プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本語を勉強中の中国人です。ローマ字表記についてお伺いいたします。ネットによりますと、ヘボン式と訓令式に分けられているそうです。「o」、「oh」、「ou」はそれぞれ何式でしょうか。一つ多くなったようです。

また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それもご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 皆さん、早速ご回答ありがとうございます。勘違いしてしまったようです。もう少し勉強させていただきます。ありがとうございました。

      補足日時:2020/03/18 23:15

A 回答 (7件)

No.1では、し、 ち、 つ、 ふ、じ について書きましたが、次の書き方もヘボン式と訓令式で異なります。



しゃ しゅ しょ
ちゃ ちゅ ちょ
じゃ じゅ じょ

ヘボン式
sha shu sho
cha chu cho
ja ju jo

訓令式
sya syu syo
tya tyu tyo
zya zyu zyo



本来、日本語をローマ字でどのように書き表すかは、本来英語とは関係ありません。
しかし、大抵の日本人は、英語のつづりに接しているうちに、英語風の書き方(ヘボン式に近い書き方)が自然だと感じられてきます。
ところが英語というのは長音と短音の違いをあまり意識しない(長音と短音の違いがつづりに明確には反映されない)言語です。
そうするうちに、大抵の日本人は、ローマ字で書くときに、長音をどのように書くかはよくわからなくなってきます。



長音表記について:
訓令式では ô のようにoの上に山形( ^ サーカムフレックス)を書くように決まっているようです。しかし、 社長 を syatyō と書く(oの上に横棒)のは訓令式では間違えかという議論はあまり意味がないと感じます。


ともかく、ヘボン式と訓令式の違いは、長音の表記法の違いではありません。
    • good
    • 1

ローマ字の長音表記に関してははっきりした決まりは無いようです。


少なくとも 東京 は Tokyo と書かれます。Tohkyoh や Toukyou は見たことがありません。
    • good
    • 0

ご質問者さまはパスポート発行のときのことなどをイメージされているのでしょうか。


パスポート発行の際の氏名は、ヘボン式と言われています。
その中で近年特別に許されたのがTaroh Tarouだということです。(たろうの場合)
これはヘボンや訓令式とは関係ありません。(あえて言えば、非ヘボン式などとよばれているようです)
    • good
    • 0

Taro・・ヘボン式 と書いてしまいましたが、正確にいうとちがいますね。

どちらでもないと思います。
    • good
    • 0

たぶんご質問者様はこういうことが聞きたいのでは。



太郎(たろう)の場合

Tarô・・訓令式
Tarō・・ヘボン式

Taro・・ヘボン式
Taroh どちらでもない
Tarou どちらでもない

ーーーーーーーーーーーーーーー
不自然な表現はありませんが
「一つ多くなったようです。」が??です。
日本語は間違っていませんが、何が多くなったのか?
「〇〇が一つ増えたようです」など。
    • good
    • 1

「お」ならばヘボン式、訓令式どちらでもoです。


「おー」ならばヘボン式ではoまたはohです。訓令式ではoの上に横棒を書きます。
ouは「お・う」でヘボン式、訓令式どちらもおなじ。
ただし「さとう」、「きょうと」など発音は「おー」ですが表記は「おう」になる言葉に対して使うことがありますが誤用です。
    • good
    • 0

ヘボン式と訓令式の違いは、次の発音の子音をどのように書くかということにあります。



     し、 ち、 つ、 ふ、じ
ヘボン式:shi、chi、tsu、fu、ji
訓令式 : si、 ti、 tu、 hu、zi

従って、長音をどのように書き表すかがヘボン式と訓令式の違いではありません。


>「o」、「oh」、「ou」はそれぞれ何式でしょうか。

「オー」という発音をどのように書くか、という質問だと思われますが、ヘボン式と訓令式の違いとは関係がないため、答えられません。

強いて言うなら、「o」や「oh」はヘボン式を好む人が使いそうな表記だと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング