マルシェル新規登録で5000円分当たる

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18 …

ミニバンは日本だけなのか?

私もミニバンの何が良いのか
解りませんでした、
私の嫁さんが子供のクラブの送迎用に
沢山人が乗れる車が
欲しいと言ってたので
プラドの7人乗り買いました。
そもそも4駆しか乗ったこと無いので。

アルファード等も見栄の塊ダモンね。(>_<。)

A 回答 (9件)

>ミニバンは日本だけなのか?



 ミニバンはアメリカ発祥ですよ。

※アメリカでは、’60年代にVWタイプⅡ=いわゆる『ワーゲンバス』が若年層でちょっとしたブームとなり、北米ビッグ3(GM、フォード、クライスラー)がすぐに追従しますが・・・元々若者のファッションの一部として売れていたVWタイプⅡ、一般ユーザーには小さ過ぎてアピールせず、そこで最初に動いたのが『伝説のピックアップトラック』Fシリーズを持つフォードで、Fシリーズのシャシに箱を載せてEシリーズ(エコノライン)を作りました。
 すぐに他の北米2社も追従し、やがてこのクラスは(VWタイプⅡクラスに対して)フルサイズバンと呼ばれる様になりました。また同時にこの時、ボンネットを持たない貨物用1BOXに対して『短いボンネットを持つ』乗用バンのスタイルが確立した、とされています。

※が、アメリカの自動車社会のダウンサイジングは、ガソリン価格や過激な排ガス規制と連動しています。ガソリン価格の激しい変動と排ガス規制の’70年年代を越え、アメ車はダウンサイジング期を迎えます。
 そこで’80年代初頭、今度はクライスラーがレスポンスよく動きました。自社の乗用車用のKプラットフォームを使い、フルサイズバンよりも小さいダッジ・キャラバン/プリマス・ヴォイジャーを発売したところ、『サッカーマム』達の間で爆発的なブームとなり、フルサイズバンの下のクラスという意味で『ミニバン』と呼ばれる市場が形成されました。今日では、キャラバン/ヴォイジャーが『ミニバン市場を作った』とされています。

※現在では、フルサイズバンという名称にはいわゆるステレオタイプな意味合いが強く、『V8エンジン』『後輪駆動』『全幅2m超』のバンを意味します。
 全幅2m超と言ったらフェラーリやランボルギーニよりも巨大なぐらいで、日本だと気軽にコンビニやファミレスの駐車場に停められません。
 VWタイプⅡのマネをして失敗し、それでいきなりVWタイプⅡがそのまま入りそうなほど巨大なバンになったのは、おそらくフォードがベース車に選んだのが『巨大なピックアップトラック』Fシリーズだったからでしょう。最初からもう少し小さいクルマをベースにすれば話は違って来たと思いますが、フルサイズバンは商業車や『巨大なアメ車』がスキな層に完全に定着しているので、これはこれで北米市場には必要なクルマだったんでしょう。(TVドラマ『特攻野郎Aチーム』に登場するGMCバンデューラは、アメリカン・フルサイズバンの典型として日本にも根強いファンがいます。なにしろバンなのに巨大なV8が載ってるし。)

※ところで余談ですが。
 『サッカーマム』というのはあまり聞かない単語ですが、『子どもに熱心にサッカーを習わせる母親』のことです。

>私の嫁さんが子供のクラブの送迎用に
>沢山人が乗れる車が
>欲しいと言ってたので

 まさにそれ。最初に『サッカーマム』に売れたという辺り、日本で小さいお子様をお持ちの家庭がミニバンを買うのと一緒ですね。
 ちなみに・・・アメリカでは、野球でもバスケットボールでもなく、子供にサッカーを習わせる親は教育熱心なアッパーミドル階層(=中産階級の上位。日本だと世帯年収が¥800万以上?)が多く、アメリカの自動車メーカーや保険会社ではこの購買層のことを『サッカーマム』と呼びます。
 まぁ要するに、あまり高価なクルマは買わないが複数台のクルマが持てる財力がある家庭ということで、日本の様にミニバン1台でパパが通勤したりはしないということです。

>プラドの7人乗り買いました。

 いやそれ、十分アリですよ。
 日本では、’80年終りごろにRV(4WDのオフロード車を、昔はSUVとは言わずRVと言いました)のブームが起こりましたが、その多くは『室内が広く、3列シートも選べるから2世代家族でも使え、普段はマミーカーを畳まずに載せられるほど荷室が広い』ことが求められたからでした。RVって、(実際にオフロードを走るかどうかはともかく)魅力的な商品が多いし、ママさんの要求とのちょうどよい妥協点だと思うんですけどね。かつてのブームほどは売れませんね~。(巨大なタイヤや4WD機構は、燃費が悪くなるだけで普段は全く使わんだろ?っという非難もありますが・・・それならポルシェやGT-Rの500馬力とか、古いシルビアにおカネをかけて300馬力にチューンしてもいいですが、どこでそれを使うんだ?って話と一緒です。)

 尚、30年前のRVブームの時は・・・当初はメーカー側がそのブームの本質に気付かず、『オフロード時代到来』などとフケ上がって無駄なRVを大量に作りましたが、ホンダがステップワゴンなる『カッコいい倉庫』みたいなクルマを出して大ヒットし、当然他のメーカーも一気に追従して、RVブームはあっけなく去りました。(それまでにもプレーリーとかミニバン的なクルマはあったんですけどね、カッコ悪かったのが敗因でしょう。そりゃハイラックスとかパジェロとかビッグホーンの方がカッコよく見えましたよ。ビッグホーンには、ロータスがサスのチューニングをした、今でいうとポルシェ・カイエンみたいなオンロード主体のモデルまであったし。)

> アルファード等も見栄の塊ダモンね。(>_<。)

 まぁ古来、クルマは『オトコが人生で成功した証』などともいわれ、実際にアメリカでは自分のウチの車庫にキャデラックを停めるのがステータスだった時代もありました。1959年型のキャデラックが今日でも特別扱いされているのは、まさにこの時代の象徴だったからです。
 高価なクルマには見栄も必要だし、そういう部分に余計におカネを払うヒトもいる、ってことです。最近の『ゴッサムシティの乗物』みたいな中二病全開?のアルファードとか、電動ヒゲソリにタイヤをつけたみたいなデリカD5も、1周回ってアリかな?っという気がしています。
 もっともワタシは買いませんが。でも販促品としてデリカ型のヒゲソリが出たら、ちょっと欲しいかも。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

Thank you

ありがとうございます。
よく解りました。

お礼日時:2020/04/16 06:10

それが日本のクルマ文化。

外国かぶれもいいけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2020/04/16 06:09

まず「なぜ日本はミニバンだらけなのか?」と言う部分に回答すると理由は主に2つで


・チャイルドシートが義務化されたから
・都市部では車を1台しか持てないから
です。それまでセダンなどを乗っていた家族が「子供2人分チャイルドシートを乗せると狭い」と感じるようになり、3列シートのミニバンに移行し始めたのが切っ掛けです。

しかし、面白いことに日本ではワンボックスに近い形のミニバンは売れても、トヨタ・ウイッシュやマツダ・プレマシーのような日本サイズのミニバン(本当の意味でのニミバン)はあまり売れません。しかしその下のサイズのトヨタ・シエンタやホンダ・フリードになるとものすごく売れている、という現状があるわけです。

つまり日本のファミリーが望む車は2極化していて
①チャイルドシートが邪魔なので3列使えてゆったり乗れるフルサイズミニバンが欲しい人
→ただし車は1台しか持てない、なら夫も満足する見栄えがよい大きな車がよい

②3列使えて、でも女性が運転しやすい小さい車がよい人
→女性が主に運転する車以外に旦那が乗るセダンなどがあるかもしれない
です。

これが日本の「主な人々が車を選ぶ基本」です。

他の国に行くとこれが全く異なります。
アメリカは元々車のサイズが日本より大きく、チャイルドシートも割と昔から必須でしたのでステーションワゴンタイプが良く売れています。

またアメリカ人はそもそも「ステーションワゴン」が大好きで、ステーションワゴンとは西部開拓時代に使われた御者の後ろに幌が付いた荷台をもつ馬車の事を言います。なので「ファミリーはステーションワゴン・独身者はピックアップトラック(後ろに幌が無い馬車から転じて後が荷台になっている車)」という認識が強いのです。

アメリカでミニバンは「仕事用の車」なのです。

欧州は基本的に道が狭いのと、峠道が割と多いので、小さくて駐車に困らない車か中型で峠をきびきび走る車(まだMT車も多い)を好みます。
なので日本のサイズとは言えばミニバンは「商業車」であり、しかもあまり大きな車はもともとありません。

そういう違いが日本のミニバンの立ち位置を独特なものにしているわけですが、同時にピックアップトラックはアメリカでしか売れませんし、ミニやチェンクチェントのような小型車が売れるのは欧州だけです(日本に軽自動車枠が無ければ日本でも売れていたかもしれません)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

詳しくありがとうございます

お礼日時:2020/04/16 06:09

アメリカでも車に興味がない人の間でミニヴァンが乗られていました。


最近は三列シートのSUVに代わってきたみたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2020/04/16 06:07

ミニバンって、40年ぐらい前は、もともとフルサイズバン


(アメリカ製のものすごく大きい車)のイメージでしたが
20数年前からでしょうか、国産の小さい車がミニバンとかいう
ジャンルになりました。今では全く違和感がないですが。
小さい車だからミニなんだと頭を無理やり納得させたものです。
まさに和製英語の典型ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2020/04/16 06:07

うーんと昔の話ですが


アメリカに居たときにはたいていの家が 車を2台持っていてそのうちの一台はステーションワゴンでした。
これは数年後には日本もそうなるだろうと言ったのですが、友人たち(工科大学生)は「そんな事はない」とみな言いました。
日本では車評論家でさえ、スポーツカーかファミリーカーの事しか言いいませんでした。
車名を度忘れしたのですが フォードのスライドドアのがあって警察が採用していたのを映画プレデター2で見て、これが理想の車と思ったのですが、やはり友人たちは「スライドドアなんて脱落の危険があるからダメだ」と否定的でした。
あれから30年たちますが、町中、ミニバンだらけです。(ミニバンと言っている車種でも車検証ではステーションワゴンになっているでしょう) それもスライドドアです。

すこし前のミニバンはフェイス(正面の作り)がおとなしかったのに、今の大型ミニバンはアルファードをはじめとして、金歯趣味なので私は嫌いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

金歯ねなる程上手いね。
(^-^)

噛み付かれそうです。

ありがとうございます。

お礼日時:2020/04/14 12:26

ウサギ小屋に猫のひたいの庭。

だから車くらいゆったりした気分で乗りたい。
でも道も車庫も狭いから「ミニバン」なのです。
むかしエスティマがデビューしたときに当時「日本の道路事情に合わない」との意見が多く
無理矢理に5ナンバー枠に切り落とした「ルシーダ」「エミーナ」を発売しました。
記憶が間違ってなければ、フロントミッドシップという意欲的な設計で珍しい駆動方式でした。予算の関係もあり買えませんでしたが、
それから数年後「ノア」を購入しました。
7人乗りで、流石にフル乗車すると重くてモッサリしますが、とにかく楽しい車です。
運転そのものを楽しむ車ではなく、「みんなで乗ること」を楽しむ車だと、私は思ってます。
どんな車を選ぶか、より「その車でどう楽しむか」なのかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

楽しみ方ですよね、

ありがとうございます。

お礼日時:2020/04/14 12:24

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、インドで市場要求が全く違うのです。


RV車を街乗りに使うのは日本とアメリカだけだし、欧州の主力であるコンパクトハッチバックもアメリカで全く売れないし、アメ車は日本でも欧州でも全く売れないし、インド市場車がスズキ製なのに日本で売れないし、
商業車としては日産NV200が世界中で受けちゃって、カングーとかベルランゴ駆逐しちゃうし。

道路事情が違うので、みんなが他の国の自動車事情がわからない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

ありがとうございます。

お礼日時:2020/04/14 12:23

ガタイが大きいのでオラオラが好きな連中に受けるんです。

だからあんなグリルなんですよ。そのくせ住んでるのは安アパートとか?
セダン・スポーツカー・軽トラ・カミさん用軽自動車があれば最高だぜ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

嫁さんは軽四を買え!
と迫ってきます。(>_<。)

普通のSUVが良いです。

ありがとうございます。

お礼日時:2020/04/14 12:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング