中小企業の働き方改革をサポート>>

がん細胞はどのようなことをしたら増えて、どのような事をしたら減っていくのでしょうか?

A 回答 (2件)

細胞の中にDNAがあるのですが、その細胞を長期間痛め付ける(強い刺激を与え続ける)とDNAが壊れて変異することがあり、癌細胞化します。



細胞を痛め付けるとは、たとえばタバコを常習すると肺の細胞が強く刺激されますし、肌を強い日光に晒すと皮膚細胞が紫外線で日焼けします。いつも辛い物や熱い物を食べていると舌、喉、胃などがダメージを受けます。宇宙からは絶えず宇宙線が降り注いで来ており、そのうちのγ(ガンマ)線はエネルギーが強くて私たちの体(の細胞)を貫通し、DNAに当たればそれを傷めます。

ですが、細胞は新陳代謝を繰り返し古い細胞は廃れて新しい細胞に生まれ変わっていて、そのときに異常なDNAを持った細胞でも新陳代謝で正常な細胞に生まれ変わります。脳の細胞は1ヶ月で約40%が入れ替わり、肝臓の細胞は1ヶ月で約96%が入れ替わります。筋肉は1ヶ月で約60%入れ替わります。 味細胞は10日ほどで、皮膚細胞は45日で入れ替わります。

でも、極めてまれに正常な細胞に生まれ変わるのに失敗し、それが癌化します。体の同じ場所に繰り返し強い刺激を与えるようなことをしていると、癌化する心配があるわけです。

癌細胞は熱に弱く、局所(癌があるところ)を43℃で5日ほど温め続けると撃退できるようです(温熱治療法では60℃にします)。ただ、局所だけを60℃にするのは難しそうです。
    • good
    • 0

ビタミンCを大量に摂取するとがん細胞は殺せるらしいです。

あと、糖質はがん細胞の餌らしいです。
参考
> You Tube 栄養チャンネル Nobunaga
> YouTube MITZ CHANNEL

この2つのユーチューブチャンネルはしっかりした知識を元に正しい情報を発信しているので是非ご覧になって勉強してみてください。

答えが見つかると思います
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報