ネットが遅くてイライラしてない!?

工学部から経済学部に編入したいと思っています。
為替について詳しく学びたいと思ってきました。
理由は、留学する時に必要で気になった事がきっかけです。
今いる大学は、理工系の大学でそもそもなんでそのような大学に入ったのかというと元々国立大学を目指しており浪人もしました。
ですが、第一志望に落ち専攻が宇宙の事です。
宇宙に興味を持ったのも授業が面白かっただけで
数学が得意だったからです。
大学院までいかないと宇宙の事を使った仕事に就職できなさそうと思い、そもそも狭き門だと思ってきました。

経済学部に編入したいと思いますが、同じ経験をされた方アドバイスをお願いしたいです。

A 回答 (6件)

たぶん、だけれど。


宇宙関係の職に中々就けないのはそうだろうけれど、しかし、その周辺の所には就職できるということは。
教授捕まえて聞いてみたら。例えば機械系の会社に就職できるとか。よくは知りませんよ。
経済学の方は、その程度の動機なら、本の三冊でも読めば、という気がするんですが。
宇宙だってそうですよね。機械、ロケット、航空宇宙系の力学、情報系統、電気電子系統、よく知りませんが、幅広く知りたい、技術を身につけたい、宇宙産業に技術者として就職したい、というのならそっち系の専攻ですが。
しかし、飛行機やロケットがどうやって飛んでいるのか力学のところが知りたい、ということなら、本の三冊でも読めば、どうせ授業聞いたって同じでしょ、むしろ本の方が解り易いくらい、と思いません?
なんだろう、進路を選ぶために無理矢理取るに足らない動機を(言い訳として?理由付けとして?)持ち出している、ような気が。
動機があるから進路を選ぶのではなく、進路を選ぶために動機を無理矢理持ち出している、ような。
それに、宇宙系を卒業して宇宙産業に就職できないとしても、しかし、どこにも就職できないわけでは全く無い。
おそらく上記のような理系の就職口はあるのではと思うし、そうで無くても普通に文系就職できるはず。それは経済系を出ても同じ。
    • good
    • 0

経済学部に編入したい理由が、為替を学びたいから、為替を学びたい理由が、留学するときに必要で気になったから?


いつも思い付きで進路を決めようとしているところが気になります。
あっちは難しそうだからこっちへ、と。
そんなモチベーションで編入が上手く行くかどうか、とても心配です。

私立大学から低難易度の私立大学への編入はままあります。比較的楽に編入できます。(その後は知りません。合わなかったり、友達ができにくかったり、単位取得が大変だったり、はあるかもしれません)
難関私立大学や国立大文系への編入なら、編入予備校に行ったほうがいいです。
ただの学歴ロンダリングで、とにかく大学を変えたい!が先に立つならお勧めしません。
経済学、マクロ・ミクロ、興味があれば面白いですが、専門用語は多いし、古い話は多いし、大量の文章を読むのが苦手な人には厳しいです。とりあえず、ケインズとマルクス経済学の本を2冊読み、それから決めてください。つまらない、または読み切れなければ向いていません。
    • good
    • 0

為替について学ぶためには、別に経済学に行かなくても可能ですよ。



その辺のにわか経済学部よりも、よっぽどyoutubeとかで経済政策とかの講義をしてる個人経営者とかで独学した方がわかってる人も多いです。

経済学部でしかできないことは、学術的に何かテーマについて研究調査をしてそれについてフィードバックを得ることです。単に学ぶだけなら自分でやらなきゃ誰も押してくれません。
    • good
    • 0

今 何年? 2年なら退学して、受験して国立へ進んだのがお得だよ

    • good
    • 0

転学部の制度がない大学でしょうかね。

同じ大学ならば、編入よりも、転学部のほうがまだハードルが低く、転学部語の履修もスムーズなのですが。
同じ大学に経済学部がないか、あっても転学部制度がなくて、3年次編入試験を考えている、という前提で書きます。

同じ経験はしていませんが、国立大学に編入した学生を何人か知っています。
安易な編入は、お勧めしません。
理由は、
1.編入後の単位読み替えの上限が厳しい。編入前にどれだけ単位を履修していても、卒業要件の半分(124単位なら62単位)までしか読み替えられない。最大62単位では、就活で忙しい4年次まで、単位を落とすことなく目一杯履修しないと卒業できないことになる。
2.2年次までに履修した単位は、すべて「一般教養科目」として一括認定されることが多い。この場合、編入先で2年次までの必修専門科目があった場合、3年次以降に遅れての履修となる。
3.時間割の関係で、1.と2.の理由で履修すべき必修科目同士が同じ時間に重なる確率が高くなる。場合によっては、時間割の関係で、最短年限での卒業が不可能になってしまう。(編入の場合、最短年限での卒業は保証されていない)
4.3年次編入=編入と同時に専門課程が始まる、ということ。新しい環境(先生、同級生、講義内容、試験)に慣れないうちに、いきなり同級生と同レベルの学力を要求される。それについていくのが大変。
…といったところです。
同じ大学内での編入ならば、他の短大や専門学校からの編入よりは、大学の勝手を知っているだけ少しマシ、という程度です。

元々、大学の編入試験というのは、短大卒や高専卒の学生を念頭に置いた精度です。同じ専門分野の基礎をやった上で、大学3年次の専門課程に進みたいという人が前提です。単位の読み替えも、同じ分野での編入でないと不利になることが多いです。同じ分野からでも、単位の読み替え上限の関係で、同級生よりもかなり不利になります。
文系の場合、2年次までに80単位くらい履修済みのことが多いです。3年次修了までには「残りは4年生にならないと履修できない科目だけ(卒論と、資格科目で該当するのがあれば)」という人も多く、それで4年次前期に就活にいそしむわけです。3年次編入だと、それができません。同級生が就活に集中している間、編入生は下級生と一緒に、卒業に必要な単位をいくつも履修する、という状況になります。
そういうハンデを負ってでも、絶対に途中でくじけない、頑張ってやり通す!という強い意志がなければ、編入はお勧めしません。

あなたの質問文を見ていると、「留学するときに、為替のことが気になった」という程度の興味と動機。
編入するとすぐに卒論の準備が始まりますから、「為替について学びたい」では遅くて、「為替の○○について卒論で取り組みたい」という具体的なテーマを持っていないと、間に合いません。
そして、今の学部・専攻をやめたい理由が、「第一志望の専攻に行けなかったから」「志望したのは、授業が面白くて数学が得意だったから」「専門を生かした就職は、院まで行かないと無理だから」。
元々、経済学部が第一志望だったのですか? 違いますよね?
経済学関係の授業は、宇宙の授業よりも面白く、魅力的ですか? 厳しく難しい内容の授業でも、あまり興味は無いけど必修の授業でも、経済学部のならば頑張って面白く取り組めると言い切れるほど、経済学関係の入門の授業を受けたりしていますか?
専門を生かした就職は院まで行かないとできないというのは、理解学部はどこも同じです。学部卒ならば文系就職とほぼ同じです。文系も、学部卒レベルでは「専門分野の内容を生かした」就職先なんて、そんなにありません。経済学を出て、その先の就職は、どういうものを想定していますか?

既に浪人しているのに、さらに単位履修の関係で卒業延期の可能性がある編入を選ぶのは、リスクが高いと言えます。就職を気にするなら、なおさらです。
あなたがいまの進路を決めたのと同じくらい、編入のことも、軽い動機で考えているように思えます。その程度の動機では、編入「後」の大変さを理解していないと、後悔しますよ。
    • good
    • 0

>経済学部に編入したい


そんなアホにはお目にかかったことがありません。
ので アドバイスはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃあコメントすんな

お礼日時:2020/04/19 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング