見守り電球またはGPS端末が特価中!

軽自動車協会で廃車手続きをする時に
第三者が申請依頼書を付けずに廃車手続きが出来るのは
なぜなのですか?

よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

「そういう制度だから」としか・・・



元々「軽自動車」が生まれたころの日本は、戦後を引きずっていた(日本全体がビンボーだった)ころ、殆どの日本人にとって自家用車が”憧れ”以外のナニモノでもなかった「自動車後進国」だった。
で、一流国の仲間入りを目指すなかで、
  普通の”自動車”を買えない日本人に、自動車”のようなモノ”に乗って貰おう
として生まれた「国民車構想」から発展(縮小)したのが「軽自動車」。

ビンボー人にあわせて出来上がった規格だったので
  車輌寸法、排気量、乗車定員等の制約
の一方で
  税金が安い
  車検が無い
  16歳で取れる軽自動車免許で乗れる
  車庫証明がいらない
のほか
  届出だけで登録不要
という特典があった。
その後、軽自動車免許の廃止、車検や一部地域での車庫届けの義務化などの制度改定があったけど、届出だけでナンバーが交付されることに変わりは無い。

>第三者が申請依頼書を付けずに廃車手続きが出来るのは
法的に「届出」だけ=「本人である必要の無い(誰でも出来る)」制度の自動車だから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく回答していただきありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2020/04/11 13:45

軽自動車には登録制度が無いからですね。


ナンバープレートそのものが所有の証憑なのでナンバープレートの所持者が所有者と看做されるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。初めて知りました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/11 13:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング