位置情報で子どもの居場所をお知らせ

JA共済のむてきプラスのことで教えてください。

風災や水災の下記の表記が理解しづらく悩んでおります。 ①.風災、ひょう災、雪災または水災によって生じた損害の損害割合※が5%以上の場合
②.風災、ひょう災、雪災または水災によって生じた損害(床下浸水による損害を除きます。)の損害割合※が3%以上5%未満の場合
③.風災、ひょう災または雪災によって生じた損害の額が5万円以上の場合
※「損害割合」とは(損害の額)÷(共済価額)をいいます。

①から③までの記載の違いがよくわかりません。
損害割合の表記が【5%以上】と【3%から5%未満】の二つの記載があり、③の表記については【5万以上】となっております。

例えばですが、強風で屋根や家屋に被害がでて100万の損害があったらどれに該当するのでしょうか?
また、床下浸水で畳がそう取り換えになり50万の損害がでたときはどれが使えますか?
3つの表記の違いを分かりやすく教えてくだされば嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

例えばですが、強風で屋根や家屋に被害がでて100万の損害があったらどれに該当するのでしょうか?


また、床下浸水で畳がそう取り換えになり50万の損害がでたときはどれが使えますか?
3つの表記の違いを分かりやすく教えてくだされば嬉しいです。

修理見積+250万まで+250万まで

例 地震で部屋の壁などにヒビが入った 見積30万 = 保険1500マン/10%=150万
120万お得!

ま~あだれだ 万が一の時に特する訳だ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんもないのが一番なんですが、、、。
わかりやすく、ありがとうございます!

お礼日時:2020/04/23 14:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング