ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

いつも大変お世話になっております。
化学の問題に奮闘する毎日ですが頑張っております^^;
そこでまた質問なのでですが…化学平衡以前に
吸熱や発熱についてわからなくて困っておりますTT

平衡状態で、温度を下げると、上げようとする作用がおこるのは分かります。
解答では「発熱」は左に動くことだそうですが、左と言う事は
「バラバラになり結合が解かれる方向」という事になりますね?

つまり「結合エネルギーを出し・放熱・発熱」か
   「切り離すための力・吸熱・」
になるのでしょうか?どちらなのかTT

この「熱」がはたして「結合するときのエネルギー」
として考えるといいのか「結合を解くときのエネルギー」
として考えるといいのかが、分からない理由です…

●エネルギーを置く位置(右か左か)

くっつける力なら「左」
(物質A+物質B+熱)→ 完成品)※熱は接着剤

切り離す力なら右
(物質A+物質B← 完成品+熱)※熱は剥離材

になりますが…
エネルギーですが、本来「切る」「くっつく」エネルギーは
どちらかしか存在しないのでしょうか?それとも両方存在するが、片一方でのみ捉える???、
混乱寸前…

「熱」を「どうとらえたらいいのか」がよくわかりません

物質は温度がさがると、元のばらばらの状態へ
もどるものなのですか?どうしてでしょう?
(発熱=左へ移行)
←そこらへんから分からない(情けない!)

どうかお願い致します(とんちんかんな質問お許しくださいTT)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

反応熱と、結合の生成・解離との関係で疑問をお持ちだと思います。


たとえば、つぎの生成熱の例で見ます。

ア.2C(固)+  H2 (気)→C2H2(気)- 228 kJ
イ.2C(固)+ 3H2 (気)→C2H6(気)+ 84 kJ
ウ.5C(固)+ 6H2 (気)→C5H12(液)+ 174 kJ

この場合、反応熱は、つぎの要素で考えられます。
(1)固体の炭素と水素分子をバラバラにして、原子状態にするのにエネルギーを吸収します。
(2)アセチレン、エタンまたはペンタンの分子ができるときに、化学結合が生じるのでエネルギーを放出します。
(3)さらに、ペンタンのように液体の物質ができるときは、分子が分子間力によって集まるのですから、凝縮によるエネルギーを放出します。固体の場合も同様です。
(4)体積の変化。反応の結果体積が増えるときは、大気に対して仕事をしなければならないので、エネルギーを吸収します。逆に、体積が減少するときは、大気から仕事をされるのでエネルギーを放出します。(定圧反応だとすると)アはほぼ体積不変、イ・ウは体積減少となります。

これらの収支のプラスマイナスによって、発熱か吸熱かが決まります。決して、分解なら吸熱、化合なら発熱と決まっているものではありません。
    • good
    • 0

>平衡状態で、温度を下げると、上げようとする作用がおこるのは分かります。



こんなことを「分かっちゃ」困ります。確かにそのように動きますが、その平衡全体(系と言います)に意識があるように考えないで下さい。単純なんです。

さて初めの「左」ですがこれは場合により全然違います。平衡式をそのまま書いて質問し直した方が確実です。

ただし、これだけは言えます。平衡が発熱する方向に動く時は系内のエネルギーが減り、吸熱する時は系内のエネルギーが増えます。「エネルギー保存の法則」

さらにエネルギーの項は通常右に置きますが、この値はマイナス値であっても良いので、上記したように左に動くときいつも発熱するとばかりは言えないのです。

左に動いた時発熱するなら、右辺のエネルギーはマイナス値になります。代数と同じで式の反対側へ行くと符号が逆になります。

個々の反応とそれから成り立つ平衡とは簡単な関係になっていますが、系のエネルギーを簡単に理解するのは直感だけでは無理で、研究者でも間違える人がいますから、全然「情けなく」ないです。

熱力学は簡潔で美しいものですが、理解しても十分使いこなせる様にならないものです。
    • good
    • 1

例:


氷→水 吸熱
水→氷 発熱

エネルギーの高い状態から低い状態へ物質が変化する際には、熱が発生し、
高い状態から低い状態へ変化する際には、エネルギーが必要となります。

元々の物質と変化した後の物質を比較し、変化後の物質が持つエネルギーが低ければ発熱、高ければ吸熱と考えればよいと思いますよ。

あまり切るとかくっつけるとか複雑に考えることはないように思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸熱か発熱か

生成熱や中和熱などの反応熱はどのように吸熱か発熱を見分ければいいのでしょうか?例えば「炭素の燃焼熱は394kjである」と書かれていればイメージで発熱かと思います。また「水の蒸発熱は190kjとする」と書かれていれば液体より気体の方がエネルギーが高いから吸熱だろうと思います。後者は確信がありますが前者はいままでの経験上といった感じになり頼りないです。一般的に吸熱か発熱かはどのように見分ければいいのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

高校化学の内容として、お答えします。
物質をつくっている粒子(原子・分子・イオンなど)のことと、粒子がもっているエネルギーのことの2つを考えると、化学はより理解しやすくなるでしょう。

1)物質が『燃焼』すると熱を外に出しますから、燃焼反応は一般的に『発熱反応』です。例は、炭素やエタノールの燃焼があります。私は、まだ燃焼反応が吸熱である例を知りませんが。

2)物質が水などに『溶解』する変化は、一般に『発熱反応が多く』、『吸熱反応が少ない』です。水酸化ナトリウムや(濃)硫酸の水への溶解反応は、発熱反応です。また、例は少ないですが、塩化ナトリウムや塩化アンモニウムの水への溶解反応は吸熱反応です。身近な吸熱反応としては、アイスキャンディーを作るときの寒剤として、氷に食塩(塩化ナトリウム)を混ぜたものの例があります。
 「一般的に、物質に外からエネルギーなどを加えたり物質からエネルギーを奪わなければ(これを自発的といいます)、エネルギーはより低い方へ(発熱反応の方向)変化し、乱雑さ(エントロピー)は大きくなる方向へ、それぞれ自発的な反応は進み」ます。吸熱反応がどうして起こるかについては吸熱反応は後者の値が少し大きい場合と考えればいいです。

3)固体・液体・気体の間の状態変化について。
粒子のもつエネルギー(運動エネルギー、質量×速さ×速さ/2 など)を、固体、液体、気体を比べれば、それぞれの状態のエネルギーの大きさは、 固体<液体<気体 ですから、融解(固体→液体)や蒸発(液体→気体)や昇華(固体→気体)は、すべて吸熱反応です。また、逆に、昇華(気体→固体)や凝縮(気体→液体)や凝固(液体→固体)は、すべて発熱反応です。

4)ブレンステッドの説から言えば、「中和反応は水素イオンのやりとり」ですが、中和反応は、一般的には「水素イオンH+と水酸化物イオンOH-が反応して水H2Oが生成する反応」ですから、『発熱反応』です。

5)『生成熱は、一概に言えません。』 生成熱は、単体から出発して、注目する物質1モルを生成させるときの反応熱です。CO2の生成熱のように実際に測定したり、COの生成熱のようにヘスの法則を使って計算したりして求めます。

高校化学の内容として、お答えします。
物質をつくっている粒子(原子・分子・イオンなど)のことと、粒子がもっているエネルギーのことの2つを考えると、化学はより理解しやすくなるでしょう。

1)物質が『燃焼』すると熱を外に出しますから、燃焼反応は一般的に『発熱反応』です。例は、炭素やエタノールの燃焼があります。私は、まだ燃焼反応が吸熱である例を知りませんが。

2)物質が水などに『溶解』する変化は、一般に『発熱反応が多く』、『吸熱反応が少ない』です。水酸化ナトリウムや(濃)硫...続きを読む

Q甲種ガス主任技術者の勉強法を教えて下さい。

 こんにちは、よろしくお願いします。
 この度、ガス会社への就職が決まった大学生です。
質問タイトルの通り、甲種ガス主任技術者を取得したいと考えています。
しかしネットで検索しても参考書などは見当たらず、勉強の仕方がわからず困っています。
 通信教育としては、
(1)大阪ガスグループ提供のもの
http://www.i-netschool.com/individual/shikaku/gas_shiken.html
(2)ウチダ人材開発センタ提供のもの
http://www.emanabi.jp/gas/gasmain.html
があるようなのですが、どちらの方がより良い内容なのかがわからず、申込を迷っています。

 この資格をお持ちの方は、どのように勉強をすすめて合格されたのかを
(おすすめの教材、勉強のコツ、勉強期間、難易度の感想など)
教えていただきたいです。

 お忙しいところ申し訳ありませんが
どうぞよろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

甲種、乙種用の参考図書
(社)日本ガス協会 (電話 03-3502-0111
こちらの 過去問 問題集及び。参考図書で十分だと思います
通信教育に関しては 費用対効果の面から利用した事が在りませんので
...
製造責任者の免状が有りましたので
マークシートに30時間弱&論述に15時間程で合格しましたが
乙 丙と比べるとかなり 手強い試験だと思います
丙で 計18時間程で ほぼ満点でマークシートは通過できました
試験の点数配分から 考察すると 
基礎部分で 50点を取(計算出来る)れれば
応用編及び法令部分では 27問+16問=43問中
22問でOKですので 基礎部分を確実にすること、及び
過去問の反復で大丈夫だと思います

http://showw.blog15.fc2.com/

参考URL:http://www.jia-page.or.jp/jia/shuninshiken/faq1.html#2


人気Q&Aランキング