今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

一応先進国ですけど
コロナでも通貨危機が来るとか
スワップしてくれる国がないとか
どうして韓国の金融はぜい弱なんですか?

A 回答 (5件)

コピペ




1997年のアジア通貨危機の際にはウォンが暴落し、
韓国はIMFから金融支援を受けることとなりました。
また2008年のリーマンショック後のグローバル金融危機の際も
ウォンが急速に下落し、アメリカからドルの融通を受け窮地を脱し
ました。
このように韓国の金融は脆弱なのです。
なぜか。

韓国の通貨であるウォンが脆弱な理由は大きく2つあります。

第一の理由はウォンの取引額が少ないことです。
取引額が少ないので、影響を受けやすく、また変動も
大きくなりがちになります。
つまり不安定だ、ということです。

国際決済銀行(BIS)が昨年公表した統計によると、2019年4月に
おけるすべての通貨取引額は1日当たりの平均で6.6兆ドル、
そのうちウォン取引の割合は2.0%。

取引割合が一番高い通貨はドルで88.3%、以下、ユーロが32.3%、
円が16.8%、ポンドが12.8%、オーストラリアドルが6.8%と続き、
ウォンの取引は12位。
(ちなみに、通貨取引には2種類の通貨が絡むため、
1つの取引が2つの通貨で計上され、全通貨の取引割合を合計すると200%となる)


第二の理由は韓国の資本取引規制が緩いので
外国の事情に影響されやすく不安定になることです。

韓国では1990年代から資本移動規制を順次緩めてきましたが、
1997年の通貨危機以降は外国資本を呼び込むために一気に規制を撤廃しました。
これにより外国人投資家が積極的な局面では、
韓国への資本流入が増える傾向にあります。

ただし、この時に流入する資本は、株式、債券、短期の銀行貸付など、
いわゆる逃げ足の速い資本の流入が大部分を占めます。

このような逃げ足の速い資本は、グローバル金融危機をはじめとした
国際金融が不安定となる局面では、急速に韓国から流出する。
韓国にリスクがなくても、外国人投資家は手元の流動性を確保するため、
資本移動規制の緩い韓国から資本を引きあげます。

韓国は、世界で9番目の外貨保有国・地域であり、
IMFが公表している外貨準備の適正水準からしても、
韓国は十分な額を保有しています。

しかし十分積み増されたはずの外貨準備は急激なウォン安
を食い止める決定打にはならないようです。
この理由は、外貨準備がドルの現金で持たれているわけではなく、
アメリカ国債など主にドル建て債券で持たれているからです。
ウォンが急速に下落する際には、外国為替市場で迅速な市場介入、
すなわちドル売りウォン買い介入が必要であり、ドルの現金が必要となる。
しかし、大部分の外貨準備は流動性の低い資産で運用されているため、
現金化するためには流通市場で売却する必要があり、
迅速かつ大量にドルの現金に換えることは容易ではないのです。

よって市場介入によりウォン安を食い止めるだけのドルの現金を得るまでには、
タイムラグが生じてしまい、その間ウォン安が急激に進んでしまう可能性がある。
    • good
    • 0

おこぼれの、おこぼれの、おこぼれだから。


経済の実態が無い。
    • good
    • 0

韓国の企業は銀行を含め、外資の割合が多いです。

企業の儲けから株式配当が決まりますが、ほとんど外資ゆえに、お金が海外に流出してしまいます。国内にお金が残らないから、個人の給料も安いままです。消費によるお金の流通も、5000万人程度の国民数であることから、国内のみの消費に頼ることも不可能です。
    • good
    • 1

あらゆる点で信用がおけない国だからです


EUみたいに中国と金融統合しないかぎり無理でしょうね
    • good
    • 1

先進国じゃないから。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング