ゴムのような素材の物を、溶かすことのできるものを探しています。
もう少し説明しますと、紙にAを塗り、それにゴムのような軟らかな素材の
物を当てると、密着しているゴム部分が溶けてしまう。
こういう内容に該当する『A』を探しております。
ただ『A』が劇薬ではダメで、できるなら人畜無害なもの、またある程度熱に
よる変化のないもの(『A』を塗った紙をコピー機やレーザープリンターに通し
ても変化しないもの)が理想です。
的を得ないような質問でピンと来ないかもしれませんが、よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

数字当てクイズみたいですね。



A:アセトン
B:ウレタンフォーム

#たぶん要求の詳細を聞いても補足はないでしょうから・・・・
    • good
    • 0

「ゴムのような素材の物」の物質(化合物)が何であるか分からなければ、回答が難しいと思いますが・・・?



補足お願いします。

この回答への補足

『ゴムのような素材』ではわからないと思いますので少し補足いたします。
消しゴムのような物で、軟らかいが型くずれしない物です。
早く言えば、その『ゴムのような素材』(『B』といたします)も探しております。
『A』『B』の性質により、当方の希望に添った変化をもたらしてくれるものを
探しております。

補足日時:2001/08/09 12:06
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q揮発性のものとゴム製のもの

タイトル通りですが、防虫剤など揮発性のものとゴム製のものを近くに置いておくとゴム製のものの劣化が早くなるといいますよね。
よく注意書きを目にするのですが、どういう理由で避けたほうがいいのでしょうか?

できれば素人にも分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

揮発性の有機化合物はゴムを溶かすからです。凝固点降下も関係するかもしれません。また、樟脳とナフタレンを一緒にいれておくと液化して服などがよごれます。

Q毒物や劇薬物について・・・

今、毒物や劇薬物について学んでいるのですが事典、又は事典見たいに多くの毒物や劇薬物について書かれている物を知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらはどうでしょう?

参考URL:http://www.skysoft.co.jp/NewSkysoft/GetTitleDetail.asp?Userid=35771197&ISBN=4759809430

Qリトマス紙の色変化後の結果

(題名が要点になってなくてすみません・・)
自由研究(実験)がまだ終わっていなくて、花(他に飲み物や調味料)などの汁を
リトマス紙にたらしてその色の変化を調べようと思ったのですが、
その後に、例えば○○をたらしたリトマス紙の色の変化から、
この○○について何がわかったか(わかるのか)などの事ももちろん書かなくては
いけないのですが、それが全然思いつかないのです。
なので、ぜひこの後の事について何か回答やヒントを下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

思いつきです
自分でも考えてね

1 リトマス試験紙の結果と 味の関係(植物は毒があるかも)
2 花、葉、茎 の調査(違いが無いかもしれないけど)
3 花なら リトマス試験紙と蜜を吸う昆虫の関係
4 花の色との関係(関係なさそうだけど)
5 分類表を作成する。
6 植物の環境(場所)との関係(砂地、湿地とか)

Q時間が経つと色が変化する紙ってありますか?

時間が経つと色が変化する紙ってありますか?
紫外線に触れたりと別の色になっていますような特質をもった紙もしくは染料を探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的に合っているかどうかは疑問ですが、紫外線以外にも空気中の水分(乾燥度試験紙、塩化コバルト紙:http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/seihin_index.html)や酸素に反応する試験紙もあったと思います。

Q温度変化と圧力変化

質問です。
空調管理をしていない室内に保管しているフタ付き容器に対して、一日の温度変化に伴って圧力の変化は生じますか?
室温ですので温度変化は5℃前後だと考えています。
そのくらいの温度変化でもポリ容器(の口部)にかかる圧力は変化しますか?
色々と調べてみたのですがよくわからなかったのでもしわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。訂正ですm(_ _)m

27℃ → T1=300K P1=nR*300
32℃ → T2=305K P2=nR*305
        ↓
27℃ → T1=300K P1V=nR*300
32℃ → T2=305K P2V=nR*305

Vが抜けてました。けれど、体積が変化しない容器を考えているので、結論(1~2%程度の変化)は変わりません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報