在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

乙は、本契約の履行に関し、乙の責に帰すべき事由により甲に生じた不稼働損失、得べかりし利益の損失などの間接的又は結果的損害については責任を一切負わない。

以上の文章で、
①「乙の責に帰すべき事由」とは、乙の原因ですか?
②得べかりし利益の「得べかりし」ってどういう意味でしょうか?
③結果的損害とは?
④もし、①が乙の原因だとしたら、なぜ、責任を行いのでしょうか?

日本語学習者です。
よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 添付した画像はすべての内容です。
    「直接的な損害については賠償するが」というのは大変納得です。

    「契約の条項に関する日本語」の補足画像1
      補足日時:2020/04/08 18:24

A 回答 (2件)

①「乙の責に帰すべき事由」とは、乙の原因ですか?



乙の責任であると結論づけられるような理由。

②得べかりし利益の「得べかりし」ってどういう意味でしょうか?

「べかり」⇒推量の助動詞「べし」の連用形。
「得たであろうと推量された利益」

③結果的損害とは?

「乙の責に帰すべき事由により甲に生じた」結果としての損害。
という意味だろうと思います。

④もし、①が乙の原因だとしたら、なぜ、責任を行いのでしょうか?

「乙の責に帰すべき事由により甲に生じた」直接的な損害については賠償するが、という意図ではないかと思います。
その前の文面で、そういった記述があるような気がするのですが、どうでしょうか。
    • good
    • 2

①「乙の責に帰すべき事由」とは、乙の原因ですか?


 ↑
違います。
故意過失、及び信義則上それらと同視
出来る事由、という意味になります。




②得べかりし利益の「得べかりし」ってどういう意味でしょうか?
 ↑
約束通りに履行されていれば、これだけ儲かった
のに、という利益のことです。




③結果的損害とは?
  ↑
結果論という言葉がありますね。
あれと同じです。



④もし、①が乙の原因だとしたら、なぜ、責任を行いのでしょうか?
  ↑
本来は負うべきですが、特約により
それを免除する、ということです。
相手も、それを承知して契約するのですから、
文句は無い訳です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング