12月分の所得税の納付書を記入するにあたり、年末調整の還付で本税がマイナスになりました。

 その場合の納付書の記入方法を教えてください。
具体的に悩んでいる点は、
 例1: 給与等の税額   10万
     年末調整による
     超過税額 マイナス15万
       本税 マイナス 5万

とするか、
 例2: 給与等の税額   10万
     年末調整による
     超過税額 マイナス15万
       本税      ¥0
   (左端の適用欄に 「繰越マイナス5万」)

とするかで本税の欄の記入法が分かりません。

 よろしくお願い致します。
    

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


例1の場合も例2の場合もちょっと違います。


年末調整による超過額が「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の納付すべき税額を超える場合には、当該計算書の「超過税額」欄には超過額全体の金額ではなく、納付税額を限度とした金額を記載し、控除しきれなかった金額は摘要欄に「控除未済額」としてその金額を記載します。


ご質問の例でしたら、

給与等の税額      10万
年末調整による超過税額 10万
本税           0(零)
合計額          0(零)

(摘要欄)

 控除未済額 5万円


と記載します。


次回以降の記載方法も同様です。


これは以前に、「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の「超過税額」欄の記載誤りが多いため、昭和63年に国税局より上記のような記載方法についての指導がでており、専門誌にも掲載されていますので、もし、顧問税理士がおりましたらそちらにご確認ください。
 
    • good
    • 0

再び#1の者です。



例2の方が正しいと簡単に書いてしまいましたが、税務署が配布している「年末調整のしかた」では、#3の方が書かれている、徴収税額の範囲内で、超過額を記載するやり方が記載例として書かれてありますので、その方法が正しいとは思います。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/2774/ …
(この中の、58~62ページ)

いずれにしても、本税のところを¥0として、後はわかるようにしておけば良いと思いますので、例2のやり方で処理されている会社もあるとは思います。
    • good
    • 0

12月の源泉徴収税額が10万円で、過納額が15万円なら、



給与等の税額 10万円
年末調整による
超過税額  -10万円
本税     ¥0

残りの5万円は1月の納付書の超過税額に繰越し。

・・・で宜しいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

それぞれの欄に記入します。


参考urlをご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kskt/kyuuyotaxmokuji. …
    • good
    • 0

例2の方が正しいです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整による超過税額

給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書の、

年末調整による超過税額の欄の意味がいまいちよく理解出来ません。

12月の預り金(源泉所得税)の残高が、

-3,150円でした。

上司は、年末調整による超過税額の欄にこの金額を記入するように
私に言いました。

そして、本税と合計額は0円とするようにとも。

給料等と、税理士等の報酬の、税額を足してその合計がここの
年末調整による超過税額の欄に入り、本税と合計額が0円になるのではないのですか?

上司によると、源泉所得税残高にマイナスが付いてる場合は、
本税と合計額を0円にするそうです。
そして、税務署へ届けるそうです。

年末調整による超過税額の欄に▲3,150円と記載すると訳が分からなくなるのですが・・・

というか、訳が分かっていません・・・

(上司には聞けない状況です。)

Aベストアンサー

No.1です。


>上記のようなケースの場合、仕訳もまた年末調整徴収・還付等を入れるのが普通なのでしょうか?

いいえ。

>今私は、普段の何もないときのように、預り金(源泉所得税)/預金の仕訳を入れているだけです。

それでOKです。

>結局1月の納付書の記載方法は、
納付書の摘要欄に超過残3,150と書き、
年末調整による超過税額の欄には、給料と税理士等の報酬の税額の合計を書けば、
本税が0円になりますよね。
それでいいのですよね。

はい。それでOKです。

>仕訳は特に変わったものはありませんよね。

ありません。

Q年末調整後の所得税徴収高計算書の記入について

年末調整後の源泉税の納付についてなんですが、毎年超過税額が多いので、1月・2月は\0になります。

で、弊社は、税理士さんに毎月お金を支払っているので従業員の源泉税と一緒に納付しています。
それ以外に、個人事業主の方にもお支払をしているので、別納付書に記載して納付しています。

問題は、毎年1月.2月は\0になると書いたんですが、それは税理士さんの源泉も含めて超過額を差し引いたほうが良いんでしょうか?
それとも、税理士さんの源泉分はきちんと納付したほうがいいのでしょうか?
毎年、弊社帳簿で預り金の残高がへんな数字になって、何かすっきりしません。
どなたかご教授ください。
お願いします。

Aベストアンサー

税理士等への報酬分は「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」に含めて記載することになっていますから、超過分が出たとしても税理士への報酬分を分けて収めることはしません。

税理士等の源泉徴収分も含めて超過額を差し引きます。

Q納付する税額がない場合の納付書

お世話になります。
納付する税額がない場合も納付書を税務署へ提出するとのことですが、本税・合計額を¥0と書き、他に記入するべき場所は納付の目的欄・年度欄でしょうか。
納期の特例を受けている場合、目的欄が(18年1月~18年6月)とすると年度は18年でよいでしょうか。
初歩的な質問で申し訳ございませんが、アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

何の税金のことかと思いましたが、納期の特例とあるので、源泉所得税のことだという前提で回答します。
税務署から送られた用紙を使っているなら、税務署名や整理番号などはあらかじめ印刷してあると思いますが、もし入っていなければ所轄の税務署名を記入します。整理番号はわからなければ空欄でかまいません。年度は記入する必要はありません。
給料等の支払いはあって、税額は0だということであれば、支払年月日、人員、支給額も記載します。
給料等の支払いがなければ、人員と支給額にも0と記入します。
現在もこれからも給料を支払う予定がないのであれば、その旨税務署の源泉所得税の担当に連絡して、今後は提出しなくてもいいようにしてもらえるはずです。給料の支払いがあるなら、税額がなくても必ず提出してくださいということでした。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/pdf/choushudaka-keisansho.pdf

Q年末調整 税額計算方法(省略する・しない)

(設例1)
本年最後に支払う給与についての税額計算を省略して年末調整を行う場合(配偶者に所得がなく、配偶者控除の適用を受ける場合)
(設例2)
本年最後に支払う給与についての税額計算をした上で年末調整を行う場合(配偶者に所得があり、配偶者特別控除の適用を受ける場合)

国税庁のホームページに載っている「平成22年分 年末調整のしかた」の4.過不足額の精算・設例1~3(P49~P57)について上記のように記載されており、そこで質問なのですが、

(1)設例1の計算方法は、配偶者控除の適用を受ける場合のみ行えるのでしょうか。
(2)設例2の計算方法は、配偶者特別控除の適用を受ける場合のみ行えるのでしょうか。
(3)配偶者控除および配偶者特別控除を受けない場合はどう計算するのでしょうか。

お分かりになる方いましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

設例がたまたまそうなっているだけで、

本年最後に支払う給与についての税額計算を省略するかしないかということと

配偶者控除または配偶者特別控除の適用を受けるか受けないかということは

関係ありません。


>配偶者控除および配偶者特別控除を受けない場合はどう計算するの

その控除をしないで計算するだけです。

(本年最後に支払う給与について税額計算を省略する・しない 両方できます)

Q消費税申告書の中間納付税額の欄

決算のため消費税申告書を弥生会計で作成中です。

今期は中間納付はしていないのですが、税務署から申告書には

中間納付税額(10)
中間納付譲渡割額(21)
にすでに数字が入っています。

弥生会計のその部分は空欄になっていて、自分で入力するようになっているのですが
納付していない場合はここはそのまま空欄のまま計算するのでしょうか?

とても基本的な質問ですみません。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中間納付はしていないのに、税務署から申告書には中間納付税額、中間納付譲渡割額にすでに数字が入っているのですか。
おそらくそれは税務署のミスの可能性が高いと思います。これは税務署に確認された方がいいですね。

弥生会計については、中間納付税額、中間納付譲渡割額の欄は自動計算ではなく、手入力です。中間納付がなければ何も入力する必要はありません。空欄のままとしてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報