アート・マネジメントの勉強をしたいのですが、どのように勉強したらいいのか、よくわかりません。大学の公開講座などで、アート・マネジメントに関するものをご存知でしたら、教えて下さい。

A 回答 (2件)

最近はネットでも学べます。


http://hitomite.jp/
    • good
    • 0

kittinnjirouさんがどこに住んでいるかにもよりますが、うちの近く(浜松)の静岡文化芸術大学では公開講座があります。



参考URL:http://www.suac.ac.jp/new/summer_extensyon.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shibako74さん、ご回答ありがとうございます。
自分の住んでいる地域を書くのを忘れていたことに、たった今気が付きました。
できたら、東京近辺での講座があれば、ありがたいのですが……。
因みに、慶應義塾大学のアートセンターでは、大学院レベルのアート・マネジメント講座が開かれているそうです。しかし、私にはレベルが高すぎると思い、申し込みしませんでした。

お礼日時:2001/08/22 20:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサプライチェーンマネジメントと従来のマネジメントの違い

ただいま、経営学の勉強でサプライチェーンマネジメントについての勉強をしてますが、意味は分かるのですが、従来のマネジメントとどのような違いがあるのか分かりません。質問としては、(サプライチェーンマネジメントは、従来のマネジメントと何が違うのか?)ということでこれについて説明していただきたいのです。
勉強をする上で参考にしたいのでお願いします。出来れば、600~800字くらいの少ない文字数で簡単に説明していただければ有難いです。

Aベストアンサー

従来の物流マネジメントは、在庫管理とか配送管理とかの個別の機能の管理がなされ、しかも一企業内でなされていました。SCMは、それをメーカーの資材調達から小売りの在庫まで、”一気通貫に”マネージしようと言うもので、一企業内の物流(ロジスティックス)を総合するだけでなく、複数の企業もまたがって考えるマネジメントです。つまりロジスティックスの総合管理です。

その背景には、
1)個別のコスト削減・スピードアップが限界に来ている。一企業内を考えるのも限界。
2)リエンジニアリングの思想が影響している。
3)IT技術の発達。
などがあると考えられます。

Q中学公民・公開市場操作について

手元の教材には公開市場操作(オペレーション)について
「好況時、日銀が一般の銀行に国債を売却することで、金利が上がる」とありますが、
そもそも『国債を売却』とはどういうことなのでしょうか。
国債とは、要は借金のことですよね?
一般の銀行に借金を押しつけるから、
その銀行の資金が減少し金利が上がる、という意味なのでしょうか。
また、不況時に日銀が一般の銀行から国債を買い入れ、金利が下がるというのも同様な意味でしょうか。

よくわかりません、
易しめにお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

国債というのは、たしかに国から見ると借金なのですが、国債を持っている側から言うと、

 「国から毎年何パーセントかの利息を受け取り、何年後かに額面通りの現金を返してもらう権利」

 なのです。


 好景気すぎる(景気過熱状態)と、その権利(国債)を持っていた日銀が、その権利をむりやり一般の銀行に買わせます。

 法律でそういう権限が認められているから、一般銀行はそれを拒否できません。

 (一般の銀行を「市中銀行」といいますが、とりあえず、一般銀行と呼びます)

 買うので、一般銀行は現金を日銀に渡さないといけないので、一般銀行の金庫にあった現金は減ります。

 減ると、ふんだんに貸すわけにいかなくなります。

 それでも貸して欲しいという企業があると、一般銀行は恩着せがましく「いままでよりも○%高い利息を払ってくれたら貸してやるよ」と言います。

 質問者さんだって、財布にちょっとしかお金がないときに「貸してくれ」と言われたら、条件を付けたりして、恩着せがましく貸すでしょ?

 これが金利上昇です。

 「じゃ、借りるのやめた」という企業も相当数でるハズで、投資が減りますので、景気が悪くなります(過熱状態の解消)。


 不景気の時は逆に、一般銀行が持っている国債を強制的に日銀が買い取ります。

 没収するのではなくて買い取るのですから、代金を一般銀行に支払います。

 すると、一般銀行の金庫に現金がたくさん積まれます。

 現金は持っていても利益を産みませんから、「○%金利を下げるから、誰か借りて、金利を払ってくれないか?」と呼びかけます。

 「それなら借りようか」という企業が増えます。

 借りた企業はそれで工場を建てたり設備を買ったりして投資しますから、景気が良くなります。


 簡単に言うと、そういうことです。

国債というのは、たしかに国から見ると借金なのですが、国債を持っている側から言うと、

 「国から毎年何パーセントかの利息を受け取り、何年後かに額面通りの現金を返してもらう権利」

 なのです。


 好景気すぎる(景気過熱状態)と、その権利(国債)を持っていた日銀が、その権利をむりやり一般の銀行に買わせます。

 法律でそういう権限が認められているから、一般銀行はそれを拒否できません。

 (一般の銀行を「市中銀行」といいますが、とりあえず、一般銀行と呼びます)

 買うので、一般銀行...続きを読む

Qトヨタとリスクマネジメント

トヨタをリスクマネジメントの観点から研究考察して論文を書こうと思ってるんですが、なかなか具体的な方向性が決まりません。
何かいい案はないでしょうか?

Aベストアンサー

遠距離交際と近所づきあい 成功する組織ネットワーク戦略 (単行本)
西口 敏宏 (著)
これがトヨタの生産方式に実際生じた危機とその対処に関して書かれています。
通常リスクマネジメントというと、リスクの分散となりますが、トヨタは実際に危機が生じても、現在の生産体制(生産を分散しない)を変えようとしない。その辺を解き明かしています。

Qリーガルリスクマネジメント

リーガルリスクマネジメント論とは何ですか?教えてください
*あと現在私は大学で「企業倫理」を学習しているのですが関連する内容とかありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>「企業倫理」を学習しているのですが関連する内容とかありますか?

大いにありますね。


>>>リーガルリスクマネジメント論とは何ですか?

「リスクマネジメント」は、日本語で「危機管理」と言います。そのまんまですが。(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

ちなみに、この言葉は15年ぐらい前から企業間や世の中で大流行し始めました。
リスクマネジメントとは、予期せぬ重大な事態が発生したときに適切な対応ができること、あるいは、重大な事態が起こらないようにしておくということです。

リーガルリスクマネジメントの「リーガル」は法令を意味しますので、
「リーガルリスクマネジメント」は、万一、企業や社員などが法律違反をしてしまったときの対処法を決めておくこと、あるいは、社員に法令違反を起こさせないようにあらかじめ対策を打っておくことなどを指します。


ニュースでご存じの通り、最近、多くの会社が法律違反をしたことによって、その会社自身がダメージを負ったり、つぶれたりしていますよね。
ああいうふうにならないようにするのが、リーガルリスクマネジメントです。

こんにちは。

>>>「企業倫理」を学習しているのですが関連する内容とかありますか?

大いにありますね。


>>>リーガルリスクマネジメント論とは何ですか?

「リスクマネジメント」は、日本語で「危機管理」と言います。そのまんまですが。(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

ちなみに、この言葉は15年ぐらい前から企業間や世の中で大流行し始めました。
リスクマネジメントとは、予期せぬ重大...続きを読む

Q「マネジメント」を学ぶために

独学で「マネジメント」について勉強したいと思っているのですが、
その際参考になる書籍等教えていただければと思います。
全く一からですのでその点も考慮に入れていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 一般的に言うと意思決定に関する書籍だと思います。すなわち巷の本屋でよく目にするMBAシリーズものの、戦略論・管理論・組織論の3に分けられるのでは、さらには戦略、マーケティング、ファイナンス、アカウンティング人材管理・開発、経営学経済、統計等に細分化されると。
具体的には、10日でわかるMBAや、MBAエッセンシャルズなどが読み易いと思います、そしてその後興味があるのであるならば、グロービスからでているMBAシリーズなどを読むことで補足されると、しかしこれらはジェネラルなマネジメントに関してなので、もし強いリーダーシップも持ったマネジメントなどに関するのであればジャック・ウエルチ等の有名な経営者にかんするものを読んでみてはいかがかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報