利用規約の変更について

洗車のことで質問です。

窓ガラスに撥水加工をしたいのですが、その前に油膜取りが必要ですよね?

その油膜取りはボディを洗う洗剤で全体洗いをすれば大丈夫ですか?

それとも油膜取り専用の洗剤を使って落としてから撥水コーティングを塗るべきでしょうか?

もし間違えたら、雨の日に真っ白に曇って視界が悪くなったりして危険ですか?

おすすめの商品もあれば教えてください

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (1件)

撥水加工も油膜取りもガラスの外面の話でしょうが、曇りはこの時期なら内側にできます。



つまり対象、対策が違うと言うことです。
まして内側にしろ外側にしろ、油膜取りや撥水加工をしてあっても曇りは温度差による結露ですので、出来るときは出来、撥水加工面であっても外気が冷たく車内が暖かければガラスの内側は曇ります。
逆に夏場のように外気が暖かく、車内が冷房で冷えてくればガラスの外側に曇り、結露が生じます。

撥水と曇り止めは別物と考えましょう。

それをふまえて、撥水加工はガラス面をきれいに油膜も取るに越したことはありませんが、ある意味油膜の上に撥水材を塗り重ねることになるかと思いますので、それで撥水の効果としては発揮しますので、あまり神経質にならずとも良いのでは?

きれいなガラス面に塗る撥水材と、油膜の上に塗るのとで効果の持続性に違いはないとは言いませんが、それ以前に撥水材自体が長期間、持続は難しいものですので、半月からひと月に一度でも塗り重ねる方に神経を注ぎ、油膜云々は気休め程度に「きれいにしておくに越したことはない」程度に考えられた方が現実的かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、温度差によって曇るのではなくて撥水加工のコーティングの仕方を間違うと白く曇る(液が落ちずにムラになってる状態)らしいです。

それを聞いていました。

調べると油膜落とさないとそうなるらしいですね。

両方買って塗ることにします。

お礼日時:2020/03/26 11:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報