プロが教えるわが家の防犯対策術!

お久しぶりです、と言いますが、このときの「お」は謙譲語の意味ですか、それとも美化語ですか。

A 回答 (6件)

「久しい」という状態は、自分に属するものだと考えるより、双方にとって「久しい」と考えるのが妥当かと。


その意味で謙譲語とは言えないでしょう。
美化語と捉えるのが適切と思います。
    • good
    • 0

敬語、主に尊敬語、と謙譲語があります、言葉そのものが異なる表現が多い?。


「お」、「ご」は丁寧語といわれ、一応敬語に含まれるようですが、必ずしも、これだけでは尊敬、謙譲の表現にはつながりません。
    • good
    • 0

美化語、という表現が必要かどうかは知りませんが、要は丁寧表現の一種かと思います。



https://blog.goo.ne.jp/w41dg2hb/e/e4319e8b3af3e3 …
    • good
    • 0

「お久しぶりです」の「お」は丁寧語です。


自分と同等もしくは同等より下の人に使います(友人、後輩など)。
「お久しぶりです」を謙譲語にしたのが「御無沙汰しております」です。
自分よりも目上の人に使います(上司、先輩など)。
    • good
    • 0

「お」が謙譲語と言うより、「お久しぶりです」が謙譲表現でしょうね。

「お久しぶりにお目にかかります」の省略という感じです。
    • good
    • 0

丁寧語です

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング