プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

4月1日生まれを早生まれとする法律の立法者の意図は何ですか?
4月2日生まれから学年が次年度になるのって中途半端な気がします。法律の仕組みからそうなってるのはわかるのですが、なぜ立法者はそうしたのでしょうか。初めから4月2日生まれが同学年の最初になるように意図したのか、それとも4月1日を最初にするつもりだったのに、立法してみたら4月2日になってしまったのでしょうか。立法の経緯に詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

単純に「年度初め」の4月1日で法律を制定したからです。



他の方が色々な説明をされていて、それはそれで正しいのですが、だとすれば「3/31をもって満年齢6歳になる人」とすればいいだけで、法律を考えるひとが「日付を4/1にそろえると、4/1は早生まれになってしまう」ということを考慮しなかったか、考慮したけど4/1という年度初めに日付を揃えることを優先したからです。

最近の法律はたとえば外国人配偶者の子供の名前の表記法など、だいぶそのあたりの事情を考慮するようになってきましたが、昔は「法律を決める側は原則を守るのが第一」という考えが強かったので、杓子定規な規定は法律の中に沢山ありますよ。
    • good
    • 1

法律上の満年齢が誕生日の前日にカウントアップされるのは、選挙権でも同じ。



17歳の子も、投票日の翌日が誕生日であれば、投票日が満18歳だから、投票権が生じる。
    • good
    • 1

日本の法律では、満年齢は誕生日の前日にカウントアップされます。


誕生日にカウントすると、1年+1日間生きて満、それはおかしい、誕生日の前日ならピッタリ1年生きたわけ。というのが根拠。

だから、4月1日生まれは3月31日に満年齢がカウントアップする。

つまり、4/1時点で、前年度満6才が小学1年生入学対象。
    • good
    • 1

就学年齢を年度初めの日である4月1日の年齢で決めたからですね。


年齢の前日起算が決まったのは明治35年(年齢計算ニ関スル法律)、学校教育法が出来たのが昭和22年。
学校教育法では
第17条 保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、(以下略)
といった回りくどい表現をしていることからも4月1日の年齢で2日以降が遅生まれにることを意図した物ですね。

別にどの日で切ったところで毎日入学で無い限り1年-1日の差が付くのですから同じですね。
    • good
    • 1

>法律の仕組みからそうなってるのはわかる…



それなら話は簡単です。

>なぜ立法者はそうしたのでしょうか…

2月29日生まれの人が 4年で 1歳しか年を取らないのでは具合が悪いからです。

というかその前に、4月1日生まれが何で 3月生まれと一緒に学校へ行くか、本当に分かっているのですか。

年齢の起算に関する法律では、誕生日の前日が終わる瞬間で 1歳年を取るよう決められているからです。
つまり 4月 1日生まれは 4月1日にすでに満 6歳になっているので、3月生まれと一緒に学校へ行くのです。

こう決めておかないと 2月29日生まれは 20年以上経たないと小学校へ行けなくなりますので。
    • good
    • 0

【某所からの引用】


学校教育法の第一章、第十七条に記載があり、簡単に言えば小学1年生になるには6歳になった翌日以降に4月1日を迎えることが条件となっているため、その学年の最初の誕生日となるのは4月2日からとなることが由来しています。

とゆうことらしいです。
    • good
    • 1

これ、4月1日生まれは3月31日の24時で歳をとるからということだったと思います。

で、学校教育法では4月1日に満6歳の子が小学校に入学することになっているので、4月1日生まれは前年の4月〜12月に生まれた人たちと同じ学年で入学できるということです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング