プロが教えるわが家の防犯対策術!

相続税の節税について分かりやすく教えてください。
そんな遠くない相続・・・。相続税を払わなければなりません。(トラブルにならないよう出来るだけ対策はしてます)
どんな種類の控除があって、どんな時にどの位適応されるのですか?(親の財産を子供3人で相続する場合)

A 回答 (7件)

税理士と司法書士(弁護士ならなお可、資格名の似た行政書士はそれほど期待できないかも)のいるような総合事務所へ相談されることです。



相続対策と相続税対策は、それほど簡単なものではありません。
にわか知識やでどこのわからない対策などで、後悔されたり失敗されている方が多くいます。
対策は遺産の種類やご家族などの考え方次第で変わっていくものです。
どちらの対策も目的が異なりますので、難しい判断が必要なこともあるはずです。

贈与による対策を考えることが多いですが、贈与税は相続税の補完的な税目であるため、難しいものがあります。
相続開始前の一定期間の贈与は相続税の計算に含めて計算し、贈与税はあくまでもその補完的なものとして調整されるだけですので、遠くない相続と言われる中ではあまり得策ではありません。
贈与税の基礎控除を活用するとしても、毎年贈与することなどを連年贈与というのですが、連年贈与はその最初の贈与時にその後の贈与を約束していると判断され、1年目の贈与税の計算とさせられることもあります。そのようなことにならないように税理士が試算したりアドバイスをしてもらうことが大事でしょう。

あと遠くないと言われていますが、その短い期間のうちに子が先に亡くなるということもあります。
お子さんのそれぞれの家庭の事情が変わることで、円満と思われていたものが争いになることもよくある話でしょう。

財産の調査や相続人の確定作業、不動産の登記や争い防止などのための決めごとなどについては、法律家である弁護士や司法書士の範疇になるかと思います。
行政書士そのものを否定しませんが、相続の分野で遺言書をはじめとして行政書士の範疇もありますし、予防法務の専門家でもあるわけですが、司法書士や弁護士と異なり裁判事務までを視野に入れられるとは限らない専門家です。
税理士へ過度の期待をされる方がいるかもしれませんが、あくまでも相続の分野では、相続税や贈与税などの税分野のみが専門で、それ以外の相続分野は専門領域ではありません。
税理士には行政書士となっている方も多いですが、これは無試験で登録ができることで、関連分野を処理するための資格であることがほとんどであり、法律そのものの学習をしたかはわかりません。
それにくらべ司法書士や弁護士は、裁判をふまえた法律の専門家であり、司法書士ですと不動産登記を中心に相続分野を扱うことが多いことでしょう。弁護士ですと争いになった場合やそれを想定する場合が中心となることでしょう。

資格者も高度な専門家であり、分野ごとに資格者が異なる相続分野ですと、素人学習以前に専門家相談をお勧めしますね。
その際には相続人が確認できる戸籍謄本や財産目録、不動産があれば登記内容や図面、固定資産税評価の証明などをそろえて相談されるとよいと思います。
    • good
    • 0

家族構成がどのようになっているかによって大きく変わります。


相続税はご存じの通り、相続控除というものがあり、基礎控除が3000万円、相続人1人600万円ですが、ご自宅部分は「特定居住用宅地等」として330㎡まで土地の評価額を80%評価減し、これは住宅控除となります。
また、配偶者特別控除として妻或いは夫は被相続人である配偶者の資産の半分か1億6000万円までの資産に対して非課税が適用されます。
例えば、妻1人子供2人のご家庭では・・
世帯基礎控除                     3000万円
法定相続分(1人600万円)               1800万円   
配偶者特別控除(1億6000万円を選択した場合)   1億6000万円

となるため、2億800万円までは非課税となりますが、総資産の中にお住いの住宅が含まれる場合、不動産評価額から80%減免されます。
此の場合、住宅控除を差し引いた額が2億800万円いかであれば、相続税は掛かりませんので対策は必要ないです。

配偶者がすでにおられない場合は相続人1人600万円となりますので、基礎控除と住宅控除のみとなるでしょう。

葬儀費用は相続から引けるのと、受けた香典は相続に含みません。

有価証券等は死亡日から3か月前の一番安い価格が選べるので・・。

養子縁組により一人分の相続控除を増やすことも出来ます。
    • good
    • 0

とりあえず生前贈与ぐらいですね


範囲内で

それと手におえないぐらいのお金をお持ちなら
弁護士さんとか司法書士さんに相談されたほうがいいです
    • good
    • 0

その遠くない相続というのがいつごろのことかにもよりますが、生前贈与をすれば相続税を軽減することができる場合があります。

近親者間の贈与の場合、年間110万円までは非課税なので、短くても向こう5年くらい相続が行われるような状況にならないのであれば、資産の一部の生前贈与も考慮してみればいいかと思います。
    • good
    • 0

そんなに相続税を払わなきゃならないほど資産があるなら、タダでどうにかしようとしないで専門家へカネ払って聞いて下さい。


何億もあるなら、資産管理する会社法人を作ったり、信託にしたり・・
なお、相続に関しては税理士より弁護士の方が詳しい人が多いです。専門とする分野は人それぞれですけどね。
    • good
    • 0

4800万の基礎控除があります


基礎控除ですから必ず適用され、評価財産額がそれ以下なら申告の必要がありません
あとはお金を払って税理士に聞いてください
    • good
    • 1

まずは以下を。

。。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

あとは・・・そうですね、Googleなどで「相続税 控除」といった簡単なキーワードで検索すると上記のような公的機関のWebサイトのページや弁護士事務所などの説明ページや各種情報サイトの同様のページがたくさんヒットするはずですので、それらの中からご自身が「わかりやすい!」と感じられるものを選んで読まれるとよいです。

ちなみにその際は、具体的な各人の相続額を踏まえて読むようにされるとよいです。
遺言書での指定が無い(or無い見込み)のであれば、法定相続人でわけることを想定されればよいです。

参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング