海洋工学特に超大型浮体構造物の研究における長波頂不規則波というものを教えてほしいのですが

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下のURLサイトは参考になりますでしょうか?


http://prg1.nippon-foundation.or.jp/JIGYOU/1985/ …
(海洋構造物に関する基礎的研究)

以下のサイトが参考になると思うのですが、リンク切れか(?)「キャッシュ」しか表示できません??
それで、参考文献部分ですが、
=========================================
係留に関する研究
(株)三井造船昭島研究所 島田 潔

居駒知樹、他:ポンツーン型超大型浮体式海洋構造物の波浪中弾性応答に関する研究-その4、変動波漂流力の算定と係留力-、日本造船学会論文集、第184号、1998
居駒知樹、他:ポンツーン型超大型浮体の不規則波中弾性挙動及び長周期動揺推定に関する研究、日本造船学会論文集、第186号、1999
大松重雄:防波堤が存在する場合のポンツーン型超大型浮体の波浪中弾性応答計算法、日本造船学会論文集、第186号、1999
齊藤昌勝、加藤俊司、大松重雄:防波堤が存在する場合の超大型浮体式海洋構造物の係留系破壊確率推定法、日本造船学会論文集、第185号、1999
佐藤茂巳、他:「新型式防衝接岸」の開発:第15回海洋工学シンポジウム、2000
難波康広、加藤俊司、齊藤昌勝:超大型浮体式構造物に働く変動漂流力の推定法-その1:長波頂波中模型実験-、日本造船学会論文集、第186号、1999
平石哲也、河野信二、玉城重則、長谷川準三:港湾構造物の設計に用いる長周期波の標準スペクトルについて、海岸工学論文集、第44巻、1997
前田久明、他:超大型係留浮体の安全性評価法に関する研究-係留系を例としたリスク解析の応用-、日本造船学会論文集、第184号、1998
メガフロート技術研究組合(1):係留システムの冗長性、平成9年度超大型浮体式海洋構造物の試験研究、1997
メガフロート技術研究組合(2):緩衝機構、平成9年度超大型浮体式海洋構造物の試験研究、1997
Kitamura,F., Sato,H., Shimada,K. & Mikami,T. : Wind Loads Acting on Very Large Floating Structures、OMAE Vol?Y、1997
Utsunomiya, T., Watanabe, E. and Eatock Taylor, R.: Wave Response Analysis of a Box-Like VLFS Close to a Breakwater, Proc. 17th Int. Conf. on OMAE, Lisbon, Paper No. OMAE, 1998
Torii,T. et al.: Design and Construction of Mooring System for 1000M VLFS as Mega-Float on Sea Test Model、VLFS、1999
========================================
ご参考まで。

この回答への補足

回答ありがとうございます。これらの参考文献を読んだ上で先の質問をしました。そのなかで、長波頂不規則波という波がどのような波なのかがわからなかったのです。文献の中では長波頂不規則波についての説明はありません。わかっていると言う前提でかかれているからです。

補足日時:2001/08/10 18:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長波ラジオ

長波ラジオの購入を検討しています。長波ラジオで一番安いのはいくらですか。後、それを受信するのにはどこがいいですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

ラジオは・・・

http://www.ecat.sony.co.jp/audio/radio/products/index.cfm?PD=270&KM=ICF-SW11

など。


長波放送については・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA

Q防衛大学理工学研究科で募集している特別研究員とは?

防衛大学理工学研究科で募集している特別研究員とは?

去年度から防衛大学では特別研究員という大学院生兼教授のお手伝いさんを募集しているそうです。しかし、理工学研究科の募集要項が削除されてしまっているようで、詳細な情報がわかりません。受験資格(学歴、年齢、公的資格など)や受験料・授業料・試験日について教えて下さい。

また、特別研究員採用後はどんな生活を送るのかご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

防衛大に問い合わせましょう
http://www.nda.ac.jp/index-j.html

Q蛍光スペクトルが長波長側にも出るのはなぜ

 よく吸収スペクトルと蛍光スペクトルは鏡像になっているといわれますが、なぜ長波長側にも蛍光スペクトルが観測されるのでしょうか。

 蛍光スペクトルを観測するとき、吸収スペクトルで一番長波長のものを一番目の励起状態S1とするとそれ以降の励起状態は振動緩和や内部変換などでS1の最安定配置になってから蛍光を出すと思うので蛍光スペクトルは一つのピークのみになってしまうのではないでしょうか。
 また、例えばS1と二番目の励起状態S2のエネルギー差が大きくS2から蛍光を出すとしてもエネルギーが大きくなりS1の最安定配置からの蛍光よりも短波長になってしまうと思います。よって、蛍光スペクトルで一番長波長なのはS1からの蛍光となり鏡像とはならずに吸収スペクトルと交差する部分が生じると思います。

なぜきれいな鏡像になるのかわかりません。ご指導の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

試料の状態によります

> より高い状態、例えばS2の場合はS1には内部変換せずそのままS2→S0するためにS0→S2の吸収スペクトルと似たものが鏡像として出てくるということでよろしいでしょうか。

気相(の低温)の状態ではそういうことも有り得ますが、通常はSn→S1(n>2)の内部"転換"の方が速いので、ほとんど蛍光はS1→S0になります。


>また、S2の状態がS0とずれているためにS0のなかでもエネルギーの高い振動準位に遷移してS1→S0よりもエネルギーが低くなり長波長に観測されるということでよろしいでしょうか。

これは「ピークが」という話であり、弱いながらも0-0遷移は見られるはずです。全く重なり積分が0ならそういうことにもなるでしょうが・・・

Q医療工学?機械工学?電子工学?

僕は今年浪人して再受験を考えている受験生です。 
志望大学は千葉大で、志望学部は工学部で将来は義眼の研究をしたいとおもっています。そこで伺いたいことがあるのですが、義眼の研究をするためにはやはり医療工学科にいかないとできないのでしょうか。それとも機械工学科や電子工学科でも研究できるのでしょうか。できれば医療工学系の職業に就いている方の意見が伺えれば幸いです。
また医療工学科の就職状態というのはどのようなものなのでしょうか。ちなみに千葉大のメディカルシステム工学科(医療工学科)はできてから3年しか経っていないので就職先があるのか心配です。

Aベストアンサー

義眼の専門家ではないので的外れかもしれませんが、

「義眼」と称して販売しているのは審美上の眼球です。視覚を取り戻す装置としての人工眼球ではありません。「視覚装置」に興味をお持ちであればどのような会社(ベンチャー)が取り組んでいるかご存知と思います。その会社に尋ねるのが最も近道です。

大学で目当てとする先生がいらっしゃるのであれば、先生にメールを出してみるのも良いでしょう。
やっている人に直接聞くのが一番です。研究紀要やカリキュラムをもらえるかもしれません。就職状況なども資料がもらえるはずです。真摯な姿勢で質問すれば、大学や企業も真剣に対応してくれると思います。

電気屋の目で義眼の将来を考えてみると次のようなかんじでしょうか?

目玉の大きさで目の機能を果たす装置は存在しない
目の機能はよく解明されていない(視覚と認識の関係)
カメラで写した画像を脳が認識する過程は解明されていない。たとえば人間の目は綿あめを見て脳内では綿あめをイメージできるが、カメラから捕らえた信号をどのように加工すれば脳内にイメージさせる手段はない。
カメラで写した絵を剣山のような装置で凹凸に変えて指先で認識するような装置は出来ている
文字は視覚で認識しなくても文字認識装置で音声などに変換できるようになっている
カメラで捕らえた色を「赤い」[白い」などと言葉に直すことは技術的に可能
というのが現状です。

http://www.bmc.riken.jp/~yagi/retina/index-j.html

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200602080032.html

こういった課題に対して
電子工学、情報工学の分野では認知科学、医用電子工学という研究が進められています。神経をどう模擬するかとか神経をどう刺激したらどのような認識がされるカなどです。
脳の機能解明をCTスキャナーや血流で解明しようとする研究もされています。装置の取り扱い上、医学部と工学部との共同研究になります。

いずれも学部レベルでは基礎の基礎だけです。就職先も必ず医用電子工学の分野に進むわけではないのである程度汎用の知識教育になります。
大学院に進めば先生の専門を一部分担して味見することができますが、実際にそのテーマで就職できるわけではありません。

学科長の先生(人工眼や視覚装置の研究が出来るかどうか)や学科事務室(就職状況)に問合せてみることをお勧めします
http://www.tms.chiba-u.jp/address.html

参考URL:http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200602080032.html

義眼の専門家ではないので的外れかもしれませんが、

「義眼」と称して販売しているのは審美上の眼球です。視覚を取り戻す装置としての人工眼球ではありません。「視覚装置」に興味をお持ちであればどのような会社(ベンチャー)が取り組んでいるかご存知と思います。その会社に尋ねるのが最も近道です。

大学で目当てとする先生がいらっしゃるのであれば、先生にメールを出してみるのも良いでしょう。
やっている人に直接聞くのが一番です。研究紀要やカリキュラムをもらえるかもしれません。就職状況など...続きを読む

QAMラジオの「長波放送」「中波放送」「短波放送」

AMラジオの「長波放送」「中波放送」「短波放送」ってなにがどう違うのですか?本当になにも知らないので、わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

AM、FMというのは、電波の変調方式の名称
それぞれAmplitude Modulation(振幅変調)、Frequency Modulation(周波数変調)の頭文字を取ったものです。

これに対して、「長波放送」「中波放送」「短波放送」というのは、電波の周波数を、波長であらわした言葉です。

普通のAMラジオというのは、中波放送のことを意味します。
FMラジオが使っているのは、極超短波(VHF)という周波数です。

短波放送は、方式としてはAMを使いますが、一般のラジオで聞けるものは少ないです。 国内でやっているのは日本短波放送ですね。

長波放送は、日本では行われていません

参考URL:http://www.lifekernel.ne.jp/elec/wave.html

Q遺伝子工学を勉強、研究している方にお聞きします。

こんにちわ。

今少し遺伝子工学に興味があるのですが、パソコンがあまり得意ではありません。
遺伝子工学にはやはりパソコン技術も必要になってくるのでしょうか?

専門で勉強、学習している方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

遺伝子工学等を専門で勉強しています。
そりゃあパソコンに慣れていたほうがいいですが、全く無知でも大丈夫です。

一概にパソコンの技術、と言っても色々ありますよね。
パソコンが得意ではない、という表現がそもそも明確ではありません。
正直なところこうおっしゃっている方はパソコンにあまり触れていない、もしくはインターネットとメールくらいにしか使っていない、という方だと思います。
パソコン(というかコンピュータ)を専門に勉強した人というのは早い話が配線等のネットワークや、プログラミング関係について詳しいということだと思います。

遺伝子工学で使うパソコンの知識というのはこれとは全く別ですね。そりゃあ自分で解析用のプログラムをかければすごいでしょうけど、そんなとんでもない人は殆どいません。
遺伝子工学についてのパソコン技術というのは、早い話が既に誰かが作ったソフトウェアを使いこなす技術、ということになります。むしろソフトウェアの優劣とかインターネット上のデータベースとかについて精通している方がはるかに重要です。
そしてそういうのは事前にパソコンに慣れていようが始めて触れようが、それほど大きな差にはなりません。
ブラインドタッチが出来なかったら、まあ少しは苦労するだろうけど・・・のレベルで考えておいても大丈夫だと思いますよ。

遺伝子工学等を専門で勉強しています。
そりゃあパソコンに慣れていたほうがいいですが、全く無知でも大丈夫です。

一概にパソコンの技術、と言っても色々ありますよね。
パソコンが得意ではない、という表現がそもそも明確ではありません。
正直なところこうおっしゃっている方はパソコンにあまり触れていない、もしくはインターネットとメールくらいにしか使っていない、という方だと思います。
パソコン(というかコンピュータ)を専門に勉強した人というのは早い話が配線等のネットワークや、プログラ...続きを読む

Q強力な電磁波と長波について

最近ちょっと電磁波について気になることがあるので質問しました。私は、この分野は全くわかりませんが、わかることでよいので教えてください。

1.核爆弾が爆発するときに強力な電磁パルスが出ると聞いたことがあります。この強力な電磁パルスによって電子回路が破壊されることから電子機器(パソコンや携帯電話など)を保護(シールド)するにはどのようにしたらよいでしょうか?私は素人なりにアルミホイルで包んでみる(携帯電話だと包むと圏外になりますよね)とか、水中に入れる(水中では電波は届かない)とか、長いトンネルの中(パルスが減衰するかも)にもっていくとか考えましたが有効なんでしょうか?また、私が考えたものはたぶんどれも意味がないと思いますので、電磁パルスからどうやれば守れるのかわかる範囲で教えてください。予想とか想像でも結構ですので。実際に核戦争とかが始まってパソコンとかが壊されたらなにもできなくなりますよね。だから、破壊される前に電子機器を守る方法を知りたいんです。
※前提として自分は直接的な核攻撃から逃れられるとします。

2.長波・超長波・極超長波について、これらの各周波数を使うとそれぞれどのぐらいの通信速度が確保できるものでしょうか?深海でも使える極超長波は非常に通信速度が遅いとどっかのHPに書いてあったのですが、もっと具体的に知りたいんです。

1,2のどちらか一方のわかる部分だけでもよい(想像でもかまいません)のでどうか、教えてください。お願いします。

最近ちょっと電磁波について気になることがあるので質問しました。私は、この分野は全くわかりませんが、わかることでよいので教えてください。

1.核爆弾が爆発するときに強力な電磁パルスが出ると聞いたことがあります。この強力な電磁パルスによって電子回路が破壊されることから電子機器(パソコンや携帯電話など)を保護(シールド)するにはどのようにしたらよいでしょうか?私は素人なりにアルミホイルで包んでみる(携帯電話だと包むと圏外になりますよね)とか、水中に入れる(水中では電波は届かない)とか...続きを読む

Aベストアンサー

#1さんの意見を支持したいと思います。
電磁波は帯域が特定されていればその周波数帯に対して十分なシールドを施すことは可能です。しかし、周波数が異なると突如共振を起こしたり、電磁波のもれをおこします。核爆発のようなインパルスは広帯域の電磁波成分を含んでおり、あらゆる周波数帯域に対して強い電磁波を放射します。もちろん地中深く完全に埋めてしまえば保護することは可能ですが、これでは機器として運用ができません。いくらシールドを施してもシールド外に端子を出さなければ使えないのです。地下のシェルターでも換気用のダクトや送電ケーブル、アンテナなどが地上とつながっているのではないでしょうか。

周波数と通信速度の間には比例関係がありますが、多値化技術を使えば通信速度を向上させることができます。シャノンの定理によればほぼlog2(S/N)に比例しますので、近距離でリレーし、指向性を高めて、大出力で通信すればかなりの通信速度が得られると思います。

Q筑波大学理工学群と千葉大学工学部

質問が重複しててすいません。

現在都内の高校2年生です。将来の進路について悩んでいます。
将来は理系の進路を希望しています。
今のところ筑波大学の理工学群と千葉大学の工学部などが候補です。
日ごろから親は、その2校だったら知名度もあり就職も有利だと筑波を勧めます。
ところが先日、本屋で大学受験案内で偏差値を見たら、
筑波理工学群前期55.8
千葉工学部前期56.4
となっていました。なぜか千葉のほうが偏差値は上だったのが疑問でした。

私自身の偏差値(駿台模試)もだいたいこのくらいなのですが、この両校でしたらどちらがよいと思われますか?またその理由も教えてください。

Aベストアンサー

だいたい3つの理由があります。

千葉大は、学科募集、筑波大は、学類募集。
千葉大は、東京近辺では学科募集の最難関大なんですね。
学類募集は、入学後自分の志望分野に進めない可能性があります。
この違いのため、東京大クラスの学力があっても、千葉大を志望する人もいます。
特に工学部は千葉大の画像工学など看板学部ですから、技師志望の受験生の人気は集まりやすいでしょう。

立地が大きく違います。筑波大は、つくばエクスプレスが開業しても、通学圏には限度があります。千葉大は門までなら西千葉駅から歩いて30秒です。

千葉大は、昔から東京大と同じ日程に募集をぶつけてきている習慣がありますが、筑波大は後期日程の募集も多くなっています。
東京大に届かなかった人は千葉大の前期に、東京大の併願者は筑波大の後期に出願するので、前期どうしで比較すると千葉大が有利になるかもです。

Qπ-π*吸収極大波長の長波長シフト

π-π*遷移に基づく吸収極大波長は溶媒の極性が大きくなると、長波長側へシフトするのでしょうか?短波長側にシフトするという説もあるのですが、どちらが真実なのでしょうか?

Aベストアンサー

長波長シフトです。

π-π*遷移後の電子状態は、基底状態に比べてより分極しているため(これはわかりますよね?)、基底状態よりも周囲の極性溶媒と相互作用し、安定化するからです(n-π*遷移の場合とちょうど逆です)。

お書きになっている短波長にシフトするという説は、もしかしたら分子構造(あるいは分子を取り囲む特殊な環境)に依存したものではないでしょうか?

Q九州大学工学部物質科学工学科について

九州大学工学部物質科学工学科について

九大工学部物質工学科の応用化学コースを調べたのですが、
応用化学コースも機能物質化学クラスと分子システム工学クラスに
分かれていました。この2つは、それぞれどのような分野を中心に学ぶのか、
またどう違うのか教えてください。

Aベストアンサー

現在、物質科学工学科に通っている者です。
各研究室の研究内容をざっと書いてみました。
機能クラスは
 ナノセラミックス
 有機機能分子・人工RNA
 燃料電池・新型電池・環境触媒
 先端高分子化学
 有機高分子材料
 極限レーザー・バイオ計測
 環境分析化学
 ソフトマテリアル
 量子化学
 有機光エレクトロニクス
 など

分子クラスは
 光エネルギー変換ナノ材料
 酵素機能を模範とした触媒
 水中物質変換・窒素固定・炭酸固定
 有機・無機ナノ分子組織体
 ナノカーボンイノベーション材料創製
 創薬工学及び化粧品の化学
 ガン治療及びDDSシステム
 生物物理化学を基礎とした生体材料
 人工核酸シャペロン・医薬デリバリー
 生体分子イメージング・次世代医薬
 など

この二つは同じ応用化学科ということもあり、物質科学工学科にいる人でも明確な違いを言える人はあまりいないのではと思います。
ちなみにコース分けは一年時の成績と本人の希望(第一希望~第四希望)により決定されます。
人気はほぼ毎年…機能<分子となっているようです。
理由はいろいろあると思いますが…
創薬系の研究室があるからとか、化学やりたいけど機能はキツそうだから分子とか、女子が多そうだからとか…

参照URLは九州大学工学部のHPの応用化学コースのページです。
もう見たかもしれませんが、ここから各クラスのHPに飛ぶことができます。

参考URL:http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/highschool/course_03b.html

現在、物質科学工学科に通っている者です。
各研究室の研究内容をざっと書いてみました。
機能クラスは
 ナノセラミックス
 有機機能分子・人工RNA
 燃料電池・新型電池・環境触媒
 先端高分子化学
 有機高分子材料
 極限レーザー・バイオ計測
 環境分析化学
 ソフトマテリアル
 量子化学
 有機光エレクトロニクス
 など

分子クラスは
 光エネルギー変換ナノ材料
 酵素機能を模範とした触媒
 水中物質変換・窒素固定・炭酸固定
 有機・無機ナノ分子組織体
 ナノカーボンイノベーション材料創製
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報