現在、娘(3歳)のバイオリンの先生を探していますが、良い先生とまだ巡り合えずにいます。
子供は女性の先生を希望しております。
埼玉県上尾市、桶川市近郊でお勧めの先生、お教室があったら教えてください。

レッスンの日時等の条件が合えば、音大生の方でもOKです。

ご一報お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もしよろしければ、無料体験レッスンを受けてみて下さい。



池袋(豊島区)と江古田(練馬区)にあるバイオリン教室です。お子様から大人の方まで、初心者の方から上級者の方まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

音楽教室ビジョンミュージック池袋 江古田

参考URL:http://ms.vision-music.jp/lesson-violin.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンとヴァイオリン

カタカナ表記の場合、例えば、バイオリンとヴァイオリンではどちらが好きですか?

Aベストアンサー

バイオリン

好きというか、辞書に載ってる方で統一しとかないと、webなんかの検索で不便ですので。

Qバイオリンを習っている先生に新しい50万円位のバイオリンの購入選びをお願いする事になりました。子供に

バイオリンを習っている先生に新しい50万円位のバイオリンの購入選びをお願いする事になりました。子供に(高1)「仲介料は取ってないのよ」って先生に言われた様です。
先生へのお礼っていくら位のどんな物が良いのでしょうか?
先生は、楽器屋さんに行って良いもを3台用意して選ばしてくれるそうです。
本当に仲介料取っていないのでしょうか?
何方かこの問題に良いアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

バックマージン貰っていますから
必要ありません
心配でしたら聞いて見ましょう
生来 音大希望なのかな?
そうでなければ薄く考えろばいいです

Q外来語などのカタカナ表記について(バイオリンはヴァイオリン、スイーツはスウィーツ)

こんにちは。
以前から少し気になっていたのですが、

バイオリン→ヴァイオリン
スイーツ→スウィーツ
バレンタイン→ヴァレンタイン
コスメチック→コスメティック

のように、書き方を複雑にするのは何故なのでしょうか?
(英語の綴りのせいなのでしょうか・・・)
これから先は、ゼリーがジェリーになったり(ほかに例が思いつかなくて恐縮ですが)するものでしょうか?
また、そのように表記しても、実際にヴァイオリン、やヴァレンタイン、と発音するのは気恥ずかしいものもあるし、そうやって発音している人もあまり見たことがありません。
書くのもほんの少しですが後者のほうが面倒になるし、発音も前者ですることが多いのだから何もわざわざ「ヴァイオリン」等という表記をする必要はないと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮名で正確に表す事そのものが不可能なんですね。おまけに商業的な場で最近とみに外国語、特に英語が乱用される傾向があり、このこともまたVの発音などに関する問題に拍車をかけていると思います。
といってviolinと書くのもそれこそ衒学趣味になるでしょう。
ということで、慣用や伝統がある場合はそれに従い、特に歴史的・政治的などの理由がある場合は原語(に近い発音)で、また決まった書き方が無い場合はどっちでもいい(まああえてあげつらうのもいかがなものかと)が、可能ならむしろ日本語に訳すほうがいいのではないか、と思います。バイオリンは・・・私もヴァイオリンと書く事が多いです。有名なヴェルレーヌの詩(訳詩)でヴィオロンとあるのにひかれてのことなのですが。ヴァレンタインもね、もともと歴史的にはウァレンティーヌスさんが亡くなった日でして、このあたり人名なのでやはり原語に近い方が良いようにも思います。善し悪しまで言うことも無いでしょう。逆に野坂昭如「エロ事師たち」のなかにパンティーをパンテ(だったかな?うろおぼえ)と発音することでわざと猥雑な感じを出している場面がありました。これなど逆にティという書き方でないと通らないでしょう。お茶のティーもそうですね。結論としては拘るほどの事でもないんじゃないか、というしょうもない落ちになってしまいますが・・・・

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮...続きを読む

Qバイオリンのグループレッスンってどうでしょうか?

はじめまして。
バイオリンを習いたいのですが、ヤマハなどでやっているようなグループレッスンで受けるか、個人でうけるか悩んでいます。

全くの初心者なのですが、何年かしたらアマオケに入れたらいいなあと思っています。

グループのほうが、1回60分と長くでき、みんなとあわせてできるのもまた楽しそうで魅力を感じますが、どれほど丁寧に見てもらえ、上達できるのか?とその点不安です。ヤマハではスズキの本なども使わないようですし、基礎がきっちり身につくか、不安です。一方、個人となると、大抵1回30分というパターンが多く、そんな短時間では足りないのでは?という気がしてしまいます・・・

どなたかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

多少割高にはなりますが、確実に上達したければ個人レッスンのほうがいいでしょう。
グループレッスンの場合、「みんなで和気あいあいと」という点はいいでしょうが、こまかな技術面での指導はどうしても手薄になります。
楽器をはじめた頃は、どんどん曲が進んでいくと上達した気分になり、うれしいものですし、音楽教室のグループレッスンの場合、生徒をあきさせない意味もあって、どんどん新しい曲を弾かせてくれます。
しかし、長い目で見ると、ボーイングや「弦を押さえる指の形」といった基本的な技術を身につけた方が上手になれるのです。
こういったことを見てもらうためには個人レッスンのほうが密度の高いレッスンですし、いいでしょう。
個人レッスンの30分ならば、密度としてはグループレッスンの60分以上になると思います。
もちろん、個人レッスンの場合でも、レッスン料との相談ですが、もう少し長いレッスンをしてくれる先生もいますよ。ただ、特に最初のうちは、1回ごとのレッスンを長くしてもらうよりは、レッスンの回数を多めにしたほうがいいでしょう。
レッスンで言われたことを自宅で練習しているうちによくわからなくなることも多いです。(特にボーイング)30分でもいいから、できるだけ回数を見てもらう方が効果的だと思います。

多少割高にはなりますが、確実に上達したければ個人レッスンのほうがいいでしょう。
グループレッスンの場合、「みんなで和気あいあいと」という点はいいでしょうが、こまかな技術面での指導はどうしても手薄になります。
楽器をはじめた頃は、どんどん曲が進んでいくと上達した気分になり、うれしいものですし、音楽教室のグループレッスンの場合、生徒をあきさせない意味もあって、どんどん新しい曲を弾かせてくれます。
しかし、長い目で見ると、ボーイングや「弦を押さえる指の形」といった基本的な技術を...続きを読む

Qヴァイオリンとバイオリン?

例えばコンピューターとコンピュータで検索結果の件数が違うのは長音の問題によるものですが、
ヴァイオリンで検索するのとバイオリンで検索するのでは検索結果として表示される件数に違いが出ますが、これはどういったことが問題でこうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが以下のQ&Aを参考になさって下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=557499

Q福岡のバイオリン教室

来年3歳になる子供に、バイオリンを習わせたいと思っています。
私もバイオリンの知識がほとんどなく、周りに習っている、また習っていた人がいません。
ネットで検索してもタウンページ程度の情報しかなく困っています。
福岡で、お勧めの先生、教室等ありましたら教えてください。
出来れば、スズキメソードの教室以外で探しています。

Aベストアンサー

天神にイズタバイオリンという弦楽器の専門店があります。
こちらにお訊ねになると、先生の紹介もしていただけますよ。
電話やメールでも構わないようですので、一度問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

参考URL:http://izuta-violin.co.jp/

Q「ヴァイオリン」と「バイオリン」について

violin をカタカナで表す時に、
ヴァイオリン、バイオリンというのがそれぞれ混在しているように思います。
たとえば、goo のサイト検索なんかでやってみても、
どちらかがメインとかいうことでもないような気がします。

たとえば文部科学省の教育指導指針(?)であるとか、
新聞での用語に関するルール(?)なんかで、
こういった関係のことが何か取り上げられているというようなことはありますでしょうか?
もし、歴史的な経過などについてもお分かりでしたら、その辺りも含めてよろしくお願いいたします。

国際化への対応や子供の教育面などから捉えると、個人的には、
このようなケースでは「ヴァイオリン」に統一するような方向が
あっていいようには思うんですが。

Aベストアンサー

外国語の発音をVだけヴで書いて安心しても何の意味もありません。Th、siも日本語にない音です。混在しているのは
先輩達が使って定着したヴァイオリンなどが残り、新しい単語はバケーション(Vacation)のように無視して表記したりVirus(ウイルス、ビールス )のように適当に書かれるからでしょう。その外来語が何語を通じて日本に定着したかによっても表記が違ってきます。

子供さんには両方の書き方があることを説明の上、我家ではVはヴァ、ヴィ・・と書くと教えればよいと思います。

Q音大はいったい何を教えているのか。音大行って何を学びましたか?

連続質問すみません。

音大はいったい何を教えているのか疑問です。家内に聞きますと、まずは実技、歴史、一般教養etc。そして学生たちががいったい何処へ就職あるいは勉学のため国内、海外へ更なる勉学に旅立ったのかその%を知りたいものです。

医学部、薬学部についで恐ろしく高い授業料。研修と称して、ヨーロッパ旅行(学校主催)費用当時60万円。バブル期&円高と言うのに信じられない。

今、私は音大に関して恐ろしく否定的です。音大は音楽の諸所の勉学をするところであり、就職まで斡旋するところではない。←こんなことわかってるんですけど疑問です。

若かりし気ころに何を勉学し習得するかが重要というのはわかりますが、この年になりますと、悲しいかな周りの現実が恐ろしく鮮明に写ります。音大出の友人知人10名ほどいます。その10名が、大学に通ったことにおいて一生の宝になったかどうかは聞いてもいません。

当家の嫁さんは、私と結婚したと言うことで幸福であるとしんじたいですが?

Aベストアンサー

現在公立の音大に行っています。

現在私は2回生ですが、1年だけ私立の音大に行きました。教師と合わなかったのと授業料が高かったので1年で変わりましたが(笑)
国公立に行っても私立に行っても就職率は消費税率以下です!!
かの有名な小澤征爾氏の出身大学が近年一応音大の中で就職率No.1だそうですが、それでも少ないですね。(一応80%超えてますが、各々が自分の希望した就職先かと言われれば、NOの方が多いんではないでしょうか…
私も大学に入ってからここまで就職が氷河だとは思いませんでした。もう氷河通り越して永久凍土ですね。
音楽の仕事に就きたければ教師、それ以外の何でもいいから就職したいんなら自分で探して行ってね☆彡ってカンジです。
ちなみに今通っている大学に就職課がありません(学生課に行ってください…と)(ーー;)
これじゃあ残っている就職先は永久就職ですか?と言いたくなります。

私立の音大の授業料の額は半端じゃありません。
4年行けば新築マンションが買えます。(奨学金もらっても不足が倍以上)
しかし、高い金を取っているだけあって、設備はバッチリ。練習室も完全防音、冷暖房完備、7割が国内一流メーカーのグランドピアノです。講師陣も外国から呼んだり、海外留学経験者を連れてきます。
ただし、そこまで揃えて学生がついていけるか…といえばついていけない…?
反対に国公立は授業料は全国一律50万前後です。
ですが、設備が1時代前のもの…楽器に故障部分があっても予算が…状態
これで果たして音楽の勉強が十分に出来るかと言えば…

音大に進むにあたって、卒業後の進路が難しいことは2年間先生から言われ続けました。(ここまでひどいとは思いませんでしたが)
でも、あえて音大を選んだのは、音楽は独学でできないからです。大学進学の進路としてもう一つ選んだのが史学科だったのですが、歴史は本を読めばある程度一人でも勉強できるけど、音楽は感性を伝えてもらうものだと思ったからです。
実際に音大に入ったことで、普通に生活していたら出会わなかったことも知りましたし…音大に進んだことに後悔はないです。

ただ、一言欠点を言えば、いつまでたっても音大というか音楽教育自体が、「お家芸」から逸脱できないのは、音大の偏狭な考え方と、世間に順応できないことが問題かなと思われます。
音楽は体が楽器なので、ピアノ科は指、歌は体、器楽は楽器を大切にします。実技レベルの高い人ほど、非現実主義者で、プライドだけが高い…そして、授業を聞かない=社会に順応できません。
実技の教師のほとんどが勉学よりも実技を優先させます。
国際コンクールで賞を取れるくらいのレベルであれば、まあ今後の人生音楽で食べていけますが、そんなのほんの一握りです。(しかし自覚がないため、自分は大丈夫とか思う上に勉強そっちのけ)
国際社会に彼らが通用しないのは、実技一辺倒で、文学と音楽を関連させたりすることが出来ないため、あと一歩のとどめが出来ない演奏者が多いためです。(テクニックはいいんだけどねえ~という演奏家が多い)
強いて言うなら、もっと現実を見ること、受け入れることを教えてくれるとありがたいなあ~と思いますね。
(別に超現実主義者になれとは言いませんが、何か会話が夢想空間っていうのが多いです)

子どもに音楽を習わせる習わせないは親の自由です。
しかし、あまりにも幼いときから「あなたは音大に行くの!」と親がレールを引くと中高校生くらいで絶対反発します。ピアノ教師を親に持つ友人が、高校までは親の言うままにピアニストとしての道を行っていましたが、行き詰ったために、親は今度「ピアニストになるのはやめなさい。あなたのレベルでは惨めなだけ(結構優秀だったんですが)」と言いました。その友人は以来一切ピアノに触れていません。
音楽は好きならしいですが、ピアノを弾くと今までの自分の人生に対する後悔も引きずり出すので嫌なそうです。
音楽の基礎は幼少時からでないと身につきませんが、その技術を活かして音大に行くか、趣味でとどめるのは本人の意思です。本人の人生です、親の人生ではありません。(私は自分で決めた進路なので全然後悔はしていません。また、就職が困難であることもわかっている親がそれでも本人が極めたいと言うのなら、自分のできる限り進めと言ってくれた親にも感謝します。)

めっちゃ長々と、しかも質問の主旨からかなり外れました。ごめんなさいm(__)m
参考になれば幸いです。

現在公立の音大に行っています。

現在私は2回生ですが、1年だけ私立の音大に行きました。教師と合わなかったのと授業料が高かったので1年で変わりましたが(笑)
国公立に行っても私立に行っても就職率は消費税率以下です!!
かの有名な小澤征爾氏の出身大学が近年一応音大の中で就職率No.1だそうですが、それでも少ないですね。(一応80%超えてますが、各々が自分の希望した就職先かと言われれば、NOの方が多いんではないでしょうか…
私も大学に入ってからここまで就職が氷河だとは思いませんでした。...続きを読む

Q学校ではどんな風に教えてますか?(「ヴァイオリン」or「バイオリン」)

別のカテゴリーで、たとえば violin をカタカナで表す時に、
「ヴァイオリン」と「バイオリン」のどちらが良いとされているのかをおたずねしました。

平成三年の「内閣告示第二号」によると、
原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合には「ヴァ」で、
これらの仮名を用いる必要がない場合は,一般的に,「バ」で書き表すことができて、
ということのようです。

----
こちらでのおたずねですが、
実際の学校の現場では、どのように教えられているんでしょうか?

それと、学習指導要領とかには、その辺のことについて何か記されて
いたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

小学校では「バイオリン」、中学校から「ヴァイオリン」になると聞いたことがあります。
というのは、「バ」と「ヴァ」の使い分けの前提となる、アルファベットや英単語の正確な発音を習うのは中学校からですので、小学生には教えられないからです。

Qバイオリンの先生について。

バイオリンの先生選びで悩んでいます。
一人は音楽教室に所属している先生。もう一人は演奏活動を行っている先生。どちらの先生がよいでしょう。
生徒は幼稚園生です。

Aベストアンサー

後者の先生がどんな活動をされているのかわかりませんが,
お忙しそうなら時間的なことは不規則になって益々困難になると思います。

年に1度のリサイタルをされている程度なら,その時期だけですが,
とは言っても,年に1度とはいえ,教えることに多くの時間を取られると
自分自身の練習の時間が減りますから,活動を主とされているなら,
あまり時間的なことは期待できないかもしれません。
また,そういう人(若手?)は更に上の大先生に時々レッスンを受けたり
する人もいますしね。人によっては遠くまで出向いて。
教えることよりも自分の練習時間の確保が優先になります。

上のお子さんの今の先生とも時間調整が難しいとのことですが,
時間的なことだけでなく,「子どもに習わせてみたい」と思うほど
後者の先生はきっと素敵な方なのだろうと想像します。
教えることにどれくらい時間がとれるのか,その活動の内容次第です。

余談ですが私の師は教えることに多くの時間を費やしていた人なので,
時々,手本として弾いて見せてくださった時にはよく失敗されていました。
本当の実力はこんなものではないということを知っていましたから,
失敗が連発すると「あれっ?」と思ったりもしましたが,
教えることに忙しくて自分の練習時間が無くなる人は,
その失敗の瞬間だけを見られると下手と思われて損ですね。
(私は素人です。)

後者の先生がどんな活動をされているのかわかりませんが,
お忙しそうなら時間的なことは不規則になって益々困難になると思います。

年に1度のリサイタルをされている程度なら,その時期だけですが,
とは言っても,年に1度とはいえ,教えることに多くの時間を取られると
自分自身の練習の時間が減りますから,活動を主とされているなら,
あまり時間的なことは期待できないかもしれません。
また,そういう人(若手?)は更に上の大先生に時々レッスンを受けたり
する人もいますしね。人によっては遠...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報