柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

今はリスクオフのドル高(と思ってます)。コロナが収束してリスクオンになったらドルは更に高くなるのでしょうか?それともドル余りとかで安くなるのでしょうか?

A 回答 (3件)

これまでは、リスクオフの円高でした。


それどころでなく、世界的なコロナショックで、
一切の投資から手を引いて、現金化に進んでいる
のが今の状況です。

一番の象徴が国債などの債券の動きです。
株価の下げによって、国債などの債券価格が上がるのが、
普通ですが、債券をも売却して、現金化し、難を逃れる
(リスクオフの動き)ことになっているのです。

感覚的には、コロナ騒ぎが収まり、金融不安も解消されて
くれば、まず進むのは円高でしょう。
現状では、円高、ドル高で、世界の流通量が圧倒的に多い
ドルが最後の頼みの綱となって円よりも買われたために、
ドル高に傾いているわけです。

経済が回りだせば、まずは円やユーロの買い戻しが入るでしょう。
つまり、ドル売りが進むのが先だと思います。
新型コロナの不安が解消
→各国の金融不安が解消
→その上で各国の株式市場の回復
ここまで来たら『リスクオン』
と言えるでしょう。

ドル安は、金融不安の解消のタイミングで
トランプの強気発言が復活すれば、始まるでしょう。
いつのことになるか?
少なくとも、オリンピックの前ですかね。A^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすい内容でした。
参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/03/21 02:03

金(ゴールド)は有事に強いと言われていますが、コロナショックで現金化されており、国際基軸通貨であるドル買いを進める動きはまさにリスクオフと考えられます。


ただ、ドルコスト平均法になぞらえて、いくら買われようが売られようが関係なく積み立てる考えがトータルリターンでプラスとなるという考え方もあります。
円安とか円高とかは直近価格を中心に考えられ、変動すれば又そこから高安を評価するもので、実はいくらがドル安でドル高かが決まっていないので、何とも言えないのが本来です。
ただ、投資家や為替に触れる輸出企業は自らがどれだけ利益が出るか損失を被るかで評価し、あくまでも取得価格や仕入れ価格などを中心に考えますので、勝手な理論となるのです。
車なんかは円安となると輸出量が増え、商いとしては増えますが、利益が逆に減り、それに伴い部品サプライヤーなんかには値引きを申し立て、実質的な薄利多売となるので、大企業は自分さえよければサプライヤーを泣かせても良いという理屈が立ち、数万点の構成部品があり、子会社孫会社までの下請け企業は苦しいのが現実です。
投資なんて所詮、個人の判断によるものですが、何らかの不安があると、それまで儲けていたはずの人が、アタフタして一気に売りに転じて市場があれるという典型的な反応となるのですが、投資は力一杯しなければ市場に左右されることなくホールドしてインカムだけを受け、客観的に物事をとらえればよい結果が出るという理由にもなります。
投資の結果は誰にもわかりませんし、専門家という人ほど予想を外し、また責任を負いません。
このようなところでの意見もその一つであり、参考にされる程度で、あくまでもご自身の判断でお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あくまでも自身の判断で
肝に銘じておきます。

お礼日時:2020/03/21 02:02

> コロナが収束してリスクオン


この場合は、リスクオフでは?

米ドルの上下を見るならば、対円ではなく、対各国通貨を見るべきです。
今の米ドル高(対円)は、米の対策発表により米ドルの信用が回復した(リスクオフ)、
逆に見れば円が下がった(元に戻った)、と言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
>この場合は、リスクオフでは?
どうなんでしょう?投資家が再び米国株を買い始める状況を言ったつもりだったのですが・・・
>対円ではなく、対各国通貨を見るべきです
今まで疎かにしていました。これからそうします。ありがとうございました。

お礼日時:2020/03/20 19:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報