャッタウトされ集中力が増します。この状態が仕事に生かされてるのでしょう。
ただし睡眠不足が慢性的になると興奮状態が続くことになり次第に心身は疲労してきます。
仕事がうまくいくなら体調をみながら睡眠不足を一過性に利用することはあってもいいのではないでしょうか。

Q首のこりが治りません。

一昨年の秋頃から首のこりが酷く悩んでいます。

一昨年はちょうど大学受験のため勉強をしていた時期だったのですが、夏を過ぎたあたりから首のコリが気になり始め、30分ほどでも座って勉強するのが苦痛になってしまいました。近所の接骨院で電気マッサージをしても治りませんでした。

自分でもかなり悩んで、大きな病院で診てもらったところ、定期的にリハビリに来る必要があると言われてしまいました。その時は受験勉強の追い込みの時期に入ってしまったため、首のコリは我慢して、大学に受かった後にリハビリは受けようと思いました。

大学に入学した後、リハビリを始め今に至るのですがまだ完治していません。

先生の説明によると僕はストレートネックになってしまったのと、肩甲骨の位置がおかしくなってしまったのが原因だそうです。先生に教えてもらった運動で肩甲骨の位置は治り、ある程度は楽になったのですが、まだ首のコリが気になります。先日先生には、
「肩甲骨の位置が安定しているからもう来ないで大丈夫だよ。」
と言われてしまい。もう首のコリは治らないのかと不安です。(ストレートネックは首の可動範囲を広げたので治す必要が無いようです。)

通っていた病院がストレートネックの治療で有名な所だったので、他の病院に行っても治らないと思えてしまいます。

先生に教えてもらった運動も毎日行っていますし、姿勢にも気を付けているのですが、最近は首のコリがなくなった分、肩のコリも気になり始めてしまいました。

せっかく入った大学なのでしっかり授業を受けて卒業したいと思っています。そのためには首と肩のコリをどうしても治したいのですが、、、、

一昨年の秋頃から首のこりが酷く悩んでいます。

一昨年はちょうど大学受験のため勉強をしていた時期だったのですが、夏を過ぎたあたりから首のコリが気になり始め、30分ほどでも座って勉強するのが苦痛になってしまいました。近所の接骨院で電気マッサージをしても治りませんでした。

自分でもかなり悩んで、大きな病院で診てもらったところ、定期的にリハビリに来る必要があると言われてしまいました。その時は受験勉強の追い込みの時期に入ってしまったため、首のコリは我慢して、大学に受かった後にリハビリ...続きを読む

Aベストアンサー

医師による治療が終了したということなので。

肩凝り、腰痛は体質によるところが大きいです。弱い人は、自分で色々と、生活の中で心がけていかないといけない。
それでも、なかなか頑丈な身体には、ならないことが多いです。普通の人よりはちょっと弱い自分と、上手に付き合っていかないといけない。これは、承知しておいて下さい。

大学生と言うことで、理解力もかなりお有りでしょう。なぜ首や肩が凝るのか、一つ考えてみて下さい。


姿勢が悪いから、というのは正解です。では姿勢が悪いと、具体的にどうなるのか。

答えは、拮抗筋のバランスが悪くなります。屈筋と伸筋(筋肉は全て収縮するだけなのですが、便宜的に伸筋と表記します)とのバランスが崩れると、たいがいは猫背、なで肩、突きだし顎になります。

腹筋、大胸筋、首の後ろの筋肉などが、収縮したままの長さで萎縮してしまい、拮抗する背筋、広背筋、首の前の筋肉などが弛緩して、伸び切ってしまうのです。

普通の理学療法だと、弛緩した側の筋力を強化することで、バランスを回復しようとするはずです。
しかしこれは、実は効率が悪いのです。

萎縮してしまった側をわざと強く収縮させて軽く抵抗をかけ、2、3秒してほっと息を吐きながら脱力する技法の方が、効果は大きいはずです。

これは、橋本操体という技法で、医学博士の橋本敬三先生が体系化されたものです。
検索をすれば、色々と出てきます。「第2分析」という言葉を使わない、初期から中期の操体法が、素人には使いやすいと思います。



身体の調整には、もう一つの有効な技法があります。

骨と骨とを繫ぐ筋肉や腱には、所定の位置というものがあります。しかし悪い姿勢が続き、拮抗筋の筋力バランスが崩れてしまうと、本来あるべきではないルートへと、微妙に筋がずれてしまいます。骨に付着する「腱」が、微妙に浮いてしまうこともあります(私は医者でも治療者でも無く、医学的な理解には間違いもあろうかとは思いますが、施術の為の概念としては、これで間に合います)。

これをどうするかと言うと、指を少し立てて、筋(すじ)の上をなぞってやるのです。位置がずれている箇所に来ると、激痛が走ります。それを、琴の弦でも弾くように、筋の流れに対して直角に揺らしてやります。力はいりません。当てて、揺すってやるだけ。しばらくやっていると、不思議と痛みがなくなります。
最後にまた、筋の流れに沿って指を動かし、「しつけて」やるのですが、割愛します。

具体的には、肩甲骨の内側(背骨側)の縁をなぞってやるだけでも、かなりの効果があります。


これは「腱引き」といって、最近公開された技法です。私は本やDVDを見て盗みましたが、それだけでも効果は絶大でした。


操体も腱引きも、わたし自身は独習で覚えたので、私の書いたことは、正統な技術ではありません。腱引きは道場も各地に出来ていますが、行ったことはないので、具体的な内容の保証は、しかねます。

どちらの技術も、本やDVDだけで独習できる人は少ないと思います。
もし試してみるおつもりがあれば、あくまで自己責任でやってみて下さい。

この外、上手な針やマッサージでも、上の二つの技法と似た効果が得られます。
ただ、最初に記した通り、身体の弱い人は、自己管理ができないと、とても辛いです。

針や整体に通い続けるために働くというような感じにならないためにも、若いうちに身体を整える技法を学び、自分である程度は調整できるようにしておくといいでしょう。


勉強、頑張って下さいね。
少年老いやすく、学成り難し。
痛感するこの頃です。

医師による治療が終了したということなので。

肩凝り、腰痛は体質によるところが大きいです。弱い人は、自分で色々と、生活の中で心がけていかないといけない。
それでも、なかなか頑丈な身体には、ならないことが多いです。普通の人よりはちょっと弱い自分と、上手に付き合っていかないといけない。これは、承知しておいて下さい。

大学生と言うことで、理解力もかなりお有りでしょう。なぜ首や肩が凝るのか、一つ考えてみて下さい。


姿勢が悪いから、というのは正解です。では姿勢が悪いと、具体的にどうな...続きを読む

Q歩行のリハビリで?

足腰が弱って歩くのが 苦痛な場合ですけど

リハビリをする場合は やはり病院がいいでしょうか

病院以外でこんな所と ご存知の方

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

この「弱って」が病的な場合(例えばヘルニアとか)は、
整形外科に行かないと病状が悪化しますので、必ず
整形外科で診断を受けつつリハビリを行って下さい。

既に整形外科などで、加齢性の骨変形など、外科的な
手当てを要しない(保存療法しか治療法が無い)と判断
されている場合は、各種整体や鍼灸が有効な場合も
あります。
http://www.averymj.com/

良いか悪いかは、症状と個人差により千差万別なので、
ある人に良くても、ある人には効果が無いとか、むしろ
悪化するとかありますので、こればっかは個人で通って
自分の体で試してみるしかないです。

Qリハビリについてご一緒に考えて下されば・・・

私は若年性パーキンソン病の疑いが濃くなりまして悩んでおります。
私はアラフォーですが、若年性とは40歳以下の発症を意味します。
性別は男性です。まだ、趣味のランニングが出来ますし、筋トレもやります。

パーキンソンのリハビリとは本を読みますと、「体系化されていない」
とありまして、裏を返せば、
私の様に神経内科にもまだ定期的に通っていないものにとりましては、
自分で工夫することも出来ると、書籍にはありました。

普段の生活で最も困っていますのは、
右腕の持久力が無くなったことです。
腕立て伏せは何回でも出来るのですが、
筋力と「筋持久力」は少し違うようです。
歯磨きもよく3分磨きなさいと幼稚園の頃から言われましたが、
歯磨きはそれが私の限界の時間となりました。

軽いダンベルを何百回もやった方が正解なのか?
とか、自問自答もしております。

私の治療薬は心療内科から貰っている
アキネトンだけです。(このサイトでは薬についてはお尋ねしません)
あまり、それを多く使いますと記憶障害が起きます。
ですから、薬は最小限に。
そして、リハビリが本当に大切になってくるわけです。

私の症状は筋固縮(硬くなること)が8割で、振えはあまり感じません。
背中と腹がだんだん硬くなるのに戦々恐々としています。

金が今よりはあった時代はジムに行って、「上から引き下ろす」
かたちの背筋マシンを利用していました。
自宅での、そのタイプの背筋トレーニングが思いつきません。

話を戻しますが、私が今必要としてますのは、
「持久力」です。

また、同時に必要なのは、疲労を溜めないためのストレッチともいえましょう。
パーキンソン症状が出ましてから、筋肉が疲れやすくなった気がします。
腹筋のストレッチとなりますと効果的なのが今一つ思い浮かびません。

前の方で「体系化されていない」と述べましたように、
創っていくしかないのです。また、それでもいいのです。

お知恵を貸してくださる方、
真剣に悩んでおりますので、
温かいお言葉を頂けたら幸いに存じます。
パーキンソンになっただけでもへこんでいますから。

それでは、宜しくお願い申し上げます。

追伸です:関節が硬くなる病ですので四十肩に詳しい方もヘルプください。

私は若年性パーキンソン病の疑いが濃くなりまして悩んでおります。
私はアラフォーですが、若年性とは40歳以下の発症を意味します。
性別は男性です。まだ、趣味のランニングが出来ますし、筋トレもやります。

パーキンソンのリハビリとは本を読みますと、「体系化されていない」
とありまして、裏を返せば、
私の様に神経内科にもまだ定期的に通っていないものにとりましては、
自分で工夫することも出来ると、書籍にはありました。

普段の生活で最も困っていますのは、
右腕の持久力が無くなったことです。
腕...続きを読む

Aベストアンサー

その年齢でそのような難しい病気になられて、さぞかし落ち込み、信じられない気持ちで一杯の事でしょう。

私もトレーニングは長らくやっていますが、残念ながらパーキンソン病に関しての知識は全く持ち合わせておりませんし、専門店なリハビリに関しても自信を持って具体的なアドバイスをできるものではありません。

ただ、一つだけ私の体験からの提案です。

>腹筋のストレッチとなりますと効果的なのが今一つ思い浮かびません。

これに関してはストレッチボールが最適かと思います。
私は肥大目的でジムにてトレーニングをしております。
腹筋に関しては、マシントレーニングやら、いろいろな自重トレーニングを試しても、腹筋を究極まで伸展をできる手段は、ほとんどありませんでした。
色々と試した結果、私の知る限り、ストレッチボールが最も腹筋を伸ばす事ができる、また唯一の方法、と言う結論に達しました。

私は筋肥大を目的としていますので、アブローラー等で腹筋に負荷を掛けた後、仕上げの意味でダンベルを額の前に持ってストレッチボールの上でクランチをしています。

この、ボールクランチ、限界まで腹筋を伸ばした状態から、限界まで収縮させたトレーニングが可能です。

質問者さんの場合、肥大が目的ではないですから、クランチがよいのかどうかはよくわかりませんが、少なくとも『腹筋を伸ばす』と言う意味では効果は相当あると思います。

また、持久力をつける為のトレーニングは、一般的には『軽い負荷で20回前後の繰り返しを…』と言われています。
が、これに関しては、私の行っているトレーニングとは目的も方法も違いますので、そちらの方は他の回答者さんにバトンを渡します。

個人的なわずかな経験からのアドバイスですが、少しでも参考になればと思っております。

その年齢でそのような難しい病気になられて、さぞかし落ち込み、信じられない気持ちで一杯の事でしょう。

私もトレーニングは長らくやっていますが、残念ながらパーキンソン病に関しての知識は全く持ち合わせておりませんし、専門店なリハビリに関しても自信を持って具体的なアドバイスをできるものではありません。

ただ、一つだけ私の体験からの提案です。

>腹筋のストレッチとなりますと効果的なのが今一つ思い浮かびません。

これに関してはストレッチボールが最適かと思います。
私は肥大目的...続きを読む

Qウォーキング中にふと考えて怖くなってしまいます。

もし、人里離れた山道や、ど田舎の目印も何もない場所で突然具合悪くなって倒れて救急車を呼ぶとなると。
携帯電話があるときは何とかなりそうだが、無いときは死あるのみですか。

どうやって居場所を伝えればいいのか?

Aベストアンサー

 程度の差こそあれ、この世の中にはあらゆるリスク(危険因子)があります。それなりに手を打っておくことも必要でしょうが、あらゆるリスクには対応し切れません。腹をくくることです。携帯電話がない状態で人里離れた山道で緊急処置を要する病に倒れれば処置なしです。もし対処法があったとしても、暗い山道でストーカに口を塞がれて車の中に連れ込まれるリスクには対応できないでしょう。轢き逃げされる可能性からも逃げられません。

> どうやって居場所を伝えればいいのか?
 そんな方法を心配するより、日頃食べている食材に存在するリスク(言い換えると食の安全、たとえば遺伝子操作食物、O157、農薬汚染、放射能汚染、奇形の(ようには見えない)魚…無数にあります)の心配をしたほうがはるかに現実的です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報