ライティングソフトにB'sRecorder GOLDを使っています、説明書によると、サンプリングレート44,1kHz、16bitステレオWAVE およびAIFFファイル MP3データ CD-DA規格のデータがオーディオCD作成に使えるデータらしいのですが、一体上の4つの音質はどの順に音質が良いのでしょう、また一般のオーディオCDの音質と比べるとどの程度音質の低下と、データ圧縮が出来るのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音質は、基本的にサンプリングレート、ビット数、


データ圧縮の方式で決まります。

WAVEでもAIFFでも44.1KHz,16bitステレオならば
音質は同一です。
また、CD-DA規格のデータとはオーディオCDの中身
その物のフォーマットのことで、やはり44.1KHz,
16bitステレオで無圧縮です。

よって、三つとも原理的には同じ音質です。
後はそのデータをどうやって作ったかによりますが、
同じ方法で作ったのなら同じです。

MP3はデータの圧縮に非可逆の方式を使っていますので,
完全に元のデータを再現できませんので、音質が
低下します。
これのみ他の三つより劣ります。

一般のオーディオCDはCD-DAなので原理的には音質は
同じはずですが、オーディオCDは読み取りエラーに
対する訂正が甘いので、読み取りエラーにより音質が
劣化する可能性があります。
これにたいしてデジタルのまま記録し,強力なエラー
訂正をしているCD-ROMのファイルの場合はデータが
変化しませんので、読み取りエラーによる音質の
劣化はありません。(エラーがひどい時は全く読めません)

ただ、CD-ROMにした場合はエラー訂正のために
余分なデータを入れますので,実質的な容量は
オーディオCDよりも小さくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CD-DA、WAVE、AIFFは作り方が同じなら音質に差はない・・そうですかこの場合気にするのはエラーの方になりそうですね、今回は音データのサイズは大きくてもかまわないのでWAVEにしようとおもいます、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 23:51

CD-DA>wav=AIFF>MP3でしょうかね。

(AIFFは使ったことなので・・m(__)m)

CD-DAは音楽CDに記録されている方式でコレが基本になります。

WAVはWindowsで使用されている基本的な音声ファイル形式でパソコン上で
『データ』として取り扱える形式に「CD-DA」を変換したものです。
(吸い出したモノとも言います。)

AIFFはMacやUNIXで使用されている基本的な音声ファイル形式なのでWAVと同等だと思います。

WAVやAIFFを圧縮変換したのがMP3です。データーの大きさはWAVの約1/10です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

AIFFはMac,UNIXですか・・OSが変わると形式も変わる、うーんややこしいですね、
パソコン上でデータとして取り扱える形式に「CD-DA」を変換したもの<成る程凄くわかりやすかったです。
ありがとうございました

お礼日時:2001/08/07 23:56

WAVEファイルとAIFFファイルは、同じサンプリングレート、同じ16bitであれば、同じです。


まぁ、両者は単にフォーマットが違うだけです。

CD-DA規格については、音楽CDと同じ規格です。
普通は、2チャンネルステレオ、44,1khzで入っていますので、これはちょうど、WAVEやAIFFの44.1khz,16bitステレオに相当します。

MP3は段違いに、音がおちます。
無圧縮(44.1khz,16bit)のWAVEファイルは1400KBPS程度、
一方MP3は普通は128KBPS程度。
(KBPSは1秒当たりの「音」を記録するのに使っているファイルサイズです)

当然、それだけ小さいのですから、音質は犠牲になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですかAIFFはフォーマットの違いだけですか、説明書には当たり前の様に書いていたので凄く気になっていました、WAVEやAIFFにする場合は音質の劣化は気にしなくていいみたいですね(HDDの容量は気になりますが・・・・)、1400kbpsと128kbpsここまで差があると音は悪いでしょうね、いくら人の聞えない音を削っているといっても・・、ありがとうございました、参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/08/07 23:43

サンプリングレート44,1kHz、16bitステレオWAVEだと音質の劣化はありません。

AIFFファイルとCD-DA規格についてはわからないです(T_T)あとMP3だとbbsを指定できると思うんですが。この値が大きいほどデータサイズは大きくなり音質が良くなります。 たしか128kbbsでCD(サンプリングレート44,1kHz、16bitステレオ)の1/10のサイズになったはずです。音質の低下はそんなにないと思いますが当然サンプリングレート44,1kHz、16bitステレオWAVEのほうが音質はいいです
サンプリングレート44,1kHz、16bitステレオWAVEでもアナログで音を取り込む際にノイズが入ったりするときがあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MP3だとデータ量のために音質を犠牲にしてしまいそうですね、WAVEでもアナログならノイズのせいで音質が下がっちゃいますか・・音源も重要ですね、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QitunesでCD→AAC→AIFF→AAC→AIFF→AACを繰り返したら…

皆様

宜しくお願いします。
CDからitunesに取り込んでAACにした後、またAIFF→AAC→AIFF→AAC
といった様に繰り返した場合、音質は悪くなっていくのでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

理論上は悪くなります。
でも、貴方の耳で聞いて悪いと感じなければ、それまでの話しです。
「論より証拠」なので、実際に試してください。

QCD音声サンプリングレート(折り返しノイズ/アップサンプリング及びそのソフト)

PCをトランスポータとして使用したいと考えています。

Wavデータアップサンプリングと折り返しノイズを調べていく内に疑問がわいてきたのでご教示下さい。
1,まずCDの音声は44.1khzで標本化されています
2,44.1khzをそのままDACを行い、再生を行うと折り返しノイズが発生します
3,なのでDAンバータ側で20Khz以上(人間の非可聴領域)をローパスフィルターでカットします。

ここまで理解は正しいでしょうか。
ここで、アップサンプリング機能が付いたソフト(SoundEngineやリアルタイムでfrieve audio)でWAVデータを88.2khzにアップサンプリングします。
ここで質問です
Q1、アップサンプリングにて増えた情報の標本値は何になるのでしょう。0でしょうか。それとも前回のサンプル値そのままでしょうか。それとも閾値を使用するのでしょうか(音楽なので3番目は有り得なそうですが・・)
Q2,88.2khzまで周波数が増えたのだから、ナイキスト周波数は44.1khzとなり、折り返しノイズを44.1khz以上にすっ飛ばせそうですがこの認識は正しいでしょうか。

Q3。結局は「折り返しノイズ分を再生するようDACを騙してるだけ」という気がするので、なにやらアップサンプリング自体意味が無い気がします(^^;が、私のスピーカは22Khzまで再生可能なので20~22khzを再生してくれるようアップサンプリングを使いたい気分でもあります。

ちなみにQ4,コードのDac64に代表されるような「オーバーサンプリング」はまた別の話で、標本化された値を正しく読みとる機能という認識で正しいでしょうか。

ちなみに音質は「変わったような気がする、いやさ変わってないかも」程度ですが、アップサンプリングの理論を抑えておきたい所存です。
よろしくお願い致します。

PCをトランスポータとして使用したいと考えています。

Wavデータアップサンプリングと折り返しノイズを調べていく内に疑問がわいてきたのでご教示下さい。
1,まずCDの音声は44.1khzで標本化されています
2,44.1khzをそのままDACを行い、再生を行うと折り返しノイズが発生します
3,なのでDAンバータ側で20Khz以上(人間の非可聴領域)をローパスフィルターでカットします。

ここまで理解は正しいでしょうか。
ここで、アップサンプリング機能が付いたソフト(SoundEngineやリアルタイム...続きを読む

Aベストアンサー

補足です。
1)折り返しノイズ
折り返しひずみのことだとすると、少し意味が違います。
ナイキスト周波数を超える周波数成分があると、サンプリング
した後、これらの成分が、ナイキスト周波数以下に現れることを
言います。
DA変換の後でナイキスト周波数以上の周波数成分が存在
することをいうわけではありません。
2)サンプリングされた信号の周波数特性は、必ず周期的に
なります。このことは、ナイキスト周波数以上の成分が存在
することになります。これをカットするのが、再構成フィルタ
です。
3)アパーチャ効果
DA変換器においては、次のディジタル値が与えられるまで、出力
値は保持されます。これは、瞬時的な信号がサンプリング周期に
相当する時間幅を持つ信号に変換されることを意味します。
この変換の周波数特性は、ナイキスト周波数において、3dB程度
減衰する低域通過特性となります。これをアパーチャ効果といいます。
これを避けるためにもオーバーサンプリングが必要です。
CDが出た当時は、高級なものでも、2倍オーバーサンプリングでした。

補足です。
1)折り返しノイズ
折り返しひずみのことだとすると、少し意味が違います。
ナイキスト周波数を超える周波数成分があると、サンプリング
した後、これらの成分が、ナイキスト周波数以下に現れることを
言います。
DA変換の後でナイキスト周波数以上の周波数成分が存在
することをいうわけではありません。
2)サンプリングされた信号の周波数特性は、必ず周期的に
なります。このことは、ナイキスト周波数以上の成分が存在
することになります。これをカットするのが、再構成フィルタ
...続きを読む

QCDのサンプリング周波数は44.1kHzですが、実際のサンプリング回数は1秒に何回?

私は単純に「44.1kHzなのだから、1秒に44,100回でしょ」と思っていました。

でも、記録できる最大の周波数20kHzを再現するには、もっと多くのサンプリング回数が必要だと思うのです。

例えば、
1秒間に2Hzのサイン波の波形を思い浮かべてください。(ゼロから上行って戻って下行って戻って×2回分)
これを「2Hzだから、2倍の4Hzでサンプリングすれば波形が再現できる」と考えて「4回」のサンプリングとしてみます。
1個のサイン波を再現するには少なくとも4点必要じゃないですか?すると2Hzだと、少なくとも「8回」は必要なのじゃないでしょうか。

なので、44.1kHzと表現される「サンプリング周波数」が示しているのは、実は2倍の88,200回/秒なのではないかが疑問になりました。
実際、どうなのでしょう。

SACDの話は要りません。普通のCDの規格についての質問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa19881.html

>44.1kHzなのだから、1秒に44,100回
であり、記録できる周波数が約20kHzだって事です。

Qオーディオの音質確認用CD

オーディオ設計者自身が設計・開発したあるいは個人が保有するオーディオの音質を評価をするのに使用(試聴?)されるCDがあると聞きました。例えば「ドナルドフェイゲン  ナイトフライ 」というCD盤がその内の1枚だそうです。こういった評価を受けている(演奏や録音がCD盤として優れている)CD盤には他にどのようなCD盤があるのでしょうか?いくつか紹介いただけると嬉しいです。特にクラシックで「これだっ!」っていうものをいくつか紹介ください。また、クラシック以外でも「これは必聴!」というものもあればお願いします。入手可能なものを希望いたします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

オーディオ機器は科学技術を元にした工業製品です。
このため、様々なテスト信号で測定し、その結果を評価する面と、実際に音楽を再生して聴いた時の芸術的評価が有りますね。

そのため、芸術的に良い演奏が、作為的な録音環境では無い正しい録音の物を評価基準とする行為は、昔のアナログレコードの時代から言われています。

しかし、聴く人の感性も大きく影響しますので、とりあえず、好みの音楽ジャンル、その中で良い演奏で、録音状態の良い物を基準とする考えがあります。

あくまで、比較試聴する人個人のリファレンス盤です。

ほんとに人それぞれですから、今でもSP版のフルトベングラーをリファレンスにされている方も居ますし、CDが搭乗前のオーディオ全盛期にはLPで記録出来ないはずの溝が切られた大砲の音が入った曲(チャイコフスキーでしたけ?)も有名だったそうです(一般家庭ではほぼ再生不能で、オーディオファンでも半数が針飛びで悩まされたとか、、)

オーケストラ物でしたら、SACDが登場した頃のフィリップス系が行ったワンポイントマルチ録音が収録としては今でも逸品でしょう。

個人的に演奏曲が好みじゃなかったので入手してませんが、、、

個人的にはクラシックもジャズもアニソンも好きです。
クラシック系でリファレンスにしているのは、基本的にライブ録音が多いですよ。今でもバーンスタインのショスターコービッチの革命とか(古い、、爆笑)
中学生の頃に録音した吹奏楽部の演奏とか(これも、かなり古いカセットですが、今はCD-Rです)

クラシック曲でもジャズでも、好きな曲の中から優秀な録音物を探して、同じ嗜好の方々とオーディオ談義した方が結う様な情報が得られて、仲間も増えるかと思いますがいかがでしょうか?

個人の趣味の世界ですから、同好の志に巡り会った方がシアワセですよ♪
(私は運良く、演奏側のいろんな人や、単に機械好きの人、スピーカー自作で機械加工好きの人等、周囲の方々にも恵まれていますよ~ん。)

はじめまして♪

オーディオ機器は科学技術を元にした工業製品です。
このため、様々なテスト信号で測定し、その結果を評価する面と、実際に音楽を再生して聴いた時の芸術的評価が有りますね。

そのため、芸術的に良い演奏が、作為的な録音環境では無い正しい録音の物を評価基準とする行為は、昔のアナログレコードの時代から言われています。

しかし、聴く人の感性も大きく影響しますので、とりあえず、好みの音楽ジャンル、その中で良い演奏で、録音状態の良い物を基準とする考えがあります。

あくまで、比較...続きを読む

QWAV = AIFF > ロスレス(音質です)2w

はi-tunesでCDに焼いても再生はダメなんですよね?(普通のオーディオたとえばミニコンポなど)

Aベストアンサー

>あとAACが一般的なのは何故ですか?
 MP3はビデオ圧縮規格の中の音声部分です、正式には,MPEG-1 Audio Layer-3 です。
 特許の使用料を払いたくないので、WMA,AAC などの音声圧縮技術を開発したようです。
 その辺の詳細は検索するとヒットしますので、そちらで御確認を・・・
>インポートは何を選んでもCDに焼いてしまえば音質は変わらないのでしょうか?
 音声圧縮とは、音声の周波数を間引きした物です、当然、音質は劣化してます。
 MP3プレーヤなどの音楽携帯機器と付属のイヤフォーンで聴いた場合、音楽的には
 楽しめるといったレベルの代物です。

間引きしたのは元には戻りません、iTunes で圧縮音源をオーディオCDにしても、
それらは、他の機器で再生出来ますと言うだけの物で、劣化した音質です。

CD-Rが安くなってますので、WAVE(無圧縮)と圧縮音源の違いは、実際に
書き込んでみて、御自身の耳で確かめられるのが、一番かと・・・
 


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報