人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

貧しかったり、訳ありな環境を脱出するために、
風俗や水商売で金を稼いで、幸せになったひと!(幸せと思える環境を手に入れた時期もある人)

どんな努力をして、幸せになったか教えて貰えませんか?

底辺は、頑張ってもそのまま。一瞬幸せを手に入れても、また足を引っ張られて這い上がれない。
そんな気がするので、幸せ話を聞かせてください。

A 回答 (4件)

これといって他者の応援も得られない人間が行き詰まったときに頼りになるのがお金です。

そういう孤独なときにお金がなければ気持ちも安定しません。絶えず緊張の中で日々を送ることになります。そういう日々の中からは何も生まれません。つまり、前向きな考えが浮かんでも消えてしまいます。

何かの事情でどうしてもお金が必要なら、お金を貯める目的で風俗でも何でも構わないので仕事をしてお金を貯めることです。一生懸命お金を貯めることに徹すればそこから見える世の中の景色も違ってきます。当初は金、金で客をみればお金に見えるくらい仕事に徹していても、ある程度貯まると最初とは違う価値観を抱くようになるものです。

底辺は頑張ってもそのまま。と、いう認識の人は自分の考えをもてない人です。大げさに言うと人生設計が出来ない人です。自らを捨てる覚悟で風俗の仕事に就いたものの喉元過ぎれば、という感じで稼いだお金をつまらないところに使ったりする人です。

私が過去に知った風俗嬢(ソープ)は、キッチリ目標のお金を貯めて新たな仕事を始めた人と、稼いだお金を無計画に飲食とかファッション、更に男に使って数年後にはその日暮らしになった両方のタイプの女性を知っています。最初の計画どおりにお金を貯めた女性(3年間で3,000万円)は、色々な誘惑に負けそうになると私に相談していました。私は部外者ですが意見をストレートに言うので、私のひと言は心臓がドキッとするときがある。しかし、その時の意見は参考になる。と、言っていました。その人は風俗を抜けてブティックの店を出しました。

もう1人の女性は、明るくて楽しいしお酒も強く気持ちのいい女性なのですが、兎に角だらしがないのです。お酒のせいもあるかも知れませんが計画性もないのです。前記の女性と比べると月とすっぽんくらいの差を感じました。2人が風俗の世界に入ったのは、それまで勤めていたクラブの客のツケを支払うためだと聞いていました。それ以上のことは聞きもしませんでした。私は、女性に頼まれて他の店のナンバーワンの嬢のサービスを始めサービスの手順、客への接し方、会話の持って行き方、等々の情報を集めて女性に提供していました。もちろんサービスの特訓もしました。

お尋ねのように、最初から諦めとかどうしようもない、という考えですとどの様な仕事についてもうまく行きません。そういう人はどこに行っても底辺で生きていくようになります。要は心意気です。世の中には秩序とかルールがある様に、これは個人にもあります。個人の秩序、つまりどの様に生きるのかの考えと、その考えたことを行動に移すという秩序です。これらが出来ないと流されるのです。流されると言うよりも、妥協してしまうのです。まぁ、いいか。と、言う感じでです。これが癖になると挫折が待っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実例を出してくれてありがとうございます。
他人の借金で風俗で働くくらいなら、自己破産した方がマシですね。。

お礼日時:2020/04/01 20:28

お金=幸福ではありません。


金は生きていくだけ稼げば十分のはず。
幸せか否かは自己の満足度(充実度)の問題です。
日々の生活が充実していれば、生活の為の安定収入があれば満足でしょう。
這い上がるためには、日々の勉強と学習と定職(平均以上の収入)は必要ですから。
頭と気力を使うか?体力を使うか?
貧乏人が簡単に高収入を得られる職業は、ありません。
もしあるとしたら、大きな犠牲を払う必要がある職業でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう言うきれい事が言える環境で暮らす人の話には重みを感じないな。。
あなたは知らないんですよ。貧しいとはどう言うものかを

お礼日時:2020/03/25 15:52

しあわせというものがどこかにあって、誰かがくれるものだと思わないことです。


しあわせは決してお金で買えるものではないのです。

風俗を止められない理由のひとつがその「お金」という麻薬です。
お客が付けば短時間で大金を稼げます。時給数百円のパートなんて馬鹿らしくてやってられなくなります。
働いて頂くお金の「大切さ」を失ってしまうのです。

もうひとつはあの世界独特の「温もり」。これが一番厄介なのかもしれません。
金魚鉢の金魚は、狭い世界から助けてあげたくて外に出すと息が出来なくて死んでしまうのです。
苦しくて苦しくて、みんな何度も金魚鉢に戻ります。
いつでも歓迎してくれる場所ですが、戻るたびに老い、すり減っていきます。

外で生きられるうちに、そこを早く出ることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。聞きたかったのは、そこから抜け出して幸せをつかんだ人の話なんです。。すみません

お礼日時:2020/03/25 15:49

風俗で、働いて、幸せになった人は、いないと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

高給が常識になって、昼の仕事以外がし辛くなるとか、メンタルがボロボロになると言いますよね。
けど、奨学金を返させるような海外では有り得ない制度を利用する人はあるかな。。と思いました。

お礼日時:2020/03/21 06:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報