ガラスプロックが大好きで、好きな方多いですよね。
間口3.9mの家の両側に、これで塀を建てようと思います。寸法約奥行1m/高さ5.7m。手積みすると工賃が高い
ということなので、何枚かセットになった物をH綱の枠を作り、はめ込もうとしています。光の壁をイメージしていて、夜は後ろから照明を当てたいと思います。
コレゾ、ガラスプロックの妙味というお話が在れば、ぜひお聞かせ下さい。

A 回答 (4件)

す・スイマセン、ちょっとお節介なのですが。

m(__)m

高さ5.7mって多分『確認申請』が必要になりますよ。(工作物扱い)
それにそれだけ高いと結構大きな「基礎」が要ると思いますが大丈夫でしょうか?

H綱を使われるとの事なので、施工は専門の業者さんに発注されるのだと思いますが
良くご相談してみて下さい。

ちょっと気になったので書き込みしました。失礼しました。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お節介大歓迎。勿論、知りませんでした。^_^;
調べてみます。ありがとうございました。施工は、町の個人レベルの工務店さんで、昔からのおつきあいです。整った商店街の中で、本体は重量鉄骨のプレキャストコンクリート住宅で、地区12年。両隣が古い家で
その目隠しのためです。

お礼日時:2001/08/08 20:11

かなり遅い回答で申し訳ないですが、一つだけ気になったもので。



>手積みすると工賃が高い
これは誤解です。
小型のユニット式のパネルでなければパネルの方が実は高いです。
これは規格サイズの小型ユニットものとそうでないかの違いで生じる
もので、縦横の使用個数を希望のものにしようとするとオーダーメイド
状態になるので当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。僕もメーカーに直接問い合わせて確認しました。ご指摘の通り、ユニットの方が割高で、大型になればクレーンが必要ですから、全くの
認識不足でした。でも、プレハブリケーション化して
値段が高くなるのは、理解に苦しむところです。現在は資金不足なので、計画だけ温めています。今後とも
ご教示を賜りたいと存じます。重ねてありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 16:07

高さ5.7mを鉄骨フレームでというのは、かなり大胆ですね。


自重のみならず、風・地震に対するフレーム・基礎などの安全性を
十分検討したうえで、確認申請を行って下さい。
積み上げの高さや、パネル化などについての行政との事前協議が必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。場所は、世田谷の間口3.9mの商店が居並ぶ整備された商店街。設置場所は、現在、下地用の粗いコンクリートで被われていますが、結構、深いところまで、あるみたいです。最初に、高さ2m余りの木製の塀を作り、柱を埋設するときに確認しています。地震/風対策としては、両側の塀は、よくある切り妻型の「へ」の鉄骨で手前と奥で繋ごうと思っています。両隣は、いずも間口いっぱい家があります。6mまでのパネルは作れると日本電子硝子のURLにあるのですが、電線がありクレーンで釣ることが出来るか心配です。ガラスプロックを考えているのは、先ず「好き」次に、防火/防音。光の壁を作りたい、ということです。あまりないのかもしれませんが妙味のお話があれば、お聞かせ下さい。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 01:57

日本電気硝子のユニット商品に有るみたいですね。



http://www1e.mesh.ne.jp/neg-ken/

参考URL:http://www1e.mesh.ne.jp/neg-ken/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、見てみました。大型パネルで6mというのがあり
これなんか、いいかもと嬉しくなりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/08 20:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古物置を激安値で探しています。サイズは、高さ約2m、幅約2m、奥行約

中古物置を激安値で探しています。サイズは、高さ約2m、幅約2m、奥行約70~75cmです。
また、送料無料が助かります。良い購入先等情報提供を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

やふおくでも探してみたら。
後は、地元のリサイクルセンターのようなところに問い合わせる。
ネット通販くらいですかね。

Q【間口を作って欲しい!】建売業者の開発前の土地の造成計画について

去年土地を購入し、新居を建てました。
家の土地の南側が工場なのですが、経営が傾いたのか売りに出されました。450坪位はありそうです。
そこの社長と今日話したのですが、来月には更地、年内には建売の家が
十数棟建つそうです。
現在我が家は4m北道路の袋地にあり、その2.2m程の間口は神社と寺院にはさまれ、車の出し入れが非常に困難な場所にあります。
それを承知で土地の購入をしたのですが、
南側に建売の土地の開発が入るとなると、開発段階で協定道路などの
申し入れをして、南側に車が出入りできるような間口を
作ってもらうというのは可能なことなんでしょうか?
ちなみに建蔽率50%、容積率80%の一種低層住居専用地域で北側斜線規制、絶対高さ10m以下の制限あり、となっています。
都心まで電車で15分の通勤圏内で、近隣の建売の相場は30坪3300万位です。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いやあ、まずそんなうまい話にはならないと思いますよ。
よっぽど道路用地を買います!といわなければまず都合のいい道は作られることはないでしょう。
運よく開発道路に面したらいいなあとおもうくらいだと思います。
開発の道路を貴方の敷地につけるくらいなら宅地にして売った方が言い訳ですからおそらく買うから計画を考えて!と早期に相談するしかありません。ちなみに道路用地を買ったとしてもその部分の所有権は開発が完了する頃には、市町村に帰属することになるので貴方のものには最終的にはなりません。

造成をする開発業者は当初から買い付けの金額と道路で売れない金額、宅地で売れる金額を全て計画しています。最終的に建つのは同じ住宅なので条件的に優遇される可能性は低いでしょう。

Q古い石積み擁壁ギリギリに建てられた建売住宅は危ないですか

新築建売住宅の購入を検討している者です。ひな段で、敷地はが柔らかく水はけの悪い粘土質です。西側・南側に3m~4mの高さで昭和40年代に造られた石積擁壁があります。石積みの間から草が生えており、排水パイプが何箇所かありますが、排水パイプ以外の所(石積みの隙間)からも水が染み出た跡があります。
この家はここに以前建っていた1軒の古家をいわゆるパワービルダーが買取り、南北に2件の新築住宅を建てたものです。
私が検討しているのは石積擁壁側ギリギリに建っているほうの物件で、
ここはかつて庭だった部分であり、大きな木や花壇だった部分にあたります。不等沈下(不同沈下というのが正しいのでしょうか?)が心配なので、この建売メーカーに地盤調査の資料をもらったのですが、
スエーデン式サウンディングという地盤調査方法の結果「全体強度は20kn/m2あるが、深部に軟弱層があります」との事。
建売メーカーは「ベタ基礎なので大丈夫」というのですが、その住宅メーカーの家は雨どいからの雨水を基礎のすぐ脇の地中に埋めた「雨水浸透マス」とは名ばかりの、樹脂製の底のないバケツを砂利を回りに埋めることもせず、ただ土中に埋め込んでおしまい、という簡便な方法で処理しているため、水の吸収の悪い赤土の粘土質ではなかなか浸透していかないのです。(実験として、バケツで水を流させてもらいました。)
以前の古家はちゃんと雨水を側溝に流していたようです。(パイプが残留していました。)メーカーは「建築部門の専門家がokをだしたのだから大丈夫です」というのですが・・・・。

新築建売住宅の購入を検討している者です。ひな段で、敷地はが柔らかく水はけの悪い粘土質です。西側・南側に3m~4mの高さで昭和40年代に造られた石積擁壁があります。石積みの間から草が生えており、排水パイプが何箇所かありますが、排水パイプ以外の所(石積みの隙間)からも水が染み出た跡があります。
この家はここに以前建っていた1軒の古家をいわゆるパワービルダーが買取り、南北に2件の新築住宅を建てたものです。
私が検討しているのは石積擁壁側ギリギリに建っているほうの物件で、
ここはかつて...続きを読む

Aベストアンサー

私は土木の知識しかありませんが、スウェーデン式サウンディング試験というのは非常に簡易な土質試験で、この試験だけで家が安定するか分かるとは到底思えません。
土木の仕事でも軟弱な地盤の恐れがある個所は、ボーリングや平板最荷試験等を行います。
スウェーデン式では深度毎のN値は出ますが地表面での地盤の強さや安定性ははかれません。
高い買い物ですので少しでも懸念があるのでしたら、購入はやめた方がいいと思います。

Q不整形地補正率、奥行長大補正率

次の住宅地に適用される不整形地補正率、奥行長大補正率(後者は関係ないかも。)を教えて下さい。土地形状は台形。南側の9mの下底が幅約5mの道路に接しています。上底は5m、高さは25m、したがって広さは約175平米。間口の狭く奥行きの深い形状です。

Aベストアンサー

 この不整形地補正率、奥行長大補正率というのは相続税財産の評価の質問なのでしょうか?それとも他分野の土地評価関係での質問なのでしょうか?
 もし、質問が相続税財産の評価にあたるならば、不整形地補正率は、『付表4「地積区分表」に掲げる地区区分及び地積区分に応じた付表5「不整形地補正率表」に定める補正率』(下記httpより抜粋/財産評価基本通達)となるそうです。
 質問の例の場合、住宅地で広さが約175平米ということですので、付表4「地積区分表」に当てはめますと普通住宅地区の500m2未満となり地積区分はAとなります。
 そして、付表5「不整形地補正率表」にあてはめるために「かげ地割合」を算出します。(算出方法は下記数式)
「かげ地割合」=(想定整形地の地積-不整形地の地積)
          ÷想定整形地の地積
(図)
---想定整形地
***不整形地

---******----
|--********--|
|-**********-|
|************|
*************

質問例のかげ地割合=(9m×25m-175m2)
               ÷(9m×25m)
         =0.22222… ⇒ 「20%以上」
これを下記httpの付表5「不整形地補正率表」にあてはめると、不整形地補正率は「0.94」と導き出されます。
 奥行長大補正率については、手元に資料がないのでわかりません。
 また、私は素人であり資料を片手に算出しましたので正しいかどうか心許ないです。
 やはり税理士等の専門家に相談なさるのが一番確実で信頼がおけると思います。


http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/souzoku/07/tutatu.pdf
6ページ、21ページを参照のこと

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/souzoku/07/tutatu.pdf

 この不整形地補正率、奥行長大補正率というのは相続税財産の評価の質問なのでしょうか?それとも他分野の土地評価関係での質問なのでしょうか?
 もし、質問が相続税財産の評価にあたるならば、不整形地補正率は、『付表4「地積区分表」に掲げる地区区分及び地積区分に応じた付表5「不整形地補正率表」に定める補正率』(下記httpより抜粋/財産評価基本通達)となるそうです。
 質問の例の場合、住宅地で広さが約175平米ということですので、付表4「地積区分表」に当てはめますと普通住宅地区の500m2未満...続きを読む

Qブロック積みには・・・

初めまして。現在ブロックを積んでウッドフェンスを作ろうとしていますが、土留壁とブロック間のモルタルはプライマーなど使用しなくても充分貼り付くものでしょうか?それと3段積みにしたいのですが、横筋は何段目に入れるものなのでしょうか?また縦筋は3段目までの長さにしなければいけないのでしょうか?質問が長くなりましたが、ご教授の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず土留壁(土留めのコンクリート?それともブロック?)がきちんとなされている(鉄筋入り)であるという前提でお答えします。(この前提が成立しないのであれば初めからだめ)

>土留壁とブロック間のモルタルはプライマーなど使用しなくても充分貼り付くものでしょうか?
プライマーを使用しても十分張り付くというわけにはいきません。
基本的には鉄筋が支えの中心となり、モルタルがそれを補強するという形です。
ですからまずコンクリート表面をきれいにする、場合によっては少しはつり、差筋により縦筋を施工し、必要があればプライマーもつかってブロックを積みます。
これにより下と上につむブロックが一体となります。(とはいえ初めから一体よりは弱いです)

より強くするためには差筋の数を通常より増やすとよいでしょう。(通常はブロック2個に1本程度ですが1個単位の間隔にすれば強固です)

>それと3段積みにしたいのですが、横筋は何段目に入れるものなのでしょうか?
基本的には一番上です。ただその上にフェンスの柱を立てる場合ですと横筋が分断されるので、2段目の上に横筋で、三段目の上にしないというやり方もあります。

>縦筋は3段目までの長さにしなければいけないのでしょうか
はい。必ずそうしてください。鉄筋の通っていないブロックは簡単に取れます。フェンスが倒れますよ。
(モルタルのかぶり厚さを確保する分だけ短くすることを忘れないように。そうしないとさびるので)

まず土留壁(土留めのコンクリート?それともブロック?)がきちんとなされている(鉄筋入り)であるという前提でお答えします。(この前提が成立しないのであれば初めからだめ)

>土留壁とブロック間のモルタルはプライマーなど使用しなくても充分貼り付くものでしょうか?
プライマーを使用しても十分張り付くというわけにはいきません。
基本的には鉄筋が支えの中心となり、モルタルがそれを補強するという形です。
ですからまずコンクリート表面をきれいにする、場合によっては少しはつり、差筋により縦...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報