今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

有機肥料について調べると、次のようなメリットがあるようです。
 A.少しずつ長期間肥効が続く
 B.生物の活動により団粒構造ができる
 C.良い微生物が発生する

 一方で有機物を目的としたコガネムシのような害虫を呼び寄せるデメリットもあるようです。

 鉢植えでは上記Aは緩効性肥料で代替でき、Bは団粒構造の用土に植え替えるためメリットになりません。
 鉢にコガネムシの卵を産み付けられると1発で大きな被害を受ける場合もある事を考えると、鉢植えには緩効性肥料を使った無機栽培の方が有機肥料を使うよりずっと適しているのではと感じます。

 しかし鉢植えでの果樹栽培について調べると必ず有機肥料を与えるよう書かれています。
 鉢植えで有機肥料を使うべき理由はどういった点にあるのでしょうか?
 また、それを有機肥料以外で代替する方法はあるでしょうか?

 何年も育てて実がなる鉢植え果樹栽培で、コガネムシに卵産み付けられただけで枯れてしまうのはとても怖いので、できれば無機栽培にしたいと思っています。

 よろしくお願いいします。

質問者からの補足コメント

  • 少しずつ沢山の種類の果樹を育てたいので鉢植えにしています。
     先ずは柿、茱萸、アンズで、後々少しずつ種類を増やすつもりです。

      補足日時:2020/04/17 20:45

A 回答 (5件)

コガネムシは化学肥料を使っても、入るときは入りますよ。


逆に化学肥料だけのほうが、被害は大きいと思いますけど。
コガネムシがはいるのを防ぎたいのなら、根元に砂利を敷き詰めるとか、防虫ネットを幹の周りに密着させて、鉢の縁までかければ卵はうまないと思いますし。
有機肥料の最大のメリットは、「様々な肥料成分が含まれている」ということですよ。化学肥料なら、薔薇の溶液栽培など、の肥料でないかぎり、微量要素を過不足なく入っている肥料はないし、あっても凄く高価になります。
有機肥料はもともとは植物なので(動物も植物を餌にしている)植物に必要な肥料成分を含んでいることになるからです。
化学肥料を使用するにしても、普通は有機肥料も併せて使用すると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

微量元素の事は正直全然考えていませんでした。
微量元素やorganic33さんの言っていたミネラル栽培で調べると、化学肥料ばかり使うせいで微量元素が足りなくなる話がたくさん出てきますね。

有機物入れない鉢にもコガネムシが来る可能性がある件も含め、長く育てられるようもっとよく勉強したいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/19 23:35

「少しでも実が着いたら儲けものだ」と思ってやることだね。


「全く無理だ」というわけではないが、それなりの栽培技術がないと難しいからね。
それと、ネット上にはいい話ばかりで、悪い話を書く人はほとんどいないのでね。
せいぜい頑張ってみることだね。
    • good
    • 0

追記だよ。


そう、作り始めの話ならいくらでも出てくるが、その後の話はほとんど出てこない。
それはすぐに上手く行かなくなるからだよ。
「先ず柿、茱萸、アンズで」
多分無理だと思うよ。
鉢植でもなんとかなるのは、ブルーベリー、スグリ、ラズベリー、ブラックベリーなど、実の小さなものばかりだよ。
実が小さい分木も小さいので鉢植えでもなんとかなるが、実が大きいのはその分木も大きくなるので、鉢植えではすぐに無理が出るんだよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあ実際やって見て上手く行かなかったら花や紅葉だけ楽しんでおこうと思います。
 回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/18 13:56

参考までに。


ちなみに、どんな果樹を植えようと思っているのかな?。
ネット上では「果樹の鉢植え栽培」がよく出てくるが、そのほとんどは「理屈だけの話」でしかなく、長期栽培をする人はほんのわずかなので。
で、繰り返すが、どんな果樹を植えたいのかな?。
果樹によっても答えが違うので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
 補足の通り、先ず柿、茱萸、アンズで、その後増やしていくつもりです。

 確かに、実際どのくらいのサイズ・収穫になるのか知りたくて調べても、「育て始め」の写真はたくさん見つかりますが、「育った後」の写真はほとんど出てこないですね。

お礼日時:2020/04/17 20:48

メリットは、鶏糞なんかだと、花芽を多く付ける傾向にある。


油粕は、菜種から取った物がかなり少なく、ソバ、ひまわり、等の一年生植物(越年性も)から油を絞った粕なら何でも油粕として販売できるが、肥料と言うより、土壌改良材として位しか働かないので、気持ちですね。

デメリットは、普通に発酵させて作った有機質肥料では、微量要素が無いので、果樹の鉢植えなら、そろそろ実が生る年数がたった頃、微量要素(主にホウ素マンガン)不足で、成長、花芽を付けなくなる、等が出てくるので、化成肥料も、有機質肥料も、化学合成農薬も、全部使って栽培しましょう。

無機栽培と言うより、ミネラル栽培と言った方が一寸格好良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに「有機肥料は使わない」のように決めつけず色んな物を必要に応じて使えるのが良いですね。
 コガネムシで枯らしてしまった話をブログや動画でたくさん見て不安になり過ぎていたかもしれません。

 回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/04/16 21:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング