「イカの沖漬け(イカを姿のまま、味付け醤油に漬けたもの)」の、旨味成分(アミノ酸、有機酸、核酸)をHPLCで分析しようとしています。除タンパクのため、10,000のフィルタで限外ろ過していますが、なかなかろ液が集まらずに困っています。良い除タンパクの方法を教えてください。TCAで沈殿させる方法もあるとは思うのですが、その場合、除タンパク後の上澄みと、移動相のpHが異なってくるのではないかと気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

核酸」に関するQ&A: 核酸について

A 回答 (2件)

補足です。


バリデーションとは、分析の信頼性を担保するために、分析法開発の前段階で行うものです。ピーク面積や高さで定量を行うのであれば、濃度とピーク面積(高さ)との相関が認められるか(5点程度の濃度のスタンダード試料を測定し、濃度とピーク面積(高さ)との相関係数を求める)、定性ならば繰り返し測定したときの保持時間のずれはないか、試料溶液の安定性はどうかなどを確認します。
今回の問題では、除タンパク時の目的成分の回収率が問題になります。共沈により、タンパク中に目的成分が一部取り込まれて、見かけの測定値が低くなってしまうおそれがあります。具体的にどのような操作を行われているかわかりませんが、沈殿除去したタンパク分から再度抽出し、目的成分が検出されない等の確認が必要と思われます。ただし、これらは分析の目的が定量とか各成分の面積比を知りたい場合であって、保持時間による定性のみが目的であれば必要ないでしょう。
あと、サンプルと移動相の組成が異なる場合のことを心配しておられますが、保持時間による定性の場合は、試料の溶媒強度やpHによって保持時間のずれや理論段数・分離度が変わる可能性があります。
定量の場合は原則、標準溶液を測定し、その値との比較を行うことになると思いますので、標準溶液についても試料サンプルと同様の操作を行えば問題はありません。アミノ酸等の標準物質を精密に量り、試料サンプルと同様に操作して得られた液を標準溶液として、同時に分析すれば、移動相と組成が異なっても大丈夫です。各種文献等においても、メタノールで抽出しアセトニトリルで分析するとか、いろんな事例がありますので。
アミノ酸分析で発色法により検出する場合は、意外な成分が発色してベースをあげたり、変なピークがでてきますので、試薬や機器等は綺麗にしておくことが大切です。

がんばってね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
お礼が遅くなって申し訳ございませんでした。
本当にありがとうざいます。
がんばります。
また、質問することがあると思いますがよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/28 12:35

私は、ヒト血液の分析を行ったことがありますが、その場合も血漿中の除タンパクが問題となります。

移動相の組成にもよりますが、血漿の場合は、等量のアセトニトリルを加えるだけでタンパクはほぼ除去できます。TCAや過塩素酸などは除タンパク効果は高いですが、確かにpHがずれてしまいますので、同時にスタンダードをたてて、全く同じ操作をする必要があります。
いずれにせよ、除タンパクのために何かを添加すると、共沈により測定対象の回収率が悪くなる可能性があるため、分析法のバリデーションが必要です。
食品分析はやったことがないのですが、参考になれば..
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ほとんどビギナーなもので・・・・・、あの「バリデーション」ってなんですか?「複数の方法で除タンパクしてみて、良い方法を選択する」っていう意味でしょうか?

それと、移動相にもおそらくアセトニトリルをお使いかと思うのですが、アセトニトリルで除タンパクする場合、移動相のアセトニトリルの濃度と、除タンパク後のサンプルのアセトニトリルの濃度が極端に違うことになりはしないかと、ふと、思ったのですが、分析に影響はないものでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/08 11:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたんぱく質の構造について。(食品化学1)

学校でもらった問題プリントの問題なのですが、どこが間違っているのかわからず、困っています。自分でも調べてみたのですが、わからないので質問させていただきます。

「タンパク質はアミノ酸の重合体であって、それに含まれる窒素はすべてペプチド結合の形である」

食品化学1という教科です。どなたかわかる方、ヒントでもいいので教えてください。お願いします!!

Aベストアンサー

ペプチド結合はアミノ酸のカルボキシル基-COOHとアミノ基-NH2が重合した-NH-CO-という結合をいいます。
答えは既にでてますが、これらが重合していっても末端のアミノ基-NH2はフリーですし、アミノ酸によってはそれ以外に窒素原子を持つものがあります。

http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/aminopro.htm
ここにアミノ酸の基本構造があって、Rっていう部分が下に20種類表になってますよね。このRの部分に窒素Nがあるアミノ酸がありますよね。これらの窒素はタンパクを作るときのへプチド結合に関与していません。

Qスタウロスポリンのカルシウム依存性タンパク質キナーゼの関与について

実験でスタウロスポリンを用いたレタスの発芽抑制に関する実験を行いました。


実験書によると、「スタウロスポリンはカルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応(今回は種子発芽)に関与するか否かを調べるために用いられる。」
とあります。

が、どのような原理で関与するか否かを調べることが出来るのでしょうか?

また、スタウロスポリンとはどのような物質なのでしょうか?自分なりに調べてみたのですが、適当な答えが得られませんでした。

ご存じの方がいましたら教えていただきたいです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

> どのような原理で関与するか否かを調べることが出来るのでしょうか?

 スタウロスポリンはカルシウム依存性タンパク質キナーゼを阻害します。つまり,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが働かないです。

 ある生物反応をスタウロスポリンが存在する状態と存在しない状態で行い,反応に差があるかどうかを調べます。

 カルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応に関与する場合,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが阻害されるために,その生物反応がスタウロスポリンが存在しない場合と異なってきます。

 が,カルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応に関与しない場合,スタウロスポリンが存在しても,その生物反応はスタウロスポリンが存在しない場合と変わりません。

 『 こ れ が 原 理 』

> スタウロスポリンとはどのような物質なのでしょうか?

 これだけでは範囲が広すぎて回答が付き難いと思います。「Google」で「スタウロスポリン」を検索すると幾つかヒットします。それらを見た上で,必要なら,もう少し具体的に再質問されては如何でしょうか。

 ・http://www.google.co.jp/
  Google

参考URL:http://www.google.co.jp/

> どのような原理で関与するか否かを調べることが出来るのでしょうか?

 スタウロスポリンはカルシウム依存性タンパク質キナーゼを阻害します。つまり,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが働かないです。

 ある生物反応をスタウロスポリンが存在する状態と存在しない状態で行い,反応に差があるかどうかを調べます。

 カルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応に関与する場合,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが阻害されるため...続きを読む

Qたんぱく質調整食品では、家計が火の車。

たんぱく質調整食品では、家計が火の車。

たんぱく調整のため 
、1日40グラムをしどうされています
思ったように値がよくないので、
たんぱく質調整食品25分の一 生活日記ツインパックにしたところ
値がよくなりつつあります
しかし40食で6000円1か月14000円くらいかかります
なにかもっと経済的な方法はないでしょうか

Aベストアンサー

私71歳男子も同じ理由で、低蛋白米のごはんを1年間食べました(1食210円)=年金生活ではムリなので探しました 千葉県産「ゆめかなえ」(和郷園/香取市)10kg5400円を知り、1年間食べています=低グルテリン米といい、吸収されやすい蛋白質が普通米よりも少ないそうです 米100gで230gのごはんが出来ますので、低蛋白ごはんを買うよりもリーズナブルです/単純計算でも10kgで100食です・・・2009では10kg5200円/送料サービスでしたが、2010年新米は5400円になりました 

Q【きのこ】日本国内に純粋に生息しているキノコは何種類ありますか? 海外から輸入されたキノコは除きます

【きのこ】日本国内に純粋に生息しているキノコは何種類ありますか?


海外から輸入されたキノコは除きます。


ついでに知っていたら全世界にキノコは何種類存在していますか?

知らなかったら国内だけで良いです。

Aベストアンサー

日本 http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinoko/nihon.html

Q高カルシウムで、低たんぱくな食品は何?

たいていカルシウムを多く含む食品は、たんぱくも多く含むと聞きますが
高カルシウムで、低たんぱくな食品ってありますでしょうか?

看護学生です。退院指導を行うのに
わからないことがあったので、どなたかお分かりになる方がいらっしゃったら
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高カルシウム、低たんぱくとは、数値的にはいかほどでしょうか。
↓このサイトで栄養成分から食品を検索できます。

食品成分値から検索(食品を構成する成分をリストから選択し、数値の条件を指定して検索する)
http://fooddb.jp/search.html

Qアミノ酸スコア

第一制限アミノ酸を知りたいのですが、くるまえびのアミノ酸組成(ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン+シスチン、フェニルアラニン+チロシン、トレオニン、トリプトファン、バリン)を教えてください。
また、くるまえびの100gあたりのたんぱく質含量と窒素換算係数を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

くるまえびのアミノ酸成分については、
http://www4.ocn.ne.jp/~katonet/syokuhin/aminosan/a-kai.htm

タンパク質含量などは
食品成分データベースから調べてみてください。
http://food.tokyo.jst.go.jp/

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~katonet/syokuhin/aminosan/a-kai.htm,http://food.tokyo.jst.go.jp/

Q食品中のアレルゲンたんぱく質の同定法

食品のアレルゲンたんぱく質を引き起こす組換え食品などはどうやって測定されて同定されているのですか。方法の名前ともしありましたらURLなど教えて下さい。

Aベストアンサー

ひとつ整理しましょう。アレルゲンとは、アレルギーを起こすもとになる物を言いますよね。主な物のグループとしてタンパク質があります。また、組み替え食品と言うのは、遺伝子組み換えを行った農作物などや、それらを原材料とした加工食品の事ですよね。
御質問の内容から二つの面で解答すべきなのかなと思います。
まずはアレルギーになる物が食品に含まれているかどうかを調べるには、遺伝子を調べる方法と抗原抗体反応を調べる方法が多いでしょう。
遺伝子を見るタイプではアレルゲンになる物、例えば牛肉であれば牛肉特有の遺伝子と同じ遺伝子が食品に入っているかどうかみます。良くあるのは板状の寒天(ゼリーみたいな物)に良ーく砕いた食品をいれて電気を流すと遺伝子が帯状に幾つか並んで出てきてシマシマ模様になります。これが牛肉と同じシマシマになればその食品には牛肉が入っていると判定されます。
もう一つは、抗原抗体反応を利用して、牛肉のタンパク質に反応する物質(抗体)と一緒にするとモヤモヤっと凝集(濁ってくる)し、牛肉が入っていると判定される方法があります。
次に組み換え遺伝子を利用した物が入っているかどうかを調べるのも、遺伝子を調べます。上のふたつとまぁ似たような物です。
あとは、詳しい人にお願いします。

ひとつ整理しましょう。アレルゲンとは、アレルギーを起こすもとになる物を言いますよね。主な物のグループとしてタンパク質があります。また、組み替え食品と言うのは、遺伝子組み換えを行った農作物などや、それらを原材料とした加工食品の事ですよね。
御質問の内容から二つの面で解答すべきなのかなと思います。
まずはアレルギーになる物が食品に含まれているかどうかを調べるには、遺伝子を調べる方法と抗原抗体反応を調べる方法が多いでしょう。
遺伝子を見るタイプではアレルゲンになる物、例えば牛肉...続きを読む

Qトランス脂肪酸

トランス脂肪酸って、パンや菓子類などに入ってるらしいですが、
取得し続けるとどうなるのでしょう? 主食がそれの人はやばいのかな、と思います?!
食品メーカー各社に改善する予定などなかったりして。。

Aベストアンサー

<トランス脂肪酸って、パンや菓子類などに入ってるらしいですが、
ハイ、バンバン入っています。なぜかというとマーガリンなど、
加工時にトランス脂肪酸の含まれている油を使うため。
また、加工時の高温で、油がそうなるため。
<取得し続けるとどうなるのでしょう?
善玉コレステロールの減少、その他、多くの生活習慣病、アレルギー
など、健康に大きな影響があるといわれています。
 <主食がそれの人はやばいのかな、と思います?!
やばいでしょうね、ていうか、トランス脂肪酸の前に、加工食品中心の
その食生活が、ヤバイ
<食品メーカー各社に改善する予定などなかったりして。。
欧米では何年も前に言われていました、私自身本でマーガリンがやばい、トランス脂肪酸がやばいらしい、と知ったのは10年以上前です。
でも最近隠し切れなくなったらしく、ぼちぼち対応してきた。
たとえば、マーガリンメーカー雪印はHPに解説。
大塚製薬はこっそりと、マーガリンたっぷりだった、カロリーめいとの宣伝をやめて、新製品ソイジョイを強力プッシュ!その影で、こっそり
カロリーメイトにマーガリンを使うのをやめてます。大塚製薬らしい
とても素敵な対応!
ただ、欧米はトランス脂肪酸の摂取量が、半端ないこと、また、
研究成果がまだ、はっきりしてないので、ま、神経質にならず、
「出来るだけ、とらないようにする。」
が、当面の正しい対応かな、と。

参考URL:http://www.snowbrand.co.jp/report/documents/20050901.htm

<トランス脂肪酸って、パンや菓子類などに入ってるらしいですが、
ハイ、バンバン入っています。なぜかというとマーガリンなど、
加工時にトランス脂肪酸の含まれている油を使うため。
また、加工時の高温で、油がそうなるため。
<取得し続けるとどうなるのでしょう?
善玉コレステロールの減少、その他、多くの生活習慣病、アレルギー
など、健康に大きな影響があるといわれています。
 <主食がそれの人はやばいのかな、と思います?!
やばいでしょうね、ていうか、トランス脂肪酸の前に、加工食品...続きを読む

Q高カロリー、高たんぱく質な食品を教えて下さい

夫が精神疾患が原因で激痩せしてしまいました。
好き嫌いはないのですが、元々、あまり食に興味がなく
178cm/60kgと細身でしたが、
今はさらに痩せてしまい55Kgを切ってしまいました。
体脂肪も10%台です。
食欲は現在、普通にあるようです。
私はダイエット食(夫とは若干メニューは変えてあります)なので、
1〜2品、夫の食事に別メニューとしてプラスしたいと思っています。


高カロリーで高たんぱく質な食品、もしくは料理を教えていただけたらと思います。
もしくは食生活上でしたほうが良い習慣などがありましたら、そちらもお願いします。
皆さんのお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

心配ですね。若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。痩せ過ぎはよくありません。

タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。特に高負荷な筋トレが必須。
有酸素運動では筋肉は増えません。余剰タンパク質は体には蓄積されず体外に排出されます。

体重を維持したいなら"高糖質+高脂質のもの"を食べさせればいいです。大量の糖質を摂取すると血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管が痛むので、これを避けるためにインスリンというホルモンが追加分泌されて体中の細胞に血管中の糖を吸収させます。細胞に吸収された糖は脂肪に変換されて蓄積されます。

また大量の糖が含まれる料理中に併せて脂質が含まれている場合、消化吸収されて体内に取り込まれた脂肪は最初のうちは血液中を循環していますが、血糖値を下げるインスリンが分泌されて血糖が下がるときに血液中の脂肪も身体中の細胞に吸収されます。つまろ高糖質+高脂質の食事はインスリンの作用で太る効果が倍増します。

食事で言えばカレーライスは高糖質+高脂質の食事になります。カツカレーなら完璧ですね。丼ものならカツ丼、天丼、他にもラーメンも高糖質+高脂質の食事になります。チャーハンなんかはご飯という糖質にわざわざ油を混ぜて炒めてますから理想の高糖質+高脂質食です。

またパンは小麦粉にショートニングという油脂を混ぜ込んでいるので、それ自体が高糖質+高脂質の食材です。甘い物がお好きならば菓子パンを食べさせてあげるとよいでしょう。

意外に太れないのは肉、魚、チーズ、卵です。摂取するものが脂質とタンパク質だけだと太らないんですよ。糖質を取らなければ脂質はほとんど身体に蓄積されません。例えばマヨネーズも糖質と組み合わせなければ太りません。だから「糖質制限ダイエット」というものが成立します。これらを食べるときは、必ずご飯やパンとセットで食べることをお勧めします。

心配ですね。若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。痩せ過ぎはよくありません。

タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。特に高負荷な筋トレが必須。
有酸素運動では...続きを読む

Q過リン酸石灰の効用は?

まずリンサン成分の供給ですよね。リンサン肥料なんですよね。
そして、カルシウムの供給。
そして同時に、石灰としてのアルカリ資材ではないのでしょうか?
私の畑は、ペーハ値が高く7位です。かなりアルカリに傾いているので、むやみに石灰や苦土石灰なんか入れない方がいいような気がしています。その点、過リン酸石灰も同様なのでしょうか?

Aベストアンサー

過リン酸石灰は確かに「石灰分」を含んでいますが、その形は消石灰や苦土石灰と違って、副成分の石灰分は「石膏」なのです。
石膏は特殊な物を除いて、PH7.0前後のほぼ中性ですので、すなわち少なくても多く入れても中性なのです。

元々、酸性(アルカリ)度はの対比率表現なので、仮にPH1.0動かすには10倍必要なのです。
PH7.0を1:1とすれば、PH6.0はアルカリ分1:酸性分10となり、式的に表現すると、
仮に5.0の土を7.0にするには、比率10倍の10倍で100倍の石灰分の投入が必要となります。
これをグラフ化したものを緩衝曲線と言います。
実際では2.0動かすのに100倍も必要とすることは無いですが、火山灰土の低PHではわずか量で0.2-0.3は簡単に上がりますが、PH6.5を越すと少々入れても動きにくいです。
砂質は動きやすく、粘土などはもともと色々な成分があるので、中性に近く動きにくいです。

どうしてもPHを下げなくていけない場合は、硫黄を使っていきます。
先に書きましたように、中性と言っても比率なので、1:1なのか25:25なのか70:70の成分比かしっかりと確認しないとだめです。
http://berryslife.shop-pro.jp/?pid=1297688
地元でも化学薬品を扱う商社にあると思います。

過リン酸石灰は確かに「石灰分」を含んでいますが、その形は消石灰や苦土石灰と違って、副成分の石灰分は「石膏」なのです。
石膏は特殊な物を除いて、PH7.0前後のほぼ中性ですので、すなわち少なくても多く入れても中性なのです。

元々、酸性(アルカリ)度はの対比率表現なので、仮にPH1.0動かすには10倍必要なのです。
PH7.0を1:1とすれば、PH6.0はアルカリ分1:酸性分10となり、式的に表現すると、
仮に5.0の土を7.0にするには、比率10倍の10倍で100倍の石灰分の投入が必要となります。
これをグラフ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング