グリコリシスについて今調べています。いろんな情報を調べてみたのですが、情報が少なすぎて困っています。ご存知の方がいましたら是非教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 先の回答者お二人と同じく,「どのレベルのどの様な情報が必要か」がわからないので,具体的には書きづらいです。

この点の補足をお願いします。

 なお,「解糖」,「糖新生」ともに,「生化学」などの教科書に詳しく出ていますが,これらでは不十分でしょうか。

 ネット上にも,下に示すような教科書(細胞生物学)もありますが。「エネルギーの生産」を御覧下さい。
 

参考URL:http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textbook/cellto …
    • good
    • 0

解糖だけの反応でしたら。


詳しい回路図が出ています。

http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/GL_1. …

糖新生も含めてですとこちらも使えます。

http://www.nnet.ne.jp/~riz/etc/glyconeogenesis.h …

解糖で検索するとたくさんかかるのですが、
どのような情報がご入用でしょう。
補足をお願いします。
    • good
    • 0

ネットで検索すると、PETの「グリコリシス」がいくつかHitしますが、どのような分野でのことでしょうか?



補足お願いします。

この回答への補足

私の今調べているグリコリシスとは、解糖反応のことです。(一般に解糖は生物体で嫌気的に糖質が分解される過程をいいます。)
そのことについて詳しい記述のあるものがありましたら教えて下さい。

補足日時:2001/08/10 09:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MiJunさん。回答していただきありがとうございました。
グリコリシスについてどんなことを調べているのかもっと詳しく書いておけばよかったと思っています。
今夏休みの宿題で調べているところでまだ十分にレポートの内容を満たしていなっかったのでこうしてgooを利用しました。

お礼日時:2001/08/10 11:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生化学の一年です。今のうちに化学を勉強したいとおもったのですが、調べたところ生化学はPHや、酸と塩

生化学の一年です。
今のうちに化学を勉強したいとおもったのですが、調べたところ生化学はPHや、酸と塩基や化学均衡が大事だと聞きました。そこでこれらを基礎から勉強して講義に挑みたいのですが、オススメの参考書はありますか?高校のものでもかまいません。
基礎から学びたいです

Aベストアンサー

いや、それはすでに高等學校の化学(化学基礎と化学)で学んでいるはず。
参考書は、査読はいりませんからいい加減なものが多いので、高等学校の教科書がよいでしょう。
PHじゃなく、pHです。
酸と塩基、酸化還元は化学反応の基礎です。
化学均衡じゃなく、平衡です。
生化学だったら、有機化学、特に三大栄養素と酵素はしっかり復習しておきましょう。

 高校卒業したのじゃないの??

★理系科目共通ですが、教科書の指定があるなら、その教科書を読んでおくことは必須です。復習じゃなく予習だよ。

Qホームページのウィキペディアで二酸化硫黄について調べてみました。

ホームページのウィキペディアで二酸化硫黄について調べてみました。
しばらく文章を読んでいると、『二酸化硫黄の酸化により三酸化硫黄を合成』とありました。
それでは、二酸化硫黄はどのようにして酸化されているのでしょうか。まだ知識が深くはありませんので、詳しい解説をお願いします。
また、二酸化硫黄の酸化の簡単な方法もよければ教えてください。

Aベストアンサー

「二酸化硫黄の酸化」はむしろ三酸化硫黄の項目を見たほうがよいかと.

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%A1%AB%E9%BB%84

Q高校生です。学校の調べ学習で「人工ダイヤ」について調べています。

高校生です。学校の調べ学習で「人工ダイヤ」について調べています。
夏休みの間に図書館や博物館や社会科見学的な工場・製作所など(なるべくアポイントはいらない所)を訪問して23日までにレポートを提出しなければなりません。
そこで、自分でいろいろどこに行くかを調べてみたのですが、見つけられませんでした。
人工ダイヤについて何か知れるような、図書館、博物館、工場・製作所など(できれば関東圏内で)があったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

http://www.sei.co.jp/sei_info/office/index.html
ここだと関西だな


http://www.kc.tsukuba.ac.jp/div-media/content.php?menu=research&topic=diamond
筑波だとこのへんかな

Q反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べた

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。

2NO2→2NO+O2 の反応について

(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。

(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。


(1)はどのように全圧や圧平衡定数を結びつけたら良いのか解りません。
(2)はおそらく(1)の解を利用するのでしょうが、反応器の体積や圧力がどう利用できるのでしょうか??

Aベストアンサー

補足です。
P(NO2)=(-1/2)P(O2)= -P(NO)
は誤りです。積分するときに積分定数忘れていませんか?

最初の圧力をP_0(=600mmHg)とするなら、NO2の分圧は時間tを用いて
P(NO2) = P_0/[P_0*kt +1]となると思いますが、反応したNO2の分圧ΔPは
ΔP = P_0 - P(NO2) = P_0^2*kt/[P_0*kt+1]
が60%進んでいることより、ΔP=60/100*P_0
の方程式を解けばt=3分、とか入れるとkが求められると思います。
体積と温度は、おそらくkの単位系を濃度に変えるためのものではないでしょうか?(設問がkの単位がmmHgではなくmol/lとかになっていませんか?)
本来、反応速度は分圧でなく濃度に依存するものです。たまたま、今回の問題の設定が容積一定なので、分圧と濃度が比例しており、そのまま分圧で計算できるわけです。

Q反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べた

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。2NO2→2NO+O2 の反応について(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。

自分なりに続きを解いた結果、dP(O2)/dt = -1/2*dP(NO2)/dt, dP(NO)/dt = -dP(NO2)/dt より

P(NO2)=(-1/2)P(O2)=-P(NO) 

P=P(NO2)+P(O)+P(NO)より P=(-2)P(NO2)よりP(NO2)=(-1/2)P

-dP(NO2)/dt = k*P(NO2)^2をtで積分すると(1/P(NO2))-(1/P(NO2)0)=kt

よって1/((-1/2)P)-1/((-1/2)P)0=kt となりました。

あっていますか??また、(2)はこの式で解けそうですが2dm^3と 600℃の条件にはどのような意味があるのでしょうか??

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。2NO2→2NO+O2 の反応について(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。

自分なりに続きを解いた結果、dP(O2)/dt = -1/2*dP(NO2)/dt, dP(NO)/dt = -dP(N...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
> 全圧PはP(0)となぜ異なるのでしょうか??

化学式が2NO2→2NO+O2で2分子のNO2が消えると2分子のNOと1分子のO2ができます。反応が終点までいけば総分子数は1.5倍になります。

> 2NO2→2NO+O2において2NO2が2xモル減少すると、全圧をPとすると
> P(NO2)=(2(1-x)/2+x)P, P(NO)=(2x/2+x)P P(O2)=(x/2+x)Pとなり
> P(NO2)+P(NO)+P(O2)=(2+x/2+x)P=Pで一定となるという考えはまちがいでしょうか??

普通は初期NO2圧=初期全圧をPoとしてNO2が2x反応すると圧変化は
P(NO2); Po-2xPo=(1-2x)Po
P(NO); 2xPo
P(O2); xPo
となり、x反応後の全圧Pは
P=(1-2x+2x+x)Po=(1+x)Po
となるように考えるでしょう。

質問者さんの式でPは変数です。P(NO2)=(2(1-x)/(2+x))Pなどとありますが、分母に2+xがあるのは2(1-x)+2x+x=2+xに由来しています。つまりその時々に変化している全圧で割っているのです。この2+xこそ全圧の変化にあたります。初めの量に2を割り付けたので全圧も2+xになります。むしろ1をわりつけて、全圧は(1+x)Poとするのが自然です。

No.2です。
> 全圧PはP(0)となぜ異なるのでしょうか??

化学式が2NO2→2NO+O2で2分子のNO2が消えると2分子のNOと1分子のO2ができます。反応が終点までいけば総分子数は1.5倍になります。

> 2NO2→2NO+O2において2NO2が2xモル減少すると、全圧をPとすると
> P(NO2)=(2(1-x)/2+x)P, P(NO)=(2x/2+x)P P(O2)=(x/2+x)Pとなり
> P(NO2)+P(NO)+P(O2)=(2+x/2+x)P=Pで一定となるという考えはまちがいでしょうか??

普通は初期NO2圧=初期全圧をPoとしてNO2が2x反応すると圧変化は
P(NO2); Po-2xPo=(1-2x)Po
P(NO); ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報