【初月無料キャンペーン中】gooドクター

若いころは自分が死ぬとしたら自殺だろうと思っていた
だから親より長生きはしないだろうと考えていたが実際には親の葬儀を出すことができた
皮肉なことに私の体は丈夫で風邪もろくにひかない
しかも同年代の人より10年、場合によっては20年くらい早く引退することができた
よほどのことがない限りこれから先働くことはないだろう
人生は良くも悪くも思い通りにならないものである

今の状況を鑑みると私は当分死ぬことができないであろう
であるならば若いころは考えもしなかった長寿というものを体験してみようと思う
それも世界一の長寿に

世界一長寿な人は世界一孤独な人だ
なぜなら同じ年の人はもう皆死んでしまったということなのだから
世界一の長寿になった日は子供の頃のクラスメートが誰も生きていないという事実を知らされる日だ
好きだった女の子も、仲の良かった友達も、もう誰もいない世界に一人残されたことを知る日
しかも皮肉なことに日本中からお祝いされる日でもある

世界中がうらやむ孤独な人間になってみよう
人並の死を願いたいところではあるが皮肉な人生もまた私らしい

A 回答 (1件)

あなたは死を恐れていないのですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうでしょうねぇ
ご回答ありがとうございます

お礼日時:2020/03/13 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング