先日、ガソリンスタンドでエンジンルームの点検をさせて欲しいとサービスマンが言うので見てもらったところ、ブレーキ・フルードのタンクにテスターのようなものの検知棒を挿し「危険ゾーンに入っているので早く交換したほうが良いですよ」と言ってきました。時間が無かったのでその場は給油だけに留めておいたのですが、気になるのでテスターの意味についてご存知な方、教えてください。やはり変えたほうが良いのでしょうか。ちなみにブレーキ・フルード量に問題は無く、車両の走行距離は50,000キロ、製造はh5.12です。

A 回答 (3件)

mol濃度とかの言葉を知っていらっしゃるのなら、結構ご存知なのですか?


一応、濃度と言った言葉の意味をお知らせしておきます。

ブレーキフルードは水溶性の原料を使用しているため、空気中の水分を吸収する性質があります。
フルード内に水分が吸収されまして、オイルが徐々に変化していきます。
これを分かり易いかと思いまして、濃度の変化と申しました。

水分が大量に含まれたブレーキフルードは沸点が大幅に下がり、ブレーキの摩擦熱が沸点を越えると、含まれた水分が蒸発し、気泡が発生します。
気泡ができると、ブレーキペダルを踏んでも気泡が圧縮されるだけで、ブレーキがほとんど効かない、きわめて危険な状態になります。
(この現象をベーパーロック現象と言います)

また、水分が多く含まれると、ブレーキ内部の錆びつきなどの原因にもなります。

こんなところですかね。

フルードの説明は、以下のホームページに詳しく書かれておりますので、ご参考にどうぞ。(私もこのページを参考に上記のお答えを出させて頂ききました。)

では。

参考URL:http://www.mesaco.co.jp/zz/japan/manual/8.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブレーキフルードが吸水性だと言うことを知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 22:17

確かにブレーキ液は劣化するとまずいけど


ブレーキ作動が出来なくなっちゃう程劣化していれば
ブレーキ踏めば効かないから分かります。

ガソリンスタンドもガソリン売ってるだけじゃ
儲からないからなんか色々売りたがるよね。
俺はスタンドでは絶対に点検させません。
この間、洗車をたのんだら勝手に点検されて
交換したばかりのバッテリーなのに電圧下がってます。
交換しないとマズイです。と言われて、テスターまで
見せられた。確かに下がっていたが自分のテスターで
計りなおしたら良好レベル。
スタンドのテスターは電圧かなり低めに出るみたい。
そのテスターなおした方がイイよって言ってやりました。
点検は自分でやるか信用出来るお店でやるのが一番です。

この回答への補足

ガソリンスタンドの経営については承知しています。
申し訳ありませんが、当方バッテリーではなく、ブレーキ・フルードのテスターについて質問しています。

補足日時:2001/08/10 00:15
    • good
    • 0

これに関しては、どうでしょうね。



まず、車検などを行った際に、フルードを交換しているかが問題になると思います。
通常、フルードの交換は、20,000km以上になると交換時期だったと思います。
大体2~3年に1回ですね。
(車の整備書や取扱説明書に記載されていますので、確認してみてください)

ディーラの点検や車検工場に出すと、大半が距離数を見て交換をします。
平成5年としますと、2回は車検を通してると思いますが、この時交換なされましたでしょうか。
もし、一度も交換した覚えがない、整備書でも交換の記述が無いというのであれば、スタンドの方の言うとおり交換時期をテスターが示したのでしょう。

ただ。。。。
このテスターは、濃度を見るだけなので、走行停止から数時間たたないと正確には測れません。
走行すると、フルードは攪拌、過熱されていますので、テストできなかったと思います。

まあ、スタンドのチェックというのは、大半が素人のチェックですので、あまり信用はありません。

もし、心配であれば、ちゃんとしたディーラや自動車整備工場にお持ち頂き、チェックを行った方がよろしいかと思います。

では。

この回答への補足

テスターでmol濃度を測るのでしょうか?
そもそも量が減っていないのに濃度が変化すると言うことは、どのように変質するのでしょうか?

補足日時:2001/08/10 00:13
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテスターの電流の測定の仕方

ディジタル式のテスターで電流を測定したいのですが、よくわかりません。

まず、本体のテスター棒を差し込む穴は3つあり、ひとつは黒で「COM」とあります。赤が2つで、一方は「VΩmA」とあり、もう一方は「10A DC」と書いてあります。

そして電流側のレンジは「A=」の枠に、200μ、2000μ、20m、200m
があり、もうひとつ白いバックに黒く10A=
とあります。「=」は上が実線、下が点線の「直流」のマークです。

ここで直流電源3V、ピンチオフ電流が12.0~18.0mAの定電流ダイオード(石塚電子 CRD EシリーズのE153)、定格電流20mAのLEDを直列につなぎ、そこを流れる電流を測定したいのですが、テスタの設定をどのようにして入れればいいのでしょうか?

実際試してみたのですが、
黒のテスタ棒を「COM」、赤のテスタ棒を「VΩmA」としてレンジを20mにして、テスタを直列に入れてもメータは0のままでした。LEDは暗く光りました。

次に、黒のテスタ棒を「COM」、赤のテスタ棒を「10A DC」にしてレンジを10A=にしてはかったら、表示は「0.02」とでて、テスタ棒の差込はそのままで、レンジを20mに変えても表示は0のままでした。(当然と言えば当然ですが)。LEDは明るく光りました。

質問は、
1、テスタ棒(赤)をVΩmAにし、レンジを20mにして測定しても表示が0であるのはなぜですか?

2、10A DCの穴(赤)はどういう意味ですか?また、VΩmAとの違いは何ですか?

3、表示で「0.02」と出ましたが、それは20mAが流れていると言うことですか?

です。長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

ディジタル式のテスターで電流を測定したいのですが、よくわかりません。

まず、本体のテスター棒を差し込む穴は3つあり、ひとつは黒で「COM」とあります。赤が2つで、一方は「VΩmA」とあり、もう一方は「10A DC」と書いてあります。

そして電流側のレンジは「A=」の枠に、200μ、2000μ、20m、200m
があり、もうひとつ白いバックに黒く10A=
とあります。「=」は上が実線、下が点線の「直流」のマークです。

ここで直流電源3V、ピンチオフ電流が12.0~18.0mAの定電流ダイオード(石塚電子 CRD Eシリ...続きを読む

Aベストアンサー

3. 表示が0.02Aということは、20mA流れている、ということでOKかと思います。
2. 10ADCは10Aレンジの専用端子かと思います。
テスターの入力には保護のためにヒューズが入っていることがあります。
10Aのレンジでは、大電流を測定するため、それに応じたヒューズが入っている専用端子を設けているかと。

1.デジタルテスターの電流レンジでは、定格電流を流すと結構大きな電圧降下があります。(大体、定格電流を測定すると、電圧の最低レンジフルスケール程度の電圧降下が起きます。)
直流電源の電圧が3VとLEDの電圧降下やCRDの必要電圧と比べると、充分ではないかと思います。
20mAレンジの場合にはテスターの内部抵抗が直列に入ったために電流値が低下したのではないでしょうか。
(石塚の12-18mAのCRDを正常に動作させるには、CRDに5V程度以上の電圧をかける必要があるようです。LEDの順方向降下を考慮すると、直流電源としては、(LEDの色にもよりますが)、電源電圧は7V程度は必要かと思います。)
10A端子の場合、内部抵抗が低いので、それなりに電流が流れてLEDが明るく点灯したのではないかと。

3. 表示が0.02Aということは、20mA流れている、ということでOKかと思います。
2. 10ADCは10Aレンジの専用端子かと思います。
テスターの入力には保護のためにヒューズが入っていることがあります。
10Aのレンジでは、大電流を測定するため、それに応じたヒューズが入っている専用端子を設けているかと。

1.デジタルテスターの電流レンジでは、定格電流を流すと結構大きな電圧降下があります。(大体、定格電流を測定すると、電圧の最低レンジフルスケール程度の電圧降下が起きます。)
直流電源の電圧が3V...続きを読む

Qガソリン携行缶からの給油と、車の給油の違い

ガソリン携行缶の使い方として、缶を開ける場合は一旦気圧を下げる必要がある、との報道がされています。
車の給油の場合では、特に手動で気圧を下げることはしていませんが、どういう違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ガソリンが膨張して気化(ガス化)することはわかりますよね。

ガソリンタンクはあらかじめこれを想定しているので満タンにしてもある程度の空間が残るんです。

だから#2さんが回答しているようにキャップをあけるというアクションでガスが抜けるんですね。

給油のときは普通は「ガソリンが少ない」ですからこのガス圧でガソリンが噴出することはありえません。

今回のケースではおそらく携行缶に空き空間を考えずギリギリまで入れていた・・・ように思えます。

だからキャップを開けた途端にガスが抜けた同時に携行缶の給油口ギリギリまであったガソリンが噴出したのでしょう。

一般的には携行缶に入れる場合、容量の98%までとされています。こうすることで気化したガソリンがキャップを開けたときに抜けてもガソリンが噴出す事態は避けられるんです。もっとも今回は非常に気温が高く、内圧が上がりやすい状態だったので98%の容量であっても噴出した可能性はありますが・・・。

ガソリンスタンドで「給油口ギリギリまで給油された」経験ってありますか?もしくはセルフスタンドで少しでも多く・・・って入れていたらあふれちゃったとか給油口ギリギリまで油面が上がってしまった・・とか。

通常、こうなっても「ガソリンが減るまで開けることはない」から問題ないのですが、もしギリギリまで給油直後に少し走行してキャップを開けたら・・・今回のようにガソリンが噴出すことは十分考えられます。

私の友人がこのガソリンを入れたときに店員が誤って溢れさせたことがありました。

10分くらい走ったあと、後ろを走行していた友人があまりにもガソリン臭いということでその友人が給油口を開けてしまったんですよね。その途端、ガソリンが1mくらい噴出しました。幸い、タバコも吸っていないし熱源もなかったので問題なかったですが・・・。(こんなことも想定して通常はマフラーと給油口は左右反対の位置関係にあります・・・例外もありますが)

ガソリンが膨張して気化(ガス化)することはわかりますよね。

ガソリンタンクはあらかじめこれを想定しているので満タンにしてもある程度の空間が残るんです。

だから#2さんが回答しているようにキャップをあけるというアクションでガスが抜けるんですね。

給油のときは普通は「ガソリンが少ない」ですからこのガス圧でガソリンが噴出することはありえません。

今回のケースではおそらく携行缶に空き空間を考えずギリギリまで入れていた・・・ように思えます。

だからキャップを開けた途端にガスが抜けた...続きを読む

Qデジタルテスターによるバッテリーの測定

車やバイクのバッテリーの電圧を測る場合、+端子にテスタコードの+(赤色)、-端子にテスタコードの-(黒色)を繋いで測定すると思います。(並列接続になっているはずです。)

電流を測る場合は直列に繋がないといけないので、バッテリーのような完成した回路を計るのは難しいと思います。

もし、電圧を測るときと同じように(並列接続)にし、テスタのつまみを電流に設定して測定したらどうなるのでしょうか?

テスタが壊れるのでしょうか?

Aベストアンサー

0オームに近いテスタの両端にバッテリの電圧がかかり、
大電流が流れ、テスタが壊れるか
テスタ内蔵の保護回路が働きます。

既存回路を「切らずに」電流を測定する器具として
「クランプ式」のものがあります。
洗濯ばさみのような形状で、電流が流れてる線を
取り囲むようにはさむことで電流を測定するものです。

あまり小さな電流は測れないとか、
クランプすればそれなりの影響を与える、というのは
一般の測定器同様です。

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/marusan-hobby.jp/g/Graupner1958/index.shtml
http://www.mandc.org/MandC/include/html/tech/70101.htm
http://www.multimic.com/measuring/measuring4/cat4_3_1.html

Qガソリン給油時の自動的に給油をとめている方法

セルフのガソリンスタンドで給油するたびに疑問なのですが、車の給油口にノズルを入れてハンドルを握り給油をします。必ずちょうど満タンぐらい給油すると自動的に給油がとまります。車種や給油前に残存していた燃料の量に関係なくです。

給油ノズルの先にセンサーがついていて先端部にガソリンが接触すると止まるとか周りは言っていますが、そんな手元までガソリンが来ているとも思えません。

いったいどのような仕掛けでガソリンが満タンになったことを検知して給油をとめるのでしょうか。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

>給油ノズルの先にセンサーがついていて先端部にガソリンが接触すると
>止まるとか周りは言っていますが・・・

半分正解といったところでしょうか・・・。
たしかに以前の給油ガンは先端のセンサーに飛ぶしぶきを感知して
オートストップが働くモノもありましたが
今では空気の流れや気圧をセンサーが感知して
オートストップが働くようになっています。


過去に同様の内容の質問がありましたのでそちらもご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236756

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236756

Q電気を図るテスターについて。

テスターで電圧でしたっけ? を図る時例えば車のバッテリーならプラス端子とマイナス端子にテスタの針を同時に当てたり、家庭内のコンセントの穴に右左テスターの針を突っ込むと値(電力など)が計れますよね?
いつも思うのですが感電やショートしたりしないですよね?
何故なんですか?
極端な話、針金等突っ込むとえらいことになるので不思議に感じてます。

Aベストアンサー

テスターの中には抵抗が入っており、
電流が流れにくくなっています。

レンジを切り替えて、抵抗値を変えることにより、
違った電圧も同じメータ(アナログの場合)で見ることが可能です。

高い電圧を、低いレンジで計測しようとすると、
針が振り切れてメータを壊す場合があり得ます。

感電やショートといったモノは、回路を形成してそこに電流が流れるため、
感電したりショートしたりしてしまいます。

極端な話電位差が無ければ、感電やショートは発生しません。
高圧線の所に人がぶら下がっても、そのままでは感電せず、
電位差のある場所に接地して電気が流れて感電します。

日本で行っているか判りませんが、海外では高圧線の作業を行うときに、
高圧線の電位まで人体の電位を高めてから高圧線にぶら下がります。
うっかり接地して電気が流れたらアウトですが・・・

ちなみに、市販の安いテスターであれば耐電圧が1000V程度なので、
電圧の高い物は計測できません。
高電圧を測る物は、直接リードを接触させずに計測しています。

高電圧計測のテスターは分解能が低いので、
微少な電圧の変化を判定することは不向きです。

市販のテスターも、
レンジにより分解能(どれだけ細かく測れるか)が異なっている物が多いです。

針金を突っ込んでも、間に抵抗が入っていればショートにはなりません。
トランスなどのようにコイル状に巻いた長い針金(巻いている所は絶縁要)であれば、
針金自体が抵抗となるので短い針金を突っ込むのとは違い、ショート(短絡)にはなりません。

電圧が高くなると絶縁が難しくなってきます。

テスターの中には抵抗が入っており、
電流が流れにくくなっています。

レンジを切り替えて、抵抗値を変えることにより、
違った電圧も同じメータ(アナログの場合)で見ることが可能です。

高い電圧を、低いレンジで計測しようとすると、
針が振り切れてメータを壊す場合があり得ます。

感電やショートといったモノは、回路を形成してそこに電流が流れるため、
感電したりショートしたりしてしまいます。

極端な話電位差が無ければ、感電やショートは発生しません。
高圧線の所に人がぶら下がっても、そのまま...続きを読む

Q給油所にある給油ポンプについて

いつもガソリンスタンドで給油する時にいつも思うのですが、スタンドにある給油ポンプはどうして満タンになれば自動で止まるのでしょうか?

ノズルを給油口に差し込んで、レバーを引けばガソリンが出ますよね?。
満タンになりますと、勝手に給油が止まります。
この止まる仕組みを教えてください。
どこかにセンサーでもあるのでしょうか??。
これといってセンサーは見つかりませんが...。

実を言うと、今日セルフスタンドで満タンにしようとしたら、センサーが働かなかったらしく、あふれてしまいました....。結構アバウトな仕組みなのかぁ??

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

昔スタンドに勤めてました。

セルフで給油中の出来事と言うことでよろしいでしょうか?

機種によって違いますがノズルの先の下か、ノズルの出口が2重になっていて
ガソリン等を給油している時、送り出した分だけタンクから
押し出されてくる空気をそこで感知して
ノズルの先にガソリン等が来て空気が遮断されると給油が止まります。

ですからノズルを浅く差し込んでいたり、変に斜めに
差し込んでいたりすると
遮断が間に合わなかったりセンサーの働きが鈍ったりして
止まらなかったり、あふれたりします。

また一部の車種でガソリンタンクから給油口までの距離が
以上に短いものがありこの車種はあふれやすいですね。


稀な例として給油レバーを握っていて満タンで止まる時
レバーの関節が外れるような感じがあると思いますがアレが壊れていると
結構大変なことになります^^;

Q車のクラクションが鳴らない断線なのかテスターで調べたい

車のクラクションが鳴らなくなってしまい困っています。
断線なのかホーンの故障なのかテスタで調べたいのですがどうやって調べたら断線しているかしていないのか分かるのでしょうか?
コネクタを外して測定しても変化なし断線かと思い確実に断線していないヒーズがある箇所を測定しても変化なし。正しい測定方法が分からないです。

Aベストアンサー

ホーンリレーを探してください。エンジンルームのリレーボックスの中に有ると思います。リレーを外します。電源、ホーン、ホーンスイッチの端子があります。電源をテスターやテストランプで探します。3箇所とも電気が来ていなければヒューズからリレーまでが悪い。電気来ればそのところが電源です。電源とホーン、電源とホーンスイッチを交互に短絡、ショートさせます。ショートさせるのは極短時間にする。この時、ホーンが鳴ればリレーかホーンスイッチの故障です。鳴らなければホーンかホーンまでの配線です。この時ヒューズが切れればどこかで配線等がショートしています。

Q後続車に煽られたので急ブレーキを踏みました。接触なしですが、これって違法ですか?

2車線の道路で車線変更をしたら、後ろのトラックには無理な車線変更に映ったようで、後ろのトラックは車間距離をせばめて、左右に振って威圧的に走ってきました。
カチンときたのと怖くなったのの両方で、当たらない程度に急ブレーキを踏み、相手が減速しきったときに加速して逃げることにしました。
急ブレーキ後加速しましたが、渋滞につかまってしまい、信号待ちで追いつかれてしまいました。
トラック運転手は降りてきてこちらに来ました。怖くて無視していたら、逆上して車のガラスやボディーをばんばん叩いてきました。目立つような傷はないです。
結局、自分が謝ってその場を収めましたが、このときはどうすればよかったのでしょうか?警察に連絡すればよかったのでしょうか?
また、相手の運送会社の名前とナンバーは控えたので、相手の会社に電話して、運転手に厳重に注意をして欲しいのと謝罪が欲しいのですが、電話したことで、わざと急ブレーキを踏んだことが分かり、逆に訴えられたりしないでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。内容を読みましたがどちらも悪いと思います。自分はトラックも乗ってますがトラックの前に割り込むのはやめた方がいいですよ?満載時は急に止まれないから車間を取っているだけでなのでイキナリ割り込む事で急ブレーキ→荷物の破損又はおかまをほってしまう。その損害は自己負担がほとんどです。
もし、割り込むなら手を出すとかハザードを出して「ありがとう」の意志を出すべきです。また、貴方がした行為でトラックの後ろが事故を起こせば貴方の責任ですよ?後続がバイクやワゴンなら確実にトラックの後ろに刺さり大事故ですし乗用車ならトラックの下にもぐり下手すれば死亡します。
今回は貴方にも悪いとこもあるので勉強と思い次にいかした方がいいです。
もし次も絡まれたら即、通報してあいだに入ってもらう事をススメます。
自分ばかり考えず他の車も良く見て気分良く走りましょう。

Qテスターのレンジ選択ミス

画像のような安価なテスターを使用しています。
先日なんですが、100Vの電圧を測るのに、DCレンジの200の所で、センサー棒をコンセントに差し込んでしまいました。
数字が表示されましたが、すぐにテスタ棒を抜いたので、数字は覚えていません。
ミスに気づき、ACレンジの200の所で測りなおして、101.5Vと表示されました。

ここでちょっと疑問なのは、DCレンジで交流を測った事に関して、テスターは、故障しないのでしょうか?
また、コンセント側は、テスターのレンジをDC測定で行った事に関して、ダメージはないのでしょうか?

Aベストアンサー

DCレンジで交流を測った事に関して、テスターは、故障しません。(表示される測定値が不正確な値になるだけです)

また、コンセント側は、テスターのレンジをDC測定で行った事に関して、ダメージはないです。(電圧測定ではACでもDCでもテスターからコンセント側に供給されるエネルギーはありませんので大丈夫です)

Qブレーキパッド ブレーキローター 摩耗

(1)原因を知りたいです
(2)現在よりローター攻撃性の少ないスポーツ走行用パッドお勧めを教えてほしいです

◆ブレーキスペック
シルビアS15
ECR33TB用キャリパー
プロジェクトμ  HC+
ENDLESS  カービングスリットローター
キノクニ  ステンメッシュホース
WAKO'S  SPー4

◆使用環境
街乗りと高速道路がメイン
月1回くらい峠を流す程度
二月に1回くらいドリフト走行会

普段の街乗り~高速道路は車に負荷を掛けたくないのでもんのすごく丁寧に乗っています。

3000~4000km走行ですでにローターに段が出来始めているのですが、これくらいなものなのでしょうか?
キャリパーが強すぎ?
HC+ってローター攻撃力高い?
逆にエンドレスローターが柔らかい?
パッドとローターの組み合わせが悪い?

Aベストアンサー

自動車競技している者です。ドリフト・・・ビスカスのロードスターでちょっとやった程度ですが。普段はジムカーナをしています。

HC+、当方も昔FFのフロントで使っていましたがかな~り攻撃性が強いです。効きの強いパッド=ローター攻撃性が高いが基本で、HC+はまさにその効きの強いパッドです。正直、3000~4000kmで段ができ始めるのは普通のことだと思います。ご存知かもわかりませんが、HC+はメタルパッドです。普通の車に装着されているパッドはノンアスベストパッドです。名前からも想像できますがHC+には金属が含まれています。攻撃性は強くて当然です。けどそのぶんびっくりするくらい効いたのを覚えています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報