痔になりやすい生活習慣とは?

サラリーマンの副業について
サラリーマンが自分で作った会社の取締役となり役員報酬や株式配当を得た場合、副業に該当しますか?
給与所得じゃないので該当しないと考えてます。

質問者からの補足コメント

  • では、取締役を別の人間に据えて株式を100%保有します。
    役員報酬ではなく株式配当を得る場合は問題ないという事でしょうか。
    理屈はFXや株式投資と同じですよね

      補足日時:2020/03/20 15:19

A 回答 (4件)

副業については、別に確定申告すれば問題ないですよ。


サラリーマンでも公務員でも株や土地で利益を得ている人はたくさんいますからね。
自分がつくった会社なら、個人事業主ですよね。
これは、公務員は駄目です。サラリーマンは勤め先が認めれば、大丈夫でしょう。
    • good
    • 0

副業と給与所得はまったく関係がありません。

副業=(本業以外の)営業 です。営業とは営利を目的として業務を行うことで、「自分で作った会社の取締役となり役員報酬や株式配当を得る」ことは、いちばん厳しく禁じる副業にあたると見られます。
    • good
    • 1

あなたは「副業」の定義をどう考えていますか。


副業の言葉に法令類で裏付けされた定義などありませんから、個々人がどう考えるかです。

人によっては副業に該当すると考えることもあれば、あなたのように該当しないと考えることもあるでしよう。

ところで、何のためにこんなことをお聞きですか。
もし、会社の副業禁止規定に反するのかどうかを気にしているのなら、上記理由により会社に確認するよりほかありません。

それともあなたは、
「ネットで聞いたら該当しないと教えられた。だから違反ではない。」
と強弁するつもりですか。
そんなの通りませんよ。
    • good
    • 0

副業でしょう。


給与所得でなくても、大家さんや農業、実家の店をやっている人は副業をやっているということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報