最新閲覧日:

全く初歩的で無知な質問なのですが、辞書を見ても良く分からなかったので
教えて下さい。
お盆と彼岸と土用の関係ってどうなっているのでしょうか?
なんだか同時期に重なっているように思えるのですが・・・
詳しく解説していただけるかた、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という先祖の霊をまつる仏教行事から由来しています。

時期は、陰暦7月15日の前後数日を指します。陰暦と現在の暦は約1カ月のズレがあるので、8月15日頃が「お盆」とよばれるわけです。
ただし地域によって近年は、7月15日前後にお盆の先祖供養の行事を行うところもあります。うちは東京なのですが、先月やりました。

彼岸も仏教で「向こう岸に至る」という意味があります。世の中の煩わしさや悩みをはらい捨てた世界、あるいはその心の状態を指します。時期は、春分・秋分の日を中日(ちゅうにち)とする前後約3日間です。なお春分は3月21日頃、秋分は9月23日頃で、年によって変わります。

土用は仏教とは関係がありません。本来は、立夏・立秋・立冬・立春の前の18日間を指す言葉でした。これが近年では、とくに立秋の前の夏の土用だけを言うようになったものです。立秋は8月8日頃ですが、これも年によって1日ずれることがあります。そこから計算すると、7月20日頃に土用入りすることになります。

ですから、今の一般的な感覚でざっくり分けると
春の彼岸:3月下旬→(夏の)土用:7下旬~8月上旬→お盆:8月中旬→秋の彼岸:9月下旬
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございます。
どうやら春分、秋分の日や立秋などの暦とをゴッチャにして、
しかも仏教行事もゴチャマゼにしていたようです。
これで整理がつきそうです。助かりました!

お礼日時:2001/08/09 12:55

お盆と彼岸は違う季節ですね(^^;



お盆:7月または8月の15日前後(地域差あり)
彼岸:春分・秋分の日の前後3日づつ

また、土用は本来全ての季節にあるそうです
ただ、うなぎを食べるのが夏だけなんで、土用=夏のイメージが定着してしま
ったのでしょう

詳しくは参考URLをご覧くださいませ
ここの「暦と天文の雑学」のところに、それぞれ載っています

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます。
>お盆と彼岸は違う季節ですね(^^;
全然違うみたいですね、すっかり恥をさらしてしまいました(汗)
早速URLを確認してみます。

お礼日時:2001/08/09 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報