「蒸気による火傷は同じ温度の沸騰する湯によるものより被害が大きいのはなぜか?」ということについて考えています。
調べてみたら、
「蒸気1gにつき液化の時に放出される熱エネルギーは540calになるが、沸騰する湯の場合は100calなので、火傷の被害としては蒸気の方が大きくなる。」
ということに落ち着きそうです。
ところが私にはなぜそれが言えるのかがよくわかりません。
「分子の運動エネルギーの点では100度の蒸気も湯も変わりないが、蒸気の方が水分子の振動および回転状態としてより多くのポテンシャルエネルギーを持っているから。」ということが説明にあったのですが、これもどうしても理解できません。

できれば自分で調べたいのですが、どんな本やHPを見ていいかも分からないのでそれも合わせてアドバイスしていただけるととても嬉しいです。
ちなみに物理の知識はほとんどないといっていい状態になってしまっています。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

物理屋の siegmund です.



> 蒸気1gにつき液化の時に放出される熱エネルギーは540calになるが、
> 沸騰する湯の場合は100calなので

がちょっと変です.
100℃の沸騰水 1g と 100℃の水蒸気 1g のエネルギー差が 540 cal です.
100 cal は,沸騰水と 0℃の水とのエネルギー差です.
細かいことは別にして,水 1g を 1℃ 上げるのに必要な熱が 1 cal です.

同じ水でも,液体と気体とでは水分子の結合状態が違います.
液体では結合していますし,気体ではほとんどバラバラです.
結合状態が違えば結合に関するエネルギーも違います.
そのエネルギーの違いの分が上の 1g あたり 540 cal です.
こういうエネルギーを潜熱と呼んでいます.

100℃の水蒸気が 100℃の水になるためには 1g あたり 540 cal を放出しないといけません.
この熱エネルギーで火傷がひどくなるという話なのでしょう.
冬のボイラー暖房もこの熱を利用しています.
逆に,100℃の水が 100℃の水蒸気になるためには
1g あたり 540 cal を受け取らないといけません.
ガスにかけたやかんの話ですと,ガスの炎から熱を受け取っていることになります.

潜熱は 0℃の氷と 0℃の水の間にもあります.
こちらは 1g あたり 80 cal.
0℃の氷が融けるには周囲から 1g あたり 80 cal の熱を吸収する必要があります.
したがって,氷を浮かべたジュースは熱を吸収されて冷えるわけです.

火傷関係は素人ですが,潜熱の他に以下のようなことを考慮する必要があるように思います.

○ ボイラーの蒸気などは高圧になっていますので,温度は 100℃より上です.
○ 蒸気と沸騰水では密度が違います.
○ 蒸気は見えにくいので,うっかり火傷しやすい(ひどさには関係ないですか).
○ 皮膚と蒸気あるいは沸騰水との間の熱伝達の割合も考慮に入れる必要がありそうです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えくださってありがとうございました。
「潜熱」についてよくわかりました。沸騰する湯の(が液化する時に放出する)熱エネルギーが100calというのはおかしな話なのですね。
「熱伝達の割合」というヒントをいただいたので次にそちらの方から攻めてみたいと思います。いいヒントをありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽のみが、自らばく大な光や熱のエネルギーを放出している。

太陽のみが、自らばく大な光や熱のエネルギーを放出している。


質問です。
太陽は主にどんな物質から構成されているか2つ教えてください。
あと、太陽が大きなエネルギーを放出する時に行っている反応を教えてください。

Aベストアンサー

>太陽が大きなエネルギーを放出する時に行っている反応を教えてください。

pp chainです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E5%AD%90-%E9%99%BD%E5%AD%90%E9%80%A3%E9%8E%96%E5%8F%8D%E5%BF%9C
CNOサイクルも行っているようですが、wikiによると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/CNO%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

>太陽内部でCNOサイクルによって生み出されるエネルギーは全体の約1.6%に過ぎない。

らしいです。

Q新星爆発によって放出されるエネルギーはどのくらいでしょうか

Super Novaではありません
Classical Novaの爆発時に放出されるエネルギーがどのくらいか知りたいです
単位も明記していただけると嬉しいです

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

例えば
http://astronomy.swin.edu.au/cosmos/C/Classical+Novae

Q沸騰したお湯

ラーメンを作っていて思ったんですが、沸騰したお湯に粉末を入れるとフワッとお湯があふれ出ますが、あれはどういう原理なんでしょうか?温度に変化はあるんでしょうか。

Aベストアンサー

粉末の中のでんぷん質によって、泡が
膨らんでいるんだと思います。

Q飽和蒸気の配管でのエネルギー損失について

配管に流体が流れる場合、管と流体の摩擦によりエネルギー損失が生じて、流体の圧力が低下すると、化学工学等の本には記載されています。

流体が水の場合は、損失が生じて、圧力が下がるということが理解できますが、飽和蒸気の場合はどうなんでしょうか?

圧力が低下した飽和蒸気に変化するのでしょうか?それとも、エネルギー損失分だけ乾き度が低下した蒸気になるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。失礼しました。
過熱蒸気域に入りますね。

おそらくネットには無いと思います。
図書館にでも日本機械学会蒸気表があればそれが一番お勧め。

Q水をお湯にするのに、入れる蒸気の条件は?

お世話になります。

1m×1m×1mのステンレスで出来ている、水槽に
水(温度15度)がいっぱい入っています。

これを、60度まで暖めたいのですが、方法として
蒸気を水槽に入れ暖めたいと思っています。

蒸気は、ステンレスのパイプで、ボコボコと入れます。

10分で、60度するには、どのくらいの蒸気圧と、
どのくらいの大きさのパイプで、蒸気を配管して
くればいいのでしょうか??

よろしくお願いします。
また、条件に不足があれば、ご指摘お願いします。

Aベストアンサー

 超概略、考え方のみ

 水の蒸発潜熱≒540kcal/kg
 水の比熱≒1kca/kg

 水槽内の水を15→60℃にするために必要な熱量は、1×1×1×1000×(60-15)=45000kcal/kg
 100℃の水蒸気が60℃の水になるときに出す熱量は、540+(100-60)=580kcal/kg
 よって、必要な水蒸気量=45000/580≒77.6kg
 これを10分で送り込むので、毎分約8kgの蒸気を送る必要が有ります。

 実際の実用蒸気は0.3Mpa・G程度であり、この蒸気の持つ熱量や体積から正確に計算して下さい。
 この流量では、1/2B程度の配管が必要だと思いますが、専門ではないので、自信有りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報