入院と手術で一ヶ月63600円を越しました。(食費とか抜きで)
高額医療費の払戻しがあるという事なのですが、どうしたら良いのでしょうか?
どこかに領収書とか持っていくのですか?
それとも葉書がくるのですか?
会社でやってくれるのでしょうか?
期限とかはあるのでしょうか?

ちなみに私は会社員です。(社会保険)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高額療養費の支給



被保険者が同じ医療機関(入院・外来・歯科別)に支払った自己負担額が1か月63,600円(住民税非課税世帯は 35,400円)を超えたとき、その超えた額を申請により後日払戻しが受けられます。 ただし、保険のきかない治療による超過分及び、食事療養費は対象になりません。 医療機関からの保険請求により、該当者の世帯主あてに支給申請書を送付いたします(診療月から2~3か月後になります)ので期限内に申請してください。

参考URL:http://www.city.shiki.saitama.jp/lifes/ins2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。

待っていれば連絡がくるのですね。安心しました。

お礼日時:2001/08/08 22:01

高額療養費の支給申請手続きは、加入している保険者によってさまざまです。

国保でも、該当者に通知がある市町村と通知がない市町村がありますし、社会保険は通知がありませんし、健保組合は通知がある保険者が多いですね。
 高額療養費の払い戻しとなる金額ですが、保険適用分の自己負担額(医療費の2割又は3割で、入院時の食事代を含みません)が、住民税課税世帯であれば医療費が31万8千円以内は63,600円、医療費が31万8千円以上の場合は(医療費-31万8千円)*1%+63,600円、それぞれ超えた額が戻ってきます。
 住民税が非課税の場合と、前年所得が670万円以上の場合は、計算式が異なってきます。(会社員とのことですので該当は無いと思います)
 領収書を添えて、会社経由で所轄の社会保険事務所に請求して下さい。支払いは、診療月から2~4ヶ月後になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。

お礼日時:2001/08/13 21:23

待っていると連絡が来る、というのは保険者によって


連絡するところとしないところがあります。
高額療養費の支給は、基本的には届け出主義ですから。

保険証の「保険者」欄に記載されいてるところ
(おそらく社会保険事務所だと思いますが)
へ連絡されることをお勧めします。
申請用紙などをもらえると思いますので、必要事項を記入の上、
領収書を添えて提出してください。
こうした事務は、会社によっては総務課などが窓口になってる
場合もあるので、職場でも一度確認してみてください。

なお、申請の時効は2年ですので、2年経ったら請求権が消失します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。会社に確認してみます。

お礼日時:2001/08/13 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【高額医療費制度】レーシック手術が高額医療費制度の適用に当たるって本当ですか? レーシックは高額医療

【高額医療費制度】レーシック手術が高額医療費制度の適用に当たるって本当ですか?


レーシックは高額医療費制度の適用外で自由診療だから保険適用出来なかったので全額支払いしたのに高額医療費制度は適用されるっておかしくないですか?

3割負担でない全額診療なのに高額医療費制度は適用される?

本当ですか?

保険適用じゃないのに高額医療費制度は適用されるって矛盾してませんか?

レーシック手術も3割負担で出来るようになったんですか?

どういうことですか?

Aベストアンサー

ウソでしょ?
医療費控除の対象にはなるけど。

私は15年くらい前でしたけど、某生命保険で手術給付金が出ました。
今でも条件付きで出る保険もあるようです。

Q高額療養費と高額医療費

この二つの違いを教えて下さい。
法律や政令など、根拠となるものが
ありましたら大変うれしいのですが・・・

Aベストアンサー

 健康保険法で「療養」と呼んでいるものを、老人保健法では「医療」と呼んでいます。
 つまり、健康保険証だけで病院にかかっている人の場合は「高額療養費」、健康保険証+老人保健受給者証で病院にかかっている人の場合は「高額医療費」となります。

Q高額医療と高額療養の違い

帝王切開で後数日で出産します。
一人目も帝王切開でしたが、元々普通分娩の予定でしたので、帝王切開が高額医療の対象になることは全然調べておらず、気づいたときには申請期間が過ぎていました。
なので、今回は貰えるものは貰いたいと思い健康保険の会社に電話したら、『高額療養費の請求ですね』と言われました。
高額療養費と高額医療費とは同じことなのでしょうか?

Aベストアンサー

高額医療費=高額療養費です。
本来なら「高額療養費」が正しい言い方です。

高額療養費の申請もいいですが、「限度額適用認定証」を利用すると
最初から1ヶ月の自己負担限度額+保険適用外の分(食事代や寝間着代、保険適用外の診療など)で済みますよ。
利用すれば高額療養費の申請をせずに済みます(複数病院を受診しているのならば申請する必要がある場合もあり)。
但し、申請しないと限度額認定証は発行されません。
間に合うようであれば、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

Q高額医療控除に当てはまらない高額入院費について

80才を超える高齢者ですが,状態が悪く、医師の指示により個室に入れられてしまいました。治療費はそれほどでもないのですが,差額ベッド代だけで月,40万円を越えてしまいます。年金暮らしの上に,保険にも未加入でしたので、これを少しでも助けていただける機関はないものでしょうか。

Aベストアンサー

厚生省の差額ベッドについて通知があり、医療機関が差額ベッド料を請求できるのは、患者の希望があり、かつ、患者が同意書に署名した場合に限られます。
又、治療上の必要から特別室に入院させた場合には、患者に負担を求めてはならないとされています。
詳細は、参考urlをご覧ください。

病院に、この点について確認しましょう。

納得がいかない場合は、下記ページをご覧ください、相談窓口が有ります。
http://www.campus.ne.jp/~lap/lap1/lap2/data/ks/bed.html

Q高額療養費(高額医療費貸付金)の多数該当について

2009年3月に1回、2009年4月に1回、そして2009年5月に1回と計3回高額療養費(高額医療費貸付金)の支給申請をしてその3回とも何の問題もなくなく支給されてきました。

先日請求書の整理をしていたところ、2009年2月の請求書の請求金額が多数該当の条件となる金額(44400円)を超えていました。

通常の高額療養費の申請条件では2009年2月の請求分は対象外になります。しかし遡って請求すると4回目の請求となり対象となります。

遡って2009年2月分の請求分を4回目として申請する事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら無理です。
仮に2009年2月分が通常の高額療養費に該当していてまだ支給申請していないのであれば、申請することで2009年5月分から多数該当になりますが、通常の高額療養費に該当していないのであれば2009年6月分以降からしか4回目として認められません。

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報