忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

私の夫は去年の初夏より急性リンパ性白血病を発症し、今も抗がん剤治療中です。
主治医からも今年の春には退院が出来ると言うことで喜んでいたのですが、去年の末から首のリンパ節が腫れだしました。正月休みを挟んで近々生体検査のために患部を切開する予定なのですが、抗がん剤治療をしていたにもかかわらず、再発と言うか、病状が悪化することなんてありえるのでしょうか??
しかも退院の予定まで立っていたのに・・・。
只のリンパ節の病気なら問題無いらしいのですが、白血病が元の腫れであれば治療は困難だそうで・・・。
そうであれば移植しか治療法が無くなってしまうのですが、残念ながらフルマッチするドナーがいないのです。
はっきり言ってやり切れません。辛すぎます・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

残念ながら治療途中で再燃(悪化)する事はありえます。

抗がん剤は奇跡の万能薬ではないので。ちなみに抗がん剤について、どのぐらい主治医から説明を受けていますか?抗がん剤を使用すると、免疫力も低下するので、カゼをひきやすくなります。ただのカゼによるリンパ節腫脹であればいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有難う御座います。
実は年末にPET検査をやっていて、その時に既にリンパ節は腫れて痛みもあったのですが、異常は見られなかったようです。
抗がん剤の説明はやはり副作用についてはちゃんと伺ってます。
只、一番初め白血病が発覚した時、真っ先に腫れ出したのが今腫れているリンパ節の丁度反対側の場所だったので、不安でどうしようもなくて・・・。

風邪だったら良いんですけどね。

お礼日時:2005/01/06 22:22

こんにちは。


そういう場合、「再発」ではなく「再燃」と言う事が多いと思いますが、ない話ではありません。

ただ、今の時期、風邪なども大変はやっていますので、生検での組織診断は絶対不可欠でしょうね。

少しでもよい結果が出る事をお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有難う御座います。
実は年末にPET検査をやっていて、その時に既にリンパ節は腫れて痛みもあったのですが、異常は見られなかったようです。

風邪やその他の病気であることを祈るのみです。

お礼日時:2005/01/06 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急性骨髄性白血病になり、今後が不安です・・・。

先月、急性骨髄性白血病になりました。型はM5という型です。染色体には異常はありませんでした。
私は現在21歳の学生でまだ独身ですが、将来的には子どもが大好きなので出産したいと強く願っていました。
今の状況は抗がん剤の1クール目が終わり、白血球が上がるのを無菌室で待っているところです。
抗がん剤の治療だけでうまくいけばいいのですが、うまくいかなかった場合は骨髄移植と医師に言われました。
また、うまく治療が進んだとしても退院後、再発した場合は抗がん剤が効かないので移植しかないそうです。
移植となると強い放射線を浴びるため妊娠は3%以下とほぼ不可能に近いと言われました。人工授精となるらしく、卵巣を冷凍保存する方法になるそうです。
突然の事をあっさりと告げられて、未だに状況が信じられません・・・。放射線の知識も乏しい私なのですが、3%以下というと諦めたほうがいいということなのでしょうか?
そして、この病気で再発しない人、する人に傾向などはあるんでしょうか?(年齢や生活習慣など)
再発しないで5年経つと完治らしいのですが、それまで再発を恐れながら暮らさなければならないと思うと生きた心地がしないんじゃないかと今から思ってしまいます・・・。

動揺していて文章が読みにくかったらすみません。

先月、急性骨髄性白血病になりました。型はM5という型です。染色体には異常はありませんでした。
私は現在21歳の学生でまだ独身ですが、将来的には子どもが大好きなので出産したいと強く願っていました。
今の状況は抗がん剤の1クール目が終わり、白血球が上がるのを無菌室で待っているところです。
抗がん剤の治療だけでうまくいけばいいのですが、うまくいかなかった場合は骨髄移植と医師に言われました。
また、うまく治療が進んだとしても退院後、再発した場合は抗がん剤が効かないので移植しかないそう...続きを読む

Aベストアンサー

私は33歳、既婚、男でM2、染色体異常あり今年の6月発症、現在はさい帯血移植が終り回復待ち中です。マルクのたびに再発を告げられるのではないかとドキドキしています。
私の場合は抗がん剤がまったく聞かず、寛解導入2回失敗後、さい帯血移植を行いました。放射線3グレイ4日間、大量キロサイドなどの抗がん剤治療2日間の後、さい帯血で26日ころ生着、現在はday61日目です。先週のマルクでは特に再発などの兆候はナシとのことです。

妊娠出産ですがどの看護婦さん、先生に聞いても悲観的な答えしか帰ってきません。私は既に子供がいますので問題になりませんでしたがやはり若いコ達は精子や卵子の冷凍保存をしているようです。また、看護婦さんに釘を刺されたのですが万一、妊娠しても放射線の影響があるので出産はしないように言われています。正確な話か未確認ですが子供のことですから、間違いがあっては困りますので私はもし、妊娠しても出産はしません。
結論から言うと卵子の保存は希望をつなぐ唯一の方法のようですから経済的余裕があればお勧めします。ただ、夢を実現する確実な方法ではないようですね。

病気の再発するしない…コレばかりは何とも言えないようです。
ただ、抗がん剤治療のみ5年生存率30%ですよね。結局、移植は避けられないような気もします。ならば、早めに移植を選択するのも手ですよね。でも、寛解導入で病状が安定すれば3~4クールで半年くらい時間が出来るでしょうからじっくり考えるのがいいですね。
看護婦さんの話では2年が峠と言ってました。2年、何もなければ マズ第一関門突破。次が5年。
いい加減なこと言えませんが、私はこの後マイロターグと言う治療をするかしないか?先生はしたいような雰囲気です。移植が終ったからもう、退院のことを考えればいいと思ったら大違いです。このあと何年もこんな感じで治療をしながらの経過観察になるようです。移植で終りでもなさそうです。
そして、今の医療レベルでは自分自身長くないような気もします(笑)今は体力落ちていますがそれ以外は十分元気です。もうすこし体力が回復すれば日常生活も送れます。(白血球6800、血小板5.9万、ヘモ8.9万)そうすれば、日常生活を送りながら治療をすることもできるのでは?と思います。
そうこうしている内に医療が発達して白血病の特効薬が出来るかも知れませんしね。M3なんか特効薬ありますもんね。
どうやら、事実のようなので5年生存率とか受け入れるしかないようです。ちなみにわたしの3年生存率8%以下ですけど…(笑)5年はデータなし…。

参考URLに海好きのURLを入れときます。白血病患者さんのリンク集です。知ってるか…(汗)

これから、いろんな孤独を感じると思いますけど乗り越えましょう(笑)

参考URL:http://umisuki.org/

私は33歳、既婚、男でM2、染色体異常あり今年の6月発症、現在はさい帯血移植が終り回復待ち中です。マルクのたびに再発を告げられるのではないかとドキドキしています。
私の場合は抗がん剤がまったく聞かず、寛解導入2回失敗後、さい帯血移植を行いました。放射線3グレイ4日間、大量キロサイドなどの抗がん剤治療2日間の後、さい帯血で26日ころ生着、現在はday61日目です。先週のマルクでは特に再発などの兆候はナシとのことです。

妊娠出産ですがどの看護婦さん、先生に聞いても悲観的な答えしか帰ってきま...続きを読む

Q白血病と告げられてからの余命

つき合っている人が白血病であることがわかりました。まだ入院とまではいきませんが、いきなりのことで、今まで元気に動き回っていたのを見ていただけに、わたし自身ショックも大きくこの先のことを考えても不安でしようがありません。


俳優、渡辺謙さんもこの病気とたたかっていますが、個人差があるとはいえ、最大でどのくらい生きられるものなのでしょう。宣告されてもこんなに長生きしているひとがいるなどの話を聞いたことがある方情報お願いします。

私が受け止められずに落ち込んでいるところを「大丈夫だ」と言われてしまいました。本人が一番ショックなはずなのにこんなことではいけないと思い直しました。私も覚悟しなければならないと思っています。周りで支える者のありかたなど経験者のお話が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。。

 ご心配ですね。

 近しい者が、白血病と同じ血液内科系の病気になり、しばらく介添えをした経験があります。(病棟内は白血病患者さんが多かったです。)
 患者さんがお付き合いされている方ということなので、なおさら驚かれたことでしょう。

 他の方からも、すでにとてもよいお答えが出ていますが、白血病といっても、現在は化学治療(=抗がん剤での治療)など治療法が進歩しています。どのタイプの白血病かはご質問の文面からはわかりませんが、まだまだ「余命」を考えるには早いですよ。
 ただ、自分も無責任に「大丈夫だ」とは言えないです。脅かすわけではありませんが、不治と言えなくなった病気とはいえ、一筋縄ではいかない厄介な病気です。
 むやみに怖がらせるつもりではありませんし、今のご質問者さんの心情では、可能性を考慮して書かれている医療関連の文章を読むことは、かなり辛いことだと十分推察できるのですが、それでもまずは病気をよく知ることからだと思います。現実を現実として向き合うためには正確な情報が不可欠です。自分もよくネットを使って情報を収集していました。
 
 病気の本人が一番辛く苦しいことは当然ではあるのですが、それをそばで見守る方も相当にこたえますね。
 また治療が長引くことも十分考えられる病気ですから、患者さんによっては気分が塞ぎがちになる人もいます。とにかく、「自分はいつでも貴方のことを心配している」「いつでも役に立ちたいと思っている」という、気持ちを伝えてください。変に気を張る必要も、むやみに励ます必要もないと思います。(←むしろ逆効果。)ご質問者さんの存在自体が助けにも救いにもなります。

 自分の世話していた者は、2.3回死にかけ、抗がん剤の副作用に苦しみ、放射線をあて、無菌室に入り・・・。(ドラマなどで出てくるビニールカーテン越しの面会も経験しました。)そばで見ているだけで本当に痛々しく辛かったですが、幸い、本人は一応日常生活ができるぐらいには回復しました。

 それともう一点、最近のお医者さんは、説明がえらく懇切丁寧なのは良いのですが、可能性を含めてお話しされるので、通り一遍に聞いていると「ものすごく悪いの?」と思えてしまうことがあります。それにイヤも応もないだろうが!というところで「どうしますか?」とか「よろしいですか?」と尋ねる口調になるので、かえって困惑してしまうことがありました。こちらも基礎的な事柄はある程度知識を持っておかないと・・・と思いました。でも、不安と緊張とであまり質問できないのですけど・・・

 取り留めなくすみませんでした。ご回復をお祈りいたします。では。




 

参考URL:http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec14/ch176/ch176a.html

こんばんは。。

 ご心配ですね。

 近しい者が、白血病と同じ血液内科系の病気になり、しばらく介添えをした経験があります。(病棟内は白血病患者さんが多かったです。)
 患者さんがお付き合いされている方ということなので、なおさら驚かれたことでしょう。

 他の方からも、すでにとてもよいお答えが出ていますが、白血病といっても、現在は化学治療(=抗がん剤での治療)など治療法が進歩しています。どのタイプの白血病かはご質問の文面からはわかりませんが、まだまだ「余命」を考えるには早...続きを読む

Q急性リンパ性白血病

先週主人の親友が(33歳) 急性リンパ性白血病と診断されました 昨日より無菌室にはいっています この病気の詳しい事がしりたいんです 生存率や
どこまでが 保険の対象になるのか 費用的なものなど
今何に 気をつけないと いけないか?など 教えて ください

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「急性リンパ性白血病」
◎http://www.marrow.or.jp/medoc/lsa/all_brochure.html
(Acute Lymphocytic Leukemia (ALL))
◎http://pathy.med.nagoya-u.ac.jp/leukemia2/
(わかりやすい白血病の話)
この中で
◎http://pathy.med.nagoya-u.ac.jp/leukemia2/node16.html
(急性リンパ性白血病の化学療法)
●http://www.jmdp.or.jp/patient/survival/
(疾患別骨髄移植の成績)
●http://www.marrow.or.jp/DATA/record.html
(移植患者さんの成績(生存率)について)

ご参考まで。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010219.html

Q首の腫れ:何日程度の投薬で治る?本当にリンパの炎症?

22歳女、4月から社会人です。

3月5日から右の首の後ろ側、生え際の近くが腫れています。
感触はぐりぐりとしていて、硬いです。しこりと言っていいかもしれません。大小2つありますが、具体的な大きさは見えないのでよくわかりません。
押すと鈍い圧痛を感じます。見た目は少しふくれているとわかる程度で、膿みや赤みなどはありません。
他には、微熱、倦怠感、時折頭痛や寒気、咽喉の痛みがあります。咳や鼻づまりなどはありません。

これが1週間経っても、一向に治りません。
症状を感じた次の日に内科を受診したところ「リンパ管炎のようなもの」と言われ、ロキソニン(消炎)、メイアクト(細菌による感染症を治療)を処方されました。しかし全く効かず、逆にカンジダを発症してしまいました。
次に行った外科でも「細菌がブラッシングなどによる頭皮の傷からリンパに入ったのだろう」と言われました。そして注射を打ってもらい、オムゼン(消炎)とブルフェン(痛み止め・解熱)を処方されましたが、1日半経っても症状の治る気配がありません。

リンパの炎症とはこれほど治りが悪いものなのでしょうか。それとも何か別の病気なのでしょうか。
悪性リンパ腫を心配してしまいますが、未だ血液検査はしておりません。


4月からの勤務に障るかと思うと不安でなりません。
どなたか回答の方、よろしくお願いいたします。

22歳女、4月から社会人です。

3月5日から右の首の後ろ側、生え際の近くが腫れています。
感触はぐりぐりとしていて、硬いです。しこりと言っていいかもしれません。大小2つありますが、具体的な大きさは見えないのでよくわかりません。
押すと鈍い圧痛を感じます。見た目は少しふくれているとわかる程度で、膿みや赤みなどはありません。
他には、微熱、倦怠感、時折頭痛や寒気、咽喉の痛みがあります。咳や鼻づまりなどはありません。

これが1週間経っても、一向に治りません。
症状を感じた次の日に...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
さぞご心配でしょう。
悪性リンパ腫を心配されているようですが、リンパ節の腫れる病気はご存知のように悪性リンパ腫だけではありません。
細菌感染でももちろん腫れることはありますし、ウイルス感染でも腫れます。特にウイルス感染の場合には抗生物質は効きませんし、腫れが引くのに数週間かかってもぜんぜんおかしくはありません。

ところで腫れているのはその2箇所だけですか?
体表から触知できるリンパ節は首の他にも、鎖骨の上のくぼみの部分や、わきの下、太腿の付け根の部分にあります。あと扁桃腺もリンパ組織の一つです。
今腫れている2箇所以外にこれらの部位のリンパ節が腫れているということはありませんか?
それから今腫れているリンパ節がくすりを飲んでいるにもかかわらず徐々に大きくなってきているような感じはありますか?

もし、リンパ節腫脹が全身性で、しかも明らかな増大傾向が認められる場合にはやはり精密検査を受けたほうがいいと思いますので、総合病院もしくは大学病院の血液内科を受診されるとよろしいと思います。ちなみに悪性リンパ腫は特殊な場合を除いて血液検査では診断できません。したがって医師が必要と認めた場合にはリンパ節を摘出して組織像を確認するという作業を行うことがありえます。

ではリンパ節腫脹がそこだけに限局していて、増大傾向もなく、患者さんの全身状態も良好ということであれば、どうでしょうか。そういう場合はあわてず、まず薬の投与をすべて中止してまず1ヶ月間ぐらい経過観察期間を設けるのが普通かと思います。(もちろん医師の指示のもとでという意味ですが、、)

ということで、長くなりましたが1週間で腫れがひかないからといって悪性リンパ腫であると思いこむ必要は全くありません。ですから、ご心配でしょうがひとまず医師の言うとおりにしてみてはいかがでしょうか。

P.S. “カンジダを発症”という一言が少し引っかかるのですが、、、カンジダはどこに出たのですか?口の中ですか?ちなみにどうやって診断しましたか?それに対する治療は受けていますか?

こんにちは。
さぞご心配でしょう。
悪性リンパ腫を心配されているようですが、リンパ節の腫れる病気はご存知のように悪性リンパ腫だけではありません。
細菌感染でももちろん腫れることはありますし、ウイルス感染でも腫れます。特にウイルス感染の場合には抗生物質は効きませんし、腫れが引くのに数週間かかってもぜんぜんおかしくはありません。

ところで腫れているのはその2箇所だけですか?
体表から触知できるリンパ節は首の他にも、鎖骨の上のくぼみの部分や、わきの下、太腿の付け根の部分にありま...続きを読む

Q血液の芽球について

骨髄芽球の定義がいまいちよく分からないのですが,前骨髄球や後骨髄球も骨髄芽球に含まれるのでしょうか?
よく,白血病の定義などで,「芽球が20%を占める…」などという表現が使われますが,たとえば,『芽球が20%を占めるので,急性前骨髄急性白血病である』などという表現をするということは,前骨髄球も芽球に含まれているということでしょうか?
それとも,急性骨髄芽球性白血病という言葉があるということは,骨髄球より前の状態が骨髄芽球で,骨髄芽球と骨髄球は別物なのでしょうか?
同じ理由でリンパ芽球というものはどうなのでしょうか?
専門的な質問で申し訳ないですが,ご存知の方は是非,ご教授願います.

Aベストアンサー

顆粒球系の白血球の分化過程は
骨髄芽球→前骨髄球→骨髄球→後骨髄球→桿状球→分葉球
このようになっています。
分化とは若い細胞が成熟して大人の細胞になる過程のことをいいます。

質問にありました骨髄芽球ですが、形態的に最も若いと識別できる細胞で、
前骨髄球や後骨髄球とは異なる細胞です。

そして白血病で使用する芽球という言葉は、
正常の状態で存在する骨髄芽球や前骨髄球といった細胞を指すのではなく、
白血病細胞(=悪性細胞)と考えた方がいいです。

例えば急性前骨髄球性白血病は正常な前骨髄球が芽球といわれるわけではなく、
前骨髄球と類似する段階までしか大人になれない白血病細胞(=芽球)による白血病ということになります。

白血球が大人になれないということは正常に機能する状態になれないということになるので、
抵抗力低下等、重篤な全身症状を引き起こし、命の危険性が脅かされます。

リンパ球についても同様の考え方ですが、
顆粒球系と比べると形態的に成熟段階を鑑別するのが難しいです。

ただ現在は分子生物学的手法によって、目に見えない細胞性格を判断できるので、
総合的に様々な分化段階の細胞を認識することが可能です。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

顆粒球系の白血球の分化過程は
骨髄芽球→前骨髄球→骨髄球→後骨髄球→桿状球→分葉球
このようになっています。
分化とは若い細胞が成熟して大人の細胞になる過程のことをいいます。

質問にありました骨髄芽球ですが、形態的に最も若いと識別できる細胞で、
前骨髄球や後骨髄球とは異なる細胞です。

そして白血病で使用する芽球という言葉は、
正常の状態で存在する骨髄芽球や前骨髄球といった細胞を指すのではなく、
白血病細胞(=悪性細胞)と考えた方がいいです。

例えば急性前骨髄球性白血病は正...続きを読む

Q骨髄移植・提供者側のリスク

昨夜、NHKの「プロジェクトX」でも取り上げられていましたが、骨髄バンクの登録を折に触れ、考えて居りました。
しかし、体力を消耗する麻酔の存在もあり、また確か数年前に麻酔段階での事故が起きたような記憶があります。
しかしながら、自分の限られた短期間の苦痛と、人の命を天秤にかければ、当然人の命の尊さを選びます。
できましたら、ご経験者もしくは専門家の方に、第三者としての冷静なる骨髄提供者側のリスクを教えて頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 骨髄を採取するということは、血液疾患で入院する患者さんはほとんどされていることで、血液内科のある病院ではごくありふれた手技です.白血病とかだと、1週間おきに3回連続とか.で、痛いです.胸の真ん中の骨(胸骨)や腰の骨(腸骨)に穴をあけるので.でも、一応麻酔をします.我慢できないことはないけど、2回も3回もいやだなあっていう感想を持つと思います.(僕は患者さんにやったことはあるけど、されたことはない.)時間は1時間ぐらい.骨髄移植の場合、複数箇所から採取するので2時間ぐらいかかるかもしれません.
 リスクは、まず、麻酔のリスク.麻酔でアレルギーがでる人がいる.アレルギーがでるとひどい場合は死にます.もちろん、蘇生の措置がとられ、救命できるとされています.また、命に関わるようなアレルギー反応に至るなんてことは滅多にはないと思います.他には、感染.体に穴をあけるから、菌がついて繁殖すると化膿します.菌が全身にまわるかもしれません.予防策は清潔操作.あとは、痛みそのものからくるショック症状.血圧が下がって意識が遠のく.これも、一応、救命の措置が執られて助けられるとされています.
 骨髄移植については、いい治療だと思います.骨髄移植が必要な状況っていうのはだいたいにおいて死が目前に迫っている状態.薬物療法では助けられない状態です.でも、骨髄移植がうまくいけば、完治にちかい状態が得られることもあります.そう考えると、骨髄移植はとてもすてきなことだと思います.他の臓器移植と違って提供者側もほとんどの場合、無傷に戻りますし.
 ただ、僕は血液内科ではないので想像の部分や僕の私見も含まれますのでその辺を考慮してください.

 骨髄を採取するということは、血液疾患で入院する患者さんはほとんどされていることで、血液内科のある病院ではごくありふれた手技です.白血病とかだと、1週間おきに3回連続とか.で、痛いです.胸の真ん中の骨(胸骨)や腰の骨(腸骨)に穴をあけるので.でも、一応麻酔をします.我慢できないことはないけど、2回も3回もいやだなあっていう感想を持つと思います.(僕は患者さんにやったことはあるけど、されたことはない.)時間は1時間ぐらい.骨髄移植の場合、複数箇所から採取するので2時間ぐらいかかるかもし...続きを読む

Q急性リンパ性白血病の治療病院で優れているところ

私は白血病の再々発者です。
はじめて、再発した時はおよそ10年前でした。
その当時、関西に比較的近い病院で有名なところは名古屋の方の病院と
私が受診した病院だったとおもいます。
今現在、さい帯血移植やら色々と新しい医術がありますが、総合的に考えて
どの病院が白血病の治療病院で優れているのでしょうか。

Aベストアンサー

MiJunです。

関西ですと、
・府立成人病センター
・京大病院
・阪大?

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「医者がすすめる病院」
関西版もあります。
----------------------------------------
日本全国病院ランキング この病気にはこの病院!
降旗正子∥〔ほか〕編 別冊宝島/1996
関西病院ランキング/丹羽幸一/洋泉社/2001.7
いい医者いい病院がよくわかる本/米山公啓/三笠書房/2001.9 
良い病院・悪い病院の正しい選択/松下一成/全日法規/2001.6 
良い病院、悪い病院の見分け方/メディカル・ブレイン…/三笠書房/2001.3
========================================
お近くの図書館で探されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~life-so/

Q骨髄移植に500万かかると言われました

よろしくお願いします。18日から第三クールに入っている急性リンパ性白血病の48才女性のことでお聞きします。入院当初から「移植には400から500万かかる」と言われました。それは保険請求額のことだと思っていました。実際に看護士長に聞いたところ「400万ぐらいかかってその3割負担」と言われましたが、昨日担当医師から直接説明があって「ドナーを4名ぐらい確保したい、そのために移植で500万かかるので準備して欲しい。その金額を準備してもらえないとバンク登録できない」と言われました。私は400万の3割負担で、移植だけで150万程度の自己負担を考えていましたが、「500万は戻って来ない金だ」と言われ金策中です。無菌室の部屋代9000円/日は後日還付されるとのことですが、本当に500万もかかるのでしょうか、さらに本当にその金は戻って来ないのでしょうか。
医療費100万で自己負担は80000円程度ですが戻ってこない500万を集めるのは至難の業です。

Aベストアンサー

本当は専門の方の意見が一番だと思いますが素人なりに調べてきましたm(_ _)m。

>「500万は戻って来ない金だ」と言われ金策中です。

なんか。。妙ですね(^_^;;)

戻ってこないっていうのが骨髄バンクの費用の事ならそんなにかからないんだと思うのですが。。

まず一般人のページから紹介

「骨髄移植者のために」から「費用」
http://homepage1.nifty.com/sunaf/wbfbmt.html#0260

ここでは63万程度であろうと計算しています。

「◎骨髄移植にかかる費用」
http://yokohama.cool.ne.jp/moriky_cml/money.htm

こちらでは56万程度であったとあります。


そして「財団法人骨髄移植推進財団」では。

「利用料金」
http://www.jmdp.or.jp/patient/ryokin/index.html

ここから「負担金モデル(PDF)」を参照してみてください。
ドナー4人のモデルで、やはり56万程度となっています。

なぜ担当医さんが500万って言ってるのか解りません。
詳細について詳しく聞いてみるべきだと思われますm(_ _)m。

↓「日本骨髄バンク(財団法人骨髄移植推進財団)」のトップページはこちら。

参考URL:http://www.jmdp.or.jp/index.html

本当は専門の方の意見が一番だと思いますが素人なりに調べてきましたm(_ _)m。

>「500万は戻って来ない金だ」と言われ金策中です。

なんか。。妙ですね(^_^;;)

戻ってこないっていうのが骨髄バンクの費用の事ならそんなにかからないんだと思うのですが。。

まず一般人のページから紹介

「骨髄移植者のために」から「費用」
http://homepage1.nifty.com/sunaf/wbfbmt.html#0260

ここでは63万程度であろうと計算しています。

「◎骨髄移植にかかる費用」
http://yokohama.cool.ne.jp/mo...続きを読む

Q急性白血病について

急性骨髄性白血病について
病状が悪化して死にいたる場合
どのような亡くなり方をするのでしょうか。
この病気の場合、最終的には
ホスピスと病院の場合どちらで最後を
とげるのがよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の従姉妹も急性骨髄性白血病を克服した1人です。

小学校の頃から何となく体調が悪く、
(微熱が続く、吐き気が酷い、お腹を壊しやすいなど)
病院で検査しても「思春期特有の病気」と言うよく分らないものだらけ。(結局ははっきりとなんか病気だったわけではなく、体が弱かったのかもしれません)

白血病が発見されたのは高校2年生の時でした。
「このままほかっておいたら半年後に死ぬ」と言われたそうです。
その日から入院、闘病生活が始まりました。
幸い、彼女の兄弟(下の弟)と型があったために骨髄移植が出来、命を取り留めました。
入院生活は辛かったようです、やはり。
抗ガン剤のせいで髪は抜け落ち、吐き気が止まらない、薬の副作用でしゃっくりが出るため、それを抑える点滴までしていたほどです。
無菌室では加熱したものしか食べられず、生の果物とかも厳禁でした。
学校も留年しました。出席日数が足りなかったからです。

でも、彼女は生還しました。
退院してからも薬を飲まなければならないし、
やはり体は丈夫ではありません。
でも、彼女は受験し大学へ行き、現在大学院生です。
研究に体力が持つかどうかが分らず、もしかしたら院へはいけないかも・・・と言っていましたが今通っています。

そんな彼女を見ていると、「治ることを信じること」「諦めずに夢を持つこと」が大事なんだととても思います。
彼女は昔から「遊園地にアトラクションを作ること」が夢でした。
今もその夢に向かって頑張っています。
炎天下での測量の実習なども頑張っています。

それと同時に、万が一の時には病院でもホスピスでもない、自宅はダメなのかなあ・・・?と思います。
病院は苦しい思いをしてきた場所だし、
ホスピスはいかにも「最後の場所」という気がして・・・(認識違いもあるかと思いますが、あくまでも私のイメージの話です)
彼女の入院中、やはり「家に帰らしてあげたいなあ」と思うこともありました。
でも、最後まで諦めないこと、これが一番だと思います、私は・・・。

私の従姉妹も急性骨髄性白血病を克服した1人です。

小学校の頃から何となく体調が悪く、
(微熱が続く、吐き気が酷い、お腹を壊しやすいなど)
病院で検査しても「思春期特有の病気」と言うよく分らないものだらけ。(結局ははっきりとなんか病気だったわけではなく、体が弱かったのかもしれません)

白血病が発見されたのは高校2年生の時でした。
「このままほかっておいたら半年後に死ぬ」と言われたそうです。
その日から入院、闘病生活が始まりました。
幸い、彼女の兄弟(下の弟)と型があったた...続きを読む

Q白血病の治療費について

はじめまして。27歳の主婦です。
先日義父が急性骨髄性白血病と診断され、今抗がん剤での治療中です。
治療費のことについて先生に聞いてみたところ、少なくても一ヶ月に50万はかかると言われました。
そこで質問なんですが、医療費控除というのはどういうものなのでしょうか?だいたいどの程度返って来るのでしょうか?
それと、この他にも負担が軽くなる方法はあるのでしょうか?
保険などには加入していないようです。どうにか力になってあげたいのですが、私も11月に出産を控えているので金銭的にどうにもならない状態です。どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療費控除は税金に関してですね。払いすぎた税金分が帰ってくるだけなので、
たいして帰ってこない場合が多く、確定申告の時期には
「この金額では半休をとった意味がない!」という不平不満がでてくるくらいっです。

さて、実際の医療費の問題ですが、「高額療養費・合算高額医療費」を利用することがまず第一です。同じ月(暦月)に同じ医療機関に支払った保険診療の患者の自己負担額が、被保険者または被扶養者一人につき、一定額を超えた場合、その超えた額が高額療養費として健康保険から支給される、という制度です。これを利用すると、医療費の最高額は72,300円ということになります(高額所得者や住民税非課税世帯は別計算です)。

ここでのポイントは「保険診療の自己負担額」である点です。1ヶ月50万という金額が、純粋に医療費だけなのか、食事なども含まれるのかはわかりませんし、保健適応外の検査がどのくらいあるかも微妙です。

リンク先に参考資料がありますので、そちらを参照してみてください。

オカネの心配が一番病気に悪いですから、なるべく義父さんにはオカネの心配をしないですむような環境を作ってあげてくださいね。puriri816さんも、お腹の赤ちゃんに影響しますから、もっと「どしっ!」と構えてみてください。こういってはなんですが、オカネのことは、けっこうなんとかなるものです。

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~ketumoch/07051medicalcosts.html

医療費控除は税金に関してですね。払いすぎた税金分が帰ってくるだけなので、
たいして帰ってこない場合が多く、確定申告の時期には
「この金額では半休をとった意味がない!」という不平不満がでてくるくらいっです。

さて、実際の医療費の問題ですが、「高額療養費・合算高額医療費」を利用することがまず第一です。同じ月(暦月)に同じ医療機関に支払った保険診療の患者の自己負担額が、被保険者または被扶養者一人につき、一定額を超えた場合、その超えた額が高額療養費として健康保険から支給される、...続きを読む


人気Q&Aランキング