【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

親の株式の売買の年間取引報告書が毎年こんな感じでマイナスなんですが
(分かってる分が5年前から)
株の取引をやめさせた方が良いですか?

配当金がとか言ってますが、配当金よりマイナスのがはるかに大きいのです

実際のお金は1000万円程度で、数百回の株式取引で、6億8000万円も金額があります。
売ったり買ったりが好きでやっていますが、結果マイナスならやらない方が良いですかね?

「親の株式の売買の年間取引報告書が毎年こん」の質問画像

A 回答 (7件)

まー、今やめるのは勿体ない。

またとない買い場のチャンス。

10年に1度程度経済の空全体に暗雲が立ち込めることがあるが、その時少しの間、金の雨を降らせる。我々はその時スプーンではなくバケツを持っていく。by ウォーレン ・バフェット
    • good
    • 0

5年間毎年マイナスであるなら、あまり適正があるというか向いているとは言い難いかもしれません。


一般に、売買回数が多いと、手数料のコストがかさむため、不利であると言われます。
とりわけ、インターネットを利用してのネット証券ではなく、支店での電話の取引だったりするとその傾向は顕著かと思います。

売買代金6.8億ということですが、120万の評価額の株式を500回売買すれば6億になりますので、金額自体はおかしいことはありません。

なお、1000万分の株式保有であれば、手取りの配当額はせいぜい25万円/年間程度でしかなく、記載されているような損失がずっと続いている
ようであれば、たしかにトータルでマイナスではあるでしょう。

ただ、全体の資産がどの程度あり、記載されているようなマイナスが継続することで日常生活に支障が生じるような可能性があるのかどうか
などの状況がわからず、そうした懸念がないのであれば、まさに取引そのものは当人の自己責任であり、子どもの立場から感じることなどは
伝えられればいいかと思いますが、周囲がどうこういうことではなく、当人の勝手、自身の判断で行うことといえばそうです。
    • good
    • 0

これは特定口座の年間取引報告書ですね。


これに載っていない配当金の額はいくらでしょうか。
それがわからないと何とも言えません。
    • good
    • 0

いつ売ったのか知らないが、コロナで暴落するまではここ数年は負ける方が難しい相場だったから、それで長期で赤字ならばやり方は考え直さないとね。



いずれにせよ、コロナが落ち着いたら買うのはアリでしょ。
    • good
    • 0

株なんで


損する時もあるし、、
得する時もあるし、、です
    • good
    • 0

確かに 200万以上のお金が減っていますね。


これが 5年間も同じように続いているのなら、合計 1千万円のお金がなくなっている勘定になります。

ご両親は若い頃から資産家だったのでしょうか。
先祖代々からの広大な土地があり、その地代収入だけで毎年数千万入ってくるとか。

大変失礼ながら並のサラリーマン、元サラリーマンなのなら、全財産を失わないうちに株の売買は見直したほうがよいかと思いますよ。
    • good
    • 1

あなたのお金ではなく親のお金でしょ?


それはあなたが決めることではなく親が決めれば良いことではないですか?
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング