ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

・築1年2階建木造住宅での、1階の天井ひびの対処方法についてご質問させてください。
・最近、1階天井の壁紙で、”く”の字型(50cm×50cm程度)に壁紙が破れている部分が見つかったので、その部分を押してみると、壁紙の破れ目どおりに、天井の板にひびがはいっていることが判明しました。
・2階の部屋から考えて、水漏れが発生する部分ではないですが、目立つので、修理したいのでが、どのような方法があるでしょうか?
・また、住宅性能保障の制度で、この修理を行ってもらえるものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

住宅性能保障の制度について、明確にしておきます。


根拠となる法令
(1)住宅の品質確保の促進に関する法律
    (住宅性能評価書等と契約内容)
 第六条 条文略

    (住宅の新築工事の請負人の瑕疵担保責任の
     特例) 
 第八十七条の一項  条文略
    
(2)住宅の品質確保の促進に関する法律施行令
    (法第八十七条第一項の政令で定める部分)
 第六条 法第八十七条第一項の住宅のうち構造耐力上
  主要な部分として政令で定めるものは、住宅の基礎、
  基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材(筋かい、
  方づえ、火打材その他これに類するものをいう。)、
  床版、屋根版又は横架材(はり、けたその他これらに
  類するものをいう。)で、当該住宅の自重若しくは
  積載荷重、積雪、風圧、土圧若しくは水圧又は地震
  その他の震動若しくは衝撃を支えるものとする。
 2 法第八十七条第一項の住宅のうち雨水の浸入を防止
  する部分として政令で定めるものは、次に揚げるもの
  とする。
  一 住宅の屋根若しくは外壁又はこれらの開口部に
   設ける戸、わくその他の建具
  二 雨水を排除するため住宅に設ける排水管のうち、
   当該住宅の屋根若しくは外壁の内部又は屋内にある
   部分

とあります。要点は
(1)法第六条の運用は、義務ではなく任意である
(2)法八十七条及び令第六条より内装に関わる部位は
 対象外である

従って当該部分は建築工事請負契約約款に記載されて
いる瑕疵について是正を求めることとなる

  
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

早速、販売業者に連絡して修理を
お願いしました。

クロスの張りなおしを行ってもらえそうです。

お礼日時:2005/01/15 12:41

まず、保障付で購入されましたか?。

住宅性能保障は10年ですが、それは住宅の基幹部分であって、住宅の性能に大きな損害がないような部分(お申し出のような案件)については、請負業者あるいは販売業者などに申し出て、クレームで修理依頼をすることになります。保障証が発行されている場合ですと、どの部分の損傷に対しては何年保障などど記載されていますが、そうでない場合は、業者もなかなか応じてはくれません。安易にこれくらいなら自分で修理できるからと自分で修理などせず、遠慮しないで、一生に一度買えるか買えないかの高価なものですから、業者の言い口に負けることなく、とことん注文をつけましょう。せめて10年くらいまでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

早速、販売業者に連絡して修理を
お願いしました。

クロスの張りなおしを行ってもらえそうです。

お礼日時:2005/01/15 12:39

「天井の板」の固定状況を確認して、それを再固定して壁紙を補修、もしくは貼り直すということになりますが、お話の感じだと”貼り直し”のように感じます。



この程度でしたら、「瑕疵」の範疇と思われるものですから、業者側に連絡してあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

早速、販売業者に連絡して修理を
お願いしました。

クロスの張りなおしを行ってもらえそうです。

お礼日時:2005/01/15 12:41

とりあえず建ててもらった建築業者に相談(クレーム)する。


推測ですがパネル工法の家ではないでしょうか(ミサワホームとか)? そうだとすると工場でだいたい造ってから組み立てるんで持ってくる時壊れてしまったまたは傷んでいて弱くなってたとか考えられます。
まず建ててもらったとこに相談するのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

パネル工法の家ではなかったのですが、
早速、販売業者に連絡して修理を
お願いしてみました。

クロスの張りなおしを行ってもらえそうです。

お礼日時:2005/01/15 12:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天井のクロスなぜ亀裂が入るか?

とくに2階天井のクロスがひどい
一直線に入っている。

Aベストアンサー

新築?どのくらい亀裂が入りました? 5mm位?

1Fは2F床などあり動かないように強度が自然にあるが、2Fの天井は強度が無い。

クロスを剥がせばおそらくボードとボードのつなぎ目だと思うけど、パテ割れて亀裂が生じてるね。
天井の材料、元々ねじれ癖がある材料を使い乾燥し定位置へ動こうとして亀裂が入ったと思う。

最近多いのは、工期短縮で建て方終わったら直ぐに工事工事
重みや躯体が落ち着かない状態でボード専門屋や大工風の分業屋が下地直さないで
壁も天井も少し柱部が出っ張ってるのにボードをビスで閉めてしまう。 
これもまたボードとボードパテ割れでクロスが切れやすい。  

クロス屋もパテ1日、翌日にはクロス貼り完成が多いので 下地が割れたか判らない。 


亀裂が入りにくいのは、SRC、ツーバイフォー・集成材の建物です、
この手で作って亀裂が入るのは作り手が下手です。

Q天井壁にひびがひどく、在来工法木造住宅築10年心配

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家がきしみ、ふすまの上にひびが入るくらい、それでも、雪が解けてからは、元通り、ふすまが開く状態でありましたので、一安心していましたところ。
今年になってから、二階の部屋の各所に、天井から床まで縦にひびが入り、ボードの中まで亀裂が入っています。
小さい部屋では、天井には亀裂は入っておりませんが、大広間10畳の天井には、天井の真ん中から十字に壁まで亀裂が入っています。
壁材・天井の材質は、耐火ボード(石膏ボード)のような感じのものです。
(基礎がないところにくぎを打てばゆるゆると外れるようなボード)
それで、倒壊しなければ見栄えが、悪くても良しとするところですが、心配です。
因みに柱は節があるタイプのもので、当時大工に、柱に節があるけれど、大丈夫?と聞いたところ、
今の普通の家よりも、この家は、昔の家のように柱は太いのを使っているから大丈夫と言っていました。
今不景気で、リホームも難しい中、倒壊だけは避けたいのです。
柱がゆがんでいるぐらいなら良いのですが・・・・・

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家が...続きを読む

Aベストアンサー

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会社が有りましが、これは笑えました。実際、積雪の重さは象より重いからです。建築を知らない建築会社だということを全国に宣伝して笑いものになりましたね。

話を戻しますが、不動沈下が有るかないかは上を見るのではなくて床を見ます。
パチンコ屋さんで遊んだ帰りにパチンコ玉を数個持ち帰ったことはありませんか?
廊下や板の間など平らな床面にパチンコ玉を数個置いてみましょう。
家中どこに置いても置いたところに留まっていれば合格ですし、散らばったとしてもばらばらの方向に散らばるならば良しとしましょう。もし数個のパチンコ玉が同方向に一斉に転がるようだと、家全体が傾いているということになります。

家全体が傾く原因の第一は基礎の不動沈下です。
不動沈下ですと、建物内部を小手先で補修しても解決になりません。

立地が道路よりも低いとか、昔、田んぼや、窪地、沼地だったところで、地盤改良を十分に行っていない場合には良くある話です。
確認の上、不動沈下が疑われる場合はすぐに専門家に相談しましょう。。10年以内だと建築会社に瑕疵保証を要求できるかもしれませんので、専門家(消費者センター、弁護士事務所の法律相談など)に建築請負契約書を持ち込んで相談されることをお勧めします。

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会...続きを読む

Q素朴な疑問 木造一戸建ての2階に何キロまで家具を置けるか?

現在築1年の木造一戸建て(2×4)に住んでいます。1階にLDK16畳と6畳の和室、お風呂があり、2階に3部屋あります。(よくある間取りです。)

心配性な私の素朴な疑問なのですが、1階に柱や壁が沢山ある部分(台所やお風呂など)の2階部分には大きな家具を置いても大丈夫そうですが、16畳のリビングの2階部分に大きな家具や重い荷物を置く場合、どのくらいの重さまで耐えられるのでしょうか? 

別にピアノを置く予定があるわけでもないのですが、クローゼットに物を沢山入れたり、本が増えたりするとちょっと心配になります。今はリビングの上は寝室なのでベッドが置いてあるだけですが・・・。

どなたか目安などご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

建築基準法施工令の第85条(積載荷重)で定められている『室の床の積載荷重』については『住宅の居室、住宅以外の建築物における寝室又は病室』において180kg/m2となっています。

よって、余程の重量物では無い限り心配しなくとも良いと思います。

アップライトのグランドピアノも4~500kgもある重量物ですが、脚やペダルで重量が分散されますので十分大丈夫です。
気をつけなければならないのは、意外と思われるかもしれませんが水槽です。
例えば900×750×450mmの水槽にたっぷり水を入れると、0.6m2に280kgもの重量がかかることになります。
忽ち床が抜けることは無いと思いますが、時間とともに床がたわむのは必至、そのような状態で、地震の揺れや台風などの強風を受けたときには、通常の状態で働くはずの梁や柱の耐力は期待できなくなります。

Q壁のひび割れについて教えてください。

壁にひびが入りました。
不動産屋に原因と改修の要否・費用について確認する予定ですが、
建築の知識がないため、不動産屋から問題ないと言いくるめられそうで不安です。

事前に少しでも知識を付けたうえで、不動産屋に問い合わせたいので、
もし原因等が分かる方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

よろしくお願いいたします。

<参考情報>
築3年の在来工法で、2階廊下窓の片側の上下に亀裂が入っています。
(写真右の赤色のマーキング箇所に亀裂が入っています。
 写真左に亀裂を拡大した写真を張り付けています。)
 写真:http://blog.goo.ne.jp/jjjj2095

年末大掃除のときに亀裂はなく、年明け(2015年)に気づきました。
その間に大きな地震は発生していません。

 

Aベストアンサー

1)積雪は如何ですか?
 この年末、年初は、日本列島大雪の地方が多かったようです。
 
 そちらの地方の積雪状況、屋根の雪の状態は、通年に比べ、如何でしょうか?

 恐らく、原因は異なると思いますが、余り降雪量の多くない地域で
 予想外の大雪が、屋根に溜まっている場合、可能性が無い事もありません。

 雪の重さで、梁がたわんでいると、発生する可能性が無い事もないか、と
 思います。

 確認方法は、問題の箇所のアルミサッシを開けて見れば解ります。

 簡単に開くようであれば、大丈夫です。

2)考えられる理由
 一般的には、竣工後1年以内位で、クロスの切れ、割れ、等が発生する可能性が
 あります。

 その発生箇所は、クロスの継ぎ目、サッシ両サイドの上下(ちょうど今回の事例に近い)
 ドアの両サイド上部、等です。

 原因は、クロスの収縮、下地ボードの動き(挙動)、下地ボードのジョイント部
 処理に何らかの欠陥が有った、等、多岐に渡ります。
 (しかし、発生箇所はある程度共通しています。)

 建物もある意味生き物なので、木材の乾燥収縮、温度差、急激な暖房、その他で
 微妙に動きます。
 そのひずみが生じやすいのが、サッシ廻り等であるとも言えます。

 今回の場合、築3年と経過年数が比較的経過していますが、事例が無い事も
 無い、と思います。
 
 少なくとも、写真で拝見する限りは、下地ボードに割れが入っているように
 思いますし、その箇所はボードジョイントの箇所で、割れているようにも
 見えます。

 ボードジョイントを潰すためのパテが、寒冷紗等の必要な補強が不十分で
 ボードの動きに付いてこれなかったのかも知れません。

 いずれにしても、クロスをはがせば、解ると思います。

 対策としては、クロスをはがし、亀裂部分を補強して、再度クロスを張り替える、と
 いう事になると思いますが、その辺りは、業者と相談するしか無い、と思います。

 絶対再発は防止したい、と言う事であれば、サッシの両サイドに「縦目地」を
 入れる手法も無い事はありません。

 いずれにしても、業者にご相談ください。

3)その他
 時間が或る程度経過しているので、微妙ですが、「当然、無償で」とアプローチ
 してみる価値は、あると思います。

 原因が、先に記したように、良くある事例であれば、当然、発生することが
 予測できるので、十分な対策を取ることが、必要だったでしょう?と言う
 理屈です。

 頑張ってください。

1)積雪は如何ですか?
 この年末、年初は、日本列島大雪の地方が多かったようです。
 
 そちらの地方の積雪状況、屋根の雪の状態は、通年に比べ、如何でしょうか?

 恐らく、原因は異なると思いますが、余り降雪量の多くない地域で
 予想外の大雪が、屋根に溜まっている場合、可能性が無い事もありません。

 雪の重さで、梁がたわんでいると、発生する可能性が無い事もないか、と
 思います。

 確認方法は、問題の箇所のアルミサッシを開けて見れば解ります。

 簡単に開くようであれば、大丈夫です。...続きを読む


人気Q&Aランキング