ちょっと変わったマニアな作品が集結

コロナ対策ですが、今の日本の対策は限界にきているのではないかと思います。
つまりクラスターを潰す。というやり方です。東京などは感染経路を追いきれない状態になっています。
私も以前より何故検査を少なくしているのかという事に疑問がありました。
オリンピックが関係している様に考えられました。しかしもう欧米を、みましょうよ。と言いたい。
早く対策を変えていかないと欧米と同じになる。病院崩壊が起こったら終わりです。
皆さんの意見、考えを教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 経済面の問題もあるが、今はそんな事を言っている場合ではない。
    オーバーシュートが起こる前に、経済活動のストップをしなければならない。
    日本の対策は限界にある。今更、そこを問題にはしない、今直ぐにでも、欧米の例に倣わなければならない。
    認識が甘い。

      補足日時:2020/04/01 18:40
  • 安倍晋三何をしている。
    小池何をしている。
    躊躇している時間などない、やるべき事は人の移動のストップと医療崩壊のストップだ。

      補足日時:2020/04/01 18:48
  • 削除するのはあんたの方でしょ。
    ママがどうしたって?おかしな回答をしたのはどっち?
    ドイツのどんな対策が、どんな犠牲を出したのか具体的に書きなよ。

      補足日時:2020/04/01 21:33
  • 完全に○○○がおかしい回答者が下にいます。自分の回答を省みる事なく質問者を侮辱しておきながら、自分が同じ事をされると削除を、してもらう。
    流石、安倍信者だと思いますよ。

      補足日時:2020/04/01 21:36
  • 感染者を隔離する為の病床を増やす事を早急ににしないとそれこそ医療崩壊になります。
    国はやるべき事を早急にしてもらいたい。

      補足日時:2020/04/02 03:57
  • 日本のやり方が正しいなどと(何をしたというのか疑問しかないが)回答している回答者がいるが、コロナの感染力の強さを理解していない。
    厚労省が固い。相変わらずどうしょうもない省だ。
    グダグタしている時間が勿体ない。
    コロナ検査を広めて、病床を増やすやり方を今からでもやらなければ間に合わなくなる。

      補足日時:2020/04/02 09:01
  • 頭が固い人物の理解度はその程度。よく勉強した方がいいよ。
    呆れて話になりません

      補足日時:2020/04/02 09:20
  • ○○な回答者様へ
    因みに政府の専門家会議が国、東京等にもっと強い対策を要求している。これは何を意味しているのか、よく考えた方がよい。
    ノーベル賞の山中先生の提言をよく噛み締めて理解すべき。
    厚労省の様なダメダメな省が日本を危機に晒す事になる。あんたと同じ堅物。
    (年金問題でどれだけのヘマをやらかしたかをみればそれがわかる)

      補足日時:2020/04/02 09:27
  • 間違ってならない事の中で一つ言っておきたいのは、欧米と違い日本で今のところ爆発的にコロナが広がらなかった理由は日本人の文化と人間性があるという事です。
    生活する中で清潔に対する意識が高い。また、欧米と比して他人との接触に対しても日常的にハグやキスの習慣がない。そして、政府の要請に対しても多くの日本人は従うことができる。つまり、これまでは政府の対策が功を奏したというよりは国民性の理由から今の状態にある。という事だろうと言えます。
    しかし、この状態がこのまま続くとは言えない事は明らかでしょう。
    今後は国が地方知事がきちんと対策をとって貰いたい。また、厚生省は省の面子なのかどうかわからないが国民の為にどうすべきかを真剣に考えて貰いたい。

      補足日時:2020/04/02 10:38

A 回答 (10件)

お礼への返信


本当にその通りに思えます
縦割り行政の欠点でしょう それを動かすのが政治の力 それが弱い。
我々も 行動に気を付け廻りの親族、家族、友人達とも連携して乗り越えましょう。

昨日も書いたのですが 量販店に子ども連れの親子 子どもは2人親子ともマスク無しで子どもははしゃいでました、選択肢として車に残すも有ったはず 私たちの意識も低すぎます。
罰金を科せ無ければ出来ない民族だけにはなりたくない物ですね。

首長達も少し気合いを入れて頑張ってほしいものです。
小池都知事が営業妨害 と東京のカラオケ業者が質問をしてました、
釣りならいいが 本心なら情け無いことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
仰るとおりだと思います。
欧米では『これは戦争だ、コロナとの戦争』とまで言っていますが、まさにそんな気がします。

お礼日時:2020/04/02 13:39

あなたの言うことも正しいと思う。



対策しても一緒でしょ 国民の自覚が足りないので一気に増えた、
2週間前の行動が患者数に今繁栄している 自粛要請が出てるのに遊び廻ってる連中のツケだよね、
強制力の無い非常事態宣言掛けても一緒だよ。
どれだけピーク時の患者数を平にするかの正念場
諸外国は最初から強制力のある非常事態宣言で対応してる だがダメだよね。

正解は結果論でしか無い
医療従事者の偉い先生も一枚岩で無く 自分の意見や信念優先で少しでも違うと反発する科学の脳だ、少しでも違うと異常なまで反発する だが一切責任は取らない人種だよ。

>感染者を隔離する為の病床を増や…
これも国の仕事では無い 地方がやるべき事、
大阪や和歌山、北海道では準備を整えてるよね 首長(小池さんを含め)がバカね地方は死んじゃうよ、国に丸投げする小池さん自覚が一番無いよね。

今の状態を続けるのと 一切の行き来の閉鎖、どちらがいいのかは意見が分かれるだろうが 日本は今の状態で続けると判断した分けだ それに添う行動を取るのが先決だよ、
最初から指示に従っていれば結果は変わってるのも事実 正解は無いよ。

だいじょぶだ〜。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
たしかに正解は誰にもわからないという事でしょう。
しかし、外国の事例をみてハッキリ言える事は、感染者が爆発的に増えた時、病床が無くなり、医療崩壊に繋がる。という事です。
したがって少なくとも、その為の準備だけはしておく必要がある。という事です。
大阪の様に早めにいろいろな事を進める知事もあれば、オリンピックを控えて遅れている東京都。地方都市で独自に行う事のできる事はやれるが、厚生省の許可が必要な内容も多々ある様です。しかし、そこを頑として許可しない厚生省は何を考えているのかわかりません。また、公共施設の利用に関しては国の指示で可能な箱物も沢山あるし、国から指示されればそれに従う。、という一般施設もある。
国が率先してもう少し踏み込んだ対策が必要でると考えます。

お礼日時:2020/04/02 10:22

ドイツ政府 軽症者は自宅待機 ⇨ 犠牲者(死者)931名


日本政府  陽性者全員入院  ⇨ 犠牲者(死者) 57名

4月2日時点のworldmeterの数日だから国別の集計ラグはあると思うけど、あなたのレベルならこの程度の(粗さの)事実認識から思考スタートして良いと思うよ。
    • good
    • 1

>国は何をやりましたか?



韓国政府が何をやって何人の犠牲者を出したのか?
ドイツ政府が何をやって何人の犠牲者を出したのか?

君のママが何をやって、何人の犠牲者を出したのか?

本当にそんな事に興味があるの?
    • good
    • 1

お礼ありがとうございます。



> それに対する出足が遅いと感じるのは私だけでしょうか。

「出足が遅い」と言うより、収束の時期が読めず、苛立っている人がほとんどとは思いますよ。
従い、何らか次の対策を期待すると言うのが、正確ではないでしょうか?

ただ、次の対策とは、先の回答の通り、経済活動の停止を伴うものであり、現時点で緊急事態宣言を発令した場合、それがどれだけの期間に及ぶか判りません。
あるいは、これも先の回答と同じになりますが、評価は事態が収束した後にしか判りませんので、現時点で「中途半端に長引かせる今のやり方」などと言える根拠も無いですよ。

言い換えれば、ピークや収束期が見えないことに対し、苛立つのは私も同様です。
しかし、ピークや収束期が見えない中では、「この対策が正解」などと言うものも、存在しません。
更に言えば、二次ピークなども起こり得るので、甚だ厄介です。
苛立つ気持ちで、「早く次の対策をしろ!」が正解かどうかは、私は判断出来ません。

ただ、「先ず優先すべきは何か」は明確で、やはり先の回答に書いた通り「救える命を救う」が最優先であり、これは国家の最重要責務です。
そのために、「医療崩壊」「オーバーシュート」などを防ぐ訳ですが、これらは最優先目的を達成するための「手段」や「二次的目的」です。
一方の「経済死を防ぐ」も重要な目的で、完全に無視も出来ませんが、緊急事態宣言と言う手段は、こちらの目的達成とは相反する性質と言う構図です。

都市部のオーバーシュートを防止するためだけであれば、経済死などは覚悟で「首都のロックダウン」もアリとは思います。
中国の情報の信憑性はさておき、武漢封鎖は、それなりに効果はあった様ですから。
でも、これだけ複雑な状態に対し、「これが正解」と言う対策を導き出すのは、恐らく人智を超えるものではないか?と思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
当面すべき事の中で公共施設において病床を確保する為の手立てを国が行う事です。病院崩壊の中で医師や看護師を増やす事はできませんが、箱を(病床)増やす事は可能です。
やる事は有り余るほどあるが、当面の優先順位は病院崩壊を防ぐ為の手立てです

お礼日時:2020/04/01 16:04

今後は、勝って兜の緒を締める、と覚悟して日本独自のインテリジェント作戦を実行するべきと思う。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
日本独自の知力、知性を発揮してコロナを克服してもらいたいと思うのは国民として当然ですが、せっかく、良くも悪くも他の国の事例があるわけですから、参考にすべきところは参考にすべきだし、この様な問題は決断とスピードが要求されますのでじっくり思考している問題ではないという事をつくづく感じさせられます。
(日本で欧米の様に急激に広がなかったのは文化の違いと日本人の規律を欧米と比して重んじる人間性にあったのだろうと私は解釈します。国は何をやりましたか?)

お礼日時:2020/04/01 10:48

日本が万全の対策が出来ているか?と言うと、全くそんなことはないです。



たとえば、いわゆる「水際対策」などは失敗しています。
ただ、水際対策に成功した国も無いし、そもそもパンデミックに至った感染症の水際対策など、現実的にもほぼ不可能でしょう。
従い、失敗したと言うよりは、そもそも出来なかったと言う方が、正解かも知れません。

一方、現時点の対策は「封じ込め」の段階の後期で、クラスターへの警戒や、感染拡大のピークを遅らせると共に、ピーク値を抑制し、医療崩壊を防ぐことなど。
割と早々に感染者が確認された日本が、欧米諸国に比べ感染拡大の速度は遅い点からは、封じ込めステージは、まずまず成功していると考えられます。
また、そもそも封じ込めは、いずれ訪れるピークのコントロールが目的であって、現状の感染拡大傾向は想定内です。

問題は、最近は都市部でオーバーシュートの兆候が見られることで、そろそろ非常事態宣言を発令し、次のステージに移行する可能性があるのですが。
そこでもう一つ、我が国が警戒せねばならないことは、経済問題とその対策。
すなわち、次のステージに移行すれば、かなりの経済活動が制限されます。
端的に言えば、法的根拠のある経済活動の自粛を発令した場合、影響を行けやすい業界では、日本を代表する様な企業が倒産する可能性も生じます。
体力が乏しい中小零細企業や個人営業の店舗などは、続々と倒産するでしょう。

とは言え、財政出動して救済に動けば、財政が急速に疲弊する上、本年度の税収も激減で、次年度以降、財政破綻のリスクも懸念されます。
ちなみに、財政破綻リスクを回避するには増税ですが、財政出動が20兆円規模だと、消費税率で言えば+8%に相当します。
コロナ禍により、近い将来に+5%程度の消費税増税が行われても、全く不思議じゃありませんが、そうなると企業や富裕層は、日本から逃げ出しますよ。

無論、目先の救える命を見殺しにしてもいけませんし、それが最優先課題ではあります。
しかし日本としては、非常事態宣言の発令も慎重に行わねばなりませんし、経済活動の自粛はなるべく短期間とする必要もあります。

日本の場合、「コロナ禍」と「経済死」の被害を比較すれば、経済死の方が遥かに影響が大きい可能性が高い訳です。
言い換えれば、欧米の早急な対策は、そう言うリスクは、イマイチ考慮していないとも言え、それらのバランスで考えた場合、「どの国の対策が良かったか?」と言うのは、コロナ禍が沈静化した先にしか評価は出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
たしかに経済面との兼ね合いが一番の問題だと思います。
今日経済連の代表者が会見を開いて、個人的な意見ではあるが、中途半端に長引かせる今のやり方を批判してました。
何れにしても、感染者が急増する懸念は間違いなくありますから、その時に事前に対策を考えおく事の必要性は誰もが否定しないはずです。
それに対する出足が遅いと感じるのは私だけでしょうか。
やる事は山の様にあるので、それを全て完全に行う事は無理です。であるならば先ず優先すべきは何か。ここが問われているのではないかと思います。

お礼日時:2020/04/01 10:36

>感染者を野放しにしている事と同じだからだ。



感染者を野放しにしたくなければ、国民全員検査を実施しないといけない。しかも昨日陰性だった者が本日陽性になるのだから、陰性者は毎日再検査しなくてはいけない。これが実現不可能だから、国民の中から誰かを選んで検査をする以外に方法はない。

TV朝日の玉川徹様らの意見は、希望者全員を検査すれば要じゃないか!と言うものであり、
日本政府の方針は、保健所又は医師が必要と認めた者に関して検査をすると言うものである。

日本政府の方針によって、今までのところ先進国で一番犠牲者が少ない。ま、台湾も国家とみなせば、台湾と日本が同じように少ない、と言うべきだね。

野放しという表現を使いたくないが、支柱に感染者がいるという現実を見据えて、重傷者に高度な対症療法が届くように、医療崩壊を防ぎつつ、国民の外出を抑制し、感染カーブを平坦にしてゆくことが求められる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
国民全員を検査するなどといった極端な話はしてません。当たり前です。
はっきり言えることは、今のやり方は限界に来ている事の自覚を持つことです。
そして、その為の対策を早く行う事です。

お礼日時:2020/04/01 10:20

欧米の対策と日本の対策は違う


日本は緩やかに拡散 そのスピードと広がり状況のコントロールをはかってる、
要はジックリ時間を掛けて重傷者を出さないように広め 免疫を付ける作戦だ、ある程度広まれば終息する(移らない抗体のある人間が増えると広がらない)。
メリットは今後コロナの感染者が出にくくなる。
デメリットはコントロールしにくい。

欧米は一気に終息を謀るため 移動を極力無くす
罰金まで取って移動の制限を課す。
デメリットは終息後でも又広がり同じ事の繰り返しになる、結局ワクチンが出来ない限り終息しない方法だ。

外出の自粛も守られていない
学生達は 休みと思い遊んでいるしね、学生(子どもの)のコントロールも出来ない 親や大人達の責任だ。
若者はデング熱の蚊と同じ 媒介して移していく、結局死ぬのは家族の親なんだがね。

今日も買い物の時(朝8時ジャパンで)車でお母さんが子どもを連れて(2人の子ども連)マスクも無し 一緒に買い物を、
車で待たす選択肢は無いようだ それが今の意識だと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
広がるスピードを緩め、その間に免疫力のある人間の数を増やす。というやり方は感染力の弱い遅いウィルスが対象と聞きました。つまり、このウィルスはそれに当てはまるのか疑問です。
然も、拘束力のない要請で感染を広げない事を国民に要求してますが、一方で広がる事を容認していながら、広がる事を抑制しようとしています。
はっきり言えることは、高齢者はその免疫力が極端に少ない。、ということです。
検査対象を広めない事は目に見えない感染者を野放しにする事です。つまり、それは免疫力のつく対象者をつくる事と同時に感染者を拡散する事と同じだという事です。
この方法はいずれ破綻することは目に見えています。私はその様に思います

お礼日時:2020/04/01 10:13

今までのところ、どの先進諸国よりも被害者が少ない日本は初戦で成功したと言って良いでしょう。



今後は、勝って兜の緒を締める、と覚悟し、大量の犠牲者を出し続ける欧米諸国の失敗から学び、日本独自のインテリジェント戦略を進めないといけないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
成功しているかの様に見えますが、果たしてその因果関係が国の政策が正しかったという理由なのか。については疑問があります。
検査が極端に少ないという事の理由が感染者の数を悪戯に増やさないという事らしいが、つまりはそれにより病院に入院する数を増やさない事で、重病者だけを入院させる。という事らしい。たしかにその事で病院崩壊は一時的に逃れる事ができる。しかし、いずれはこの方法であれば、これは崩れる。
何故なら、症状に現れない人や軽い症状の人が感染を広げる事になるからだ。感染者を野放しにしている事と同じだからだ。検査をしっかり行い、感染者を何らかの形で隔離しない事には収まらない事は火を見るより明らかな事です。
トップの決断と実行力が、問われる時期にきていると考えます。

お礼日時:2020/04/01 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング