クローンについて分かりやすい言葉で教えてください。
同じ動物や生き物をつくることができる。ってぐらいしか分からないです。
クローンをつくるまでの過程を教えてください。
あと、クローンをつくる意義やクローンをつくったらどんないいことがあるのですか?ただ科学者達が自分の力だめしにやりたがってるんですか?そんなこともないんですかね?なんかもうすぐアメリカかどっかの国でクローン人間が生まれる(?つくる?)とかっていう話を聞きました。

今回クローンについての作品を考えてるので参考にしたいです。
お願いします。
あと、質問した以外のことでも何でもクローンについて思うことがある方はお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

クローンというとアニメや映画の影響か、人造人間の類いを


連想しちゃいますが、じっさいのクローンはもっと地味な存在です。
そしてクローンとは必ずしも一体の生物を造ることではありません。
クローンの意義は医学上あります。つまり、生物は非自己に対する
免疫システムがはたらくため、他人の細胞、組織、器官を移植すると
拒否反応が起こり、最悪の場合死にいたります。かといって必ずしも
最適のドナーがあらわれるとは限りませんし、運良く移植できても
その後の人生は免疫抑制剤とのおつき合いになってしまいます。

そんなときクローン技術が役立つのです。例えば、重度の火傷を負った
病人の残った皮膚を培養して人工皮膚を作成しそれを移植すれば、
拒否反応が起こりません。クローンと移植というとどっかの金持ちが
延命のためにクローン人間をストックしておくというイメージが
ありますけど、今のクローン技術から考えれば、ちょっと無理がある
と思えます。

クローン人間を作ると言っても、アニメのように培養液に満たされた
カプセルの中で産まれるものではありません。今の科学では発生プログラム
は研究中であり、培養だけで器官やまして成体を作ることなど不可能です。
そんなわけで人工ではない培養カプセル、つまり卵母細胞が必要になるわけです。
卵母細胞の核を取り除き、そこに目的の生物の細胞の核を注入します。
いくつかの手順を踏まえると、この細胞は疑似受精卵となります。
それを子宮に着床させて、出産させるわけです。
もっとも、クローン牛はまた別の方法ですが、たぶんイメージはこの方法
のことでしょう。

このようにクローン人間と言っても、細胞を着床させて出産するので
卵母細胞と凍結精子を人工受精させることが異なるだけで、不妊治療と
たいして変わらないですね。それに生物は産後の生活環境によって、性格や
外見も変わってくるので、遺伝的に同じという以外は全く別の生物なんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。クローンと一言で言ってもいろいろあるのですね。
今まではクローンと聞くと悪いイメージをしがちでした。
しかし、拒否反応を起こさせないために皮膚を培養して人口皮膚を制作しそれを
移植するという話はすごく関心を持ちました。初耳でした。
クローン=全く同じ動物を作ること。みたいに一つの生き物をつくるここだと思ってましたが、体の一部の培養でもクローンって言うんですね。
丁寧な回答ありがとうございました。とてもとても参考になりました。
もっといろいろ知りたいと思う様になりました。いい作品が作れそうな気がします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 21:38

前回話をしているところが有りますので下記を参照して下さい。


単純にクローンが出きる利点は、同じものが出きる事、それは、1品質の良い、植物、動物を作る事が出きる。 2 医療の分野では、拒絶反応を起こさない、
臓器、器官等が手に入れることが出きます。2については倫理的な問題があってダメですが、急速に技術が進歩している分野だと思います。
 
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=103413
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
2の方の技術の進歩を望みます。
 
アドレスの方にも行ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 21:49

クローンとは、ある個体(動物)の細胞から別の全く同じ個体を作ることです。


つまりそれは同じ遺伝子持った個体になります。

生物は受精した瞬間は単細胞です。それが何億回と分裂してひとつの個体(多細胞生物)として生まれます。
クローンではある個体の細胞をとってきて
それを分裂させて、別の個体として成長させるのです。


クローンを作る意義はいろいろあるようですが、
どこかの国でクローン豚の心臓を人間に移植したという話を聞いたことがあります。

クローンは、都合のよい個体をたくさん作ることができるので、
たとえば、頭のよい人間や運動神経のよい人間、背の高い人間など
自由に好きな個体を大量生産することができでしょう。
動物でも、たくさんの乳が出る乳牛や足の速い馬などもコピーして作ることができます。

多細胞生物は生殖によって
2つの個体の遺伝子を半分ずつ受け継いだ子供を作ります。
だから同じ遺伝子をもった人間はこの世にひとりとしていないのです。
もし、全く同じ顔かたちの人間がいたら大変なことになります。
クローンの子供は親の姿と全く同じということになるのです。
クローンであってもひとつの人格でひとつの動物ですから、わたしはとても怖いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか自分も豚の心臓を人間に移植したって話聞いたことがあります。
↓に回答された方のクローンの活用法(皮膚の培養)はいいなって思いますが、
都合のよい同じ固体を作るっていうのはちょっと嫌ですね。特に人間となると・・・考えられないです。
クローンで優秀な動物を作るより、乳が出ないうしや足が遅い馬の方がいいな。と私は思います。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクローンの生物学的意義について

クローン動物をつくる方法の1つで除核した初期胚の囲卵腔に例えば分離した8細胞期の割球を挿入して、細胞融合してつくるやり方がありますが。
その方法での生物学的意義は?
体細胞の核移植の場合と同じように、初期化するというこでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 受精卵核移植によるクローンは、「最初から初期化されている核を移植している」ことになります。8細胞期などの初期胚はまだ全能性を持ってますから。
 例えば8細胞とか16細胞期の受精卵を分割してバラバラにすると、それぞれが1個の個体に発生するというのは高校の生物で習いませんでしたっけ?
 初期化云々に関しては「確定していない」どころか、教科書レベルの基礎の話、ということです。

 つまり、受精卵核移植によるクローンは、体細胞クローンと比較して技術的に容易で安定した成績が期待できる、ということが「生物学的意義」ということです。
 要は分割受精卵と本質的には同じなので、体細胞クローンが抱えるテロメアに由来しているのではと言われているような問題も関係ありませんし。それでも家畜の受精卵クローンでは産子の過大等、自然の繁殖とまったく同じというわけではないのですが。

 また、発現している形質が明らかになっている体細胞クローンとは異なり、受精卵由来ですのでその遺伝子型は「未知」のものになります。
 従って、優秀な両親から作出した受精卵からクローンを造っても、遺伝的な「大外れの個体」を造ってしまうリスクはあるわけです。
 遺伝的に均一な実験動物群を作出するような用途もあるので、まるきり無意味というわけではないのですが、クローンを作出する意義から言えば、あくまでも体細胞クローンが本命で、受精卵クローンはそのプラクティスのような捉え方をされているのが一般的でしょう。

 受精卵核移植によるクローンは、「最初から初期化されている核を移植している」ことになります。8細胞期などの初期胚はまだ全能性を持ってますから。
 例えば8細胞とか16細胞期の受精卵を分割してバラバラにすると、それぞれが1個の個体に発生するというのは高校の生物で習いませんでしたっけ?
 初期化云々に関しては「確定していない」どころか、教科書レベルの基礎の話、ということです。

 つまり、受精卵核移植によるクローンは、体細胞クローンと比較して技術的に容易で安定した成績が期待で...続きを読む

Qクローン×クローン

クローンで生み出された生体は、寿命が短いと聞きます。
では、クローン同士の生物間に生まれた生体も寿命が短かったりするのでしょうか?
私は、親の寿命よりはやや長く生きることができるのではないかと思いましたが、皆様の意見をお聞かせください!

Aベストアンサー

生物によって仕組みは違いますので、単純に比較は出来ません。ドリーのクローン技術と桜のクローン技術の仕組みも全く異なるものです。

寿命に限りのある我々動物は、DNAにテロメアという部分があり、細胞分裂のたびにこれが短くなっていきます。ある長さよりも短くなった時が寿命です。これは受精によってリセットされます。ですから、クローンの場合はリセットされずに生まれた時から短いテロメアを持つため、寿命が短いのです。

クローン×クローンの場合は、受精によってテロメアがリセットされますので、寿命は元に戻ります。

なお、例で挙げられているクラゲはクローンで殖えるわけではありません。発生の初期に個体が分裂する時期があるだけです。

Q色盲の生き物と、色が分かる生き物

犬猫をはじめ、動体視力は良いけれど、近視で色盲とされている哺乳類は結構多いです。
人間は非常に色々な色を判別できますが、これは何故でしょうか?

カラフルな生き物の多くは、繁殖に関わることもあり、色の識別が出来る種が多いようです。
色に好みまである鳥類だけでなく、魚類でも色を識別できると考えられているようです。

人間はカラフルな生き物ではなく、皮膚は透明で、基本的に地味な肌色毛色をしていますが、
地球上の一生物として、どういう必要があって色が分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると目が光ります)。

錘体細胞はロドプシンという感度の高い光受容物質をもちますが、色を識別できる錘体細胞は弱い光に対して感度が低いのです。また、輝板があると、瞳孔から入ってきた光と輝板で反射した光の両方が網膜を通過するため、像はぼやけた物になります(暗視カメラの像を想像してください。色がなく、像はぼやけるけど、弱い光を増幅して、とにかく「見る」ことができるのです)。

昼間の世界では、たとえば植物と昆虫や鳥は、色による交信をしています。植物は、実が熟したら赤や黄色や黒に色を変え、教える代わりに、果実を食べたあとの種を運んでもらいます。このように色には様々な有用な情報がありますが、ほ乳類は嗅覚や聴覚を発達させることでこれをおぎない、夜間での活動に生活をシフトさせたのです。

夜の世界を脱して昼の世界に戻ってきた人類は、体温維持のための体毛を捨て、クリアな像をみるために輝板も捨てました。そして、錘体細胞にとんだ網膜をもつことでカラフルな世界に戻ってきたのです。

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると...続きを読む

Q体細胞クローンによるクローン技術について

体細胞クローンでは、核を提供した動物の遺伝子とクローン固体の遺伝子はまったく同じとはいえないのはなぜか?
という質問なのですが、調べてみてもまず、「体細胞クローンにおいて核を提供した動物の遺伝子とクローン固体の遺伝子がまったく同じとは言えない」ことすら確かめられません。私は専攻ではないので難しい話は理解できないかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私も難しい話はわかりませんが,こんなページを見付けました。

 ◎ 異種核移植に成功(米の大学)

 最後の方の中辻憲夫先生の話にある『ミトコンドりアという小器官の遺伝子が細胞質内に残っており』という事だと思います。

 ご参考まで。

参考URL:http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/IsyuKakuIsyokuUSA.html

Qクローン技術について。 現在体細胞クローンにはなにか欠点はありますか?

クローン技術について。 現在体細胞クローンにはなにか欠点はありますか? また受精卵クローンと技術面以外の違いはどのようなものがありますか?

Aベストアンサー

体細胞クローンの欠点 = 成功率が低い
受精卵クローンよりも 短命である
体細胞を取り出した生命体の年齢から歳を取って行く
体細胞の提供体が、10才ならクローンは、
誕生した時点で10才である


人気Q&Aランキング

おすすめ情報