どういうことですか?
良く分からないんです
生きる事への責任みたいな物を感じる人は
なぜそのような物を感じるのか

いろんな疑問が湧いてきて 反論めいたものになり
多分私が感謝の言葉だけ書くのは無理そうなので
先にお礼を書けませんので
すいません

A 回答 (13件中1~10件)

背負っているものがあるという事だと思います。



背負っているものは誰でも究極的には“人”になると思います。
“人”とは恋人や家族、そして国家の代表にもなると国民という事にもなると思います。
その“人”に対して何故、責任を感じるかというとそこに“愛情”があるからだと思います。
“愛情”がない他人には自分が生きる事への責任は感じません。
ですので、生きる事への責任を感じる人は、今までの人生で“愛情”を持てる、感じる相手との関係を作ってきた人だという事です。

周りとの関係を絶って、文字通り自分の為だけに人生を送ってきた人には生きる事への責任は感じないと思います。(現代の日本ではこういう人はほとんどいないと思いますが・・・)

“人”“愛情”がキーワードになるかと思います。
    • good
    • 0

「生きる責任」を口にする方の内容は大体、現代の社会の枠組みにおいての意見でしかないと思います。

「自分の体は自分だけのものではない」という
のがその代表例でしょうね。集約されてます。

考え方をもっと広くすると、地球上のすべての動物はみな思うがままに生き
てるように見えると思います。人間が口にする「責任」はごく限られた範囲
のことでしかない。人間と人間の間のことでしかない。

生命の歴史を総括すると人間ほど無責任な生き物は存在しないでしょうね。
これからも人間は人間を第一に考え、生きていくことになります。
自然保護も人間に影響を与えるからこそと言えるでしょう。

そもそも人間自体そうなのですから、小さい責任を力説されても納得いかないのも無理はありません。宇宙から見れば人間ほど強欲なものはどこにも見当たらないわけですから。

ただ希望として人間は「思いやる」力があるようです。これは人間同士の間
だけではなく、種をこえてその力を見ることができます。不思議なことです。なぜ理性のない動物達に思いが通じる時があるのだろうか・・とかね。

責任を負うなら人間は地球のことも含めて全て負わなくてはなりません。
しかしそれは無理です。もともとそういう能力に乏しいわけですから。

しかしないわけではありません。パンドラの箱ですね。すべてのわざわいが
飛び出し地上をおおった、箱のなかにはただ「希望」だけが残っていた。
一応「絶望」からはまぬがれています。
    • good
    • 0

こんなにいいものもらっていいの!?おばさんが私のために、それは素晴らしい着物を用意してくれました。


 僕にとって「生」とはこういうものです。あまりに複雑で、かつCoolにきまっているので、その着物を着ずにはおれんのです。おばさんを気遣って、無理にその着物を着ることはないでしょう。ごめんねおばさん、コレは僕には似合わないと思うんだよ。まぁそういわずに着ておくれよ、あんたの晴れ着が見たいんだよ。しかたないなぁ、じゃあちょっとだけさ。僕はチョッと着て、森の中で衣を脱ぎました。ありがとうねおばさん、、、、、。
    • good
    • 0

「生きることの責任」は、ないと思います。


唯、それを必要と思う人もいるので、それはそれで私は一向構いません。

私、一度自分で死にました。でも、たまたま、生き返りました。
独りで血まみれになりながら、ぼんやり考えました。
「もうやることねえよ。・・・これからなにすっかな。」
感情なくなりました。何も考えなくなりました。やりたいことを、ただ、やるようになりました。
腹が減って肉が食いたくなったら、肉屋行って生肉買ってその場で食べてました。
叫びたくなったら道端でも叫んでました。
自分の視界に入る人を何百人とみつめて、「何者だこいつは。何で生きてんだ。」と品定めしてました。

で、疲れたので日本を出て、知らないところで一ヶ月、誰とも話さず、誰とも
連絡も取らず、ぼけえとしてたら、誰でもいいから話したくなって、外に出て、
初めて会った人に、にっこにこして「YEAHHH!」て叫んだら、向こうは笑ってました。

生きることの責任なんて、ないと思います。必要な人は、それについて20年でも
30年でも考えればいい。私は、今、自分のやりたいことをします。決して簡単では
ないけれど、それ以外、できないのです。「良く解らないこと」について考える
ならば、もう少し楽しそうなことをします。いつかわかるかもしれないし、一生
わからないかもしれない。でも、どっちでもいいと思ってしまうのですよ。いいかげんですか?

まだまだ先は長いかもしれないし、明日には死ぬかもしれないし。
    • good
    • 0

考えて、悩んで、考えて、悩んで・・・ 時間がもったいないなぁ

    • good
    • 0

わたしも 背負うもの に近い答えかも。



ただしそれは わたしのために犠牲にされたもの
殺してきたものへの責任感で。
たぶんわたしがここまで生きてくるには
非常な数の生き物がわたしが生きるために死に、
その下に積み重なってる

そしてわたしを踏み越えて
また別の生命が前に進んでいく

そういうイメージを持ってまして。

だから 「生きる責任」という言葉で感じるものは
今生きている親や世話になった人、人間に対してでは
ありません。

他の生き物に対してです。

でもそこにわたしのために死んでいった人も
いるかも知れない?とまで
考えたり考えなかったり:ここはよく整理をつけてないところです
ゴメンナサイ。
    • good
    • 1

こんにちは。

なんだか難しい質問ですね(^^;)
私なりの考えなんですが、読んでみて下さい。

「責任」の前に「生き甲斐」を見つけると、人は「生きる事の責任」を感じるようになるのかも知れませんね。
 それが何かは人それぞれでしょう。
 自分を育ててくれた親に対して孝行したい、好きになった人を幸せにしたい、世の中の乱れを正したい…。
 この世に生まれてなにか自分の使命みたいな物を見つけた時に、自分がこの世に生きていく事の「責任」や「意義」を感じるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1

他の方々が言うように「自分に対しての責任」ではなく「他人に対しての責任」ですね。


特に親とかさ。
勝手に産んだのは親であることは間違いないのだが育ててくれて、気を使ってくれて、心配してくれて……。
自殺なんかしたら、ここまでしてくれた人に対して申し訳ないし、なにより、悲しい思いさせたくないっしょ?
「親より先に死ぬのはなによりの親不孝」というじゃん。

人というのは親に限らず、恋人だって、友達だって、先生だって、上司にだって迷惑をかけて生きているものです。そのお返しをしなければ成りません。死んだらお礼も出来ないですしね。

と、私らしくなく精神論に走ってるな。
--------------------------------------------
私らしく、極論で話そう。

なぜ、責任を感じるのか?

そもそも人間という物はその進化論的成り立ちからして本能的に「生きたい」と思うように出来ている。つまり、自然の状態では責任など感じずに生きることなど容易いのだ。

では、なぜ責任など感じるのか。

それは「死」を前提にした思想ではないだろうか?
極端に言うなれば死にたいと思っているからこそ責任という枷を作って「死なない」ようにしているのではないだろうか?

心の奥底に「死にたい」という思いがあるが本能は「生きよ」という。ならば、何らかの手段で死にたい思いを抑えようとするだろう。それが「責任」ではないだろうか?

私が思春期の頃「人には生きるために必要な二つがある」と言ったことがある。
その二つは「好きなこと」と「使命」だ。

「好きなこと」は趣味でも恋でもなんでもいい。とにかく、何か好きなこと自分がやりたいと思うことだ。生きるための原動力である。
「使命」とは自分がしなければならないこと。つまり、他人からの要求である。他人に何かをしてやることで自分の存在意義を見いだせるのだ。自身の存在意義を確認するという行為は自己実現欲求を満たしたいと言う思いであり、それが人の原動力とも成りうる。
「使命」は他人からの欲求から来るものであるがその原初的な欲求は「生きるべし」となるだろう。生きていなければ使命のまっとうは不可能であるのだから当たり前だ。

さて、では「生きる責任」を強く感じるときはいつか?
答は簡単だ。「死にたいとき」だ。

死にたいと感じたとき、人の心には二つの堰きとめる感情がある。
これが「好きなこと」と「使命」である。
ただし、死にたいと感じた時点で生きるための原動力である「好きなこと」は色褪せている場合が多い。
すると自然と最後の堰きは「使命」である。

使命には責任がつきまとう。
よって、責任と言う言葉で言い表す人もいることだろう。

また逆に他人から見放されているように感じて、死にたいと思う人には「好きなこと」が効いてくる。これが心の支えになることも多々あるだろう。

死にたがってる人は好きなことはなく、他人から見放されているように感じる人が多いのではないだろうか?

とこのように考察してみた。

以上
    • good
    • 1

教育が原因だとおもうのです、


深い森で狼に育てられれば、きっと人間にそんな感情は起こらないと思うのです。
    • good
    • 0

生きる事に責任は無いと思いますよ。


だって、生まれてすぐに他界する赤ちゃんに、「生きる責任」はなかったでしょう。
自分のことを愛している人の存在を認識したときから、責任が付きまといます。
それは、恋人や家族かもしれませんね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【社会ルールを守る喜びって何ですか?】優越感ですか?劣等生物を見る感じですか?

【社会ルールを守る喜びって何ですか?】優越感ですか?劣等生物を見る感じですか?

Aベストアンサー

喜びでルールを守ったことない。
ルールを守っていればルールが自分を守ってくれるから。

Q「ソ連の崩壊=社会主義の夢の崩壊」に対する反論とは

「ソ連の崩壊が共産主義のみならず、社会主義者の夢=非階級社会の実現をもうち砕いた。だから今フランスの社会主義者達はアイデンティティを失って困ってる」ってフランスのテレビで言ってました。

 日本は勝ち組負け組みなんて言っているけれど、フランス、イギリスに比べると、まだまだ一億総中流な気がするのでこういう意見はぴんと来ないなあ、と思って聞いていました。

 でもよく考えたら、私は日本ではソ連が崩壊して十年以上たった今、この問題についてどんな論点が出ているのかはっきりと把握しておりません(ソ連崩壊時にはまだ物心ついていませんでしたし)。

 この問題に関して、日本ではどんな議論が行われていたのか、誰か教えていただけませんか。比較的中立の立場から、論点を整理してくださるととてもありがたいです。

 素人の想像ですが、「ソ連の崩壊=社会主義の原理的な失敗」派と、「ソ連の崩壊=社会主義の局地的失敗」派と2派があって、前者の方が多数派である、という風に思い込んでいるのですが、正しいですか?
もし正しければ、そういう風になっちゃった経緯なども教えていただけると助かります。

「ソ連の崩壊が共産主義のみならず、社会主義者の夢=非階級社会の実現をもうち砕いた。だから今フランスの社会主義者達はアイデンティティを失って困ってる」ってフランスのテレビで言ってました。

 日本は勝ち組負け組みなんて言っているけれど、フランス、イギリスに比べると、まだまだ一億総中流な気がするのでこういう意見はぴんと来ないなあ、と思って聞いていました。

 でもよく考えたら、私は日本ではソ連が崩壊して十年以上たった今、この問題についてどんな論点が出ているのかはっきりと把握し...続きを読む

Aベストアンサー

共産主義(ここでは社会主義も含んでのものだと考えてください)は
 20世紀最大の(政治的)実験と呼ばれていました。
 
 その前にイギリスから始まった産業革命によって、世界はいわゆる
 「産業資本主義」の時代に入るのですが、これは「金=資本」を持ったものが
 世の中を支配し、「金=資本」を持たないものは、資本家から搾取される一方の
 プロレタリアート(労働者階級)としてますます没落していくという
 側面を持っていました。
 その社会的な矛盾を、著書「資本論」の中で指摘したのがごぞんじマルクスで、
 その結果、1917年ロシア革命を経て世界初の共産主義(社会主義)国家が成立します。
 
 共産主義理論は、ひとつの国が
 原始共産主義 → 封建主義(土地を持った者が支配する農業経済体制)
 → 資本主義 → 国家独占資本主義 
 → 社会主義 → 共産主義
 へと、理論どおりに政治経済体制(構造)が、一直線に進化していくことを予言し
 また事実、多くの国では初期の資本主義における構造矛盾を抱えていましたので
 その社会矛盾に苦しむ多くの無産階級(金=資本を持たない階級=労働者)
 の支持と共感を得ました。
 そして事実、多くの国で共産革命が成功し、そうした国では計画経済により不況もない
 失業者もいない、労働者のユートピアが実現されたとされたのです。
 
 今から考えると、信じられないことかもしれませんが、たとえば
 あの北朝鮮にしても、金日成氏は救国(人民開放)の大英雄であり、 多くの日本人(特に在日朝鮮人)が、
 あの国に行けばユートピアがあると信じて、日本海を越えて、再移住したのです。
 あるいは、ほとんどの日本の大学の経済学部では、ソ連崩壊までは
 マルクス理論が必須単位でした。それほどマルクス主義(共産主義)
 ユートピア論は根強かったのです。
 
 つぎに、ソ連が「原理的な失敗」か「局地的な失敗」かどうか?
 それを多くの人がどう考えているかですが、これははっきりしたデータがあるわけでは
 ありませんし、「共産主義」を真正面から論ずる人もごく少数になっています。
 したがって、マスコミ(言論界も含めて)の風潮や、共産党の退潮などの政治的流れで
 主観的に判断する以外にありませんがずばり言って
 声には出さないが「原理的失敗派」が95パーセント
 「局地的失敗派」が5パーセントの割合になっていると思います。

 

共産主義(ここでは社会主義も含んでのものだと考えてください)は
 20世紀最大の(政治的)実験と呼ばれていました。
 
 その前にイギリスから始まった産業革命によって、世界はいわゆる
 「産業資本主義」の時代に入るのですが、これは「金=資本」を持ったものが
 世の中を支配し、「金=資本」を持たないものは、資本家から搾取される一方の
 プロレタリアート(労働者階級)としてますます没落していくという
 側面を持っていました。
 その社会的な矛盾を、著書「資本論」の中で指摘した...続きを読む

Q自発の「が感じられる」と「を感じる」の違いについて

 日本語を勉強中の中国人です。哲学のカテゴリでもお伺いします。自発の「が感じられる」と「を感じる」の違い(形ではなく、ニュアンス上)は何でしょうか。どうも自発が中国語にはないので、大変難しくてその感覚を理解するのに苦労しています。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は『~が感じられる』のほうには「客観性」「可能性、~かもしれない」という印象を持ちます。自分の感覚も曖昧な状態。
『感じる』のほうは、自分ははっきりそう感じているときに使うと思います。

Q世の中って理不尽だなぁ。 と感じた経験はありますか? 私は人間関係においてよくそう感じます。 例えば

世の中って理不尽だなぁ。 と感じた経験はありますか?

私は人間関係においてよくそう感じます。

例えば、世の中には自分勝手な人がいます。
自分勝手な人が待ち合わせをして遅れたとします。
『待ち合わせに遅れた』という勝手な行為は、『遅れた相手を待つ』という優しい人の行為によって相殺され、人間関係の釣り合いが保たれます。

自分勝手な人はこのようなことを日常的に繰り返すにも関わらず平気で生きています。
自分の勝手が相手の優しさによって支えられているとも知らずに。


自分で言うのも厚かましいのですが、どちらかと言うと私は他人の勝手を相殺する側のポジションで生きていると感じます。

常に人の気持ちにアンテナを張り巡らせています。

なんだか、自分のこの性格は疲れました。


勝手な人がいる中で、自分はこうやって気疲れしているのが理不尽だなぁ。と感じます。

Aベストアンサー

たとえば、常に遅刻しない、待ち合わせには必ず3分早めに到着している人がいるとします。
逆に、必ず10分は遅刻する人がいたとします。

しかし、結婚相手同士でもなければ、一生続く組み合わせではありません。

常に早めに来ている人が、格段に社会の信用があるばかりか、その他の面でもきちんとしているでしょう。
常に遅れる人は、ルーズな性格だと思いますので、その後、それなりの人生だと思います。

早く来たからと言って損をするわけではありませんし、遅く着て得もしません。

常に遅れる人のことを嫌であれば、引きずられて自分も嫌な人になるのではなく、相手を引き上げてあげる人になると良いです。
それが出来ないのであれば、相手を見捨ててしまうのも一つの方法です。

常に遅れる人は、その様にして、一生の間に多くの人に見捨てられていくでしょう。

疲れたからと言って、悪影響を受けるくらいなら、離れた方が良いです。

Qジレンマへの反論

逃亡中の友人を助ければ違法であり不道徳である。
見捨てれば不人情であり不義理である。
しかるに、助けるか見捨てるかのいずれかである。
ゆえに不道徳であるか不義理であるかのいずれかである。

このジレンマに対抗して論じ返すにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

前提しだいな設問では?

見捨てるとは、関わり合いを避けるという事ですか?
それとも警察に通報(突き出す)という事ですか?
そもそも逃亡中の友人は、犯人なのでしょうか?無実なのでしょうか?


罪を犯して逃亡中なら、罪を償う為の行動をとらすのが
人情ですから、警察へ突き出すのが友情ですね。

無実の罪で追われているなら、
違法であっても、逃がす手伝いをするでしょう。

友人だから、本当の話をしてくれる前提でもありますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報