【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

大学の貸与奨学金について質問です。
連帯保証人を父、保証人を母にすることは可能ですか?
別居など、複雑なものはないです。

A 回答 (6件)

それはできません。

    • good
    • 0

同一生計の人を二人保証人にすることはできないと思いますので、家族を保証人にして機関保障にするか、兄弟あるいは親戚で働いている人に保証人になってもらって、親に連帯保証人を頼むしかないです。

    • good
    • 0

【 3番追加回答です。



失礼しました。

僕は、「法律(特に、一般的な民法の契約)」に特化した回答をしました。

しかし、質問者さんの質問の回答には、「特約(特例)」があるようですね・・・( ..)φメモメモ
    • good
    • 1

無理です。


親以外じゃないと。
書いてるでしょう。
    • good
    • 0

こんばんは。




多分、無理です。


そもそも「契約」で「保証人」を付ける場合は、民法の「第一編・総則に、保証」と言う項目があります。


そのうち「保証人」は、ざっくり言うと、ただの「付添人」的。


しかし「連帯保証人」は、契約者のうち「債務者」が「債権者」に義務を行わない場合、無条件で、「連帯保証人」は、


「債務者」の債務を負わなければ、なりません。



「ただの保証人」は、「債務者の債務」を「抗弁(こうべん)」と言って、拒否出来るのです。



さて、もし、質問者さんが「契約の債権者」の立場だったら、契約書に、


(1)「保証人」と記載しますか?

それとも、

(2)「連帯保証人」と記載しますか?


普通は、「保険も兼ねて、連帯保証人」にする筈です。



僕は、「契約書」で、「(甲)債務者、(丙)保証人」などの契約書は、生きて来た中で、見た事がありません。

普通は「(丙)連帯保証人」となります。



ただ、債権者が良ければ、「(丙)保証人」としても、違法では無いのですよ。    見た事が無いだけです。
    • good
    • 1

貸与者に訊かないとわかりませんね。



一般的には同一生計者はなれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング