ロスト・イン・トランスレーションの主人公の男性が携帯電話に設定している着メロを教えてください!
聞いたことがあるのに曲のタイトルを知らず、気になっております☆
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お風呂場で鳴ったあの曲ですね。


だいぶ前に観たので記憶があいまいですが、確かショパンの「幻想即興曲」だったと思います。
下記のHPで曲が確認できます。

参考URL:http://keitai.excite.co.jp/melo/detail/music/?mi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビンゴ!!ありがとうございました☆
HPもくっつけて下さってありがとうございます(´∀`)

お礼日時:2005/01/13 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロスト・イン・トランスレーションの映像の綺麗さについて

この映画って、やたらと映像がオシャレ
というか、綺麗なのですが、特別なカメラ
や撮影方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

特別な方法というのがあるわけではありませんが、カメラの性能や機動性、また使用するレンズによって映像はかなりかわります。
キレのいいレンズを使ったり、集光の強いレンズを使うなどカメラマンの選択と腕で、千差万別です。

また使用するフィルム(コダック、フジ、アグファゲバルトなど)
どこの誰が現像したか(タイミングマンの腕)、
現像したのはどこの国のどのこラボか(使用可能な現像液)でもかわります。


ただ、このソフィアコッポラの作品は低予算ですし、知人がスタッフでしたが、そんなたいした撮影ではなかったそうです。
監督が何もできなくって、「俺は降りる!」と仕事を放棄するスタッフとキャストが何名もいて大もめだったそうです。
ビル・マーレイもアカデミー賞の授賞式で、そう暴露してましたっけ。


余談はともかくも、この作品は機材や現像にそんなにお金を掛けているわけではないでしょうし、何か特別なことをしたわけでもないと思います。
カメラにしても世界中の映画で使われているのはアリフレックス、パナビジョン、アトーンなど会社別だとわずかな種類しかありませんし。


東京の街が、海外のカメラマンが撮影した映像によって「普段見慣れているものとはかなり違って見えた」ということが、まずあるのだと思います。。
「ブラックレイン」という映画でも「これが大阪の町なの?」というくらい、邦画で見る大阪とかなり違って見えました。

邦画と比べると海外のカメラマンはフィルターを使うなど、わりと大胆なことを好みます。
この作品でも、よりスタイリッシュに見せるために、フィルターなどの効果を使ったのではないでしょうか。

また日本で公開される洋画の場合、オリジナルから数えて3世代とか4世代とか、状態がそれほどいいものではないポジフィルム(上映用のフィルムです)が使われるのが普通です。
この作品はひょっとしたらオリジナルのマスターポジに近い世代のフィルムを使って上映されたのかもしれません。
そうだとすると鮮明度はかなり違っているはずです。

特別な方法というのがあるわけではありませんが、カメラの性能や機動性、また使用するレンズによって映像はかなりかわります。
キレのいいレンズを使ったり、集光の強いレンズを使うなどカメラマンの選択と腕で、千差万別です。

また使用するフィルム(コダック、フジ、アグファゲバルトなど)
どこの誰が現像したか(タイミングマンの腕)、
現像したのはどこの国のどのこラボか(使用可能な現像液)でもかわります。


ただ、このソフィアコッポラの作品は低予算ですし、知人がスタッフでしたが、そん...続きを読む

Qロスト・イン・トランスレーションの着物が逆

この映画は日本公開前にDVDで見たのですが、最初の方のエレベーターの場面で黒留め袖の着物姿の女性が写っているのですけど、なんと着物の合わせ方が左右逆、つまり死んだ人に着せる着方になっていたのでびっくり仰天。

日本で作られた映画ですし、当然着付けなどは完璧のはずなのに、と思ってよく見ると、男性のシャツも左右逆の合わせ方。つまりフィルムが反転されているんですね。

日本で公開されるときには修正されているかと思い、地方都市なものでようやく昨日公開されたものを見てきたのですが、やはり逆のままでした。

昔でしたら、外国で作られた映画ならいざ知らず、日本のスタッフが大勢関わっているのにこんな縁起でもないものを!と大騒ぎになると思うのですが、今の世の中ではそういう一般常識を持ち合わせていない人が大多数を占めているということなのでしょうか。

どこかの映画批評でこのことに関する記述がありますか?

Aベストアンサー

ロストイントランスレーションの、公式ホームページに載っていましたよ(Informationのところです)。
演出上の設定だったみたいですね。

参考URL:http://www.lit-movie.com/

Qロスト・イン・トランスレーションでカラオケで歌われた歌

ロスト・イン・トランスレーションでCharlotte(スカーレット・ヨハンソン)がカラオケで歌った歌がお分かりになる方、是非教えてください。

Aベストアンサー

ブリテンダーズ(the pretenders)
の「Brass in pocket」です。

私もこの映画で初めて知ったので、カラオケで歌ってみたいと思っています。

結構有名なんですよね。着メロにもなっていますし。

アマゾンで少し試聴できます。
聞いてみてください。
スカーレットの声は少し可愛い感じでしたが、
ちょうどカラオケで歌っていた部分が聞こえます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002LD7/249-5556355-0200361

Q『ロスト・イン・トランスレーション』のなかの英語の意味

遅ればせながら、映画『ロスト・イン・トランスレーション』を観たのですが、ビル・マーレィとスカーレット・ヨハンソンがホテルのバーで会話する場面で、ヨハンソンがマーレィに「あなたは中年の危機にいるみたいね」と言った後、「ポルシェを買った?」と聞いています。なぜここでポルシェが出てくるのかご存知の方がいましたら、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

映画の場面はハッキリとは覚えていないのですが、アメリカでmidlife crisis(中年の危機)に差し掛かった人の典型的な症状として上げられるのが、いきなり高級スポーツカーを買うことです。子供も大きくなって、お金もそこそこあり、自分の人生について悩みだした中年男性が、今まで夢にみるだけで買いたかったけど買えなかったものを購入するケースが多いからでしょうね。こちらでは中年男性が新車(特にスポーツカー)を購入すると、ジョークで「midlife crisisか?」と聞かれます。

Q映画でロストイントランスレーションとは?

映画のタイトルで、「ロストイントランスレーション」とは、lost in translation の意味ですか?
翻訳に夢中という意味ですか? これだと、よくわからない意味のような気がしますが?

Aベストアンサー

translationは翻訳(他言語に変える)という以外に、interpretやmake clearなどという意味もあり、changeという意味もあります。
http://thesaurus.reference.com/search?q=translate

映画の中で2人のアメリカ人BobとCharlotteが出会い、言葉の通じない異国を散策していくわけですが、お互いにそれぞれ悩みを抱えています。

Bobは50過ぎの売れなくなった俳優、妻と形だけの夫婦になっていて、意思疎通ができない。Charlotteは大学出立ての新妻で、自分の意思ではなく、旦那の仕事についてきたものの、旦那はいつも仕事で居らず、夫婦、結婚、自分の人生の意味を見失ってしまっている。

lostは本来は「迷う」「見失う」の意味で、BobとCharlotteは言葉の通じない異文化の国で迷い、自分の居場所、自分の人生の目的を見失っている、2重にlostしているわけです。


また、lost in thoughtといえば「物思いにふける」と言う意味ですが、lost in「~に心を奪われている」。人生の終盤にさしかかったBobと人生をこれから始めていくCharlotteが、異国の町で出会い、ふれあいをとおしてそれぞれの人生を見つめなおし、人生の目的を考え直していく。(人生の意味を考えることに「心を奪われている」と言うこともできるでしょう。)
それがこの映画の主題だったと思います。

言葉の十全な意味が含まれた、いいタイトルだな、と思いました。

translationは翻訳(他言語に変える)という以外に、interpretやmake clearなどという意味もあり、changeという意味もあります。
http://thesaurus.reference.com/search?q=translate

映画の中で2人のアメリカ人BobとCharlotteが出会い、言葉の通じない異国を散策していくわけですが、お互いにそれぞれ悩みを抱えています。

Bobは50過ぎの売れなくなった俳優、妻と形だけの夫婦になっていて、意思疎通ができない。Charlotteは大学出立ての新妻で、自分の意思ではなく、旦那の仕事についてきたものの、旦那...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報