境界例型精神病について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

前に全く同じ質問に答えたことがあるので、それをみてみてください。

また、対処法についても質問に答えたことがあるので、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=109162
も参考にされると幸いです。
それで足りないところがあれば補足要求してください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=78528
    • good
    • 0

WEB検索だけなので「自信無し」です。



「分析的な方法によって回復を目指している境界例の人たちのために、自己分析のための参考となる情報を提供するものです」と書かれています。
参考にしてみて下さい。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/eggs/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q境界例 [自分と他人の境界があいまい?] ボーダー

こんにちは、自分が境界性・自己愛性人格障害、またはAC(アダルトチルドレン)なのではないかと疑っているものです。
よく境界例サイト「自分と他人の境界があいまい」だと書かれていますが、いまいちイメージが掴めません。具体的にはどういった事なのでしょうか?

Aベストアンサー

どのようなサイトかわかりませんが、境界例、境界性パーソナリティ障害の症状は大分違います。
境界例の最も中心的な患者である境界性パーソナリティ障害における症状は
★不安定な対人関係 - 理想化とこき下ろしを激しく往復する
★原始的な防衛機制 - 分裂、投影性同一視、否認などの多用。
★衝動性 - 乱用、依存、攻撃性、自殺企図、浪費、性的逸脱行動など。
☆自己同一性の拡散 - 一貫した自己像が抱けない、慢性的に空虚感を持つ、など。
 
この下のサイトに【自分と他人との境界があいまい】との表現がありますが、私にもイメージが掴みにくいです。もしかすると、「自分はさておいて他人を世話したり、他人のことを自分のことと同様に心配したり、何かにつけて他人の考えや指示に頼ったり」という状態が多くて、他人から見ると「自分はどうなっているの?」という共依存の状態をイメージしているのかもしれません。 ただそうした状態は、境界例・境界性パーソナリティ障害の最大の特徴ではないと思います。
http://www.spiritual-life.jp/kyokai.cfm
 
アダルトチルドレンを親に全ての判断を依存していると考えるならば、共依存に近いともいえますが、通常の用語ではアダルトチルドレンはもっと範囲が広いものにも使われます。自己愛が強いという傾向は、どの症状にもあることですから、自己愛傾向がある、あるいは共依存の傾向がみえるというだけでは、境界例・境界性パーソナリティ障害、ボーダーライン、Borderline Personality Disorder とはいいません。
本人にしても、感情・思考が制御できなくなって、親愛・信頼・温和な態度から拒絶怒り攻撃に突然のように変化するような対人関係の不都合が、頻繁に起きるかどうかが、境界例・境界性パーソナリティ障害のポイントだと思います。

どのようなサイトかわかりませんが、境界例、境界性パーソナリティ障害の症状は大分違います。
境界例の最も中心的な患者である境界性パーソナリティ障害における症状は
★不安定な対人関係 - 理想化とこき下ろしを激しく往復する
★原始的な防衛機制 - 分裂、投影性同一視、否認などの多用。
★衝動性 - 乱用、依存、攻撃性、自殺企図、浪費、性的逸脱行動など。
☆自己同一性の拡散 - 一貫した自己像が抱けない、慢性的に空虚感を持つ、など。
 
この下のサイトに【自分と他人との境界があいまい】との表現があ...続きを読む

Q自分が精神病を患っているかどうか診断してください。

症状を言うと、
・自分たちは未来人が作ったゲームの中に生きていると思い込む。
・超新星爆発、隕石の衝突などによって人類が滅亡すると思い込む(もちろん安全であることは調べて確認しているのに、それでも不安)。
・自分の行動1つ1つで未来が変わると思い、ばかげていると認識していてもつい従ってしまう(字を書くときにこの線は書くな!だとか、ゲーム内でこの敵は倒さずに残しておけ!など)。
・死に対する恐怖
・宇宙に対する理由のない恐怖
・永遠に対する恐怖
・周りの人間の行動を自分と関係づけてしまう。
・テレビで「人工衛星が火星に到達しました」などの科学の進展に関するニュースを聞くと、理由もないのに恐怖を感じる。理由は恐怖を感じた後から自分の脳内で作り上げてしまい、それを信じ込む。


↑などのことが一定の周期ごとに自分の思考に現れてきてしまい、生きることにさえ恐怖を感じてしまいます。恐怖を感じている期間は何事に対しても無気力になり、食事ものどを通らず、発汗、動悸、頻脈、胸痛、頭痛、下痢の症状が現れます。Wikiで調べた限り、「不安障害」と「統合失調症」の項目が僕の症状を一番明確に表しています。こういう障害は去年の今頃から始まり、最初は思春期の一時的なものや、ただのキチガイとしてほかの質問サイトで扱われて、実際おさまったので僕も安心していたのですが、1年続いたとなれば不安です。どうか僕が病気である可能性を教えて下さい。

症状を言うと、
・自分たちは未来人が作ったゲームの中に生きていると思い込む。
・超新星爆発、隕石の衝突などによって人類が滅亡すると思い込む(もちろん安全であることは調べて確認しているのに、それでも不安)。
・自分の行動1つ1つで未来が変わると思い、ばかげていると認識していてもつい従ってしまう(字を書くときにこの線は書くな!だとか、ゲーム内でこの敵は倒さずに残しておけ!など)。
・死に対する恐怖
・宇宙に対する理由のない恐怖
・永遠に対する恐怖
・周りの人間の行動を自分と関係づけて...続きを読む

Aベストアンサー

御自身が病気であるかどうかを調べる事は不安になることですが、
きちんと調べられ、このように質問をされている事は、とても勇気のある事だと思います。


さて、精神疾患というのは、明確に白か黒かを判断出来ない、グレーゾーンがある場合が多々あります。
グレーゾーンの方でも、精神科のお薬をためしに飲まれて、
「ああ、何ともなかった」
とすぐに治療をやめられ、白に戻られる方も結構おられますよ。

残念ながら、あなたが病気の可能性かどうかは、
精神医学のプロが、実際に何度かお会いしなければ分かりません。

しかし、現にあなたが苦しまれているのは事実ですので、ひょっとしたらプロの助けが力になるかもしれません。

精神科の病院は、保険証を持参すれば、かなり安く診て貰えるところです。
怖いところのように思われるかもしれませんが、最近はうつ病の方も増えられたので、最近は普通の病院と雰囲気は変わりません。大学の附属病院などに行かれてみてはいかがですか。

また、もし質問者さんが学生さんの場合、学生相談室、スクールカウンセラーのところへ行ってみるのもありかと思います。

Qオペラント条件づけについて、スキナー箱を例に挙げて説明し、具体例を挙げて行動療法?

社会福祉士の心理学のレポートで補習が出てしまいました。 普段1000~1200字で慣れていたのですが、補習は500~600です。

課題は「オペラント条件づけ」について、スキナー箱を例に挙げて説明し、具体例を挙げて行動療法について概説しなさい。」です。 これを500~600字でまとめるのが難しいです・・・
教科書的でかまわないのは助かったんですが、教科書見てもオペラント 条件 スキナー 行動療法がバラバラに載っているので分かりません。 スキナーって人間ですよね? スキナー箱ってなんですか?

どうかお力をお貸し下さい。(ヒントを)

オペラントはシェービング法かな~~~

Aベストアンサー

社会福祉士を目指すための人の授業で面白い課題がでますね。その先生はかなり分かってらっしゃる(笑)

スキナーはおっしゃるとおり人間で、行動分析学の創始者ですね。そのスキナーが動物実験(マウスやハト)で用いた装置が「スキナー箱」と呼ばれているのです。元祖スキナー箱はキーをつつくと(ハトの場合)エサが出てくるというシンプルなもので、大きさもハトが一匹入ったら、ハトがそんなにうろちょろできないくらいのものです。

言語障害を持つ子供の言語レパートリーを増やすためにシェイピングが応用されますが、スキナー箱で行われるような基礎実験に基づいているわけです。

例えば、スキナー箱にハトを入れてやるとしばらくうろちょろしているのですが、キー(クチバシで突けるような丸い部分があるのです)の近くに顔を向けたときにエサを出してやります(エサが出てくる部分は、実験者が自由に開け閉めできるようになっています)。続いて、今度はさっきよりもさらにキーの近くに顔を近づけたときにエサを出すようにします。さらに、今度はクチバシでキーを突こうとする(大概は一気に突かずによそよそしく顔を動かします)動作を行ったらエサを出します・・・

といった感じでやっていくと、いずれはキーをクチバシで突くようになるのです。学習心理学では「ハトが"キーを突くとエサが出てくる"ということを学習した」といいますが、より正確には「ハトの"キーを突くという行動"が強化された」といいますね。

言語指導では「りんご」と発音させたい場合、まずは[口を開く]という行動を強化して、次は「り」と発音しようとする行動を強化、さらに「りんご」とハッキリ発音できるまで徐々に行動を強化していくわけです。

> オペラントはシェービング法かな~~~

シェイピングですね。"法"はつけない方が良いでしょう。また、オペラント条件づけの技法の1つにシェイピングというものがあるわけで、「オペラントはシェイピング」などという表現は避けましょう。

ちなみに、シェイピングの実験は実験をする学生が(恐らくどの学校でも)始めてやらされるもので、最初はなかなかエサを出すタイミングが分からないものです(^_^;) 大体は細かい行動を見逃して、先生に「今、出さなきゃダメだよ」といわれます。

ハトの単純な行動すら注意して観察する訓練を積まないと大変なのだから、現場で人間相手に行動を強化(弱化)するというのは容易ではないということですね。

社会福祉士を目指すための人の授業で面白い課題がでますね。その先生はかなり分かってらっしゃる(笑)

スキナーはおっしゃるとおり人間で、行動分析学の創始者ですね。そのスキナーが動物実験(マウスやハト)で用いた装置が「スキナー箱」と呼ばれているのです。元祖スキナー箱はキーをつつくと(ハトの場合)エサが出てくるというシンプルなもので、大きさもハトが一匹入ったら、ハトがそんなにうろちょろできないくらいのものです。

言語障害を持つ子供の言語レパートリーを増やすためにシェイピングが応用さ...続きを読む

Q外向型、内向型について書かれた本を教えてください。

特に内向についていろいろ知りたいのですが、そういった書籍があれば教えてください。

Aベストアンサー

内向、外向については『タイプ論』という本がおおもととなっているのですが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622021978/

ちょっとこれは読みにくいし高いので、
それをかみ砕いた
『ユングの性格分析』
という本をお奨めします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061489143/

Qボーダーライン(境界型人格障害)です。

他の方が質問した「成功回避」にも心当たりありますが、周りの評価が気になって、自由にものを決められない欠点を自覚します。今精神科の心理士さんとのカウンセリングで、だいぶトラブル対処できるようになりましたが、集団への適応力の低さは自分でもいやになります。タイトルとおり、ボーダーラインという診断のもと、通院してます。なんとか継続した仕事につくことを目標にして日々すごしてます。ボーダーのかたや、詳しいかたから、日常生活のポイントを伺えたらと思います。おねがいします!!

Aベストアンサー

 集団への適応力の低さを気にしておられますが、人間関係というのは、多かれ少なかれストレスになるものです。実は私もそんなストレスのため、「自律神経失調症」で現在休職中です(笑)。
 そもそも、集団への適応力の高い人は、それだけいろいろな経験を積んできたので、色々な状況に適切に対処ができるということです。では、今まで経験が乏しい人はどうすればいいかというと、本(漫画でもOK)を読んだり、テレビを見るなどで、「疑似体験」をすることです。私も、波田陽区ではないけど、「テレビっ子」です。本も、忙しくて読めなかったのですが、休職してからは、時間ができたので、あらためて読むようになりました。
 経験だと思って、色々な本を読んでみてください。ちなみに、今回のケースで参考になりそうな本を、2冊紹介しておきます。

読むクスリ 上前淳一郎(文春文庫)1~37巻

「会社の人間関係」がよくなる本 松本幸夫(成美文庫)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報