プロが教えるわが家の防犯対策術!

100年前のスペイン風邪で日本でも45〜60万人が亡くなったそうですが、このスペイン風邪は当時ウイルスだと分かっておらず、最終的には日本列島隅々まで感染が拡大して、国民皆が集団免疫を持って終息したそうです。

私の考えでは現在の新型コロナも世界中で猛威を振るっていますが、100年前と比べて人の移動範囲、速度は比べ物にならないと思われ、スペイン風邪が2年で集団免疫を持ったのならば、今回の新型コロナはもっと早い時間で日本列島全体に感染すると思っています。

集団免疫を持つのはスペイン風邪よりも圧倒的に早いと思っていますが、実際どうなんでしょうか?ちなみに100年前も現在と同じようにマスク、手洗い、うがいを徹底し、3密を避けていたそうです。

A 回答 (5件)

百年前ですか。

パンデミックと言う言葉とスペイン風邪は知っていました!
今はその時代からすると人の往来が激しいから。想像出来ない位広がるでしょうね!田舎は都会の人達がウイルスを持って、帰ってくるのが心配です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/12 15:38

何か忘れていますよ。


当時と現在では医療レベルも生活環境も違うと言う事を。
それ以外ではメディアも発達していますので、瞬時に情報が流れますし。
ですので当時と現在とでは条件が違いますので、同じようには行かないと考えた方が良いでしょう。
脅迫的観念性潔癖症とでも言いますか、そう言う過度な人が居ますのでそう言う人達は体の抵抗力が100年前の人と比べたなら
低いでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/12 15:38

質問者さんの思いは、質問者さんの中だけで通用するものです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/12 15:38

感染して抗体を得てから快復出来るのは9割ぐらいで、数%の感染者は負けて死にます。



そこで、感染の広がりを抑えて時間を稼ぎ、その間にワクチンを開発し、ワクチンで社会的免疫を獲得し、犠牲者を減らすことを狙っています。

解決は遅くなるが犠牲者も少なくなる戦略です。

この戦略が実行できない国や地域では、感染で抗体を得たものだけが生き残るという過酷な状況になります。
    • good
    • 0

100年前とは人口と人口密度が違いますので、より危険かも知れません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング