ゲノム創薬研究が進む今日、21世紀の医薬品はどのようになっているのでしょうか。
将来的には遺伝子医薬品などが本当に製薬企業からでるのでしょうか。

又、テーラーメイド医療などが出来るといわれていますが、どのようなイメージなのでしょうか。例えば、コンタクトレンズ屋さんみたいに、その人にあった形や投与量が違うものを薬局がそろえておいておくのでしょうか。

判りにくい質問で申し訳御座いませんが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

インスリンを大腸菌が作り出すといったことが現実になっていますネ。


何等かの特定成分を微生物等に作らせるという製造方法は広がるでしょうネ。
問題としては‥厚生労働省の動きがどうなるかということだけでしょうネ。
以前、あるメーカーがムラサキという植物をバイオ技術で培養し、紫根(シコン)という生薬として使おうと計画しましたが、厚生省は土に植えられなかった植物を原料とした生薬は認められないという理由で医薬品用途に供することは認めませんでしたネ。その結果が資●堂のバイオ口紅だったのですが(抽出したエキスを化粧品に配合するのは可とされたため)。

生まれたときに臍帯血を採って保存しておき、将来、骨髄移植が必要となった場合に使おうという臍帯血バンクはかなり浸透してきました。
このような方法が他の臓器にも広がるかも知れませんネ。
そして、それを対象としたビジネスもできてくるでしょう。

オーダーメイドの薬としては漢方薬などは2000年も前からそうですネ。
ゲノムとは関係ないかもしれませんが、アメリカではネット診療所が認可されました。インターネットを通じた医療行為が公認されることとなったのです。日本はアメリカの後を追うことが多いので、いずれ、追随することになるでしょうネ。
とりとめもない回答でした
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なお話ありがとうございました。
確かに漢方薬などは、オーダーメイド薬ですね。
現在のテーラーメイド医療の定義としては、「個人のゲノム診断を行いそれを基に、薬剤の使い分けと投与量の調整を個人個人に行うこと」ではないでしょうか。
ご指摘と同じ様に、厚生労働省の動きが重要で、薬価や承認の問題があるのですが、
製薬メーカーは沢山の投与量と形態を、薬局は沢山の同じ種類で違う投与量のものを保存しなければ、いけないのでしょうか。
余りにも非現実的なように感じるのですが、ご意見お待ちしています。

お礼日時:2001/08/10 17:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲノムの解読の意味

ゲノムの解読の意味が分からないですがお教えいただけないでしょうか。

(1)ゲノムの解読成功のニュースが時々報じられますが、時として「ゲノムのほぼ全体の解読に成功」などと100%解読したのではないことを示す修飾語が付いているように思います。通例として、100%解読でなくても「解読に成功」と言うのでしょうか。

(2)これまでに全ゲノムの解読に成功した種がいくつかあるそうですが、このようなもののうちには100%解読できたのではなく例えば99.8%を解読できたが0.2%は未解読で残っているようなものも、通例として、含まれているのでしょうか。

(3)あと僅かの未解読の部分が残っていても「解読に成功」と言うのは、通例として、その部分の解読が特に困難だからでしょうか、それとも単に時間が足らなかったが発表を急いだということでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
ゲノムの配列データベースは現在でも更新され続けています。
特に、反復配列などの中には解読が困難な領域もありますが、
遺伝子を含む可能性が低い領域でもあります。
また、DNA配列は一度配列を読んだら終わりなのではなく
何度も繰り返し解読することで、解読の精度を高めています。
また、実験動物では同種の場合では、原則的に別個体であっても同じDNA配列を持っていますが、ヒトには当然個体差があります(厳密には実験動物にもありますが)。現在では個体によって異なる塩基の情報(SNPs-スニップス)の情報も蓄積されていっています。
(2)
というわけで、当然100%解読が終了していなくても
全ゲノム解読ということになります。
(3)
ゲノム解読においては基本的に、ある程度解読が終了したところで情報を開示します。なぜならば、70~80%以上解読が終了していれば、データベースとしてある程度有用になりうるからです。その場合は”ドラフトシークエンス”という形で発表します。また、途中で公開することで需要が高まれば予算が下りてさらに解読を進められるというメリットもあります。

(1)
ゲノムの配列データベースは現在でも更新され続けています。
特に、反復配列などの中には解読が困難な領域もありますが、
遺伝子を含む可能性が低い領域でもあります。
また、DNA配列は一度配列を読んだら終わりなのではなく
何度も繰り返し解読することで、解読の精度を高めています。
また、実験動物では同種の場合では、原則的に別個体であっても同じDNA配列を持っていますが、ヒトには当然個体差があります(厳密には実験動物にもありますが)。現在では個体によって異なる塩基の情報(SNPs-スニップ...続きを読む

Q処方せん医薬品以外の医薬品について

処方せん医薬品以外の医薬品は病院の近くの外の薬局で医者に診てもらわなくても、くださいといってもらえるものなのでしょうか?
また、その場合、保険がきいて、医者に処方されて支払う金額と同じ額で購入することはできるのでしょうか?
また、個数の指定はありますか?(たくさんは購入できないなど)
自分がもらいたい薬は、フルナーゼ点鼻液という薬です。

Aベストアンサー

フルナーゼは処方箋薬品ですから、医者に処方箋を出してもらわないと、手に入りません。

あと、処方箋がいらない医薬品は、普通の薬局で変えますが、一般医薬品ですから当然保険は利きません。
ドラッグストアで買える目薬に保険が利く、なんてことありえないでしょ?

Qゲノムの表の意味

ゲノムについてのページをたまたま見つけたのですが、このページは何を表しているのでしょうか。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/genomes/static/gpstat.html

例えば、mammmal(哺乳動物)のcomplete(完了)が3になっていますが、この3は何を意味するのでしょうか。

Aベストアンサー

例えば、mammmal(哺乳動物)のcomplete(完了)が3になっていますが、この3は何を意味するのでしょうか。


哺乳動物の3つに関してゲノム解析が完了した

http://www.dna.affrc.go.jp/links/jp/genome.html#3

ヒト マウス ラット の3つのようです

Qジェネリック医薬品と本家の医薬品の価格差がなぜ生じるか?

最近、ジェネリック医薬品に関する報道やコマーシャルをTVでよく目にするのですが、一つ疑問があります。ジェネリック医薬品は、開発や臨床試験に掛かる費用が極端に抑えられることで安く作れるため価格に差ができると言うのですが、本家の医薬品メーカーは、特許が切れて対抗する医薬品メーカーが出てきたときに本家の医薬品の価格改定をしないのでしょうか?特許で守られている間に当然、開発に掛かる費用はペイできているはずだし、できていなくても競争相手が出てこれば値下げ断行が当然のように思うのですが。また、お医者さんは、患者さんに特許の切れたような薬よりも新薬を薦めたがる傾向というのは強いのでしょうか。医薬分業となった今日でも、やはり、メーカーから医者へマージンは流れているのでしょうか。詳しい方が見えたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「本家(オリジナル)の医薬品」も、発売後、順次薬価が下げられていきますよ。
薬価は国が定めますが、その基礎資料は、製薬会社からの希望薬価申請によります。ジェネリックが出たからといって、オリジナルも急に価格が下げられるものではありません。また下げなくても、現場は使ってくれます。

なぜ現場がオリジナルを使うかは、やはり信頼性です。原末の成分は同じでも、効果は同じでないと経験的に知っています。
もしも、自分が患者だったら、間違いなくオリジナルをお願いするでしょう。

誤解を生む表現だと知りながら言います。クルマにたとえると、
・ベンツの3000ccのクルマ                700万円
・同じ排気量で、よく知らない聞いたこともない国のクルマ 200万円
同じ馬力ですし、エンジンの構造も全く同じです。どちらも時速200キロが一応出るとされています、と言われたときに、さてどちらを選ぶかというのが、今回の話だと思います。

バックマージンは国公立病院にいる限り、皆無です。私立でも、お金がもらえたり、旅行に行けたりはしないですね。

「本家(オリジナル)の医薬品」も、発売後、順次薬価が下げられていきますよ。
薬価は国が定めますが、その基礎資料は、製薬会社からの希望薬価申請によります。ジェネリックが出たからといって、オリジナルも急に価格が下げられるものではありません。また下げなくても、現場は使ってくれます。

なぜ現場がオリジナルを使うかは、やはり信頼性です。原末の成分は同じでも、効果は同じでないと経験的に知っています。
もしも、自分が患者だったら、間違いなくオリジナルをお願いするでしょう。

誤解を生...続きを読む

Qゲノムの勉強をしてるのですが、 『塩基』という言葉そのものの意味が分かりません。 なぜ塩基というのか

ゲノムの勉強をしてるのですが、
『塩基』という言葉そのものの意味が分かりません。
なぜ塩基というのか
分かり易く説明して下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/kori/science/ayumi/ayumi05.html
当時の人たちは,加熱した後に残る部分はもとの灰よりも堅固な物質だと思い,ギリシア語の basis(基礎)にちなんで base(塩基)と名づけた

「塩」であり「基」礎 だからではないでしょうか

Qゲノム創薬

ゲノム創薬について教えてください。また、何か参考になるHPや本などがあったらそれも教えてください。

Aベストアンサー


参考URLと下記のページをご覧ください。
http://www.pharmadesign.co.jp/pback.html

http://www.jpma.or.jp/01topics/genome/genoqa_d.htm

書籍としては下記のページをごらんください。
http://www.cmcbooks.co.jp/books/cmcbooks/B564.htm

参考URL:http://www.novartis.co.jp/genom/gen.htm

Q「ヒトゲノムの解読が完了した」の意味

ヒトゲノムの解読は完了したと聞きました。

しかし、個人ごとに形質は異なるので、塩基対の配列は個人ごとに異なるのではないのでしょうか。もしそうだとすれば、塩基対の解読は1人ひとりについて(つまり、全ての人間(固体)について)行わなければ完了しないと思うのですが、なぜ1人か2人の人間(固体)の塩基対を解読しただけでヒトゲノムの解読が完了したと言うのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺伝子は生物の遺伝的な形質を規定する因子であり、遺伝情報の単位とされています。ねずみも人間も生物全てが遺伝子を持っています。その生物がその生物であるための情報が格納されています。ヒトゲノムの解読とは人が人であるための部分の解読です。人間とチンパンジーの遺伝子は約97.5%が同じといわれています。見た目であれだけ違う生物であってもそれだけの一致があります。ましてや同じ人間同士の違いはほんとわずかになります。なので「人間同士の個人の違いを解読」したのではなく「生物の中での人間の遺伝子を解読した」と考えることが正しいと思います。

Qジェネリック医薬品(後発品)について

最近、勤務先の産婦人科医院の院長が、「これからは、積極的にジェネリック医薬品を取り入れよう。」と、頑張っています。いろいろ調べて見ると、結構たくさん出ているのにびっくりしました。実際、お使いの医療機関の方に、ご意見を伺いたくてレスしました。品質、安全性、安定性、など、何か気が付いたことなどありましたら、参考にご意見伺えたら幸いです。お奨めの製薬会社などもありましたら、教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 ion8383さん こんばんは

 薬局を経理している薬剤師です。

 薬局の立場からお話しますね。
 全てのメーカーを確認取ったわけでは有りませんが、ジェネリック品と先発品との品質・安全性・安定性等ほぼ変わらないと思います。但し細かい事を言うと錠剤化する段階での打錠時の加圧度合いが違うらしく、溶け具合が先発品と違う場合があります。だからといって効き目等に影響が有るほどの違いがあるわけでは有りません。

 高橋英樹さん等を使ってTVでは積極的にCMしているジェネリック品ですが、1成分に対してあまりにも多くのジェネリック品が発売されていて問屋さんすら取り寄せと言うメーカーもあり、薬局が仕入れるのに一週間掛かってしまうメーカーも有ります。
 製品名記載の処方箋ですと扱いの無い製品は取り寄せするしかないのですが、場合によっては一週間掛かってしまい患者さんの即服用して楽になりたいと言う気持ちに反してしまいます。そう言う意味で疑義紹介して先発品または扱いのある同じ成分のジェネリック品の変更依頼しても、「なぜ変更しないとダメなのか??」と逆に聞かれてしまう場合もあり、在庫がないと説明しても受け付けてくれないDr.もいます。そう言う場合は、患者さんに話して断ざるおえないのが事実です。

 Dr.にこんな事をお願いするのは薬剤師として差し出がましいと思いますが、ジェネリック品を処方したい場合は、製品名ではなくて成分名でお願いしたいです。もし数種類の成分の混合品と言う成分の医薬品(例えばPL顆粒等)の場合で製品名でしか処方記載出来ない場合は、他メーカーの同じ成分の物に変更の疑義紹介をした場合疑義紹介を素直に受けて欲しいと思います。記載医薬品以外は一切変更を受け付けないなんてこんな言い方変かもしれませんがわがままみたいに感じる事はしないで欲しいと思います。

 患者さんにとっては薬局窓口支払い額が減って得なジェネリック品ですが、流通を考えると薬局にとっては大変辛い商品です。特に門前薬局で1つの医院からの処方箋だけを受けている薬局以外の広域に処方箋を受けているうちみたいな薬局の場合は凄く辛いです。ジェネリック品の処方箋を見るとゾ~~とします。ですから前記した通り成分名記載処方箋か、疑義紹介での他メーカー品の変更を受け付けて頂けると凄くありがたいです。

 以上よろしくお願いします。

 ion8383さん こんばんは

 薬局を経理している薬剤師です。

 薬局の立場からお話しますね。
 全てのメーカーを確認取ったわけでは有りませんが、ジェネリック品と先発品との品質・安全性・安定性等ほぼ変わらないと思います。但し細かい事を言うと錠剤化する段階での打錠時の加圧度合いが違うらしく、溶け具合が先発品と違う場合があります。だからといって効き目等に影響が有るほどの違いがあるわけでは有りません。

 高橋英樹さん等を使ってTVでは積極的にCMしているジェネリック品ですが、...続きを読む

Qゲノムアイランド、説明に使われているグラフの意味が良く分かりません。

ゲノムアイランドについて、ゲノムアイランドとは
他の菌から転移してきたDNA領域との説明を受けました。

そして、ノートにグラフを書いて転移領域を示されたのですが
このグラフの意味が良く分かりません。

グラフを見ると、下方に顕著に突起した緑色の領域が
転移領域であり、この部分は外来遺伝子領域であることが
漠然と分かりそうなのですが、正確に見ていくと良く分かりません。

・X軸は具体的に何を示しているのか?正の位置がアデニンとチミン、負の位置がグアニンとシトシンとありますが
各々の何を表しているのか?含有量??

・Y軸は何を表しているのか?DNAの塩基配列を末端から
番号を振っていき、その番号を表しているのか?
だとしたらYの最終値はDNAの塩基配列の数?

・そもそもこのグラフは何を示しているのか?


X軸とY軸の定義(上2問)が明らかになれば、分かるとは思うのですが。。。
多分染色体のATCGの分布を示しているかもしれませんが、
X軸とY軸が正確に何を示しているのかわからないので
グラフの意味が良く分かりません。

要は、X軸とY軸について教えていただければ
その後は考えて見ることが出来ると思うのですが、、。
もしご存知の方がいましたらお願いします。

ゲノムアイランドについて、ゲノムアイランドとは
他の菌から転移してきたDNA領域との説明を受けました。

そして、ノートにグラフを書いて転移領域を示されたのですが
このグラフの意味が良く分かりません。

グラフを見ると、下方に顕著に突起した緑色の領域が
転移領域であり、この部分は外来遺伝子領域であることが
漠然と分かりそうなのですが、正確に見ていくと良く分かりません。

・X軸は具体的に何を示しているのか?正の位置がアデニンとチミン、負の位置がグアニンとシトシンとありますが
...続きを読む

Aベストアンサー

X軸はDNAのGC含有量(%)だと思います。Y軸はDNA塩基の番号で、細菌なら普通oriCを1としてぐるりと1周です。

ある生物のゲノムを見るとGC比は全体的にほぼ同じ値になります。その中で偏りのある値が続く領域を外来のDNAとする考え方があります。

Q頓服投与と内服投与のちがいについて

ニトロぺン舌下錠の投与方法をおしえてください。一般的には頓服と思いますが30日分投与の時も頓服でしょうか。内服と考えますが。頓服投与と内服投与のちがいも教えて下さい

Aベストアンサー

 panpankumaさん こんばんは
 
 薬局を経営している薬剤師です。

 頓服投与とは、「症状のある時だけ使う使い方」の事を言います。したがって10回分の頓服投与と言っても症状が起こらなければ一回も使わない事だってあり得ます。医師の指示としては「○○回分」と言う指示がほとんどです。
 内服投与とは、「医師の指示通り必ず服用する薬」の事です。ですから通常は「○○日分」と言う指示で記載します。

 ニトロペン舌下錠については、狭心症の発作時に使う頓服用のお薬ですから、おおむね「頓服投与」です。ところでニトロペン舌下錠の指示に「30日分」と言う記載が有った場合、「30回分」の記載ミスなのか医師の独特な使い方での内服投与なのか不明なので、この場合は疑義照会対象内容です。多くの場合頓服投与での「30回分」の記載ミスだと想像しますけど、これは想像で有って100%そうですとは言い切れません。ですから勝手な解釈で「内服投与」と決めつけ無い方がいいでしょう。

 以上何かの参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング