銀や、銅には殺菌効果はあるようですが、
金にも殺菌効果はあるのでしょうか?
また、そのことに関する文献がありましたら
教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 まず、金とか銀とか銅のような重金属は多かれ少なかれ殺菌作用があります。

それとは少し違って、検出できないほどの微量の金属イオン、例えば銀貨や銅貨を入れておいた水によって、殺菌または静菌作用を表わすことがありますが、これをオリゴディナミー(オリゴジナミー)Oligodynamie(またはoligodynamic action, oligodynamic reaction)といいます。1893年に発表された現象のようです。お知りになりたいのはこのことだと思いますが、世界大百科事典(平凡社)1981年初版発行の「オリゴディナミー」の項目(この項中野正弘が記述)によれば

「金属を純粋に水に浸したときのイオン化傾向の大小は、金Au<水銀Hg<銀Ag<銅Cu(…中略…)のような順序を示すが、オリゴディナミーはAg>Hg>白金Pt>Au>Co>Cu>Pb>Fe3+>Zn……のように作用し、電気化学列とは、定まった逆の関係を示さない。」

とあります。この文章では微量の金イオンを加えた水で実験したのか、それとも金属の金を入れた水で実験したのかちょっと不明確ですが、金のオリゴディナミーは確かにあることがわかります。ただし、化学大辞典(共立出版)の微量殺菌作用の項目では「銅、水銀、銀、鉄、鉛、スズ、亜鉛のような金属が(…後略)」と、金についての記述はありませんでした。


(世界大百科事典は旧版のほうです。余談ですが新しい平凡社の世界大百科事典は少し文系に偏っていて理工系の項目に弱い感じがします)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!
さっそく事典で調べてみます。
「オリゴディナミー」ですね。勉強になりますm(__)m

お礼日時:2001/08/08 13:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麹で作る甘酒

麹で作る甘酒は体に良いと聞き、家で作ってみました。
甘酒を飲む際に、発酵させた甘酒をお湯で2~3倍に薄めますが、この時に熱湯を注いでしまうと麹菌が死んでしまって、体に良いという効果(整腸作用など)がなくなってしまわないか疑問なのですが、どうなのでしょうか?常温で飲むより、温かい甘酒を飲みたいのですが、せっかくの麹菌の効果がなくなってしまうともったいないので・・・。どなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

生きたまま腸まで届く乳酸菌
なんてフレーズがありますが
栄養を吸収する所は腸です
腸に届く前に
強力な酸で食べ物を分解する「胃」を通過しなければなりません
どれ程生きた麹を摂取しても
「胃」で全部死んでしまいます
菌の死骸が、腸の中に住んできる菌の栄養になるので
死んだ菌でも問題ないのですよ

Qスズメッキがしてある銅を銀ロー付けした場合の問題点

当てはまるカテゴリーがここで良いかわかりませんが・・・

スズメッキした銅に銀ロウ付けすると何か問題がおこりますか?
問題が無ければある部品全体をスズメッキし、銀ロー付しようと考えています。
部品の一部分を他部品と銀ロー付したいのですが、部品全体を一気に
スズメッキしてしまった方が楽だしコストの面でも良いのでそうしたいです。

スズメッキは200℃くらいの熱を与えると溶けてはがれるので、銀ろー付
(800℃になる)している時にはがれて、ロー付部に不純物が含まれてしまい、
しっかりロー付されないことを懸念しています

高速の回転体に使用するため、より慎重になっています。

ご教示いただけると幸いです。

Aベストアンサー

銅・銅合金同士なら銀ロウではなく銅ロウのほうが楽です。
銅ロウで全体を作って最後に全体に錫を塗るという作業になるでしょう。
 錫メッキをするとロウ付けは出来ません。というか錫が銅に拡散して表面が砲金になり錫の拡散度によって銅色~銀色~金色に変化します。
>スズメッキは200℃くらいの熱を与えると溶けてはがれるので、
 錫が溶けて銅に拡散--浸み込んでいきます。
 

Q甘酒

目のクマの改善に酒粕と米麹を使った甘酒がいいと聞きました。
ネットで探したところ沢山甘酒の商品はあるのですが、酒粕と米麹両方入ってる甘酒が見つかりませんでした。
どちらも入った商品を知ってる方、教えて下さい。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

酒粕を使った甘酒、米麹を使った甘酒は別々の物です。製法の違いです。
市販品ではどちらかになります。

http://www.marukura-amazake.jp/original14.html

そこで自分で作る両方を使った甘酒レシピです。

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1950005082/

でも、目のクマの改善として飲まれるのであれば、別々に飲んでも構わないと思いますよ。

Q1.0mm×0.5mmの金属があります。どのようにしたら銀か銅か分かりますか?

具体的にはマイクロスイッチの接点部分について
1.0mm×0.5mmの金属がはめ込んであります。
あまりに小さく、研磨していたら銀色か赤褐色どちらにも見えるため、
銀合金の接点を削りすぎて基盤の銅が出てきたのか、それとも銀合金なのか判別が尽きません。
何か、簡単に、銀合金か、銅かを判別する方法はない物でしょうか?
なお、マイクロスイッチについては大量にあるため、潰すことは可能です。

Aベストアンサー

No.3です。

そのような事情であれば、あとは自分ならこんなことを試してみたいですね。

・メーカーに電話して、事情を話して担当者の見解を伺う

藁にすがる思いでメーカーに電話してみたら、知ってる人なら一発で断言できる
話だったので即答された、という経験は何度かあります。
レアな相談事だと、担当者さんが盛り上がっちゃって却って真剣に調べて
くれたりもしますね。

・ルーペで拡大して、目視で何か手がかりがないか探してみる

Q甘酒(アスペラチン)、どこで買えばいい?

先日NHKラジオにて、甘酒に含まれるアスペラチンという物質が癌を抑制するのにとても効果的と知りました。今まで甘酒というとひな祭りに飲む甘いお酒というイメージしかなく、実は甘酒は夏の季語であり、江戸時代から体力を消耗して死亡者の多く出る夏に、体力増強剤として飲まれていたことを初めて知り、一度私もその恩恵にあやかりたいと思った次第です。

甘酒と言っても麹から作るものには砂糖などは一切加えられていないとのこと。酒といってもアルコール分もないことから、子供にも安心して飲ませられるのではと期待感が膨らんでいます。

そこで質問なのですが、甘酒はどこで購入するのがよいのでしょうか?ネットで検索すると、甘酒を造っているところがいくつか販売しているようです。近くの酒屋さんでも買えるのでしょうか?買ったことがないのでいまいちわかりません。

できたら純粋な甘酒(砂糖など加えてないもの)がほしいです。欲を言えばお値打ちならもっと嬉しいです。味も製品によってかなりばらつきがあるものでしょうか?アスペラチンの摂取を目的とした購入なので、その点はしっかりと抑えておきたいです。

どこかよい購入先があったらお勧めお願いします。

先日NHKラジオにて、甘酒に含まれるアスペラチンという物質が癌を抑制するのにとても効果的と知りました。今まで甘酒というとひな祭りに飲む甘いお酒というイメージしかなく、実は甘酒は夏の季語であり、江戸時代から体力を消耗して死亡者の多く出る夏に、体力増強剤として飲まれていたことを初めて知り、一度私もその恩恵にあやかりたいと思った次第です。

甘酒と言っても麹から作るものには砂糖などは一切加えられていないとのこと。酒といってもアルコール分もないことから、子供にも安心して飲ませられ...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考になるかどうかわかりませんが。

子供の頃、甘酒を家で作っていた記憶があります。
それだと米と麹だけで混ぜ物のない甘酒ができると思います。
温度調節が少々面倒ですが。
麹は通販などで購入できると思います。

レシピの掲載されているサイトを発見しました
http://www.isesou.co.jp/amazake/

もし売っているお店をお探しになるのなら
酒屋さんだけでなく味噌屋さんも探してみるといいかもしれません。
以前親類が味噌屋(製造元)をしていたのですが
そこでは甘酒も作っていましたので。
味噌も日本酒も米と麹を使うので一緒に甘酒も作っていることが多いと聞いたことがあります。

参考URL:http://www.isesou.co.jp/amazake/

Q銅イオンの消臭効果・除菌効果に関して

銅イオンが、消臭効果があるという商品がたくさんありますが、具体的にどのような過程を経て(どのような化学反応式?を経て)消臭されるのでしょうか?
確かに、効果が実感できる商品も多くありましたが、なんで?という疑問が浮かんで、気になってしまいます。
当方、あまり化学には詳しくありませんが・・・・・。
教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

銅イオンより銀イオンの商品の方が多い気がします。
基本的な効果は同じと思って差し支えないと思います。

銅・銀イオンには細菌の代謝を阻害する効果があります。
(要は酵素と金属イオンの兼ね合いになるのですが、詳しくない方はそういうものだと納得してください。一概に化学式で表せるものではないので)
これにより細菌が活動・繁殖できないため殺菌されて、悪臭を断つことができます。

あとこれはネットで見ただけなのですが、におい分子を酸化(水素結合をぶった切ると書いてあったような)・分解させることもできるようですね。

なお銀イオンは菌に対しては極微量で効果を発揮する反面、人体に取り込まれても塩素イオンなどと結びついて塩化銀などとして吸収されずに排出されるので無害…なはずです。

Q甘酒はなぜ酔わないのか?

甘酒をよく飲むのですが、なぜ甘酒は酔わないのか謎です。言葉にちゃんと「酒」が含まれているのに。

Aベストアンサー

ソフトドリンクとして販売されている甘酒は、アルコールの含有量が1%未満と微量ですので、飲んでも酔う事はめったにないでしょう。

酒粕から作る甘酒は、酒粕には約8%くらいのアルコールが含まれていますので、このまま食べればビールと同じくらいのアルコール含有量なので、確実に酔います。

ですが水で薄めて、砂糖やしょうがを入れて、火にかけて5分程度沸騰させれば、アルコールは殆ど飛んでしまいます。

だから酔わないのです。

Q靴に10円玉を入れると銅イオンが殺菌するといいますが、イオン化するので

靴に10円玉を入れると銅イオンが殺菌するといいますが、イオン化するのでしょうか?

少々湿った靴とはいえ、周りにあるのはほぼ空気ですよね?本当にイオン化するのでしょうか?マイナスイオンのように胡散臭い話と捉えたほうがいいですか?

Aベストアンサー

10円玉を試したことはありませんが,銅の繊維入りの靴下をはいたことがあります.
私は,足の裏に汗をかく体質だというのはあるかもしれませんが,足が薄く青くなりました.銅の色です (染料が落ちたのではないということ).私でなくても汗は意外に馬鹿にならない量かいているうえ,電解質やアミノ酸や有機酸のような錯形成するような成分を含んでいます.なので,銅表面の酸化物がある程度溶けるんでしょう.10円玉を醤油で磨くときれいになるのと同じ理屈で.
なので,イオン化はすると,経験に基づいて言えます.
ただし,銅イオン自体に一定の抗菌力があること自体は事実ですけど,実際の条件で抗菌力としてどのレベルになるかまでは知りませんが.

Q甘酒から何かできませんか?

酒粕から甘酒を作ったのですが、飲む気がしません。甘酒から何か他のものが作れませんか?

Aベストアンサー

甘酒アイスなんかいかがでしょう
甘酒は裏漉しをして(メンド臭ければそのままでも良いですよ)8分立てのクリームと合わせ、普通のアイスクリームのように凍らせます

普通のアイスクリームよりさっぱりしてなかなかオツな味わいです

Q銅の殺菌と安全性についての質問です。

銅の殺菌と安全性についての質問です。

ベトナムに住んでいるのですが、海外の水道は汚いです。
汚いといってもどのように汚いのかは成分はよくわからないです。

家の蛇口にフィルターを付けているのですが、一晩放置すると
雑菌が繁殖をするのか?きもちわるいほど茶色になります。
もちろん使用時もうっすらと茶色です。
また、匂いもちょっとくさいです。(塩素ではない匂いです。)

昨日、インターネットで銅は95%の殺菌力があると知りました。
10円玉(純度95%Wiki情報)を蛇口に付けているフィルターにいれたら
また、水を濾過して貯めるある容器に入れておいてはどうかとも思いました。

そこで気になるのは銅の安全性です。

銅について調べたところ、錆びの緑青は無害とのこと
(小さいころの記憶では有害と聞いていましたがそれは嘘らしい)

銅イオンは健康には必要ですが、過剰な摂取は健康を害すると聞きました。

蛇口のフィルターに銅(10円だま)を入れること、
体に入る水に長期間10円だまを浸しておくことは、
健康上よくないでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>きもちわるいほど茶色になります。
さすがに、どこの国水道水でも1番で目に見えるくらいの細菌が
存在する水を配水しているところは無いでしょう。
細菌の繁殖ではなくて、水道水中の泥などの成分だと思います。
浄水場で沈殿させきれていないのでしょう。

>インターネットで銅は95%の殺菌力がある
銀や銅などの重金属イオンには殺菌力があります。
しかし、これは濃度によって変わります。
95%という数字がどれくらいの濃度のときに示される数字かわかりません。
また、10円玉1個くらいで出る数字とは思えません。

>気になるのは銅の安全性
緑青を含めて、銅イオンは微少ですが有害です。
書いておられるように、銅は人間の必須元素ではありますが、過剰の摂取は
有害とないます。
しかし、10円玉を1年間水に入れても目に見える質量変化は無いことから
わかるように、溶け出す銅イオンはごく微量です。従って、ほとんど悪影響は
無いと考えられる反面、殺菌効果も多くは期待できません。

まず考えられるのは、ろ過した後、煮沸すれば安全だと思います。
また、泥などの除去についてはト○ビーノなどの中空糸膜を利用した製品が
高度なろ過能力を持ちます。ただし、日本では6ヶ月使えるものが、極端に
寿命が短くなってしますでしょう。
安くすませるならば、活性炭によるろ過です。これえ、泥の成分や臭いが
90%以上除去できると思います。これもまた、状態の悪い水ではすぐにダメに
なりあmすが、単価が安いので煩雑に取り替えても安くあがります。

>きもちわるいほど茶色になります。
さすがに、どこの国水道水でも1番で目に見えるくらいの細菌が
存在する水を配水しているところは無いでしょう。
細菌の繁殖ではなくて、水道水中の泥などの成分だと思います。
浄水場で沈殿させきれていないのでしょう。

>インターネットで銅は95%の殺菌力がある
銀や銅などの重金属イオンには殺菌力があります。
しかし、これは濃度によって変わります。
95%という数字がどれくらいの濃度のときに示される数字かわかりません。
また、10円玉1個くらいで出る数字...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報