MySQLでデータベースを構築しています。CSVファイルにデータを構築していますがMySQLにインポートする方法が解りません。どうかおしえていただけませんでしょうか?

A 回答 (1件)

LOAD文を使う方法があります。



LOAD DATA INFILE 'path/to/file.csv' INTO TABLE <テーブル名> FIELDS TERMINATED BY ',';


詳しくはURLを参照してください

参考URL:http://www.softagency.co.jp/mysql/Manual/html/ma …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcsvデータをデータベース化

現在あるcsvデータを保存しているんですがそれをLinuxサーバでデータベース化させたいです・・・

どのような方法をとればいいでしょうか?
OSはとりあえずRedhat,DataBaseのほうは使ったことはないですがPostageSQL・MySQLはもちろん使用でき、もしかしたらOracleも使用可能かと・・・

ちなみに新しく構築するLinuxServerは、csvのデータを保存してあるサーバーと隔離するためにメール受信になると思います。(SMTPなら問題が少ないと思うので・・・)

このような状況でデータを蓄積させたいのですが・・・

アドバイスよろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

こんにちわ。

Oracle を使うのであれば、Oracle9i から外部の
テキストデータを読取り専用の表としてアクセスできる
ようになりました。 (外部表)
更新も索引定義もできませんが、外部表を経由して
一般の表にデータを登録すれば簡単にデータの移行
ができます。
ユーザ登録 (無料) が必要ですが、OTN Japan に
情報がありますので、Oracle を使う場合はこちらで
情報を集めてみては如何でしょうか?

参考URL:http://otn.oracle.co.jp/

QCSVデータ→ACCESSに変換。また新しいCSVデータをACCESSに追加できない?

ACCESSでCSV形式のデータを取り込みします。
※このCSVのデータを[a.txt]とします。

[a.txt]を一度取りこみ。
この段階で[a.txt]の中を空にします。
しばらくしてから
[a.txt]にデータたまりだして、
再度ACCESSで取り込みしようとした場合、
先ほど取り込んだACCESSに追加ってできないものなんでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

>ワークテーブルへインポート・・・の意味が

最終的に追加したいテーブルと同じカラムを持つ、空のテーブルを用意し、
それにインポートして、問題なければ、最終的に追加したいテーブルへインサート。
問題があるならば、インポート先のテーブルをTRUNCATEして再処理。
最終的に作業が完了したら、空のテーブルをTRUNCATEしておく。

QMysqlまたはPostgreSQLで、データをデータベースから読み取

MysqlまたはPostgreSQLで、データをデータベースから読み取り、コピーして書き込み可能にするような操作がありましたら教えてください。

一例として、外部・内部結合で取得したデータをコピーして書き込み可能にするようなイメージです。

このようなことは実行可能でしょうか?また似たような操作が存在しますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SQLを使えば、
テーブルを作ることができますし、(CREATE TABLE)
データを読み込むこともできますし、(SELECT)
テーブルにデータを入れることができます。(INSERT)
原則的にテーブルというものは書き込み可能です。

ご指定のDBには詳しくないのですが、

手作業で行うなら、コマンドラインなどのCUIが単純ですが、
GUIのエディターが提供されているかもしれません。
プログラムから操作を行うのであれば、なんらかの
接続インターフェースを導入する必要があると思います。

ところで、「外部結合」ってどのような意味で使われているのでしょうか?
(OUTER JOINのことだと思ったのですが、もしかして他のデータベースのことでしょうか?)

QACCESSデータベースのインポート 

ACCESSデータベースでインポートしたいデータ(拡張子がlog)があるのですが、そのままだと文字列が区切られていなくテーブルに入らないので、毎回
しょうがなく事前に置換ツール等を使ってカンマ区切りにしてからインポートしています。

モジュールなどを使って、インポートする前のデータをテーブルに入れやすい
形(カンマ区切りのtxtファイルぐらいしか思いつかないのですが。。。)に置換・変換っていうのはできるんでしょうか??教えて下さい。。

Aベストアンサー

固定長のファイルでしたら
一度Accessにそのままインポートしてそれからテーブルに保存する方法もあります。

Private Sub コマンド0_Click()
On Error GoTo Err_コマンド0_Click

Dim kensu1
Dim MyChar
Dim DB1 As Database
Dim TBL1 As Recordset

Set DB1 = DBEngine.Workspaces(0).Databases(0)
Set TBL1 = DB1.OpenRecordset("テストテーブル", dbOpenDynaset)

Open "C:\????.log" For Input As #1 '????はパスとデータの名前

kensu1 = 0

Do While Not EOF(1)
MyChar = Input(???, #1) '???は固定長の長さ
kensu1 = kensu1 + 1
TBL1.AddNew
TBL1("テストテーブル") = MyChar
TBL1.Update
Loop

MsgBox "処理終了xx: " & kensu1 & "件出力しました。"

Close #1

TBL1.Close

Exit_コマンド0_Click:
Exit Sub

Err_コマンド0_Click:

If Err = 62 Then ' 終了
MsgBox "処理終了: " & kensu1 & "件出力しました。"
Close #1
TBL1.Close
Resume Exit_コマンド0_Click
End If

MsgBox Err.Description
Resume Exit_コマンド0_Click

End Sub

クリックした際の仕様で書きましたがこれでインポートしたデータ件数も数え
後は固定長のまま1レコードごと取り込んだデータをMid関数でも使ってモジュ
ールを作るか追加クエリでも作って保存するテーブルに落とせます。

固定長のファイルでしたら
一度Accessにそのままインポートしてそれからテーブルに保存する方法もあります。

Private Sub コマンド0_Click()
On Error GoTo Err_コマンド0_Click

Dim kensu1
Dim MyChar
Dim DB1 As Database
Dim TBL1 As Recordset

Set DB1 = DBEngine.Workspaces(0).Databases(0)
Set TBL1 = DB1.OpenRecordset("テストテーブル", dbOpenDynaset)

Open "C:\????.log" For Input As #1 '????はパスとデータの名前

kensu1 = 0

Do While Not EOF(1)
MyChar = Input(??...続きを読む

Qデータベースウィンドウを表示しないで、データベースウィンドウを更新する

http://support.microsoft.com/kb/304256/ja
マイクロソフト技術情報で、RefreshDatabaseWindow メソッド は、 Access2000形式で保存されたプロジェクト(ADP)で動作しませんと出ており、データベースオブジェクトの作成、削除、または名前の変更が行われた後で、データベース ウィンドウを更新する処理が、データベースウィンドウを表示している状態でしか更新できません。データベースウィンドウが表示されていない状態で、データ入力フォームが表示されて、何かの処理がされたときにデータベースウィンドウを最新の状態に更新したい場合、何か方法をご存知の方いらっしゃいましたらご指導ください。
テーブル作成をした後、テーブルにアクセスする処理をしようとするとテーブルがないため、エラーになってしまうことがあるのですが、一時的にデータベースウィンドウを表示させてF5を押下して最新にして作成したテーブルが表示されるとエラーは発生しません。

Aベストアンサー

こんにちは、
どうしてデータベースウィンドウが表示されていてはいけないのか、わかりませんが、
処理の実行中に
画面の描画をストップさせて、データベースウィンドウ
を表示→処理→データベースウィンドウを非表示→
画面の描画をスタートさせてはいかがでしょうか。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2229389


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報