しょぼい質問ですみません。ちょっと書類に書くもので・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下記URLの一番下を見ると「大型魚は「本」と数える」と書いてますね。


でもそれは魚屋さんの数え方みたいだから、一般的には「匹」で良いと思います。

参考URL:http://www.cowboy.co.jp/tv/f47/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「本」。威勢がよくていいですね(笑)

お礼日時:2001/08/08 11:56

8月5日に鳥取市の海水浴場沖にショモクザメが出たというニュースが6日の朝刊に出ていました。



「サメ20匹」となっています。

過去のニュースでも「匹」となっているようです。
参考URLで「サメ」で検索できます。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり「匹」ですか。
頭は海の生物では何を示すのでしょうか。
鯨ではどうなのでしょう、ほ乳類だから・・・「頭」?。
疑問がますますふくらんでしまいました(笑)。

お礼日時:2001/08/08 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「エコ」と「温室効果ガスを減らす」のつながりがちょっとわかりません。エ

「エコ」と「温室効果ガスを減らす」のつながりがちょっとわかりません。エコは電気をあまり使わないようにすることで温室効果ガスは車の排気ガスをあまり出さないようにすることですよね。私の会社(工場)では部品の洗浄剤が地球によくないということで変更になりました。今までのものより落ちがわるく非常に使いずらいです。しかし値段は2倍近くするらしいのですが。これってエコ対策ですか?それとも温室効果ガス対策ですか?それともわが社が以前所得したISOの関係だけなのでしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 うーん! かなり突拍子もないご理解と思います。環境問題にご関心をお持ちの様子ですが、それにしてはちょっと酷い(すみません)と思いますので、僭越ですが少々解説いたします。

 まず、「エコ」ですがこれはエコロジー(ECOLOGY-生態学)という言葉を略して表示したものです。生態学(エコロジー)という学問分野は生物と環境の間の相互作用を扱う学問分野とされていますが、その言葉を使う人の立場や使う状況に拠って、意味するところにかなり幅があるようです。まあ、基本的には生物の個体や、「生物種」というかたまり、及び生物が生息している環境を統合的に研究する学問分野のようです。ここから転じて、日本語のエコは「(人間も含めた)生物の生息環境にやさしい」という接頭修飾語として使われているものです。日本語のエコをもう少し正確に表現すれば「エコロジー的に見て環境を汚染する度合いが非常に少ない暮らし方」と言うことになるでしょう。
 あなたが「エコ」とは「電気をあまり使わないようにすることで・・・」と理解されているのは「現在日本の電気は主に石油を燃やして発電しているので、電気を使う量を減らせば、地球温暖化の大きな原因である二酸化炭素(炭酸ガス)の空気中への排出を減らせます。だから、電気をあまり使わないようにしましょうね」という意味です。

 「温室効果」というのは地球の大気が地球の熱を宇宙空間へ逃がさずに大気中に閉じこめてしまう効果を言います。大気の成分は窒素と酸素が2大成分ですが、その他に二酸化炭素、へリューム、水素、メタン、水蒸気など沢山の種類の成分を含んでいます。
 地球は内部からは原子核の崩壊(核分裂)による熱、重力に拠る熱など、また外からは太陽に暖められる熱などで絶えず暖められています。従ってそれらの熱を宇宙空間へ逃がさなければ次第に地球の温度が上がって行き、最終的には焦熱地獄になります。約2百年前(産業革命前)くらい迄は、地球が発生させる熱や太陽から受取る熱の量と、大気を通じて宇宙空間に逃げていく熱とがうまく釣り合っていたために、地球全体として生物にとって大変快適な温度で維持されていました。しかし、産業革命以降、人間の経済活動で大気の成分が変わってきて、熱を大気中にため込む成分が増えてきました。そのために地球大気の温度(気温)が高まってきています。このため地球全体があたかも温室になったように見えるので「温室効果」と言われるようになりました。そして、温室効果を生む大気中の成分を「温室効果ガス」と言います。温室効果ガスとして槍玉に上がっているのが二酸化炭素(CO2)ですが、その他にフロンガスやメタンガスなどもあり、これらのガスはCO2よりも激しい温室効果を発揮しますが、今のところ非常に大気中の量は僅かです。曇りの夜は翌朝の気温が高いのも水蒸気(雲)が布団のような効果を発揮して、昼間の温度を逃がさない働きをしているためです。これも一種の温室効果です。

 まとめますと、「エコ」な生活とは電気をあまり使わない事だけでなく、車に乗らない(ガソリンを使わない)、無駄な包装紙を使わない、乗り物に乗らずに歩くとか自転車を利用する、入浴の回数を減らす、顔を洗うときは流しっぱなしにせず洗面台に水をためて洗う、食べ物を残すような無駄をしない・・・、など工夫次第でいくらでも実践できます。とにかく、必要以上の余計な「もの」や「エネルギー」を使わないようにすると良いでしょう。また、同じ目的の場合は少ないエネルギーや少ない材料で出来るものを使うようにするなどです。

 もう、「エコ」と「温室効果」との関係はお判りになりましたね。そうです。「エコ」に反する生活をしているとどんどん「温室効果ガス」が増えて「大気」という地球環境を汚します。温室効果ガスは、あなたの言うように「車の排気ガス」だけではありません。あなたの吐く息の中の炭酸ガス(=二酸化炭素ガス=CO2)も立派な温室効果ガスです。(出来るだけ息をする回数を減らしましょう!???)

 なお、何か疑問があれば試しに下に示した「参照URL」に入って、言葉で検索してみてください。殆どの疑問に答えてくれます。ただし、一般市民が作っているネット辞典ですので、100%の信頼は行けませんが、一応の知識は与えてくれると思います。試しに「温室効果」も引いてみてはどうでしょうか?
 

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/

 うーん! かなり突拍子もないご理解と思います。環境問題にご関心をお持ちの様子ですが、それにしてはちょっと酷い(すみません)と思いますので、僭越ですが少々解説いたします。

 まず、「エコ」ですがこれはエコロジー(ECOLOGY-生態学)という言葉を略して表示したものです。生態学(エコロジー)という学問分野は生物と環境の間の相互作用を扱う学問分野とされていますが、その言葉を使う人の立場や使う状況に拠って、意味するところにかなり幅があるようです。まあ、基本的には生物の個体や、「生物...続きを読む

Q家電は交流で動くものと、直流で動くものがあるそうですが、代表的なものを

家電は交流で動くものと、直流で動くものがあるそうですが、代表的なものを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

これは結構複雑です。

A.直流電源-機器 時計、ラジカセなど
B.交流電源-機器 扇風機、換気扇、ジューサ、ミキサ、電灯など
C.交流電源-直流化-機器 テレビ、ラジオ、ステレオ、パソコンなど
D.交流電源-直流化-交流化-機器 洗濯機、冷蔵庫、エアコン、電子レンジ、インバータ式蛍光灯などのインバータ式 
           (電子レンジは交流化といってもマイクロ波という電波です)
の4タイプがあります。
時代とともに移り変わりがありますし、(BからDに移った物が多い。洗濯機、冷蔵庫、エアコン、蛍光灯など)
2ウエイ、3ウエイなど複数の電源で動けるものもあります。(ラジカセ、ノートPCなど)

インバータ式は省エネや制御性が良いなどの利点が多いのでよく使われるようになりました。

余談ですが電車もドレミ電車などで有名なVVVF(インバータ)が多くなっています。

Qリサイクル新法や京都議定書などが及ぼす経営リスク

リサイクル新法や京都議定書などが及ぼす経営リスクとは?
京都議定書が発行されれば企業にどのような影響をあたえるのでしょう?
京都議定書ははっこうされたのでしょうか?

Aベストアンサー

京都議定書が及ぼすリスクについて.....です。


じつは、こちらについては「余り影響が無いのでは?」と考えられます。

といいますのも、京都議定書に関連する諸規制(基準)は参考URL「新たな地球温暖化大綱(全文)」を見れば解るんですが、自動車業界にとっては結構楽な物みたいなんですね。

例えば、表3に各車種の省エネ目標が出ていまして、確かに、「省エネが進んでいる日本としては、これ以上の削減は辛い」とも言えますが、実情を見ると、トヨタが既に目標を達成しつつある等、技術面では解決策が見えている様子です。

となると、残されるのは「トップランナーへの政策面でのインセンティブ」などでしょうが、これも経営リスクとなるほどの影響度を政府が出せるか....となると、相当疑問だと思いますし、インセンティブが大きな場合、遅れているメーカーは改善策を早急に打ち出すでしょうから、実質的には差が僅少となるように思います。
(各社とも、そういう面では十分な技術力を持っていますし、車が売れる要素としては、他の影響が大きいですから。)



ただし、「自動車の利用も視野に入れた削減」がどういう風に響いてくるか....でしょうか。

日本の燃費規制は、言い切れば「クラス別燃費改善目標」ですんで、実際にどういう車種が売れるか、更には、どういう車種がどの位の距離を走るか(どういう交通状況に遭遇するか?)によって、効果が相当変ってくるでしょう。

例えば、ガソリン車が減少して、(ガソリン車より効率の高い)ディーゼルが増えれば炭酸ガス面では効果が出るでしょうが、「輸送の海運へのシフト」が上手く行かず、かつ大型車が増大した場合等は、効果が出ない可能性もありますよね。


で、効果が出なかった場合....。
車関係に、より厳しい環境税が導入される可能性は有るでしょう。

環境税というのは、大気汚染物質の抑制を達成するために、例えば環境に負荷を与える商品とかサービスなどに課税して、それらを財源にして環境保全等を更に推進すると共に、「消費者の選択の自由を尊重しながらも、消費者がより低負荷の製品を選択する場合のインセンティブ」として導入するものです。
自動車業界ですと、1998年にハイブリッド車・電気自動車等の自動車取得税の軽減がなされましたよね。

で、環境税がどのくらいで出るか?というのは、これはその時点の炭酸ガス削減状況と景気動向によりますが、大きなものとして出た場合、販売台数自体の減少として出る可能性は幾分あるでしょうが、これは現時点では算定不可能な(少なくとも私には)リスクです。


結局、「現時点では、削減目標が示されていても、現在までの技術および技術開発の延長線上で達成可能なものであり(※)、それゆえに、既に経営リスクと言う面では折込済みの物とみなすことも出来よう。(影響は殆ど出ないのではないか?) ただし、仕上がり値は国際的な合意としての縛りを受けており、達成率如何によっては、状況が変化することも十分予測され、その場合は何らかの影響(追加対策等)が出ることも考えられるが、それについては現状では予測不可能である。」という辺りが妥当では無いかと思います。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/ondanka/taiko/

京都議定書が及ぼすリスクについて.....です。


じつは、こちらについては「余り影響が無いのでは?」と考えられます。

といいますのも、京都議定書に関連する諸規制(基準)は参考URL「新たな地球温暖化大綱(全文)」を見れば解るんですが、自動車業界にとっては結構楽な物みたいなんですね。

例えば、表3に各車種の省エネ目標が出ていまして、確かに、「省エネが進んでいる日本としては、これ以上の削減は辛い」とも言えますが、実情を見ると、トヨタが既に目標を達成しつつある等、技術面では解決...続きを読む

Q鳩山首相のCO2の25%削減、という公約に影響させた科学者の書いたものを読みたい

鳩山首相がCO2排出量の25パーセント削減を世界で公約に掲げました。しかしこの具体的な数字の実現の可能を確信したからには、科学者などの説得力のある意見を聞いたからでしょうか?鳩山首相に、その数字の実現達成が可能だと思わせるに至らしめた科学者というのは公表されているのですか?もしそうならば、そういった科学者の書いた読み物を読んでみたい気がします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鳩山の25%削減の国際公約は、1990年比としての25%減であり、2005年比としては30%となります。
自民党は2005年比として15%削減を予定していましたが、民主党は自民党目標の単純2倍。このただ単純に2倍…としての目標値であろうと言うのが大方の見方ですね。

ちなみに自民党は2005年比15%減の数値を出すのに、有識者・専門家から成り立つ委員会?から幾案かの案を出してもらい、実現可能且つ国際的に寄与する数値として15%削減策を採用しました。
幾通りかの案の中での最高値は確か20%でしたが、これだと国民への負担が大き過ぎ、時節柄景気への影響も考慮せねばならないため、不採用となりました。

その委員会?に参加した専門家によれば、民主党公約の2005年比30%減(1990年比25%減)は真水ではほぼ実現不可能だそうです。排出権の他国からの購入によって賄うしか有り得ない数値。
総合的に国民への負担は一人当たり100万円程度になる模様。そして一人100万円負担しても、国民生活・産業界への圧迫は大きく、国は大不況になる。


ここで注目すべきなのは、民主党が 『1990年比』 としている点です。
日本は以前から二酸化炭素の削減努力をかなりして来ており、諸外国と比較すれば日本の二酸化炭素削減努力は評価されるべきです。
そして民主党は世界の主要国が二酸化炭素の大規模削減に同調するのであれば、日本は『1990年比』25%削減を行なう…とした。

当然諸外国(主要国)も1990年比に換算して日本に付き合うことになる。
とすると… 日本の過去の努力が報われる事になる。日本は過去の努力によって比較的削減量を小さく抑えられるが、他国は日本を上回る削減量を設定しなければ日本と釣り合いが取れなくなる。

と言う事で、つまりは民主党の謀略政策みたいなもんです。
或いは、表向きは「いい子ぶる」、環境立国日本の立場を示す…と。
逆に言えば、どこの誰にでも良い顔を見せる。何でも言う事はハイハイ聞く国のように振舞う。
民主党の国内政策の感覚と同じですわね。

ですが世界各国、この実態を把握すれば、日本民主党は総スカンを食う事になります。

鳩山の25%削減の国際公約は、1990年比としての25%減であり、2005年比としては30%となります。
自民党は2005年比として15%削減を予定していましたが、民主党は自民党目標の単純2倍。このただ単純に2倍…としての目標値であろうと言うのが大方の見方ですね。

ちなみに自民党は2005年比15%減の数値を出すのに、有識者・専門家から成り立つ委員会?から幾案かの案を出してもらい、実現可能且つ国際的に寄与する数値として15%削減策を採用しました。
幾通りかの案の中での最高値は確か20%でしたが、これだと国...続きを読む

Q「イスラム国」が目指すもの。

イスラム国は勢力を拡大し、全イスラム圏を独裁国家として治めようとしているということでしょうか?

Aベストアンサー

上層部の表向きの主張はそうですが、実際には構成員それぞれがそれぞれの欲望で動いているに過ぎません。つまりイスラムの貧しい若者が中心となって街を襲って、婦女子を暴行し、財産を奪って、無理やり結婚して、欲望のままに行動している。イスラム教は元々はそんなに悪い宗教ではないと思いますが、上手く利用して略奪や暴行を繰り返している集団です。ただし、イスラム教徒全員がイスラム国ではありません。イスラム国はほんの一部です。私が1年にわたる旅の途中で会ったイスラム教徒には貧しくてもいい人が沢山いました。ちなみに私は日本人の仏教徒で、イスラム教徒ではありません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報