システムメンテナンスのお知らせ

さっきテレビでやっていた事ですが

もう元の社会の戻る事はない

コロナが日本で一時的に収束したとしても、なくなったわけでないので

インフルエンザと同じでこの先、長い間、共存する事になる

よって他人との距離が1,5m以内にいると他人に感染させられるリスクがある新型コロナ。

今までみたいな学校みたいに他人と机を並べて授業をうける、食事をするなんていうのは

ありえない社会になるだろう。

また、先進国の平均の人口密度が1㎢あたり約100人にたいし、日本は340人と
先進国の平均の3,4倍もの人口密度が高い国である。

よっておのずと外にでれば、他の先進国の3,4倍も他人との距離が保てない事になる。

と討論してましたが、どうするのでしょう。

むしろガラケーやアナログ時代の方がよかったね。

まだ地球温暖化なども進んでなく自然災害もあまりなく四季もちゃんとしていた(猛暑とかもほとんどなかった)SNSみたいないじめの温床もありませんでしたから
いじめなども今の1/3(人口比で)ぐらいだった。

むしろ昭和末期~平成初期及びバブル世代このあたりが一番恵まれた世代でしたね。

今後は溢れる高齢者の世話で増税の荒らし、コロナで相当国の負債もふえたし、一気に不景気になり
バブル崩壊後みたいな就職難になっていくでしょう。ましてや、日本の場合は、特に明るい未来もない。GDPも引き上げたいならシンガポールなどのように海外から良い人材をもっと多く入れていくようになるでしょうから、競争もかなりの激化(ライバルは国内だけでなく世界になっていくのがスタンダード) と思うと僕ら平成前半うまれとかが一番いい時にうまれたんだなぁって。

gooドクター

A 回答 (4件)

SNSいじめはなかったけど、リアルないじめは


今ならいじめだ!って言われるようなものも
カウントされず、いじめと認められなかったり
弱いのが悪いっていう風潮がありましたから
今の基準でチェックしたらもっと多いと思いますよ
SNSはないけど、黒板や机に書いたりメモ回したりもあったみたいですし
激しいいじめや肉体的ないじめも激しかっ た学校はあったし
ガラケーだってメールのいじめはあったし
ケータイサイトで学校裏サイトとかだって盛んだったし
と言っても私も子供も落ち着いてる学校ですから、そこまでいじめなんて無かったですけどね
でもあったってことは知ってますし

異常気象なんて過去30年と比べての話ですし
科学的な観測が始まってからの法則性であって
地球の気候なんてずっと変動してるし
それこそ平成5年には渇水で米不足がおこり、国産米が手に入らなかったり
各地で断水が実施されてましたよ
ここ、20年ぐらいそんなことは起きてないですが。


バブル期までは時代が上向きの明るさはあったけど
その波に関係ない人の閉塞感はあったし少なくとも「やりたいこと」を追いかけるのが当然の権利の今と違い
進学なんかも家計に合わせて選んでましたからね
今貧困だーって言ってるような学生の多くはそもそも、進学なんて贅沢って感じでしたし

いじめやSNSも自分の体験とニュースを比べるから今が酷く感じるのでは?

スウェーデンの集団免疫?
最新のニュースでは死亡率が酷くて懐疑的だったと思いますが


こんな隣会えない時代だからこそSNSで良かったじゃないですか
そもそもツールは一長一短で
現役の中高生は、おかげで休校でも関係を維持したり
ぼっちになりがちな子が友達つくったりとかしてますよ

ワクチンでもリスクは変わらない?
隣の人にうつされるリスクはあっても同じでは無いですよね
うつりにくくなるし、重症化しにくくなる。
なんでリスクが同じ感ですか?
リスクはゼロにはならないけど下げられるのがワクチンですよね

完全に空気感染の天然痘だってワクチンのおかげで心配せず暮らせます

インフルエンザは株がどんどん変わるから前年獲得した免疫が通用しないですよね
だから予測してワクチン作る。薬もある。
昔はスペイン風邪とかあったり、新型インフルエンザとかもあったけど
ワクチンや薬でかなりマシになってるでしょう

別に新型コロナ感染症がなかった時代が良かったなあというのはわかりますか
今後も新しいウィルスには何かしら襲われる時はくるでしょうし
ガラケー、アナログ時代が良かったというわけではないでしょう
SNSの話とごっちゃになってますし
SNSいじめはなかったけど利便性もなかったし
凶悪犯罪も増えてるかって聞くとYESになるけど
身近で増えたかっていうとNoになるんですよね
大体自分が育った時代が1番良かったっていう人多いんですよ
下手したら老害まっしぐらですけどね
今ならネットですぐ告発されて明るみに出るようなことは
もみ消されて当たり前だったし
1996年、相撲の…あー怖いですね



貴方ぐらいでは個室やパーテーションのあるデスクのある仕事には欧米では付けないでしょう
それぐらい明確にアッパーとそれ以外が別れますからね
いい事ばかりではない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

LINEいじめとか、
今なんて、ちょっとした事でも動画でもとられてさらされたりなんて当たり前の時代。

なにかと、SNSとかもなかったので
赤の他人のつぶやきだとか、コメントだとか
入ってこないから

あまり人間関係のストレスなんていうのもなかったしね

学校内の仲間とか、習い事とかそういう所の仲間とかに限定されていましたから、

しかし、今の時代は
いろんな人間のSNSやコメントなど嫌でも目にはいってきますので
ヤフーコメントとか、あちらのこういうQ&Aサイトみたいの(知恵袋?)みればわかるとおり
世の中、ウザイ人間の方が圧倒的に多いとか

世の中、人間関係のストレスが大半だというのはネットが普及してから
実感しましたからね。

それだけ世の中にはいろんな人間が溢れている
ネットがなければ限られた人とのかかわりしかないから
悪くいけば視野が狭いとなりますが、
人間関係のストレス、今みたいに死ねという言葉が溢れかえるなんて事はなかったし

たまに仕事とかで嫌な客とか嫌な上司にたまに思うぐらいなものでしたからね。

ちなみに猛暑、巨大台風、自然災害などが溢れるようになったのはここ10年とかそのくらいですよね

私が小学校、中学校、高校あたりでああいう巨大台風とか、大きな自然災害とか記憶にないですし
夏場も部活とかで学校とかいってたと思うけど、
熱中症だとかいう言葉すらなかったし
30度超えれば暑いレベルでしたが

ここ数年は35度以上連発とかありますから
関東や関西ですら、北海道ですらあるようだし。

気候もおかしくなって、ウイルスとかも
地球温暖化とかも影響しているんでは
海面温度がけっこうあがって
北極の氷とかもかなりとけているんでしょ。

お礼日時:2020/05/02 20:07

「ちなみにワクチンなら集団免疫の方がはやいと思いますね。



じゃあ、それでいいじゃない。
No.1のお礼に挙げた危惧を自身で解決してますよ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決?

インフルエンザあって集団免疫あっても
年に数百万が国内だけで感染して
年に毎年1万以上は死亡していますけど。

ワクチンがあろうと治療薬があろうと
それは感染した際に対応薬ができるという話であり
感染しなくなるというものでないですけど

よって、この先、他人と1,5m?2M以内にずっといると
感染させられるリスクはずっとつきまとうわけで

今までみたいに
すぐ隣で他の生徒がいるという密接空間は
もう無理という事では

私としてはありがたいけど
欧米だと個人主義はつよく
職場でも他の労働者との間に仕切りがあったり、
大企業だと個室が大半なのに

日本は役所みたいに
隣の労働者とすごく近い距離にいて煩わしかったけど

コロナでさわがれるようになってから
出勤者数を25%削減したので

職場の人口密度も25%さがったでちょうどいい状態なので。

お礼日時:2020/05/02 09:51

No.1の方の回答には「ワクチンや治療薬」とあるにもかかわらず、お礼では治療薬に対してしか言葉がありません。



質問者さん、ワクチンについても見解を述べて下さい。

なんだか、都合の良い?悪い?偏った意見、見解だけ選んで論じてませんか?

事実、客観性に乏しいように感じます。

また「ガラケーやアナログ時代の方がよかった」とデジタルで訴えている様も滑稽です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ガラケーやアナログがよかったという意味ではありません。
ガラケーやアナログ時代の時にうまれて
その時代に義務教育をうけてきた人がよかったという意味です。

もう社会にでる年になれば
SNSなんてくだらない、時間の無駄としか思わないので

SNSでいじめが増えているといいますが、
スマホが普及する前はそんなくだらないいじめはなかったわけなので

そういう意味で一番いい時にうまれたなぁという意味でのガラケーやアナログ時代がよかったという意味です。デジタルの方が便利ですよ
amazonみれば何でもかえるし、youtubeなどで自分が現地いかなくても他人が撮影したものでも雰囲気味わえることもたくさんあるので。

ちなみにワクチンなら集団免疫の方がはやいと思いますね。
スウェーデンは4か月程度で集団免疫達成するといわれていますし(まぁ人口が少ないのもありますけど)

お礼日時:2020/05/02 08:18

質問者のような読解力不足のバカが多いので、報道側もメッセージには気をつけないと…



新型コロナウイルスのワクチンや治療薬(現時点では完成に2年程度かかるとされる)が開発されれば、危険度がインフルエンザレベルに格下げになるので、それまでは感染しないようにするしかないって話です
なので、「今後、未来永劫この自粛生活が続く」訳ではないと思うんですが

ちなみに感染者が一定以下に減れば、彼らを一時的に封じ込めることで、薬を使わず感染の拡大を食い止めることができます
薬がまだない現時点では、日本含めて世界中が狙っているのはそれです

>むしろガラケーやアナログ時代の方〜

個人的には、コロナなんかは一人一人がちゃんと対策すれば防げるものだから、例えば核戦争とか隕石落下なんかに比べたら、まだましな方じゃないかって思ってます
震災による津波なんかは、突然前触れもなくきた訳ですから

世の中には質問者のように、過去を振り返るクズが多いから、コロナって「何もないのが一番ね」ということを理解させるため、神がもたらした災厄なのかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

は?治療薬ができた所で
赤の他人が近くによってくれば
ウイルスうつされるリスクがあるにはかわりないんだけど

単に赤の他人に感染させられたウイルスが薬飲むなり注射するなりで風邪みたいに改善されるワクチンができるかもしれないというだけの話で
他人が近くにいたら感染させられるリスクは今後もかわらないけど

風邪ひいた奴が同じ部署や同じクラスにいたら、他人にもうつされる可能性やうつされる奴がたくさんいるのと同じ話で。

お礼日時:2020/05/02 02:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング