人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

英検1級以上の人にお尋ねします。
オバマの英語は1級品と言われ、トランプの英語は中学生レベルって話はほんとーでしょーか?
たぶん大抵の日本人には分からんのだろーけど、いったい何が違いますか?

A 回答 (11件中1~10件)

英検1級は持っていませんが見かねて回答します。

まず、英検1級を持っている人は限られていますし、そもそもあまり役に立ちません。たいていの人は1級を取得する前に、英語でバリバリ仕事をできてしまいますので。このサイトの常連にだって、1級取得者がいたとしても1人か2人だと想像します。

さて、オバマの英語は1級品で、トランプの英語が中学生レベルなのは、本当といえば本当ですが、それはわざとです。オバマは初の黒人大統領として、教養と知性をアピールする必要がありましたので、訛りのない教科書英語を話せますし、いざという時には「みんなの味方だよ」といわんばかりにアフリカ系アメリカ人風のしゃべり方もできるのです。また、法廷で戦う能力もお持ちの弁護士出身ですし、もともと書くことがお好きなのか著作もありましたし、語彙が豊富で文学的な表現も議論もお茶の子さいさいです。

翻ってトランプはテレビ・タレント出身であり、貧しい白人の味方として脚光を浴びました。なのでテレビ人としてのわかりやすさをバネに、これまで取り残されてきた貧しくて無教養な白人たちにもわかる、簡潔明瞭な中学生英語をあえて使っているのです。話す内容もシンプルです。「風が吹けば桶屋が儲かるから、桶屋を見越して風を吹かせよう」みたいな込み入ったことは言いません。「外国人は我が国にとって厄介だから、わかりやすく壁を1枚建設しよう」と言います。

どちらの人物に対しても、米国人はもとより日本人もやいのやいの言いますが、私はどっちの人物もどっちだと思っています。余談ながら、私は米国の小学校を卒業した翻訳者です。かつては日本語よりも英語のほうが得意でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なかなか参考になりました。
あなたはプロの英語使いなのですね。
英語学習者が英語教材として使うならオバマの英語とトランプの英語はどちらが教材として適していますか?
またどちらが簡単な英語と言えましょうか?

お礼日時:2020/04/07 04:15

メキシコとの国境の川岸近くでうつ向けに浮いている大人とヨチヨチ歩きくらいの小さな子の姿を撮った写真を見ました。



トランプ政権下で追われた妊婦や小さな子供連れの不法労働者家族がカナダへの国境を渡ろうとするのとそれを親切に手助けするカナダの国境警備隊かなにかのユニフォーム姿を報道で見聞きしました。

不法移民まで突然、国民扱いするつもりだとは知りませんでしたが、
うちの市内でも無料で診察しているお医者さんのグループがすでにあります。
    • good
    • 0

質問者さんには、大変失礼かと思いますが、No.9さんへ。



トランプ氏は、五番街の一等地に金ぴかのトランプタワーを建てたときに、”五番街の品格を下げた男”みたいに、見られていました。80年代、クズのような株で、錬金術のような金儲けをした。その当時から大統領を目指していました。アイビーリーグのペンシルバニア大学のウォートン・ビジネス・スクール卒です。馬鹿が入ろうと思って、入れる学校ではないです。アプレンティス(見習い)という番組で、芸能人を集めて仕事をさせ、出来不出来を競わせる社長をして、”You are fired"という決まり文句をはやらせます。一貫して、成金のイメージで売ってきました。下品売りです。多分、そのほうが、庶民に受けるから。

一方、オバマ氏は、市民権運動あがりの弁護士で、デモ行進をする人たちを集める仕事をしていて、州議員から、上院議員、そして、大統領と、とんとん拍子に出世してきました。大統領になるまでは、奥さんのほうが給料が高かった、とか、十年ほど前まで、奨学金の返済をしていた、とか、つつましいお話が多かったです。大統領任期満了後、選挙区のシカゴに戻って、荒廃した街に貢献するかと思っていたら、ワシントンDCに残って、ハリウッドに進出しました。そして、ボストン郊外の、別荘地に大きなお屋敷を買った。場所は、十年後には水没するだろうと予想されている場所です。言っていることと、やっていることが一致していない感があります。

退官後、ニューヨーク州の一等地に引っ越して、奥さんを大統領にしようとした、クリントン氏を彷彿とさせます。権力を若いうちに手放すのは、難しいと思われます。

米国の一般常識ですが、民主党は、Open Borderを理想としていて、どんどん移民を受け入れたい。福祉を充実させて、移民一日目から医療も、選挙権も、運転免許証も、移民の人たちにあげたい。そして、民主党を上院・下院共に多数党にする方法論です。

国民皆保険は、素晴らしいと思います。一年100万人の合法移民がやってくる米国の実情にあっているかどうか。不法移民は一千万とも二千万ともいわれています。この人たちに、一日目から医療保険を与えていたら、移民の数が爆発的に増えます。そして、中流階級の税金負担が倍以上になります。医療保険については、今回のコロナ問題が片付いたら、何らかの法整備が必要になってくると思います。

国境の壁については、長くなるので、もし質問をたててくだされば、回答します。
    • good
    • 0

トランプさんのしゃべり方が民衆には受けるんでしょうか。

民衆ってそんなに下品な種類の人たちのことを指すんでしょうか。私はべつに、ろくに成功している人間ではないですけど、トランプさんは下品だと思います。

一方で、オバマさんの演説は、いつも、いいこと言ってくれるなあと、聞いていて頼もしくて嬉しくなるようなものでした。あれ、実際の人となりとはかけ離れたお芝居なんですか? ツイッターや YouTube のビデオで、オバマさんがホワイトハウスで時には面白おかしく、時には温かく、奥さんや娘さんたちも交えてほのぼのとした光景を見せてくれていました。グーグルで未成年時代の写真も見ました。今も昔も、オバマさんは好感があります。

オバマさんは貧しい人たちの味方でした。アメリカで皆保険制度を目指したのに、みんなおじゃんにしてしまったのがトランプさんです。

メキシコとの国境に壁を作るのか作ったのか、大勢の小さな子供たちを親から引き離し、人道上の問題を引き起こしてきたのがトランプさんです。

Wikipedia を見ましたけど、トランプさんって、不良と形容されている方もいらっしゃいますけど、お金持ちの親御さんにこのままではよくないと心配してもらって、それで社長さんにしてもらった、金持ちのドラ息子なわけですよね。
    • good
    • 0

#6にいただいたレスポンスを拝見しました。



> 英語学習者が英語教材として使うならオバマの英語とトランプの英語はどちらが教材として適していますか?

それはもちろん、どんな英語を何のために学びたいか、どんな英語ならモチベーションがわくか、などによります。質問者さんは日本語学習者にとって、安倍首相の日本語と鳩山元首相の日本語のどちらが教材として適しているとお考えになるでしょうか。

> またどちらが簡単な英語と言えましょうか?

「簡単」の定義によります。トランプの英語が中学生レベルならトランプの方が簡単だろうと考えることもできますが、これはあくまでも「米国の選挙圏のある人たちにとって簡単」なわけで、必ずしも(日本人などの)外国人にとってわかりやすいとは限りません。

例えば日本の若いアイドルたちは、中学生が引き込まれるような話し方をトーク番組やドラマで披露しますよね。必ずしも滑舌はよくなくても甘いトーンで、時には俗語や流行りの表現を交えます。日本のアイドルに夢中な外国の子たちも、必死になって学び取るでしょう。しかし、とりたててこのアイドルたちに興味がない外国人にとっては、テレビネタなどを盛り込んだ「~しなきゃだね」のようなしゃべり方よりも、NHKアナウンサーが情報番組で話す言葉のほうが教科書に近くてわかりやすいかもしれません。
    • good
    • 1

誤解があるようですので、それを解くようために、再回答します。

No.5です。
夫と私は、共和党員です。2020年も、トランプ氏に投票するでしょう。それを踏まえていただいて。

新型コロナウィルスが、米国で感染し始めてから、トランプ大統領は毎日、副大統領や、専門家と共に、二時間ほど記者会見をしています。それを10日間ほど欠かさず観た結果の、No.5の回答です。

記者目線では、No5の回答になります。彼のような話し方は、選挙戦では、民衆には受けるでしょう。でも、メディアにとっては、英語は中学レベル。記事にまとめるのに苦労します。

弁護士トークの例として、”先日、100万の検査キットを送り出すと言ったのに、実際に発送されたのは半分以下だったのは、どうしてか?”と質問されたペンス副大統領は、当たり前のように、”現在”の検査キットの発送状況を語り始めました。で、終わった時に、トランプ氏に、”質問に答えていないだろう”と突っ込まれておりました。ペンス氏は弁護士さんです。

オバマ氏は、確かクリントン氏の大統領選の民主党党大会で、前座のスピーチをしていたところを、民主党の大物が気に入って、大統領候補に推した、という経緯があります。他に、演説に定評があるのは、ケネディとクリントン元大統領ですが、人に好かれるのは、役者さんだったレーガン元大統領でした。クリントン氏は、”口がうまい”です。オバマ氏とトランプ氏の違いに通じるかもしれません。

私が、オバマ氏の雄弁術を、弁護士の訓練のせいだと思うのは、親しい女性がロースクールに行って、休暇で帰宅するたびに、全く違う人のように変わってゆくのを目の当たりにしたからです。一日24時間中20時間、判例の丸暗記とエッセイ、そして、法廷陳述の繰り返しです。

女の子らしい甘い話し方が全く無くなり、理路整然とした話しぶりで、なにか質問されると、即座に、過不足のない回答が返ってきます。エッ?とか、判んない、とかいう、未熟な反応が0%になりました。オバマさんの弁論術と、同じだったと感じたので、回答をしました。
    • good
    • 2

オバマさんの英語は訛っています。

そして、ゆっくり話します。でも、弁護士の訓練を受けているので、いい直したり、どもったりしない。いつも、確信ありげで、余裕をもって、口角を少しだけあげています。そして、使う単語は、大学生以上で、文章は洗練されています。討論になると、相手の矛盾をついて、都合の悪い質問には、巧みに、矛先を変えて、直接的な返答を返しません。カッとならない。弁護士トークの特徴です。誠実に見える。

トランプ氏の英語は、思い付きで話しているように、同じところを何度も繰り返したり、あやふやな表現がいたって多いです。”だから、結局、何が言いたいの?”という感じです。新聞記者は、煙にに巻かれている感じ、嘘をつかれている印象になります。何かを、隠しているんじゃないか、というふうにも見えます。普通に話していても、自分の自慢しかしない、という人もいます。ま、普通の人はこんなもんです。

米国の政治家は、弁護士資格を持っている人が極端に多いです。
弁護士になるの訓練、というのは、恐ろしいものなのです。嘘か本当か見抜けません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどよくわかりました。
弁論術ってのは長い期間を投じての総合訓練なんですね。

お礼日時:2020/04/06 11:20

トランプは舌先三寸でお客をだまして金儲けしてきた不動産屋のおやじゆえ、英語の格調はともかく、喋りはかなりうまいんじゃないの。

    • good
    • 1

オバマの無策が東シナ海の島々をかの国の要塞とさせ、自由貿易の規制さえ守らせず、経済大国に押し上げ、最後には太平洋を挟んで中国とアメリカで二分しようとまで言わせた。

トランプは、民主主義を守るためになどと戯言を言わず、世界覇権を中国に奪われないように経済戦争を仕掛けています。

そうです。オバマの英語は超一級品です。トランプは、馬鹿正直なので”Yes, you can!"と言いますがオバマは”Yes, we can!"と言いアメリカを奈落の底に落とそうとしました。

What a joke!

オバマ大統領「Yes We Can. Yes We Did.」 任期最後のスピーチでアメリカの信念を示す 。

What did he do?
    • good
    • 1

映研超特急です。



オバマさんは黒人ながらアメリカの大統領まで上り詰めましたが、それもひとえに巧みな弁舌のお蔭てあると言われています。

トランプさんはオバマさんとは対極にある政治屋で、利益誘導タイプですね。

小泉純ちゃんと安倍晋三クンの関係に似たところがあります。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング